FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

お気に入りの副資材

おはよう御座います
不定期な更新で、ご迷惑をお掛けしてるこちらのblog、お恥ずかしい限りですが、板金塗装屋さんにも見ていただけてるみたいで、たまには、僕が使っててお気に入りの副資材ネタでも書いてみたいと思います・・てか皆さん、ご存知の方も多いかもですが・・

先日のW203のベンツ、ドアだけ単体で塗ってましたが、あの後、車体へ付けて、前後を一緒にぼかしてます
中古ドアでしたので、裏を塗る必要があり、それなら表も色入れて、1コート薄くクリアーで仕上げてれば車体へ付けてぼかすのも楽・・といった感じです

上手い方なら、ドアだけ裏表、単体で100%で仕上げて、車体側はドアが無い状態でぼかしだけ・・ってすると思いますが、僕は連続して同じ条件で(交換パネルがきちんと車体に付いた状態)で塗った方が、肌とかその他もろもろいい感じで仕上がるので、面倒ですが、こうやって塗ってます。ただ、もちろんですが、毎回全部こうして塗ってる訳では無く、色や仕上がりレベルによっては単体で塗って終わる場合もあります。要はケースバイケースですね

さて、車体に付けて隣接パネルと一緒に塗る場合・・
DSC_0334_R.jpg
こういったところの隙間の処理が困ります。。
そのまま塗ると、当然、中はバサバサで汚くなりますし、かといって折れ曲がったところでマスキングを貼ると、『バツ切り』になって、塗膜の段が出来ます
なので、リバーステープといって、マスキングテープの端を少し折り返してピラピラにして浮かす事により、そこで、『バツ切り』にはならず、ボケるのですが、これも曲面とかあると、張ってしまって、結局バツ切りと同じようになってしまったりします。。

という事で、僕は・・
DSC_0377_R.jpg 
このテープを使ってます

DSC_0378_R.jpg
こんな感じで、テープの端に丸い芯が入っていてそこで綺麗にボケてくれます

DSC_0357_R.jpg
実際にはこんな感じで使います
丸い芯の部分が浮いていて、バツ切りになりません。

DSC_0371_R.jpg
画像がボケてて分かりませんが、綺麗にボケてくれます今回はドアの間ですが、リアクォーターとリアドアの間でもいい感じです
注意としては、芯が結構大きいので、躊躇して少し奥の方に貼ってしまうと綺麗にボケません。。
少し表にはみ出し気味の方がいい結果になります。また、芯の部分をわざと浮かし気味にしたくなりますが、これも逆にダメで、芯の部分がピッタリ付いてるくらいが丁度いいです

ただ、これもさっきの話同様、ケースバイケースで、全部こうやってる訳ではありません。場合によっては最終で、プレスラインを利用して表・中と塗り分けて仕上げる場合もあります。

・・と今日は副資材ネタでした他にも色々お気に入りの副資材はあるので、また書きたいと思います
皆さんも何かオススメがあったら教えて下さい


スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL