FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

クラックはなかなか消えません。。

昨日はちょっと遅くまで仕事してたんですけど、夜になるとちょっと冷え込んできました。。
来週は一気に気温が下がるみたいですね~

DSC00744_R.jpg DSC00742_R.jpg
イージーでご依頼いただいたパーツの下地処理をしています
センターコンソールはFRP製ですが社外パーツか何かでしょうかそして拭き出し口は樹脂で加工してあります。
両方とも、ラッカー系で塗装されており、そのままですと塗れませんので、まずは全て剥がします
画像ではラッカーシンナーで剥がしておりますが、この辺がウレタン系できちんと塗った物との違いです。
ウレタン系できちんと塗ってればラッカーシンナーで簡単に剥がれたりしません。

DSC00745_R_20101022091147.jpg
そして、剥がした後です。
しかし、このパーツですが、状態が余り良くなく、クラックや補修の跡が結構あります。
DSC00746_R_20101022091147.jpg
こんな感じでクラックが無数に入っています

状態が余り宜しく無いので、オーナーさんには事前に別途補修のご提案を差し上げましたが、それなりの費用が掛かってしまいますので、とりあえず今回は通常の下地処理のみで施工する事となりました。
・・クラックを完全に取り除くには、その部分を掘り下げて、パテ等で整形する必要があります。そうするとそれなりの時間が掛かりますので相応の費用が掛かってしまいます。

また、各部、穴埋め等の補修跡があり、恐らく市販の材料だと思いますが、硬化してないようです。。余りにも酷い所は取り除いて再度整形しなおしましたが、これも全て補修していたらかなりの作業になってしまいますのでそのままいきます。
ちなみに、このような場合、下地による後のトラブルに関しましては免責とさせていただいています。
・・といっても、そこはやはり出来る限りの事はしたいです。

DSC00756_R_20101022092620.jpg
という事でちょうど他の作業でエポキシ系のサフを打つ事がありましたので、一緒に打ちました
・・・単体ですとコスト的に厳しいですが、他の作業のついでですので~

完全・・とは言えませんが、微細なクラックはこれで埋まってくれると思います。

DSC00774_R_20101022091146.jpg
そして完全乾燥後、通常のサフェーサーを打ちました。
以前の補修のパテ跡等かなり残ってますが、状態としてはかなり良くなったと思います

FRPのパーツの場合、ペインターの方なら良く分かると思いますが、このクラックが本当に厄介だったりします。。
というのも、こうやってサフェーサーとか入れると、その時は見えなく(みえにくく)なってしまうんですよね。。
そして本塗りをしたら・・出てきた・・みたいな。。

このパーツもエポキシで結構埋まってくれてるといいんですけどね~

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL