FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多かった~。

IMG_1792_2014092917555522e.jpg
業者さんのワンオフパーツなので画像処理をしています
結構前にイージーをさせていただいたのですが、剥がれてしまったそうで、再施工となります。
お預かりした時は、サフまで終わってた状態で、その上からイージーの施工をしました
今回、お聞きしたところによると、前回、アルミ板にスプレーパテを入れ、その上からサフを入れられたそうで、そのパテから剥がれたそうです。。
スプレーパテを使った事がありませんが、多分、アルミの上に直接塗っても問題ないかと思われます。
通常のポリパテだと、『アルミ対応』なんて普通に書いてあったりします。

ただ、この辺りが大変難しいところなのですが、何か他で不具合が起きたりすると、それが原因でトラブルに発展する場合があったりします
例えば、サフを入れても、サフのシール性が弱ければ、サフの上に塗った色の溶剤分がサフの下を侵す事もあったりします。。
他にも、パテの硬化剤の量が誤っていると、それが後々にじみとなって上に出て来たり・・。

今回も剥離の原因としては色々考えられますが、一概に、『これ』という原因は無いと思います。
(パテ&サフの工程で問題無くても、例えば炎天下の中で、この部分が余りにも高温になってしまった場合も当然剥離の問題が起きる場合もありますし・・)

しかし、とりあえず再施工にあたっては、絶対にトラブルが起きない方法にて施工する必要があります。
という事で、今回はアルミのままお預かりして、そこから先を施工させていただく事になりました

まずはお決まりでエポキシを入れました。そして、熱を入れ、完全硬化後、2液のサフを入れます
(2液のサフも、よりシール性が高いタイプを使います)
これで、もう剥がれる事は無いと思います・・『絶対剥がれない』と言いたいところですが、2次的要因等、塗装において絶対という事は言えないので、あえて『剥がれる事は無いと思います』・・という表現をさせていただきます。
というか、塗料メーカー(アクサルタ)指定の作業工程において、これ以上はありません。一応、最上の作業方法となります

IMG_1791_R.jpg
その他、色んな人から聞いてはいましたが、陸運局は鬼のように混んでまして、車検で午後全て潰れました~


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。