FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

初めての材質。

002_201402191813184b2.jpg 003_201402191813201e4.jpg
 
プラドのフロントバンパーです
スポイラーが付いていますが、バックリと割れてしまってます
ちなみに、純正っぽく見えますが、純正ではありません・・部品商さんがわざわざ純正オプションのカタログを持って来てくれましたが。。

当初、クルマが入庫した段階では、かなりズレており、この辺りの樹脂パーツは変形するとフィッティングがかなり大変なので、場合によっては買い直した方がいいかもしれません・・とお客さんには説明してました。

ただ、固定ボルトを全部外して、テンションを抜いてあげると、意外に大丈夫そうだったので、とりあえず修理の方向で進めてると、どうも何かおかしい感じです。。

004_20140219181323cf7.jpg
まず、炙っても全く柔らかくなりません

そして、割れの部分をとりあえず溶着しようとハンダこてを当てますが、全く溶ける気配がありません。。
また、シンナーを含ませたウエスを置いても全く溶ける気配がありません。
これは困りました。こんな材質触った事ありません

まずは材質が分からないと、この後の修理方法も決まらないので、色々調べますが、社外パーツなので、当然、裏を見ても何も書いてません。。

そして、販売店さんに以前もらった資料とかを見てると、恐らくPF(フェノール)かもしくはEP(エポキシ)では?
という事まで分かりました・・・確証は持てませんが、溶剤に強いので、恐らくエポキシが一番濃厚です。

さて、分かったはいいんですけど、どうやって割れを修復するかです。
溶けませんので、溶着は無理です。となると接着材を使うしかありません。

この時点で、最悪お客さんには社外を新たに用意してもらう話をしていましたが、どうせ、FRPの社外パーツとかフィッティングがピッタリ合う事なんてありません。幸い、このパーツは全体的にかなりフィッティングがいいので、出来ればこれを直したいところです。

005_20140219181313ee9.jpg 001_20140219183354f7a.jpg

とりあえず、2液の接着剤(グラスプ)で接着を試みてみます。これでちょっとでも怪しいなら、このパーツは廃棄処分となります。

そして1晩置いて、今朝見てみると・・がっちり付いています。PPなんかより全然がっちり付いています
少々無理して曲げても全く接着剤が剥がれる雰囲気はありません。

こうなれば安心です

001_20140219181315f23.jpg
熱で曲がらないので、隙間を合わす為に、色々削ったりと大変でしたが、とりあえずフィッティングも何とかなりました

余談ですが、プラスチックには大まかに2種類あって、熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂があり、熱可塑性樹脂は熱を加えるとチョコレートみたいに溶けて、冷えるとまた固まる性質があり、熱硬化性樹脂は1度熱を加えて固めると、いくら熱を加えても溶けない性質があるようです。
今回のは後者ですね

しかし、こんな素材は初めて扱いました

さあ、このプラド、他にも沢山、作業の依頼をいただいているのですが、他も色々問題発生しており、なかなか骨のある仕事になりそうです


スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック URL