FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

今期も大変お世話になりました。

今日で8月も終わりですね。
refaithは8月が決算月なのですが、今日で7期が終わりとなります。そして明日から8期目に入ります

決して景気は良くありませんが、7期は後半少し持ち返してきました。8期はおかげ様でかなり忙しい状態でのスタートを切る事が出来て嬉しく思います。

山有り谷有りですが、気が付いたらあっという間に丸7年経ちました。
こうして8年目を迎える事が出来るのも皆様のおかげであり、改めまして厚く御礼申し上げます。
8期も喜んでいただける仕事を第一に考え頑張っていく所存でございます。何卒ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。


さて、色々やっておりますC63ですがようやく完成に近づいてきました

先日塗ったバンパーにカーボンのデフューザーを取り付けます。
数日前のblogで書きましたが、このカーボンデフューザー、ちょっと問題がありました。。

DSC00623_R.jpg DSC00624_R_20100831202004.jpg
フィッティングは悪くなく、カーボン目も綺麗なのですが、画像のように端の部分の処理がヒドイ事になっています。。
見えないならこれでOKでしょうが、完全に見えてしまいます。。
フィッティングの仕方によって隠れるのかな~とも思いましたが、どう頑張っても無理そうです。。

これを綺麗にするにはパテで巣穴や傷を埋めて、サフを打ち、その部分の粗隠しで黒をぼかして入れて、パーツ全体にクリアー・・って感じが理想ですが・・(実際こういった処理を初めからされている商品も多いですよね)
当然そうするとかなり費用が掛かってしまいます。
また、カーボン製品は物によってはクリアーだけでもかなり高額になってしまう場合があります。
塗装屋さんでカーボン製品を色々塗った事ある方なら解ると思いますが、物によっては巣穴が酷くて何回も何回もクリアーを入れていく必要があります。。
色が入るのであればパテとかサフでOKですが、何せカーボン柄が見えないとダメなのでクリアーで埋めていくしかありません。。これがやっかいな事にクリアーゲルだけの状態なら余り見えないのがクリアーを入れた途端に巣穴がバッチリ見えてしまいます。。
うちでも過去、悪い製品に当ってしまい、4~5回クリアーを入れて埋めた記憶があります。(途中、クリアー自体を筆差しで埋めたりもしましたが・・)
なので、実際、カーボン製品のクリアー処理は『金額はアバウトで、やってみないと解りません・・』となります。

ちょっと話が逸れましたが、そうは言っても、このまま取り付ける訳にはいきませんので出来る限りという事で、

DSC00625_R.jpg
ラッカーパテで巣穴を拾い・・

DSC00626_R_20100831202003.jpg
つや消しの黒で仕上げてみました。
こう書くと簡単に見えますが、これでも2時間は楽にかかってます。。

ただ、完璧ではありませんが、相当ましな状態になりました。

DSC00627_R.jpg
本当に神経質な方は厳しいかもしれませんが、とりあえず大丈夫かな~というレベルまできました

こんな感じで、デフューザーの取り付け一つでもお店の考えによって変わります。
『商品がこの状態なので無理ですね~』は簡単ですが、僕は出来る限りの事はしたいな~と思います。
・・あくまでも出来る限りなので、無理な場合も多いですが・・

さあ、ちょっとパテの乾燥時間でblogを書こうと思ったのですが、思ったより長文になってしまいました~

今日ももう一頑張りです

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL