FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

寒いと塗料も・・。

DSC_0069_R.jpg
予報通り、寒いです
今朝の工場内ですが、1度ちょっとしかありませんでした
当然、外は風もあるので体感温度はマイナスですね

さて、これだけ寒いと人間も縮こまって体が動かなかったりしますが、塗料も色々と問題が起きます。。
まあ、溶剤は大丈夫なのですが、先日のblogで書いた水性塗料の場合は・・

そうです。水性なので、凍ってしまうんですね
厳密には凍るというか、シャーベット状になるみたいです。当然、そうなってしまうと、品質が一気に落ちてしまうみたいです

DSC_0072_R.jpg
こちらは通常の溶剤塗料で、こんな感じでミキシングマシーンにセットしてあります。

そして水性ですが・・
DSC_0071_R.jpg
こんな感じでキャビネットに入れて、オイルヒーターを前に置いてます。

DSC_0070_R.jpg
そして放熱しないようにシートを被せてあります。
この状態で、夜中~早朝にタイマーをセットしてオイルヒーターを入れてます。
オイルヒーターだと火災の危険性もないので安心です
ちなみに、キャビネットの中に置いてる温度計で温度を見てますが、オイルヒーターは自動で温度調整してくれるので、最高に上がった時でも10度ちょっとです。なので、上がりすぎて・・とかはありません。

昨年の冬シーズンも氷点下の時が何日かありましたが、これで全く問題ありませんでした
・・うちは山のふもとなので、福岡市内から比べると大体3度~4度位気温が低いです
なので、普通の所ならもっと大丈夫だと思います

もちろん、コストを気にしなければ、↑の溶剤のようなミキシングマシーンのヒーター付きもあるようです
うちでは使う頻度がかなり少ないのでこうやってキャビネットに入れてますが、良く使うなら少し小さいタイプのミキシングマシーンの前にこうやってオイルヒーターおいて、軽く何かで覆ってやってもいいですね

さて、今日は終日気温が上がらないみたいですね。。特別急ぎの仕事もないので、ちょっと下地の処理とかをやって、後は事務所に篭って、溜めてしまってる事務処理でもしようかな。。
・・甘いと言われそうですが、余りにも寒いと、体が固くなって、塗装も含め何かと結構失敗する時が多かったりします


スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL