FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

今日のrefaith

ここのところずっと寒い日が続いています。。
作業するにも塗装するにもなかなかツライです。。


DSC00081_R.jpg
グランドチェロキーのサイドステップとロッカーパネルを塗ってます。
このロッカーパネルとサイドステップ、純正で色が入っているのはいいのですが、ウレタンのシボがあるまま塗ってあり、一応色は入ってますが、表面は凸凹しています。。
今回、傷が入っていてその補修なのですが、当然、パテ・サフェーサーが入るとシボが消えてツルツルになってしまいます。。
他も全てツルツルにすれば良いのですが、このパネルだけツルツルになるのはダメです。
という事で、通常であればこれくらいのパーツならオールサフェーサーでいくところですが、出来る限り
最小範囲でサフェーサーも終わらせました。
しかし・・・サフェーサーが終わって、マスキングテープを剥がすと・・
写真のように塗膜が剥げてしましました。。
PPなので密着性が悪いのは分かりますが・・マスキングくらいで剥げてしまうとは。。
一応純正の塗装なんですけど。。
下地が全く出来てない証拠ですね。。


DSC00083_R.jpg
こちらは前事故のムーブです。
結構な衝撃でぶつかっており、運転席・助手席ともエアバックが開いています。。
ちなみにこのオーナーですが、一応車両保険には入っています。
しかし、保険の時価が35万となっています。
という事は35万までしか修理金額が出ません。。
今回、両エアバックが開いており、エアバックだけでも20万を超えます。。
(余談ですが、エアバックが開くと、コンピューターやセンサーを総交換しないとダメだったり、クルマによってはシートベルトも交換になってしまい、かなり高額修理になってしまいます)
このクルマの場合、エアバックを直すと残り10何万しか無く、それでは部品代すら無理です。
結果、オーナーの手出しか廃車という選択になってしまいます。
じゃあ、廃車で同じくらいの中古車を買えば・・となります。しかし、このムーブもそうですが、35万じゃ程度の良い中古車は買えません。。
実はこのような事例は結構あるのですが、どうにかならないのかな~とも思ったりします。
もちろん、修理工場としても廃車より修理してもらった方がうれしいのですが、それよりもオーナーさん自身がせっかく車両保険に入っているのに直らないという事で辛いと思います。
まあ、保険会社も車両の時価を上げてあらゆる事故を全て保障するというのも大変でしょうけど。。


イージーのキャンペーンの方も問い合わせ・入庫等かなり入って来ています。
残り2週間程度ですので、お早めにどうぞ^^





スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL