FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

走りを求めていくと・・

27日からいただいている、お正月休みですが、27日と28日の午前中は大掃除や雑務をして、そこから日ごろなかなか出来ない500の事をしました・・基本、正月・GW・お盆しか連休というものが無いので、貴重な時間です

IMG_2273_R.jpg
まずは、足回りから・・

最近、微妙に左流れが気になってました
気にしなければって感じですが、1度気にしだすとずっと気になります
この左流れですが、悩んでる方は多いようで、ネットで検索を掛けると相当出て来ます。

そこに良く書かれてるのが、『道路に水はけの為の勾配が付いてるので、左流れは仕方ない・・』です。
これも間違いではないと思います。ただ、仕事柄、相当色んなクルマに乗りますが、真っすぐ走るクルマは真っすぐ走ります

なので、せっかくの連休だし、出来る限りやってみようと・・

基本、直進性に1番影響するのはリアですが、リアはトーしか調整出来ないので、まずはフロントを少し扱ってみました
とりあえず簡単に出来る事からという事で、良く言われる、フロントのキャスターとかキャンバーを左右で少し変えてみますが、イマイチな感じです

ならばリアで調整・・となりますが、まず、リアのキャンバーに左右差があります。しかし、調整機構がありませんので、キャンバーの左右差を打ち消す方向にトーをほんの少しだけ調整してみました
・・本当はあんまりトーに左右差を付けたくなかったので、フロントでやってみましたが、ダメだったので、リアで・・といった感じです。ただ、左右差と言っても本当に少しだけです。

ちなみに、気になる結果ですが・・・かなりいい感じになりました

とりあえず、近いうちにタイヤを変えますので、それと併せてリアのキャンバーアームを調整が出来るタイプに変えて、キャンバーを調整して更に色々試してみようかと思います

ちなみに、今回、車高を上げて、フロントのスペーサーを薄いタイプに変えました
当然ですが、走りはかなり良くなりました
基本、車高短にツライチが大好きですが、走りを求めていくとやっぱりノーマルになりますね(もちろん、全部に当てはまる訳ではありません。500はノーマル状態ですでにロールセンターがキツイので・・)

見た目はちょっと残念になりましたが、走るのはすごく楽しくなりました

その他・・

IMG_2275_R.jpg IMG_2276_R.jpg IMG_2277_R.jpg
今日は、朝から軽く磨いて、コーティングをしました
昨日、ちょっと飲み過ぎて、二日酔い気味&寝不足だったので、途中何度も断念しそうになりましたが、何とかやり遂げました

今年も大変お世話になりました。

今日無事に今年最後の納車及びイージーの納品作業も終わり、明日からお休みをいただきます。

おかげ様で、今年は、業界における環境は決して良いと言えない中、良い結果を残す事が出来ました。
これもひとえに皆様のひとかたらぬご支援ご支持によるものと、深く感謝いたしております。
来年も皆様のご期待に添えるよう誠心誠意努めて参りたいと思っておりますので、より一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

今年も残すところわずかとなり、ご多端の折りと拝察いたしますが、皆様にはご健勝の上、ご多幸な新年をお迎えくださいますよう、お祈り申し上げます。  

有限会社リフェイス 大久保雅義 

                             

年末年始のお休みにつきまして。

12月も半分を過ぎましたね
年末のお休みもありますので、実質現場作業は10日くらいとなります。

さて、年末年始ですが・・
12月27日~1月4日までは年末年始休とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
全て対応出来るお約束は出来ませんが、僕の携帯をご存知の方は何かありましたら遠慮なくお電話下さい。

しかし、今日も寒い1日でしたが、明日は更に寒くなりそうですね~
天気予報だと、福岡地方、最高4度みたいですが、refaithだと多分1~2度くらいでしょうか。。

明日はシャッターを閉めてると思いますので、もし来られた方はシャッターを叩いて下さい

さて、今日は・・
IMG_2248_R.jpg
僕はR171をいろいろしまして・・

IMG_2244_R.jpg IMG_2246_R.jpg
助っ人に来ていただいてる方はラフェスタの作業を進めてもらいました

何度も書いてますが、別々の仕事が同時進行で進んでいくのって素晴らしいですね

エンドレス・・

今日の定休日、先週に引き続き、少し仕事をして、500のメンテナンスをしました

IMG_2232_R.jpg
正規のホースが揃ったので、サクサクと交換していきます
ついでに、バリバリに朽ち果ててたコルゲートチューブも、耐熱の物を取り寄せ、同時に交換しました

IMG_2231_R.jpg
コルゲートチューブの破片が散らばってますが、触るだけで粉々になるので、ひたすらエアーブローで掃除しました

IMG_2233_R.jpg
そして、パワステフィルターも新品へ交換して、パワステフルードを入れますが、今回、フックスを選択しました

これが、なかなかの優れもので・・

IMG_2234_R.jpg
こんな感じでフタが伸びて・・

IMG_2235_R.jpg
上のキャップを取ると、大変注ぎやすくなります

さて、これでホース部分からの漏れは完全に止まりました

ただ、1点心配な点がありまして・・

ここ1週間、リフトの上で放置してたのですが、今日、下から見てみると、パワステポンプ自体に微妙にオイルの跡があります。。
先週、パーツクリーナーで綺麗に流したはずなんですけど・・

ホースからはガッツリ漏れてましたが、もしかしたらパワステポンプ自体から漏れてる可能性もありそうです

先週、パーツクリーナーで洗いましが、まだ漏れたオイルが残ってたのかもしれません・・って思いたいです

しばらくしてまたリフトで上げて、もし漏れてるようなら、パワステポンプのオーバーホールが決定ですね

ホント、W124の修理はエンドレスです

IMG_2236_R.jpg
余りにも汚かったので、洗車してあげました・・ただ、外気温3度の中での洗車でしたので、手が痛くて仕方なかったです

さあ、今週はまた寒くなるみたいですね。気合入れて頑張っていきます

寄せ集め?

いや~。冬だから当然ですが、とにかく寒いです
今日は特に風が強かったので余計寒く感じました~

IMG_2220_R.jpg
ラフェスタの新品の樹脂ボンネットです
裏の骨とアウターパネルは元々別体みたいですが、リベットみたいなので付けてあります
それはいいのですが、新品を頼んで、開封してみると、画像のような感じで、ガラスの上は黒系のメタリックで塗装されており、ガラスから下部分はシルバーで綺麗に塗装されています。。

もしかして、塗装済みパーツで供給
それで、何かの間違いによって、上黒、下シルバーの2トーン仕様のクルマがあって、それ用の物が届いてしまったのか
と思い、部品屋さんにメーカーへ確認してもらった所、『それを塗装して下さい。塗装前提パーツです』・・と

多分ですが、当初は塗装済みパーツとして供給があったんでしょうね。それで、今は、余った色のパネルを組み合わせて
『塗装前提パーツ』として供給してるんでしょうね

まあ、僕ら工場としても、塗装の工賃がもらえるのでそれはそれでいいのですが・・

IMG_2225_R.jpg
こんな感じで裏から微妙にシルバーが見えるし・・

IMG_2224_R.jpg
後から配線が通せないからでしょう。ハーネスまでセットになってます・・こんな事するから部品代が高いんですよね。。

IMG_2226_R.jpg
そしてマスキングですが、裏の骨がそのまま内装になりますので、少しでも色が掛るとアウトです
なので、もったいないですが、内装になる部分は養生の紙は使わず、基本全てマスキングテープでマスキングしました

IMG_2228_R.jpg IMG_2229_R.jpg

そして、淵の部分はより粘着力が強いマスキングテープを使いました(緑のテープが通常使ってるニチバンのテープで、黄色が粘着力が強い日東電工のテープです)

IMG_2227_R.jpg
樹脂という事もあり、スタンドに吊って塗る事は出来ないので、平置きして、まずは裏から塗装しますが、念には念を入れて、マスキングの浮きを確認します

そして、この後、裏面を塗って、ひっくり返して表の塗装となります

ちなみに、パネルの表のホール部分も裏から手が入らないので、マスキングは大変手間が掛り、マスキング作業だけでも2時間くらい掛ってます
まだ、塗装指数を調べてませんが、こんな手間は何も考慮されてないんでしょうね~。
保険屋さんとはしっかり交渉しないといけませんね

しかし、応援に来てもらってるので、ホント助かってます
それぞれ別に仕事が進んでいくので仕事の進み具合がホント早いです