FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

材質。

今日は昼間、結構暑かったですね~
久々に汗をかきました

色んな材質のプラスチックがありますが、自動車の内装パーツの場合、ABSかPPのほぼ2種類に分類されます

DSC_0868_R.jpg
今日、完成したパーツの1部ですが、パワーウインドウスイッチベースの方はABSでルームランプの方はPPが使われてました。

大雑把な特徴ですが、ABSは切削性が良くて、サクサク研げます。そして塗装に対して密着性も良好です。
逆にPPは切削性が悪くて、塗装の密着が非常に悪いです。ただ、柔軟性に富んでいて、曲げてもグニャっとなるだけで、なかなか割れません。逆にABSは柔軟性がそれ程ありません。
メーカーはどのように使い分けてるか分かりませんが、一つ言えるのは、塗装を前提に考えてるパーツはほぼ間違いなくABSを使ってあります・・このクルマも恐らく、グレードによってはパワーウインドウスイッチベースが塗装されているんでしょうね

特段、下地処理の方法に違いはありませんが、ABSは特に溶剤に弱いので気をつけます。

DSC_0870_R.jpg
どちらもサフェーサー(塗装)の前には必ずプラスチックのプライマーを入れます。余談ですが、このデュポンの800Rというプライマー、過去色んなのを使いましたが、本当に最高ですしトラブルも起きた事がありません

DSC_0871_R.jpg
そしてプライマーの後、サフェーサーですが、PPはこんな感じで毛羽立ちが出ます。。
研ぎも研ぎにくいですねなので、密着性やもろもろ考えると、塗装においてはやはりABSが好きですね

DSC_0920_R.jpg
エアコンロゴも入れ終わりまして、インプレッサのイージーも完成です

前回のblogの通り、ダッシュのトリムは何とか入りましたが、物理的に無理なパーツがありまして・・

DSC_0875_R.jpg
パワーウインドウのスイッチベースですが、スイッチ部分の周りが一段凹んでます。
色々角度を変えたりしましたが、どうしてもここにエアーが溜まってしまい、画像のようにエアーで柄が潰れてしまいました。。
まあ、フィルムが千切れる寸前まで溶かして、転写すればいいのかもしれませんが、そうすると他の部分に影響が出てしまいます。。という事で、このような場合は・・

DSC_0921_R.jpg DSC_0922_R.jpg
このような感じでつや消し仕上げにしてます
純正でも大体エアーが噛む部分はこの仕上げにしてありますね
手が入る部分も当然底までは柄が入りませんので、純正同様につや消し仕上げにしてます

DSC_0927_R.jpg
たまたま、別の車種で1台分、ノーマルのカーボン仕様があったので、比較の為に画像を撮ってみました
インプレッサの方が黒キャンディー仕様ですね
別に費用が掛かりますが、やはりキャンディー仕様の方がよりリアルカーボンに近いです


さて、とにかくイージーばかりでまだまだ何台分か同時並行で作業していますが、一般の自動車の板金塗装も増えて来ました
こんな感じでバランス良く色んな塗装が入ってくると経営的にはちょっと安心します
下請けの一社依存と一緒で、余り偏り過ぎると、リスクが高いですので
ただ、最近の悩みとしてはやはり場合によって直ぐにお受け出来ない事ですね。。
先程もクルマの塗装のご依頼をいただいたのですが、今はちょっと飽和状態なので、お待ちいただくようになってしまいました。。
人は探せばそれなりに居ると思うのですが、塗装に関しては、なかなか雇う側と雇われる側の考えが合致するのが難しいので・・
僕が『うちはこういうやり方なのでこうして下さい・・』って言っても根本の考え方が違うとどうしようもありませんし、お互い無理をしても決していい仕事は出来ないと思うので・・。

ちょっと愚痴が出てしまいました

まあ、色々考えていきます

という事でお待ちいただいているお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。


スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL