FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

防水処理。

毎日暑い日が続いていますね。。
福岡地方はしばらく35度・・が続きそうです


DSC00574_R.jpg
さて、こちらはイージーグラフィックスでご依頼いただいたパネルですが、MDFの板で自作されています。
皆さんご存知の通り、イージーグラフィックスは水に浮かべたフィルムにパーツを沈めて転写するのですが、当然水にパーツが浸かります。。

また、転写した後は定着液を流す必要があるので、基本、完全に水に長時間(5分程度)浸かった状態になります。
プラスチックのパーツなら問題ありませんが、これがMDFの木となると・・当然アウトですよね
という事で防水処理が必要となりますが、これがなかなかに難しいです。

以前はオーディオ屋さん等から多数受けていたのですが、少しでも水が木にしみると割れてしまってダメなので、相当リスクが高くなります。
色々しますが、下地も終わって、色も入れてさあ転写して・・割れた。。となると、その割れた部分までダメになるので、そこまで削って再度パテで整形して・・という作業になります。
そういった事もあり、今は基本的に木へのイージーグラフィックスはお受けしておりませんが、防水処理がある程度しっかり出来そうな場合と納期未定という条件でお受けしています。
・・割れるかどうかは転写後でないと解らないので割れてしまうとまたかなり工程が戻ります。。
なので納期は基本未定です。

さてちょっと話が長くなりましたが、まずは木と木の接合面を上の画像のようにシーラーを薄くいれます。

DSC00575_R.jpg
そして、ちょっと分かりにくいですが、エポキシのサフでコートします。エポキシのサフは通常のサフよりかなりシール性が高いです。・・・画像は裏ですが、もちろん表も全て入れます。
この段階では適当に厚めに入れます。巣穴とかは刷毛で埋めたりしますが、これから先研いで・・またサフを入れて・・を繰り返すのでタレようが何しようが問題無しです

DSC00587_R_20100820092439.jpg
そして、エポキシのサフが完全乾燥後、研いで平滑にし、通常のサフを入れます。
そしてまた研いで・・を繰り返します。
これで、木が完全にサフを吸ってコーティングされると言う訳です
ちなみに、必要以上に塗膜が厚くなるかと思いますが、塗って研いで・・を繰り返しますので実際はそれ程厚くはなりません。

こちらはもうしばらく下地がかかりそうですね。


DSC00584_R_20100820092441.jpg
話は変わってこちらはC63ですが、定休日明けの昨日から1部作業に入っております
今回、塗装がメインなのですが、かなりの量ですのでバラしの作業だけでもなかなか大変だったりします。

DSC00585_R_20100820092440.jpg
メカ担当のIさんが黙々とバラしていきます

DSC00586_R.jpg
ちょっとお時間がかかりますが、仕上がった後は思いっきりイメージも変わると思います楽しみです


ここ何年かでこれ程・・・といった感じで沢山のご依頼をいただいています。大変嬉しいのですが、どうしてもお待たせしてしまうお客様が出てくるので申し訳ない気持ちでいっぱいです。
入庫出来ずにお待たせしているお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL