FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

やるとやらないではかなり違います^^

ここ何日かはかなり暖かくて、すごく作業しやすかったですね

さて、相変わらず色んな作業が入っていて、何か目まぐるしくやってます

DSC_1303_R_20130205151925.jpg
W211の続きです
トランクの至る所に傷や塗膜の欠けがあります
そちらの補修をするのですが、

DSC_1307_R.jpg
当然、エンブレムは剥がします。ただ、年数が経つと、両面テープが固くなってしまい、なかなか取れません

DSC_1308_R.jpg
こういった時はこんなゴムが円盤状になった道具がありまして、これで取ってしまいます

DSC_1309_R.jpg
まだちょっと残ってますが、塗膜を傷つける事無く、両面テープが取れます。ただ、この先が厄介でして、これくらい跡が残ってしまう場合、研げばパット見消えますが、塗膜自体が文字で窪んでしまってるので、色を塗ろうが、クリアーを入れようが場合によっては透かすと文字の跡形が見えてしまいます
今回、オーナーさんの希望で、“E500”からWALDのデモカーのように“E50”へ変更しますので、“0”が透けてしまってはいけません。。

DSC_1310_R.jpg
なので、サフ前提でがっつり研いでしまいます・・しかし、側面は軽自動車並みの塗膜の薄さですね。余りにもすぐ下が出て来たのでビックリしました

DSC_1311_R.jpg
そして、傷を拾っていきますが・・

こうなってくると、部分的にサフを入れるという訳にはいけませんね・・というか、旧塗膜も劣化がかなり進んでましたので、全部入れた方が後々絶対にいいです

DSC_1312_R.jpg DSC_1315_R.jpg
という事でサクッと研いで、全面にサフを打ちました

DSC_1313_R.jpg
その他、並行して、1度目のサフが終わってたスポイラーを研いで歪みを抜いていきます。
そういった事もあり、うちでは新品のFRP製品の場合、必ず膜厚が付くタイプのサフを2度打ちします
FRP製品ですので、完全に歪が無くなる訳ではありませんが、やるとやらないでは全然ちがいます

DSC_1316_R.jpg DSC_1317_R.jpg
そして、2度目のサフです
1度目は、歪みを見やすいようにグレーのサフですが、2度目は塗る色に合わせて一番黒いサフです。
スポイラーはより歪みを抜く為に、問題が起きない範囲で膜厚を付けるように塗ってますが、グリルとかは研ぎにくいので、希釈を上げて、薄くさらっと塗ってます
ちなみに、グリルやメッキモールはメッキですので、当然、1度目のサフはエポキシ系でやってます

DSC_1323_R.jpg DSC_1322_R.jpg DSC_1320_R.jpg
そして塗装完了です
昼過ぎに塗ったのですが、湿度が低かったせいか、ベース塗ってると、ゴミがひっつくので、研ぎながら塗ったので時間がかかりました~

その他・・
DSC_1324_R.jpg
イージーをしたり・・

DSC_1325_R.jpg
下地をしたり・・

見積もりをしたり・・といった1日でした


お陰さまで、色んなご依頼(ご予約)が重なってます
ご依頼の内容によっては納期がかかる場合がございますので、お急ぎの場合は事前にお問い合わせください。


 

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL