FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

ようやく目処がつきました。。

土日で一気に納車及び納品が終わり、ようやく年内の目処がつきました
今年の12月はおかげさまで久々に忙しい12月でした
一気にクルマが減って、がら~んとしてますが、この時期は1台ずつ減っていくとちょっとホットします

さて、久々の作業記事ですが・・

DSC00950_R.jpg DSC00956_R.jpg
W211のトランクスポイラーです。社外のFRPなのですが、ちょっと状態が宜しく無いので、一度エポキシのサフでシールします
各部にゲルコートのヒビ割れも多数あります。。

DSC00984_R_20101227091957.jpg
パテにて修正後、再度通常のサフを打ちます。全体的に歪も酷いので極力歪を抜きながら研いでいきます。

DSC00986_R.jpg
そして塗装完了です

DSC00997_R.jpg
取り付けですが、強烈に寒いので少しボディーを暖めます
元々、かなり反っていて、ガラスボンドを使う予定でしたが、途中の工程で熱を入れていたら、反りも収まったので両面テープのみでいく事にしました。
・・ガラスボンドは強烈に付きますが、取り外しが無理になるのと、今回のスポイラーは形状的にそれ程風圧が掛かる感じでは無いので両面テープのみにしました。
・・ただ、反っていたり取り付けがキツイ場合はやっぱりガラスボンドを使ったりします。

DSC00998_R.jpg DSC00999_R_20101227092128.jpg
そして完成です

このW211はあとマフラー交換をします


DSC00987_R_20101227091957.jpg
こちらはWALDフルエアロ取り付けのR129です。
本当は12月中に納車の予定でしたが、エンジン不調が酷くなってきて、まともに動かす事も出来なくなってしまったので、先にそちらを修理したので完成は残念ながら1月に持ち越しになってしまいました。。

その不調ですが、エンジン始動時にEPCとASRのエラーが出て、強烈にハンチングするという物です
エンジンを切って再始動すると何事も無かったかのように正常に戻ったりするちょっと厄介な故障でした。。
初めの内はエンジンを切って再始動するとすぐ復帰してましたが、段々と復帰しなくなってしまってました。。


さて、話は戻りますが、このWALDのエアロ、造りは非常に良くて、『何層?』ってくらいFRPも厚いです。。
・・なので相当に重いですが~

フィッティングですが、フロントでちょっと問題が発生しました。。

画像の右側はそうでもないですが、左側がバンパーがきちんと入らず、フェンダー先端が少し足りない感じになってしまいます・・最近このパターンが多いような・・。


DSC00989_R.jpg DSC00990_R_20101227092050.jpg DSC00991_R_20101227092049.jpg
リインホースに当る部分がちょっと高いようで、それ以上バンパーが入っていきません。。
なので思い切って切り取って短くしてしまいます
そして、再度FRPを巻きます

限界があるのでまだ微妙に足りない感じですが、とりあえず、おかしく無いレベルまでいけました

DSC00996_R.jpg
サイド・リアは問題なくいけましたリアとかは『純正バンパー?』っていうくらいフィッティングは良かったです

DSC00993_R_20101227092049.jpg
そしてマフラーのテール加工にいきます。

DSC01000_R_20101227092127.jpg
元々、この頼りないテールが付いていたのですが、エアロに全然合わないので、うちにストックしてあったテールに交換します

DSC00992_R_20101227092049.jpg
これを付けます

DSC00994_R_20101227092049.jpg DSC00995_R.jpg
位置を合わせながら仮で溶接し、最後降ろして溶接します

この後サフの工程に入っていきます

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL