FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

昨日のrefaith。

もう4月も今週で終わりですね~
ホントあっという間です。。

さて、昨日ですが・・

DSC01255_R_20110425092210.jpg
リアルウッドのパーツですが、イージーグラフィックスの施工で下地処理をしています
経年劣化でウッド部分が割れて浮いているのですが、まずはリアルウッド部分を剥がしてしまいます。
といっても簡単には剥がれてくれませんので、ドライヤーで軽く熱を入れながら剥がしていきます。

DSC01256_R.jpg
そしてとりあえず剥がし終わりました。

DSC01262_R.jpg
下の木の部分も多少上のウッドと一緒に剥がれてしまいましたので深い所だけ軽くパテで整形します。

DSC01263_R.jpg
そして裏表全てにエポキシのサフェーサーを打ちます。
通常のサフェーサーと違ってシール性・密着性がかなり高くて、木の吸い込み等もしっかり抑えてくれます
ただ、うちで使っているエポキシサフェーサーは膜厚が稼げず、木のちょっと深い傷とかは拾えません。。
どの道、完全に防水する必要もありますのでこの後2~3回通常のサフェーサーを打ちます

DSC01264_R_20110425091835.jpg
ちょうど、ハコスカのオーナーさんがリアクォーターの下地でエポキシのサフェーサーを入れてたのでついでに横で塗りました

DSC01257_R.jpg
そしてこちらはお待たせしておりますが、ホイールの塗装のご依頼で下地を進めました

DSC01258_R.jpg
まずは徹底的に洗う事から始めました。
一応洗浄済みな感じでしたが、表面に明らかに油分が残っている感じでしたので、綺麗に洗いました。

DSC01259_R.jpg
これはウォッシュコンパウンドといって、研磨剤が入っており、足付けと脱脂が同時に出来る優れものです。
脱脂が結構しっかり出来ますので、こういった油分が多くて洗浄もする場合にも使ったりします
ちなみに、足付けも同時に出来ますが、ホイールですし、もちろん、足付けはペーパー等を使い後できちんと行ないます。

DSC01260_R.jpg DSC01261_R.jpg
そしてガリキズの補修ですが、状態によって外注で本格的にアルミを盛ってもらったりパテで整形したりしています。
深かったり、えぐれてたり、円の外側部分が欠損したりしている場合はアルミで盛って・・となりますが、
リムの面の部分で浅ければパテでも可能です。もちろん、アルミで盛って・・の方がベストですが、コストとの兼ね合いですね

DSC01266_R_20110425091834.jpg
ガリキズ部分をベルトサンダー等で削り、パテを入れていきますが、リムのエッジ部分に微妙なテーパーが付いています
上の画像の左側のように2~3センチであれば簡単ですが、右側のようにほぼ1周の傷になるとその1周全て同じ角度でテーパーをつけるのは手作業ではちょっと難しいです
機械にセットして回しながら削れば簡単なんですけど・・。
やはり手作業ですと限界があります。。とりあえず、オーナーさんには予めご了解をいただいています。

DSC01267_R_20110425091833.jpg DSC01268_R_20110425091833.jpg
とりあえず、何度も整形を繰り返して、ある程度形が見えたとこで簡易的に缶スプレーのサフェーサーを入れて、形を見ます
車のパネルとかの面であればツヤを出してみれば歪や形は分かりますが、ホイールはそうはいかないので、とりあえず着色します。
この後、全て拭き取り(この缶のサフェーサーの上にパテは厳禁です)再度修正を入れました。

とりあえず、何とか形にはなったので、この後、通常のサフェーサーの工程へ進んでいきます。
まだ、ちょっとお時間は掛かりますが、今しばらくお待ち下さい。

さて、今週も頑張っていきましょう


スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL