FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

サンプル作成。

DSC00484_R.jpg

DSC00485_R_20100716092335.jpg
今、イージーの作業のついでに2枚目のようなサンプルを作っています。
ただのクリーム色のテストピースなのですが、こんな感じで (ブラウン)や(オレンジブラウン)、(レッドブラウン)という風にRMでデータを作ってました。

イージーグラフィックスの場合、オリジナルで調色をする事もありますが、基本は上記のような基本色にフィルムを転写します。

今は一部RMと併用してデュポンを使っていますが、近いうちにRMは撤去しますのでそうすると今までと同じ色の(クリーム)を作ろうと思っても無理になります。
なので、こうやってサンプルを作っておけば、デュポンでこれに合わせてクリームを作ればほぼ同じ色で出来上がります

問題はオリジナルの色ですね。。
一応、主だった物や珍しい色味は途中から実際にフィルムを転写したサンプルを残しており、そのサンプルにはベースの色だけの部分もありますのでそれに合わせればいいのですが、ノートに色番号だけ書いている物はどうしようもありません

例えば・・
○年○月○日 ○○様 車種○○○

BC201 1g
BC605 30g
BC800 5g
BC805 3g
BC190 0.5g

+ゴールドチェスナットのフィルム・・・

・・・といった具合にRMの色番号だけ残している場合です。
これはさすがにRMが無いと再現不可能ですので・・。

実際、今までの施工でいくと、A4ノート半分以上ぎっしりデータが残ってますのでそれが無くなる事になります。

まあ、後はRMの色の特性表をデュポンの色の特性表に置き換えて、また繰り返し作業になりますが、実際にテストピースを作っていくしかないですね。まあ、それも分かった上で今回思い切ってデュポンに変えましたので頑張っていくしかないですね



DSC00482_R_20100716092337.jpg
その他、昨日はアルファロメオ 147 GTAのリアフェンダーのちょっとした加工をしたりしてました。

しかし、いつ見てもこのGTAのブリスターフェンダーはカッコイイです

スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL