プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てるだけで楽しいですね。

IMG_1248_R.jpg IMG_1249_R.jpg IMG_1250_R.jpg
カーディティーリング業の方や、板金塗装屋さんには最近届いたと思いますが、うちにもエフイートレードさんのカタログが届きました
要は、磨きなどの商材を販売している会社のカタログなんですけど、無料の割にはかなり立派なカタログで、塗膜の事や磨き、内装クリーニングの仕方など、結構詳しく載ってます
てか、内容によっては、この間買った、プロトリオスの塗装マニュアルより詳しかったりします
当然、コンパウンドや、バフなど、相当の種類が掲載されており、見てるだけでも楽しくなってきますね。
少量で販売店さんに頼むのに気が引けるような特殊な物はここからピックアップして買いたいと思います

さて、昨日のblogの通り、小物をガンガン進めてますが・・

IMG_1266_R.jpg
あるメーカーのキャリパーです
まあ、製造元はブレンボなのですが・・

何かいつもと違います。。

いつもは足付けして塗装・・ってなりますが、塗装仕上げではありません
どうも、アルマイト仕上げになっているようです。。

当然、そのままですとかなり密着が悪くなってしまいます。。本来であればブラストで剥離して、アルミの地の状態にしてしまって、エポキシ・・といけば完璧なんですとけど、コストもかなり掛ってしまいます。。
また、先日手に入れたうちのブラストキャビネットもちょっと改良が必要で、ちょっと使える状態ではありません

という事で、塗料メーカーに相談した結果、このままエポキシを入れて塗装する事にしました
お客さんにも了解をいただいてますが、これで完璧に密着するという保証はありませんが、アルマイトにそのまま塗装しても、全く無理なので、何とか・・といった感じです。

IMG_1265_R.jpg
ブレンボは大体適当にマスキングしてあるので、シールに色が着いていますが、これはアルマイト処理なので、塗料が付着していません

まあ、アルマイトならサーキットを走っても変色する事もありませんし、そういった意味ではいいんでしょうけど、ちょっと味気ないですね


スポンサーサイト

うっかり。。

月末ですね
明日が土曜日なので、月末の支払いは今日となります

基本的に、全ての業者さん、仕入先へは銀行振り込みで行ってますが、いちいち銀行へ行くのは面倒なので、ネットバンキングを利用しています。

IMG_1257_R.jpg
大変便利なのですが、何か不正があったらしく4月の21日から当日扱いが出来なくなってしまってます
要は、即日送金が出来なくて、早くても翌日からになるという事です。

4月の末は覚えてまして、末日の前日に手続きしたのですが、今月は昨日までにしないといけないのをうっかり忘れてしまいました

という事で、朝から銀行の窓口へ行って、そして送金手続きをしました

まあ、仕方ないと思いますが、月額、オプションも含めて2千円弱もインターネットバンキングの利用料を払ってるので、早く何とかして欲しいな~って感じですね
月末の支払いは別として、ヤフオクとかで買った時も、即日送金が出来ないので、1日遅れてしまいます

とりあえず、来月からは請求書が全社揃ったら、その時点で送金予約手続きをしてしまおうかと思います

仕事の方は・・
IMG_1251_R.jpg IMG_1252_R.jpg IMG_1255_R.jpg IMG_1258_R.jpg

IMG_1259_R.jpg IMG_1260_R.jpg
しばらく小物関係の塗装が続きそうです


ちょっとひと手間。

今日も暑い1日でした

__ 2_R
業者様の分なので、車種名は控えます。
画像では分かりにくいですが、スピーカーグリル部分も転写をしているので、汚くなってしまってます
・・まだらににカーボンのシルバーが入ってしまってます。
なので、ここでひと手間かけます

__ 1_R
その他の部分をマスキングして・・

__ 1_R
使うのはいつものこれこの缶スプレー、真夏の広い面積はきついですが、それ以外ですとホント霧が細かくて、且つラッカーと思えない位強いので重宝してます

IMG_1226_R.jpg
そしてグリル部分を塗って・・

__ 2_R
完成です

__ 3_R
こちらも、窪み部分の柄が伸びて見た目が良くないので・・

__ 4_R
同様に・・

__ 5_R
これでぐっと完成度が上がります
ちなみに、純正も大体このような仕様になっていますね

良く1部をマスキングして・・と言われますが、イージーグラフィックスは下色から合わせると結構膜厚が着くので、マスキングだと見切りが綺麗にいきませんし、段差が出来てはがれやすくなってしまいます。なので、全部施工が終わって、最終こういったツヤ消し処理がベストです

その他今日は・・

IMG_1233_R.jpg
ご近所の年配のお客さんが、ドアミラーの修理で来られたのですが、電格ミラーなので、純正で買うと、Assyで3万円弱もします。なので、中古となりましたが、生憎、同色がありません。なので、ミラー本体だけ中古を使用し、色つきカバーは純正新品で3000円くらいなので、そちらを提案しましたが、『別に色が違っても全然気にしない』って事なので・・

IMG_1235_R.jpg
こんな感じになりました
夕方、引き取りに来られましたが、喜んで帰られました・・

IMG_1232_R_201405281904266cd.jpg
220も朝から組み付けを行い、色々修理したり、エアコンのガス補充に電装屋さんに来てもらったり・・と、とりあえずひと段落です
・・しかし、組みあがってしまえば簡単ですが、○ピーエアロなので、モールやPTSのセンサーなど、全てまともに取りつけが出来なくて、1部接着剤との併用なので相当時間が掛りました~

さて、まだまだお待ちいただいてる作業が沢山ありますので、頑張っていきます


もうワンランク上を買っておけば良かった。

昼間は汗ばむようになってきましたね
ちょっとシンナー選択をミスってしまいました

そんな今日は・・

IMG_1218_R.jpg
220を朝から調色して、サフを研いで塗りました
今回、フロントフェンダーはざっと仕上げのおまけ的な感じで、車体だけ別で塗るのはもったいないので、ブースに無理やりななめに突っ込んで、バンパー類と一緒に塗りました

ブースを買う時、本式だったら何でもいいや・・って感じで今のを買いましたが、高くてももうワンランク上を買っておけば良かったな~ってこういう時に思います。もうワンランク上だったら室内寸法もかなり大きくなるし、壁の材質も良くなって、より保温効果も高いので、灯油の燃費も良くなるし・・って感じです。
まあ、何事も値段分って感じですね。

IMG_1222_R.jpg IMG_1220_R.jpg IMG_1221_R.jpg
さあ、こちらの220、並行して一般修理の方も進めてますが、塗装も終わったので、明日からはそっちを進めていきます


気になりだすと・・

朝方まで雨が残ってましたが、昼過ぎからすっかり晴れて暑い1日でした

IMG_1207_R.jpg
知り合いが、ハンドルのセンターが少しずれてて、ハンドルを抜いてセンターを合わせるから、工具を貸して・・と来ました。

それが一番手っとり早いのですが、基本、ハンドルを抜いてセンターを合わせてはダメです。
このクルマは軽自動車なので、問題ないと思いますが、クルマによってはステアリングのアングルセンサーが付いていたりしますので、問題が起きます
というか、センターがずれた原因がある訳でして、新車からハンドルを抜いていなければ問題はその他にあるという事です。

IMG_1208_R.jpg
本当はきちんとアライメントを取って・・となりますが、そこまでシビアなクルマでもないので、ハンドルをセンターに動かした分、タイロッドを調整して合わせます。
ちなみに、タイロッドは片方だけでは無く、必ず両方で、合わせます。そうしないとトーインがずれます
(片方を伸ばしたら、もう片方は同じ分縮める・・って感じですね)

ただ、これもタイヤだったり色んな要因がありますので、基本、きちんとアライメントを取りましょう

しかし、こういったハンドルのセンターは気になりだすと気になるものです

5_R.jpg
この間、KAROのマットに変えたばかりの500ですが、どうもちょっと派手な気がして、結構損してしまいましたが、早々にヤフオクで売っぱらい、新たに買いなおしました

今回は、純正を作ってる、HEBUというメーカーの物で、ドイツ製の純正品も入手可能でしたが、裏がスポンジで、また古くなるとどうせスポンジが剥げてしまうので、HEBUの日本法人が生地だけドイツから入れてオリジナルで作ってる物にしました
これだと、裏がゴムのトゲトゲなので剥がれる心配もありませんし、トリムカラーなどの特別オーダーも出来ます


IMG_1210_R.jpg
という事で、リミテッドのグラデーションシートに合わせて、グレーにしてみました
もちろん、肝心の生地も純正同様のベロア生地で、いい感じです
やっぱり古いクルマにはこういったマットが合いますね。KARももちろんいいマットなんですけどね

↓HEBUのマットが気になる方はお取り扱い出来ますので、お気軽にお問い合わせください。
http://www.hebu.co.jp/

IMG_1211_R.jpg
その他、今日はイージーのオーバーコートクリアーを入れたり・・
引き続き220の作業を進めたり・・といった感じでした。


FRPの修理って・・

FRP製品の修理で何が一番大変かと言うと・・・

写真 1_R 写真 2_R 写真 3_R
こういったクラックです。。
どこかぶつけたりすると、大体、こんな感じであちこちに波及します。。
正直、きりがないのですが、このまま塗ってももちろんクラックはそのままなので・・

写真 4_R IMG_1192_R.jpg IMG_1193_R.jpg
結局、こうやって拾う事になります
まあ、しかし、今回はひどかったです。。この修正のパテ研ぎで腕がパンパンになって、夕方には上がらなくなってしまいました~

IMG_1194_R.jpg
フロントフェンダーも割れがあり、今回一緒に修理する事となりましたが、こちらもFRPであちこちクラックが入ってしまってます。。

3_R.jpg __ 1_R
そして、取り付け部分もしっかりと補強して、再度バンパーへ接着します。接着には2液のウレタン接着剤(グラスプ)を使います

__ 2_R
その他、割れて無くなってた取り付け部分もFRPで作って、穴を開けて・・

IMG_1199_R.jpg
取り付け部分を扱ったので、ボディーへのフィッティングを確認&調整して・・

IMG_1200_R.jpg
フロントフェンダーにサフ入れて・・

IMG_1201_R.jpg
バンパーにサフ入れて・・

ここでようやく一息・・と思いましたが、フロントバンパーはちょっと修正が必要なようです
先は長いです。。

・・とこんな感じで、FRPの修理は大変です

色々勉強になりました。

IMG_1179_R.jpg
昨日に続き、アクサルタのKインストラクターから販売店さんが水性のトレーニングを受けてます
今日は昨日塗ったパネルのぼかしをやってました。

IMG_1180_R.jpg IMG_1182_R.jpg
詳しい説明は省きますが、溶剤でほぼ無理と思われるこの色も溶剤の3コートパールとほぼ変わらない感じで簡単にぼかせてました
ただ、やはり水性なので、ちょっとぼかし方もちょっとテクニックが必要な感じです。
ちなみに、僕は1部のハイメタリックを除いて、基本溶剤の低溶剤型(センタリ6000)で塗ってますが、Kインストラクターにそれのよりぼかしやすいガンの動かし方も教えてもらいました
慣れるまで難しそうですが、マスターしたらかなり良さそうです頑張ってマスターしていきます。

そして僕の今日は・・・
IMG_1174_R.jpg IMG_1175_R.jpg IMG_1173_R.jpg
廃車となるゴルブ4のナビを外しました
チューナー別体で、ハイダウェイユニットがあったり、オンダッシュタイプだったり・・という事で、配線の量がかなり多いのと、ご存じの方も多いと思いますが、ゴルフ4はとにかく、オーディオ部分の奥行きが無く、配線がダッシュボードの奥の奥へ押し込んであったので、外すだけでも結構汗かきました

IMG_1176_R.jpg
とりあえず、全部無事に外しました

IMG_1177_R.jpg
そしてイージーの転写をしたり・・(思いの外フィルムを多く使ってしまい、途中、足りないかも・・って感じでしたが、ギリギリ足りてほっとしました)

IMG_1183_R.jpg
そしてこちらの220ですが、ちょっと酷い事になってます。。

IMG_1184_R.jpg
とりあえず、バンパーを外しますが、○ピー品なので、モールとかもきちんと付かず、ガラスボンドとか2液の接着剤で付けてあります・・そういえば、この時も相当苦労したような・・・その時の記憶が蘇ります

なので、まずはそれらを外すのが一苦労です。。

IMG_1185_R.jpg
反対側のフェンダー(FRP)もバンパー取り付け部分が完全にちぎれてます。。

IMG_1186_R.jpg
ここも完全に割れてしまってるので、一度バンパーから外してFRPでがっつり強度を出して、再度バンパーへ接着します。

IMG_1187_R.jpg
とりあえず、今日のところはFRPを貼り付けて終了です

この220ですが、このバンパー以外にも色々と修理がてんこ盛りですが、お客様には結構待っていただいたので、少しでも早く完成するように頑張っていきます


すごかったです。

死ぬほど忙しい訳ではありませんが、ずっと追われてる感じで、ひとつひとつ何とかこなしてる状況です。。
まだ、お待ちいただいてるお客様もいらっしゃいますが、もう少ししたら目処がつきそうですので頑張っていきます

