プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事開けました。

週末です

今日は、午前中から、ひっきりなしに人が来て、あっという間に夕方になってしまいました~

さて、昨日、大した問題じゃないのに、ちょっと大変な作業と書きましたが・・

IMG_1614_R.jpg
ライフのお客さんから、リアドアが中からも外からも開かないとの事です。。

さて、困りました
基本、ドアの内張りはドアが開いた状態で外すように考えてありますので。。

下の方のクリップ部分は座席に当ったりして、どう考えても手前に外せないので、窓側を無理やり起こそうとしますが、ダメです

最悪、内張りに穴を開けて・・と思いましたが、それは最終手段として、色々あがいてみました

IMG_1608_R.jpg
何とか、破壊せずに外したら、プラスチックのブッシュが割れてロッドが外れてました
ちなみに、内側はチャイルドロックが掛ってました。。なので、当然、内側からは開きませんね。。
部品を手配して完了です

IMG_1610_R.jpg
先日、120プラドにナビ&バックカメラの取り付けをご依頼いただいたのですが、何と、リアモニターの出力ケーブルが別売りになってました

IMG_1611_R.jpg
という事で、早速手配し直し、再度入庫してもらい、取り付けしました
僕の勉強不足で、お客様に2度手間を掛ける形となってしまいました。

IMG_1613_R.jpg
夕方、スーパーセブンに乗ってる先輩が遊びに来ました
聞くと、ブレーキのマスターバックを付けたとの事そう言えば、この間、廃車置き場から部品を取って行ってましたが、負圧ホースのワンウェイバルブを持って行って、それを使ったみたいです。
ちなみに、マスターシリンダーとマスターバックは、ホンダのアクティーのがサイズ的に小さくて、タンクが別体なので、ベストだったようです
ちょっと裏のテストコースで走りましたが、やっぱりマスターバックがある方が安心して乗れます
スーパーセブン乗りの人から言わせると、マスターバックは邪道らしいですが、まあこれはこれで全然OKだと思います

さて、7月~からずっと忙しい状態ですが、ようやく一息つきました
・・まあ、年中忙しい事はありませんので

ただ、決算の準備が全く出来ておらず、税理士の先生から催促の電話が入ってますので、来週、ちょっとまた助っ人をお願いしました


スポンサーサイト

やっと動かせました。

IMG_1604_R.jpg
シフトモジュールが壊れてしまったW220ですが、修理業者から返ってきましたので、早速取り付けました

IMG_1607_R.jpg
その他、フロント回りの修理もあったので、そちらも終わらせて・・

IMG_1606_R.jpg
最後に、診断機でエラーチェックをして完成です

今、うちで使ってる診断機ですが、X431という物で、かなり前に買ったものです。当時はあらゆるメーカーに対応している物としては、そこそこ安く(といってもオプション含め40万ちょっとしましたが・・)今でもちょっとしたエラーの消去で大活躍です

ただ、時代の流れというか、残念ながら2014年末で、アップデートが終了して、2016年末で本体の修理サポートも終了するとの事です

どの道、うちでは本格的な整備をする訳ではありませんし、こんな感じで、エラーの消去+αが出来ればいいのですが、診断機はやっぱり無いと困るので、そろそろ次を考えないといけないですね。
今は、20万も出せば、かなり立派なのが来ますが、さあ、どれを買おうかな・・といった感じです。
・・20万といってもうちみたいな弱小ボディーショップに取っては大きな投資ですが・・

しかし、最近、輸入車はどんどんオンラインプログラムになって来てて、例えば、部品を変えたら、ディーラー等で本国とオンラインで繋いで、その新しい部品を認証をしないといけなくなってきてますね

まあどういった方法でしてるか分かりませんが、そのオンラインプログラムだけを15,000円とかで請け負ってる所とかあったり、色んな裏技を使って、オンラインプログラムをしないでやってる所もあるようです。
(もちろん、不可の場合もあると思います)

後は、部品の現物修理を海外に送ってしたり・・例えば、最近の車はATやCVTとかのセンサーがダメなだけでもバルブボディー&オンラインプログラムとかになってしまうようです。それだと修理費用が高額になるので、部品現物修理だけで安く抑える為に海外の修理業者に送って、現物修理をしたり・・現物修理なら同じ部品ですので、オンラインプログラムは必要ありません。しかし、一般の整備業者さんも大変な時代になったな~って思います。

まあ、全部ASSYで交換して、オンラインプログラムするなら、一般の修理業者に出さなくて、初めからディーラーに出せば・・ってなりますよね。。
ASSY交換も、現物修理も、後々の事とか費用面とか含めて、どちらが正解かはオーナーさんの判断だと思いますが・・。

さて、多分、大した問題じゃないのに、ちょっと面倒な修理をしています。。
昼からも頑張ります


共有

色んなジャンルの仕事が重なって、何かと慌ただしくやってます
昨日も、夕方前から外注先に行って、作業終了後、そのままお客さんの所へ納車して、会社へ帰って来たら22時過ぎで、結局、現場が余り進まず・・・

ただ、強力な助っ人に来ていただいてたので、僕の仕事が進まないだけで、お願いしていた仕事は順調に進んでます

ちなみに、助っ人・・って書いていますが・・

僕は基本的に誰かのところに弟子入りした訳でも無く、色んな人の力を借りながら自分なりに色々やって来ました。
その中で、一番、色んな事を教えていただいた、ある意味僕の先生的な方にちょっと応援で来ていただいてます。
塗料の基本的な知識はもちろん、その他科学的な知識をベースに、とにかく、あらゆる面での知識が豊富で、例えて言うなら、プロトリウスのパーフェクトマニュアルが全て頭に入っているような方です。ただ、知識だけではなく、現場の経験も大変豊富であり、あらゆる状況に応じた対応が出来る方です。
インストラクター的な事もされてたのですが、現場の経験も豊富なので、テストパネル上だけの塗装ではなく、実車においての対応も出来る方なので、塗り方はもちろん、例えばマスキングのやり方一つ、かなり多くの事を教えていただきました

IMG_1600_R.jpg
1人でやってるので、なかなか他の人が実車を塗るのを、見る機会がありませんので、横でじっくり見させてもらいました
ちなみに、専門的になりますが、通常、ぼかす場合、アンダークリアーを敷いて塗るのですが、今回は、ぼかしの幅が無かったのと、もろもろの要因で、先に色決めをして、その後、アンダークリアー(ミッドコート)を入れてぼかし作業をされてました。
僕なら、マニュアル通りに、アンダークリアーからスタートしますが、この辺りの臨機応変に対応出来るのが、やっぱり違うな~って感じです

そして午後から僕は・・

IMG_1603_R.jpg IMG_1602_R.jpg IMG_1601_R.jpg
ホンダのB92Pってブルーパールが入った黒なのですが、標準処方で作ると、ブルーパールが効きすぎなのと、漆黒になり過ぎます

黒なので、調色は簡単と思いきや、真剣にやると結構難しかったりします・・まあ、黒なので、色ぶれがあっても分かりにくいのですが・・。

なので、大体、パール原色を減らしたりするのですが、普段は一人なので、調色の際に判断に迷ったりする事が多かったりします。ただ、今日は相談出来る方がいたので、『これで大丈夫ですよね?』 『よし。これでいこう!』って安心して、塗装の工程へ進む事が出来ました

一人だと、自分自身に自信が無いのもありますが、判断に迷う事も多く、誰かに背中を押して欲しい時も多々あったりします。

ずっと気長に、塗装出来る従業員は探しているのですが、考えを共有出来ない人と一緒に仕事をするのは、お互い大変なストレスになりますので、それならまあ一人でもいいかな~って思ってました。ただ、こうやって、一緒に考えてくれる人がいると、やっぱりいいな~って思いました

一人だと、どうしても考えが固まってしまいますので・・。

残念ながら、助っ人で来ていただくのは一旦終わりとなりましが、仕事も進みましたし、ここ何日でも色々勉強になる事がありました

大変助かりました。有難うございました

さて、今日は久しぶりに少し早めに帰ります


破片があるとかなり楽です。

週末です
お盆明けの1週間でしたが、通常の塗装だったり、車検だったり、その他もろもろで、気がつけばあっという間の1週間でした
しかし、今週も電話&メールがやたら多かった気がします。。
その他、外出しないといけない用事も多く、意外に現場が進んでいないのが悩みだったりします。。


IMG_1581_R.jpg
こちらのサイドステップのクルマ、このサイドステップとは全然関係が無い箇所の修理で入庫になったのですが、せっかくなので・・という事で、修理する事となりました。ただ、画像の通り、完全に欠損しており、これを修復となると結構修理代がかかります
ただ、残念ながら、新品は製造中止で、中古も見つからないため、現品修理をする事としました

IMG_1582_R.jpg
まずは、大まかに厚紙で、形を作ります。

IMG_1583_R.jpg
そしてFRPを貼っていき・・

IMG_1584_R.jpg
固まったら、余分な部分を切り取って・・

IMG_1589_R.jpg
削ったりして形を整えます。

IMG_1588_R.jpg IMG_1587_R.jpg
今回、凹んだ部分とかは、パテは使わず、タルクを使って埋めました

IMG_1594_R.jpg
そして、パテで整形して・・

IMG_1595_R.jpg
サフを入れて、ひと段落です

こうやって書くと、簡単そうですが、FRPは削るのが大変だったり、取り付け部分が無くなっていたので、何度もボディーに合わせたり・・となかなかに手間暇の掛る仕事です

しかし、こういった作業でも、破片があるのと無いのとでは大違いでして、破片があれば、相当楽に(費用も安く)なります

という事で、もしこんな感じでFRP製品が割れてしまったり、欠けてしまった場合でも、是非、破片はお持ちください

さて、おかげ様で、ずっと入庫が止まりません。ちょっとお待ちいただいたりしてるのですが、来週、強力な助っ人にお願い出来る事になったので、一気に進めていきます


もうちょっとだったのに・・。

昼前に、W220のお客さんから電話があり、『2日前から、シフトの調子が悪くて、引っかかるんです・・』との事
これは、間違いなく、W220定番のシフトモジュール部分の部品の破損だろう・・という事で、とにかく、すぐ入庫した方が・・とお伝えしました。

というのも、この故障は、シフトジュールの中のロックが折れてしまうのですが、完全にダメになると、シフトレバーが全く動かなくなってしまい、立ち往生していしまいます

という事で、お客さんも『じゃあ、後で持っていきます・・』となったのですが、残念な事に、うちに来る途中、寄った先で、完全に折れてしまったようで、シフトが全く動かなくなってしまいました

IMG_1592_R.jpg
そして、レッカー移動されて来ました・・写真は、ほぼ降ろし終わった後ですが、シフトがPから動かないので、リアタイヤにスケーターを履かして来ました

IMG_1593_R.jpg
さすがにJAFの人もこの症状は良く知ってました

通常ですと、部品代が高いのと、新しいシフトモジュールをコンピューターに書き込みしないといけないので、15万~20万程修理代が掛るようですが、定番の故障だけあって、海外・国内、対策の部品&修理業者が出回ってますので、そちらで対応したいと思います


熱っ!

気温は高くありませんが、すごく蒸し暑い1日でした

IMG_1591_R.jpg
作業で、マフラーを下す必要があったので、ボルトを緩めようとしますが、焼きついて全くダメです。。
というか、無理にやると間違いなく折れるパターンです
という事で、ハンディーバーナーで炙って、緩めました
いつも、ボルトと、使った工具はかなり熱くなるので、気を付けてはいるのですが、ついうっかり、緩める時に使ったソケットを握ってしまいました・・ボルトはもちろん、超高温になりますが、、工具も思いの外かなり熱くなります。。
軽くやけどしてしまいました

IMG_1586_R.jpg IMG_1585_R.jpg
その他、今日はFRPの作業を主にやったのですが、当然のように、腕・手のひらにFRPが刺さって、チクチクします。。

今日は、蒸し暑いし、軽くやけどするし、チクチクするし・・って感じで、何か不快な1日でした


お盆休み明け。

お盆休み明け、今日から営業しております

今日は、体を慣らす意味で、のんびりと仕事する予定でしたが、何だかんだバタバタしてしまい、今ようやく終わりました

今日のメイン作業は・・ワゴンRの車検から・・

IMG_1578.jpg
プラグを外してみてビックリです
外側の電極が減りすぎてます。。

IMG_1579.jpg
新品プラグです
やはり、軽自動車は常用回転数が高いので、プラグの減りが早いですね

プラグと言えば、聞いた話だと15000キロ~20000キロとかでプラグがダメになってしまう、とあるメーカーのエンジンがあるらしいです・・詳しい話は分かりませんが、燃費を稼ぐ為にどうたらこうたら・・って感じらしいです

また、これもとあるメーカー系の方から聞いた話ですが、あるクルマも燃費を追求しているので、マフラーを社外に交換したら?(すみません、ここはうる覚えです)強風で、マフラーから風が入ると、エンスト?エンジンがかからない?(すみません、ここもうる覚えです)となる恐れがあるとの事です

その他、現場レベルとしては、ここのところ、省燃費省燃費と言いだしてから、エンジンオイルを食うエンジンが明らかに多いですね・・あえて、エンジン名はいいませんが、僕が知ってる限り、国産のエンジンでも数種類あって、メーカーからの積極的なアナウンスはありませんが、クレームを言うと、エンジンを開けてピストンリング等交換し、対応してるらしいです。。

その他、輸入車のエンジンも、結構最近のはエンジンオイルを食うみたいですね。。

まあ、メーカーの開発の人もとにかく、数字に追われてるので、極限までするしかないんでしょうね

新しいタントなんて、ボンネット、フロントフェンダー・バックドアまで樹脂になって軽量化を図ってますし・・
・・塗装屋としては、軽量化での燃費より、バンパーみたいない『色付き供給』なのかどうかが気になります

あと5年もしたら、今じゃ考えられない燃費とかになってそうですね

さて、明日午前中は、車検のため不在となります


自分で試して。

とりあえず、ひと段落したので、今日は早めに仕事を切り上げました

IMG_1572_R.jpg
そして、休みの度に雨が続いて、なかなか洗車してあげれなかった500を1か月ぶり位に洗車してあげました

話は変わりまして、もう結構前になるのですが、500のグリルをつや消し黒にて塗装しました
ただ、元がメッキの為、普通に塗っても密着しません。。

なので、うちでは・・

1、粗めの番手で足付け
2、エポキシを塗装
3、完全乾燥後、足付けして2液のサフ
4、サフを研いで
5、塗装

という工程にてやってますが、何分、工程が多くて、かなり手間が掛ります。イコール、コストが掛ります。。

なので、今回、ちょっと新しい試みで塗ってみました
今のところ、密着等、全く問題ありません
もちろん、上の工程がベストですが(今まで、相当数この工程でメッキグリル等塗ってますが、パリパリと剥がれた事はありません)
もう少し工程を減らして、同様に密着してくれれば・・って感じです。

さすがに、新たな試みなので、いきなりお客さんので塗って、『剥がれた~』となる訳にはいきませんので、自分のでテストです
ただ、半年で1000キロも乗らないので、余りテストになりませんが。。
まあ、それなりのスピードでグリルには結構負荷がかかると思うので、剥離テストにはいいかな~と

その他も色々と新たな試み(新しい塗装?カスタム?メニュー?)を考えてますので、またご案内出来る時が来たらこちらのblogで報告します

それでは、明日から夏休みをいただきます


上手い下手以前の問題。。

とりあえず、お盆前納車分は無事終わり、ホットしています
クルマが無くなってがら~んとしてるので、気分的にちょっとのんびりモードになってますが、お盆明けの作業もフルで詰まってますので、出来る限り進めてておきます

IMG_1553_R.jpg
クルマ本体が、修正の為、板金屋さんに行ってますので、その間にバンパー等をやってます
ただ、これが・・画像の通りでして。。
普通なら損傷した左側だけの修正で済むのですが、全部こんな感じですので、そうもいきません

こうなるのには色々考えられますが、多分、水分が悪さをしてるのでは・・?って感じです。

ただ言えるのは、それなりの設備を入れて、きちんとした材料を使い、きちんとした作業をすれば、このような事には100%ならないという事です

先日も、バンパーの再補修の仕事がありましたが、エアーブローしたら補修してあった塗膜がパリパリ剥げました
これも、100%防げる事です。

こういうのって、塗装が上手い下手以前の問題だと思います
料理で言うなら、美味い、不味い以前の食中毒みたいなものだと思います。


IMG_1555_R.jpg
とりあえず、そのままでは塗れませんので処理しますが、こういった塗装をされてると何が起きるか分かりませんし、残ってるのも気持ち悪いので、とりあえず全部剥がしました

IMG_1565_R.jpg
スポイラーもFRP貼って、修正して、この後バンパーと一緒にサフを打ちます

さて、明日(12日)ですが、朝一、陸運局に寄ってから出社しますので、少し遅れます。


復活!

あっという間に週末ですね

さて、昨日のblogで、今日は夕方早めに閉店・・とお伝えしましたが、何でかと言いますと・・・

IMG_1558_R.jpg
コンプレッサーの修理をしてました
結構前から、『エアーが貯まるのが遅いな~』とは思ってたのですが、最近は、大量に出るタイプのエアーガンを使ってると、途中で、エアーが弱くなってしまう程でした。。

うちで使ってるコンプレッサーはオイルレスタイプなのですが、元バイク屋のO君に相談すると、『とりあえずピストンリングを交換したら?』って事になりました。その後、O君との時間がなかなか合わず、延び延びになってましたが、今日、急きょ時間が取れるという事で、早速交換の運びとなりました

IMG_1560_R.jpg
そしてシリンダーを外し、ピストンリングを抜いてみると・・ビックリする結果が・・

IMG_1561_R.jpg
左が新品ですが、思いっきり摩耗してます
ちなみに、オイルレスタイプなので、特殊な材質のピストンリングで、2個使ってるのですが1個6,000円ちょっとします。

O君がサクサクと交換してくれて、早速試運転しました

メーカーに聞くと、基準値が、タンク空の状態でONにして、ストップまでが、2分30秒±30秒との事です。

交換前は、3分48秒でした

そして、交換後は・・2分13秒と劇的に改善されました

何より嬉しいというか、これで当たり前の事なんですけど、一番のお気に入りのガンはSATAの低圧のガン(NR2000)なのですが、とにかくエアーの消費量がハンパなく、最近はコンプレッサーのパワー不足なのか、自分で思うように仕上がらない為、使ってませんでした。
ただ、これで間違いなく元の状態に戻ったので、問題なく使えるはずです

やはりオイルレスという事もあり、10年使うとコンプレッサーもヘタリますね

もう一つ気がついて良かったのですが、

IMG_1564_R.jpg
ベルトが非常に危険でした至急交換します


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。