FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしたものか・・。

相変わらず体調は思わしくありませんが、とりあえず出社して、その日のうちに進めておかないといけない所まではやるようにしています

IMG_2047_R.jpg IMG_2055_R.jpg
カーボンのボンネットとスポイラーのクリアー塗装のご依頼です

IMG_2048_R.jpg
ボンネットの方は、購入された時にクリアーを入れられたらしいのですが、1部剥離してきています。。

IMG_2056_R.jpg
そしてスポイラーの方は、1部欠けがあったり、状態が余り良くありません。。

IMG_2057_R.jpg
まずは、スポイラーの方ですが、こちらはクラックが入ったりしていますのでそこを削り飛ばしてしまい、ファイバーパテを入れました・・通常のカーボン製品ですとパテは使えませんが、この部分は黒で塗ってありましたので、パテが使えます。

IMG_2058_R.jpg
その後、ポリパテで巣穴なんかを修正して・・

IMG_2059_R.jpg
とりあえず、サフを入れてひと段落です

この後、全体をサンディングして、この部分は元と同じように黒でぼかしをいれて、最終的に全体をクリアーで覆います

IMG_2062_R.jpg IMG_2063_R.jpg
そして問題がボンネットです。。
当初、剥離して浮いてる部分のみサンディングして、全体にクリアーを入れれば・・と考えていましたが、研いでみると、そう簡単な話ではなさそうです

通常、こうやって浮いてる部分があっても、研いでいきながら密着してるところまで範囲を広げていけば特に問題はないのですが、研いでも研いでも大丈夫な感じになりません・・専門用語で言うと、フェザーエッジが取れません

ここで2パターンの修理方法の選択を迫られます。

一つは、このまま上からクリアーを入れてしまう方法です。とりあえず、研いだ部分のキワが出てくる恐れはありますが、磨くか、最悪もう一度クリアーを入れれば大丈夫だと思います。ただ、一番下が密着不良を起こしてますので、後々、同様のトラブルが出てくる恐れがあります。。

もうひとつは今のクリアーを剥離して、再度クリアーを入れ直す方法です。
正直、今塗られているクリアーは塗膜性能的にも最悪ですので、それを除去するのが最善です。ただ、ボンネットのクリアーだけを剥離するのは・・どれだけ時間と手間が掛るか・・考えたくもありません

カーボンじゃ無ければ、#240位でサクッと研いで、サフでも入れれば完了なんですけど、カーボンが消えてはダメなので・・。

幸い、オーナーさんには時間をもらいましたので、後々の事も考えて後者の方法できちんと修復したいと思います

とりあえず、まずは体調を完全に戻さないといけませんね。

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。