FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

サフェーサー好きです。

ようやく福岡も梅雨が明けたみたいですねいよいよ夏本番ですが、たまらなく暑いです

DSC_0684.jpg
アルファードのリアクォータースライドドア交換なのですが、とりあえずサードシートと内装をバラそうと室内に入ってやってると、汗が笑えるくらい出てきます

DSC_0674.jpg DSC_0675.jpg
こちらは、オーナーさんに『オールペンしてるので、ゆっくりいいですよ』と言われ、かなり甘えてしまいましたが、本日ゴミ取って磨いて完成しました
メイプルウッドという新し目のフィルムで、通常の茶色のウッドからの変更ですが、かなりイメージが変わると思います

DSC_0682.jpg DSC_0683.jpg
そしてこちらはフーガとソアラの内装パネルですが、ピアノブラックでのご依頼です
ソアラの方のパネルの1つはシボがあったのでサフは必ず入れないといけませんが、フーガのパーツとソアラの残りのパーツはツルツルだったりですので別にサフェーサーは入れなくても良いです。
ただ、ピアノブラックはかなりシビアな塗装ですし、密着や吸い込み等、塗膜性能を考えると絶対にサフェーサーは入れた方がいいです
という事でプラスチックのプライマーを入れてサフェーサーを入れました
尚、ピアノブラック等の塗装の場合、必ずサフェーサーは入れてます。

僕個人的になんですけどサフェーサー好きなんですよね~
サフェーサーを入れて研ぎあげた状態は何とも言えず安心出来ます。
逆に見るからに良くない塗膜でも、ボカシなどの場合、当然サフェーサーは入れれない訳で、そんな時は『あ~大丈夫かな~』ってなります。。

余談ですが、ドアとかフェンダーとかの新品パネルの場合、電着っていって黒やグレーのコーティングがしてありますが、あれはあくまでも輸送時の保護膜であって、基本剥がしてプライマー&サフェーサー処理が大前提です。
ただ、僕が知る限りきちんとサフェーサーを入れてる業者さんは・・2~3割くらいでしょうか・・。
確かにサフェーサーを入れるのと入れないのでは作業時間や手間が大幅に変わりますが、こういった基本的な事はきちんとしていきたいですね

さて、お盆前の作業予約もボチボチ埋まって来ているのですが、それと別に通常の事故の話も最近何故か沢山入ってきております。
代車の関係もあり、お待ちいただいているお客様には大変ご迷惑をおかけしております。
順次ご案内しておりますので何卒宜しくお願い申しあげます。


スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL