FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

ちょっと一手間。

今日は暖かいですね
ただ、だらだらと雨が降り続いてます

さて、先日のカーボンスポイラーですが、地道に進んでおります

というのも、1度目のクリアーの後、熱を入れますが、FRP製品は製造時の不具合が熱を入れる事によって表面に出てきてしまう場合があります。
中から湧くというか、膨れるといった感じですね。。
きちんとしてる製品ならそんな事もないのですが、酷いのになるとこれが全面に出てしまって、全てパテで拾って・・となってしまいます

普通の製品ならパテで拾えますが、カーボン柄を消せないので、中から膨れたら1発アウトです。なので、遠目から低温でゆっくりゆっくり焼いていました。

そして、うちでカーボン製品で最低2回クリアーを入れる理由ですが、一つは前にも書いたとおり、耐候性をより上げる為と、もう一つは・・

DSC_1273_R.jpg
画像はクリアーを筆さしした所ですが、樹脂製品の場合、見えにくいピンホールがあったりします。これが厄介で、クリアーを入れると表面張力もあって、目立つんですよね。。
なので、画像のようにクリアーをタッチアップして・・

DSC_1274_R.jpg
完全乾燥したら表面を削り飛ばしてしまいます。

今回はそうでもありませんでしたが、酷いのになるとこれが相当な数になってしまって、その場合、筆さしでは追いつかないので、この後2回3回とクリアーを入れる事もあったりします。。

DSC_1288_R.jpg
今回、表面のピンホールはそれ程酷くありませんでしたが、上と下の繋ぎ部分のバリやクラックがちょっと酷かったですね。まあ、ここは車両に着いてしまえばそう目立つ部分ではありませんが、ここも、地道にクリアーを筆さしして出来る限り埋めました・・ただ、ここは深かったりで、完全には埋め切れてませんが・・。

そして、全体を#1500で研いだ後、最終クリアーを入れますが、こんな感じで、バリやエアーを噛んだ部分が白くなってます。これは樹脂の中なので仕方がないのですが、出来る限りという事で、

DSC_1289_R.jpg
黒をタッチアップで入れて、誤魔化しました
画像だとツヤが無いので、タッチアップの部分が目立ちますが、クリアーが入ると目立たなくなります

まあ、こういった部分は、どうしても仕方ないので、初めから黒くぼかしてある商品も多いです。

DSC_1291_R.jpg DSC_1290_R.jpg
そして最終クリアーを入れた後です。
前も書きましたが、最終クリアーは耐候性及び、その他性能が高いクリアーを入れてますので、時間が経っても、カーボンが白く劣化する事は無いと思います

ちょっとした事ですが、こうやって一手間入れてあげるだけで、仕上がりが大分変わってきます

さて、後は乾燥させて、取り付けて完成です。オーナー様、もうしばらくお待ち下さい




スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL