FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

肌。

今日はちょっと寒いですね~
寒暖の差が激しいので体調管理をしっかりしていきたいです

DSC_1442.jpg
16アリストのリア周りの損傷です
画像で見るより、結構潰れたり膨らんでたりしてますが、鉄板が固いので、板金も比較的楽にいけそうです・・っていっても角が潰れたりしてるので、板金は板金屋さんにお願いしますが・・
何か、有るか無いか分からないような微妙なラインがあったりするので、ちょっと嫌ですね。。


余談ですが、一般の方からすると、板金も塗装も一緒だと思いますが、一応、板金屋・塗装屋と区分けがあったりします
といっても、大きな工場で無い限り、両方やってる方も沢山いますが、大きな工場だと、それぞれちゃんと分担されています。
ただ、板金屋さんと塗装屋さんは仲が悪い事も結構あるみたいですね
その工場によりますが、塗装屋はポリパテから上だったりサフェーサーから上だったりする訳ですが、その前の工程の板金の出来が悪いと『もうちょっとちゃんと仕上げてくれよ!』となり、逆に板金屋からすると、『仕上げは塗装屋の仕事だろ?文句いうなよ!』となる訳ですね

うちの場合、僕はちょっとした軽板金からしてますが、修正機に乗せたり、切替えだったり、複雑なパネル板金は近所の板金屋さんにお願いしてます・・すぐ近所に2種類のフレーム修正機を置いて板金専門で一人でやってる工場があってそちらにお願いしてます

ちょっと話が逸れましたが、このアリスト、ちょっと困った事がりまして・・

DSC_1444.jpg DSC_1443.jpg
オールペンされてるのですが、全面磨き倒されてまして、全く肌がありません
もちろん、僕も毎回完璧ではありませんので、時に多少微修正程度に軽く肌調整する事はありますが、やっても一部分だったり、バフレックスのブラック(業界の人しか分からないかもしれませんが、#3000番相当のフィルム状のペーパーです)程度です。
まあこのクルマはオールペンですので、元の肌に合わせる必要もありませんので、こんな感じで磨き倒されてると思いますが、塗装屋的には??といった感じです。

まあこれは好みの問題もありますので、これが絶対・・とはいいませんが、たまにクラシックかーのような価値があるクルマとかで、それが磨き倒されて全く肌が無かったりするとちょっと残念な気持ちになります。。
塗装やってる人間だと、磨いて造られて肌は一発で分かりますので・・。

磨きを全否定するつもりはありません。いわゆるスーパーカーと呼ばれるクルマで最後全部磨いて肌調整してるクルマもありますし・・ただ、余りに全く肌が無いのも・・といった感じですね

DSC_1441.jpg
その他、久々にFRPの作業をしました

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL