FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

95プラド左ハンドルその2

先日書いた95プラド左ハンドルコンバージョンの続きです

ブロアー、エバポ、ヒーターの取り付けが完了したら、ステアリング関係と進んでいきます。

DSC00704_R.jpg
ステアリングやエアバック等を取り付けるハンガーです。
右ハンドルから左ハンドルになるに伴い、当然、これも逆にする必要があります。
もちろん、そのままでは付かないので、ブラケットやステーを全て切り離し、切った貼ったをして逆にしていきます
DSC00713_R.jpg

DSC00712_R.jpg
そして、ステアリングのコラムシャフトの位置を合わせて先程取り外したハンガー及びブラケットを溶接します。
画像がありませんが、この工程の前にはステアリングラック(左用)の取り付けも行なってます。
もちろんですが、ラックも簡単には付きません。。かなり大掛かりな加工が必要となります
また、画像の左用ダッシュボードですが、何故か探せばあります(爆)・・・造りは???ですが・・・
この後、助手席のエアバックもハンガーにしっかりと取り付けて、ヒーターとかとの干渉具合を確認していきます。

DSC00772_R.jpg
次に、一度ダッシュボードやハンガー等全て外してバルクヘッドの加工へ進みます。
画像は完成して色まで入った状態ですが、バルクヘッドは左ハンドル仕様になってますね~
ステアリングのシャフト部分と、ブレーキのマスターのパネルは元々の寸法を採寸して、ボンデ板をレーザーカットして製作しています。
逆に右側は元の穴を塞いで、新たにエバポレーターのホース等の穴を新たに開けています。
こうやって書くと簡単ですが、位置合わせ等、とてつもなく時間と手間が掛かります

DSC00703_R.jpg
ちなみに、これが元々のバルクヘッドです。こうやって見比べると左ハンドル仕様になっているのが良く分かりますね~

とりあえずここで第一段階が終了です・・・気分的にはかなり出来上がった気がしますが、まだまだ作業は続きます。。

続きはまた後日



スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL