FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと動かせました。

IMG_1604_R.jpg
シフトモジュールが壊れてしまったW220ですが、修理業者から返ってきましたので、早速取り付けました

IMG_1607_R.jpg
その他、フロント回りの修理もあったので、そちらも終わらせて・・

IMG_1606_R.jpg
最後に、診断機でエラーチェックをして完成です

今、うちで使ってる診断機ですが、X431という物で、かなり前に買ったものです。当時はあらゆるメーカーに対応している物としては、そこそこ安く(といってもオプション含め40万ちょっとしましたが・・)今でもちょっとしたエラーの消去で大活躍です

ただ、時代の流れというか、残念ながら2014年末で、アップデートが終了して、2016年末で本体の修理サポートも終了するとの事です

どの道、うちでは本格的な整備をする訳ではありませんし、こんな感じで、エラーの消去+αが出来ればいいのですが、診断機はやっぱり無いと困るので、そろそろ次を考えないといけないですね。
今は、20万も出せば、かなり立派なのが来ますが、さあ、どれを買おうかな・・といった感じです。
・・20万といってもうちみたいな弱小ボディーショップに取っては大きな投資ですが・・

しかし、最近、輸入車はどんどんオンラインプログラムになって来てて、例えば、部品を変えたら、ディーラー等で本国とオンラインで繋いで、その新しい部品を認証をしないといけなくなってきてますね

まあどういった方法でしてるか分かりませんが、そのオンラインプログラムだけを15,000円とかで請け負ってる所とかあったり、色んな裏技を使って、オンラインプログラムをしないでやってる所もあるようです。
(もちろん、不可の場合もあると思います)

後は、部品の現物修理を海外に送ってしたり・・例えば、最近の車はATやCVTとかのセンサーがダメなだけでもバルブボディー&オンラインプログラムとかになってしまうようです。それだと修理費用が高額になるので、部品現物修理だけで安く抑える為に海外の修理業者に送って、現物修理をしたり・・現物修理なら同じ部品ですので、オンラインプログラムは必要ありません。しかし、一般の整備業者さんも大変な時代になったな~って思います。

まあ、全部ASSYで交換して、オンラインプログラムするなら、一般の修理業者に出さなくて、初めからディーラーに出せば・・ってなりますよね。。
ASSY交換も、現物修理も、後々の事とか費用面とか含めて、どちらが正解かはオーナーさんの判断だと思いますが・・。

さて、多分、大した問題じゃないのに、ちょっと面倒な修理をしています。。
昼からも頑張ります


スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。