FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

厚塗りし過ぎです。。

DSC_0483_R.jpg
LS460のイージーのご依頼です
画像はお客さんがヤフオクで購入された完成品パーツですが、これがちょっとありえない状態でして・・。
画像では判りませんが極微細なピンホールが無数にあります肌もボコボコですし、ツヤ引けも酷くて、商品レベルとしては・・ちょっと酷いです

という事でこの度他のパーツと合わせてのご依頼です

ただ、一つ問題があります。。車種がLS460という事で車格から当然リアルウッドなのですが、これまたリアルウッド独特の色味です・・この再現が非常に難しいのです・・過去何回かこのblogでも書いてますね。

という事でまずは調色からスタートしますが、過去のデータ及び過去作った膨大なサンプルから色味の見当を付けて、まずは5色位テストピースを作ります。
そして実際にフィルムを転写してみます。通常の調色だったらここで合えば終わりですが、今回はキャンディーでないと再現出来ない色味なので、過去の経験を元に、キャンディーで染めて似そうな物を2種類に絞ります。
DSC_0481_R.jpg
その後、一度クリアーで軽くコーティングして焼いた後・・

DSC_0484_R.jpg
実際にキャンディーで染めて現物(サンプル)と合わせてみます

DSC_0480_R.jpg
とりあえず、2種類の内、一つの方が良さげな感じです
・・初めちょっとキャンディーを濃くいき過ぎましたが、クリアーを入れてるので、ふき取って再度薄くして調整しました・・もちろんこの時のクリアーに対するキャンディーの添加量及びガンのセッティング&塗り回数はデータとして記録しておきます
・・ただ、これがイージー&キャンディーの難しいところなのですが、フィルムの伸びが変わっても色味が全く変わりますし、テストピースと違って、現物は形状が複雑なので、テストピース通りにはなかなか上手くいきません
尚、リアルウッドは光源による色味の変化も激しいので、この画像ではそこそこ合ってますが、実際(完成品は)あくまでも『似たような感じ・・』という風に思っていただけると幸いです。

DSC_0482_R.jpg
ちなみに、これがヤフオクです。。これは『似たような・・』という表現は絶対使えません。。『全く別色』ですよね
・・ただ、悲しい事に現物はかなり酷いですが、写真だとツヤもあって綺麗に見えるんですよね~

DSC_0486_R.jpg
そして調色も終わり、下色を入れる準備で研いでいきますが、画像で無数に白いプツプツがあるの判りますか~
これがピンホールで、要は専門用語で言うと、『わいた・・』となります。
どうしてこうなるか・・は色んな原因がありますが、一番は厚塗りし過ぎです。塗装は必ず溶剤が抜ける必要があるのですが、1度に厚く塗り過ぎると、溶剤が抜ける余裕が無くなってしまいます。。
薄ければ、下の方の溶剤も楽に抜けれるのですが、厚過ぎると下の方の溶剤はなかなか抜け切れません。。
当然、塗膜は上の方から先に乾きますのでそうなると、フタをされる状態になる訳です。例えていうならグラタンですかね
上は固まってるのに中は固まってない・・みたいな。。
グラタンはそれで大丈夫ですが、塗膜はそうはいきません。中に篭った溶剤は行き場がなくて結果、表面を突き破ります。それがピンホールになる訳です。。なので、表面張力でフチの部分に特に“ワキ”が沢山出てますね。
とりあえず、今回は軽いワキでしたので何とか粗めのペーパーで研いでいけましたが、結構厚塗りしてるので、剥離もちょっと心配ですね。。ただ、それを言い出すと、全部剥がしてしまわないといけないので・・。

DSC_0485_R.jpg
ちなみに、研いでみて判りましたが、このヤフオクですが、キャンディーは入れてないみたいですね。。
下色にただの赤を入れてるみたいです・・現車が赤っぽいウッドなので赤を入れたんでしょうね。。当然そんなに単純ではありません

DSC_0487_R.jpg
そして、下色完了です・・この下色でも茶色だけで3種類、他にオーカーや黒などを入れてます

さて、今年はやけにイージーのご依頼が多いですが、ここのところ、更にイージーの問い合わせ及び発送済みのご連絡を多数いただいています
という事で、場合によってはすぐにお受け出来ない場合も御座いますので是非、事前にお問い合わせをいただければと思います。


スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL