FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

意外な結果に・・。

昨日はデュポンの代理店の方が新しい水性塗料に適するガンのテストをしてました

DSC00841_R_20101107090541.jpg
テストで持ち込んだガンはこの3種類で、
左からデビルビスの “Gti-PRO” イワタの “WS-400” 同じくイワタの “W-400WS” というモデルです。
ちなみに、3種類とも高額な部類のガンで、
Gti-PROはデビルビスのフラッグシップモデルで5万程度、WS-400はイワタのフラッグシップモデルであのピニンファリーナデザインという事もあり7万程度、W-400WSも3~4万程度となってます。
・・通常のガンは~2万円~程度であります。

まあ、イワタのピニンファリーナはかなり評判も良く、いい結果が出るのでは・・と代理店の方とは予想してました
ただ、基本的に2人ともデビルビスが好きなので『Gti-PROでも全然いけるのでは~』と思いながらテスト開始しました。

DSC00842_R_20101107090540.jpg
*ピニンファリーナ

DSC00843_R.jpg
*Gti-PRO

DSC00844_R.jpg
*W-400WS

という感じです。
ちなみに、水性塗料でかなり高粘度ですが、ソリッドで希釈も10%とかなり高粘度です。

画像を見ても一般の方には解りにくいかもしれませんが、微粒化という面ではダントツにピニニファリーナです
認めたくありませんが、もう文句の付けようがないくらいです。。

そして以外なのが、W-400WSもかなりイイという事です。一番『う~ん』という結果はGti-PROでした

しかし、イワタのモデルは確実に進化していてパターンも広くて塗りやすかったです。

ただ、あくまでも水性塗料での微粒化という問題であって、Gti-PROが完全に負けている訳ではありません。
イワタのモデルは両方とも塗出が足りない感じで、高粘度の塗料を薄く塗るにはいいかもですが、クリアーとかはちょっと厳しいイメージです。
総括するとイワタは繊細でデビルビスは豪快な感じですね
・・まああくまでも今回の水性塗料でのテスト結果ですが・・。

ただ・・ピニンファリーナ・・良かった~

DSC00845_R.jpg
その他、昨日はボルボの板金塗装したり・・

DSC00846_R.jpg
引き続きマジェスタの下地したり・・

その他修理したり・・と1日あっという間に終わりました

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL