FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

今日のrefaith

昨日、今日とかなり涼しいですね。
塗装していても、クリアーのノビが全然違います・・個人的にはあと5度程度下がって、10度後半くらいが一番塗りやすいです。
なので、これから少し寒くなるくらいがベストな塗装シーズンです♪

DSCF0213.jpg
E36(328)のお客さんから、燃料を満タンにしても"0"のままでゲージが上がらないという事でお預かりしました。
センサーの抵抗を測って調べてみると・・センサーの不良です。
かなり定番な故障みたいです。
このセンサー、左右で計2個ついているのですが、右側はセンサー単体での部品供給がありません。。ポンプもユニットでセットになってしまいます。当然、部品価格が一気に高くなってしまいます。。
まあ、しかし、このE36も10万キロ走っているので、ポンプも換えていて絶対に損はありませんので、
良しとするしかないですね。

今回のポンプは別の意味かもしれませんが、あらゆるメーカーがだんだんと部品をモジュール化しています。
例えば、ベンツのATの場合、機械式の古いタイプですと、センサー一つから供給されていたのが、5速の電子制御になると、センサーと基盤がASSYになっていて、最新の7速に至っては、その基盤とセンサーとバルブボディーまでASSYらしいです。という事はちょっとATのスピードセンサーだけが壊れても、バルブボディーから全て交換となる訳です。・・当然高額になりますね。。
まあ、色々な意味があっての事で、もちろん、出来るだけ多くの部品を新品に換えるのが一番間違いないんでしょうけどね。。少しでも好きなクルマを安く維持したい人には・・大変になりますね。


DSCF0212.jpg
お次はジムニーのお客さんがベルトが鳴くという事で来られました。
軽く見てみると、ベルトにかなりヒビが入っているので、ベルトの交換を勧めて、ベルトを注文しました。そして、先に分解しておこうと良く調べてみると・・・パワステの本体を留めているボルトが付いていません。。これではぐらぐらですので、当然、鳴きます。。
緩んで落ちたのか、それとも前に整備した人が付け忘れたのかは分かりませんが、とりあえず付けようと、ファンシュラウド、ファンを外して良く見ると・・ブラケットが完全に折れてました。。
という事で、ここで作業中断となってしまいました。。
しかし、調整用のボルト1本だけで留まっていたようなものですので、ある意味、この段階で分かって良かったです。
こんな感じで、ちょっとした異音でも思わぬトラブルもありますので、ちょっとでも気になる事があればお気軽にご相談ください^^




スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL