FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

イージー転写前のクリアー

昨日はすごく暖かな1日でしたね
湿度も30%ほどでイージーの作業をしていたのですが大変スムーズに出来ました

DSC01212_R.jpg
イージー転写前の状態です。
カーボン柄で、下色は黒になっています。そして色の上にはクリアーが入っています。

以前のblogでも書いた事がありますが、カーボン柄や難しい形状パーツの場合、必ず事前にクリアーを入れています。
というのも、転写して、『あ~失敗した・・』や『もう少し綺麗に入りそう・・』となった場合、クリアーを入れてないと、それで終わりとなります・・・というのも、一度転写されるとシリコンオフ等では全く歯が立たず、強いシンナーじゃないと柄が落ちません。。。
当然、クリアーが入ってない状態でシンナーで拭くと・・色まで落ちます
結果、色からやり直しになります。
なので、失敗のリスクがある場合は必ずクリアーを入れてます。クリアーを入れる事により、シンナーで拭いても色は落ちませんので、再度トライ出来ます・・・といってもMAXで3回くらいですが・・・。

ちなみに、このクリアーですが、イージーが転写可能なクリアーとダメなクリアーがあります。過去色々試したのですが、RMのクリアーは全部ダメで、RMのクリアーが入っていると、全く柄が入りません(流れてしまいます)
唯一、国産の4:1はOKで、転写前のみ、この4:1のクリアーを使っています。

画像はその4:1のクリアーが入った状態ですが、画像だとそこそこツヤがあるように見えます。
しかし・・・現物はツヤも余り無く、且つ薄くて全くな感じです。
基本、国産のクリアーは磨いて仕上げる傾向にあり、磨けばツヤが出るって感じです。
まあ、転写前の捨てクリアーなのでこんな状態で全然OKですが、仕上げには・・・厳しいですね。。

ただ、メリットもあります。
それは作業性です。とにかく固くないのでゴミも簡単に取れますし、磨きもすごく楽です。感覚的にはRMのクリアーと比べて3倍くらい早く磨ける気がします。大きい面積になると気分的に10倍くらい楽な気分になります
要はそれだけ強く(固く)ないという事です。
これはちょっと流れた部分を研ぐともっとハッキリ解りますが、国産の4:1のクリアーは流れても簡単に研げますがRMのクリアーは本当にかなり苦労します。流れた頭の部分を削っているのになかなか削れないのでその他の部分の地を出してしまったり・・(磨いた事ある人ならこの気持ち解りますよね~
逆にRMのクリアーは傷が付くと、ちょっとコンパウンドで磨いてもなかなか消えてくれません。。
まあ、外資のクリアーを全部使った事はありませんが、材料屋さんに聞くと、国産クリアーと比べてこういった特性があるようですね。

何か文章ばかりになってしまいましたが、クリアー一つとってもこんな感じで色々あります







スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL