FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

第一候補でOK。

湿度も高くて暑い1日でした

色々やってるE65ですが、部品待ちが結構あるので、その間に出来る事をやっておきます

IMG_1377_R.jpg
まずは、点かなくなっているイカリングのLEDですが、うちに1個取っておいたストックがあったので、そちらに交換してみました

IMG_1379_R.jpg
いい感じで点いたのですが・・

IMG_1378_R.jpg
反対側と明るさが全く違います。。これは見た目的にも車検的にもアウトなので、とりあえず新たに手配し直しました
しかし、やった事ある方なら分かると思いますが、このLED交換、ライトずらしたり、狭かったりで、非常に面倒です。。純正なら、サイズがピッタリで楽なんですけど、社外だとロックがなかなか掛らずに結構大変です。。

IMG_1380_R.jpg
そして、フォグのHIDですが、今付けてるのが、何かと調子が悪く、原因を特定したりして、また新たにバラストやバーナーのみを手配するなら、新たに新品のセットに組み替えた方がいいのでは・・って事で、今回、ちょっといい物に変更です

IMG_1382_R.jpg
このメーカーさん、あらゆる車種のデーターをかなり持っているようで、BMWやアウディーはかなり個体差が大きいとの事で、キャンセラーもそれに応じて、色々交換してるそうです。
一応、10種類のキャンセラーを持っているそうですが、過去、BMWで結果が良かった物を第一候補から第三候補まで、用意してくれました
要は、第一候補でダメなら第ニ候補・・って感じです。そして、結果が良かったのを使い、残り2個は返却してくれればOKだそうです
これは取り付ける側からすると大変ありがたいですね

IMG_1383_R.jpg
まずは、配線だけ繋いで、テストします。
色んな状況で、点灯させ、その後、しばらく放置します。

IMG_1384_R.jpg
キャンセラーも第一候補でOKのようです

IMG_1385_R.jpg IMG_1386_R.jpg
そして、元々のセットを取り外して・・
フォグのフタが付いていたりするのでカプラーを分解したり、防水ゴムの部分を念のため更にシーラーで防水したりして・・

IMG_1387_R.jpg
バラストやキャンセラーなどを固定して・・

この後、配線をまとめてカバー類を付けて完成となりますが、HIDにコーナーセンサーが反応してしまうかのチェックがクルマを動かす事が無理で出来ませんので、今日の所はこれで終了です

さて、ちょっと大きな事故も入ってきたりしまして、忙しくなりそうな感じです


黄色に赤文字。

パナメーラのキャリパーをご依頼いただいてるお客さんが、早く塗装完了の画像を見たいからblogにアップを・・との事ですので、早速アップします

昨日、下色から、1回目の捨てクリアーまで終わらせてたのですが、今朝一番からロゴを貼り、最終クリアーまで完了しました

IMG_1323_R.jpg
いつもは前後4個セットでも塗装スタンドは2個しか使いませんが、フロントキャリパーが余りにも大きいので、3個の塗装スタンドを使っての塗装です

IMG_1327_R.jpg IMG_1326_R.jpg
過去、相当数キャリパーは塗ってますが、黄色に赤文字は初めてでした
これがかなりいい感じです

IMG_1324_R.jpg IMG_1325_R.jpg
純正は、フロント210mm、リアが75mmのロゴでしたが、前後とも同サイズでの施工となってます

今回、お客さんがロゴのカッティングシートを用意されたのですが、クリアーでハジキやチヂレが出る事なく、無事にいけて安心しました。

いつも通りですが、キャリパーという事で、適正膜厚の範囲でテロテロに塗ってますので、ダストの汚れも落ちやすいと思います・・これがバサバサで塗ると、汚れがなかなか落ちないどころか、逆に着きやすくなってしまいます。。

DSC_1422.jpg
また、これもいつもですが、最終で使ってるクリアーもこんな感じで、ブレーキフルードに対しても強いクリアーを使ってます

さて、後は、乾燥と最終の仕上げ作業ですが、IRTで熱を入れても、アルミのキャリパーはとにかく熱が上がらないのがネックですね。
とりあえず、地道に熱を入れていきます


Yさん、とりあえず、こんな感じです


特価出します^^

昨日、今日とかなり暖かいですね~
昼間、クルマで動くと、エアコンをつけたくなります


消費増税の絡みで納期が延びに延びていた500のフロアマットがようやく届きました

__ 3_R
ブランドはもちろんKAROです

__ 1_R __ 2_R
元々のマットも、LTD専用のタイプでなかなか高級感があって良かったんですけど、裏の滑り止めスポンジが全部剥がれてしまって、前へ前へ滑り、アクセルの所が折れてしまい、気持ち悪かったんです


今回は、色味の関係で、シザルタイプではなく、WOOLYというタイプにしました

IMG_1026_R.jpg
車内が一気に華やかになりました

特価を出しますので、気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい
(遠方の方もメーカーから直送可能ですので送料も余計に掛る事はありません)


ようやく決まったかな。

今日は気温も高いし、いい天気ですね~

今日は、定休日ですが、朝から来て、500を色々やってました

先日のレベカットによるリアの足回りのセッティングなんですけど、色々サスを組み直したりして、
『いいな~』ってところまでは来てるのですが、車高がちょっと低すぎたり・・『ちょっとコシが無いかな・・』といった感じで、どんどん欲が出てきてしまって、なかなか決まらない状態が続いてます

正直、リアのスプリングは何度組み直したか分かりません

そして、もういい加減疲れて来たのですが、先週買ったスプリングを今日組んでみました

002_201402161625132dd.jpg
同じベンツですが、全く別の車種の社外スプリングです
ず~と気になってましたが、これまた組んでみないと分からないので、買うのも躊躇してましたが、考えても仕方ありませんので、とりあえず買って入れてみようと・・。

結果・・

005_201402161638287ef.jpg

今までの中で最高にいい感じです

車高がちょっと高くなりましたが、馴染めば若干下がりますし、まだシムで調整可能な範囲です

自分自身、リアの挙動に関してはちょっと神経質になり過ぎてますが、それだけ必要以上にリアを意識しても、今のところパーフェクトです

かなりいい感じになったので、

003_20140216162515669.jpg
ちょっとリアが忙しく、アンダーも少し強めだったので、リアのトーインを15′程度アウト側に振ってあげて・・

004_2014021616250817e.jpg
現在の車高に合わせて、調整式のスタビリンクを再調整して・・

更に良くなりました

アライメントもフロント・リア共に、色々試して、ようやくベストな数値が見えてきた気がします

後は、これでしばらく走って、馴染んで来たら、再度全体的にアライメントを取り直して完了・・としたいですね


001_20140216162510ce9.jpg
今日は、ハコスカのオーナーも横で黙々と頑張ってました


同行販売。

気がつけばもう週末ですね
特別何かに追われてるという事も無いのですが、今週もあっという間でした

たまに同行販売というのがあります
要は、部品商や塗料・副資材の販売店さんがメーカーと一緒に回って、商品の説明をしたり、機械のデモを行ったりするのですが、今日は、以前もここで書きましたが、ハンダを使った板金の工具のセットがすごく良かったので買いました

こういったハンダを使った板金の工具ですが、最近の高張力鋼板の採用・保険システムの改訂もあって、色んな所から販売されるようになって来ました。
要は、パネルの温度を上げずに板金をするという物ですが、使い方によっては問題も抱えてたりで、もう少し情報を得てから入れようと思ってましたが、今日のメーカーの物はとりあえず、今僕が思ってる懸念材料をクリアーしていて、使ってみてすごく良かったので、買いました

001_201402141840490fc.jpg

ちょっと専門的になりますが、まずフラックスを使わずにいけます。フラックスは塩素成分を含んでるので、水で洗い流さないと思いっきりサビの原因になってしまいます。
また、他のメーカーの物は引き出しに使ったハンダは全て取り除く事が前提ですが、今日のメーカーの物は、パネルに残して問題ありません・・ヤニだけはきちんと取り除く必要があります。

また、スムージング等で、ワイパーの穴を塞いだりする場合、溶接だとパネルが歪んだり、サビの問題があります。
そこでハンダを使って・・となりますが、通常のハンダだと、密着力の問題などがあり、なかなか上手くいきませんが、
今日のは、大きな穴でもビックリするくらい、簡単に埋まります。そして強度がかなりあり、実際に埋めた所をポンチを使って思いっきり叩きましたが、ビクともしません。その他にも、パネルとの電位差もゼロで、伸縮もパネルと同じになるので、穴の輪郭が浮き出る等の問題もないそうです

500をオールペンする時、アンテナを埋めたかったんですけど、溶接するのも『何だかな~』とか色々考えて、とりあえず諦めたんですけど、その時にこのセットがあれば・・って思いました