久々の更新なのにちょっと専門的な話になってしまいますが・・

今日は、アクサルタのKインストラクターが来られ、販売店さんに水性のトレーニングをしてました
僕も一緒に受けたかったんですけど、朝から色々と急ぎの作業をしてまして、なかなか参加出来ませんでしたが、最後、少しだけ参加しました

ちなみに、最後のお題は・・
http://refaith.blog114.fc2.com/blog-entry-1045.html
以前、溶剤で撃沈した新車でカラークリアー仕様(キャンディー塗装)になってる色を水性でやってみました

IMG_1165_R.jpg
まずはベースの色を塗りますが、アクサルタの水性(クロマックスプロ)はウェットオンウェットといって、途中乾かさずに続けて3回塗ります。他のメーカーもウェットオンウェットが出てきたみたいですが、基本他のメーカーの水性は1コート毎にブローして乾かす必要があります。当然時間も手間も掛ります。。

IMG_1167_R.jpg IMG_1166_R.jpg
そしてパールベースが終わってブローしているところです。ちなみに、溶剤だとここはカラークリアーとなっていますが、水性はカラークリアーでは無くて、通常の3コートパールのような感じです。
ちょうど来客があったので、パールベースを入れてる所は見れませんでした

新車がカラークリアー仕様になっているのに、カラークリアーじゃ無くて、あの独特の深みや雰囲気が再現出来るのかかなり疑問でしたが・・

IMG_1171_R.jpg IMG_1172_R.jpg
画像で、この雰囲気が伝わらないのが残念ですが、正直ヤバイです
日々、色んな塗膜を見てますが、こんなに綺麗な色を見たのは余り記憶にありません
もちろん、新車に合わせてデータは作ってあるのですが、正にキャンディーな仕上がりです
それに、溶剤のカラークリアー仕様と違って、無理な膜厚もつかないので、肌もいい感じです
・・カラークリアー仕様はデロデロな仕上がりにしかならないです。。

前回、あれだけ苦労したのに水性だとあっさり仕上がり過ぎてビックリしました。
正直なかなか水性のメリットを見いだせない感じもありましたが、今回は水性だからこそ出来た感じですね。
Kインストラクターも言われてましたが、これはやはりベースが水性という事が効いていて、正直水性じゃないと他塗料メーカーも含め厳しいそうです。
尚、現車においても、下色を少し調色するだけで、バンパーのブロックも簡単にいけるそうです。
当然、ぼかしも全然簡単らしいです。
最近、カラークリアーではありませんが、パールベースが濃い3コートパールがレクサスとかで出て来ていますが、これも溶剤ではかなり苦労する(Kイスンストラクターも溶剤では正直限界と言われてました)のですが、水性だとかなり簡単だそうです。

IMG_1170_R.jpg
少々マニアックな世界になりますが、通常のシルバーもやはり水性はメタリックが浮いた独特の感じでやっぱり綺麗ですね

水性もコストだったり色んな問題がありますが、水性の良さも改めて認識出来ました

余談ですが、Kインストラクターから聞いた話で、GT-Rの新色で、24金のガラスフレークを使った色が2014年モデルから出たみたいですね。
後、レクサスの新しいメタル調の色もかなりメッキ感が強くて、補修はかなり手ごわそうです。。
↑のカラークリアー仕様もそうですが、こういった特殊な色は事故った時、補修はどうするんだろう?って感じです


見落とし。。

連休明けからバタバタしておりますが、急きょ、クルマが売れたり、緊急の修理が入ったりとなかなかblogがアップ出来ずにスミマセン

IMG_1145_R.jpg
今日、お送りしたこちらのイージーグラフィックスですが、連休明け、ちょっとして完成してました。
そして、最終の磨きをしていた時・・

何か深い傷があるな~。と

そして磨きますが、様子がおかしいです。。

傷ではなくてクラックが入ってました

ABS樹脂という事で、スパッと割れたようになっており、ツヤが出てると凝視しないとなかなか分かりにくいクラックです。。

IMG_1115_R.jpg
これはやり直しを決めて、全体を研いだところですが、こんな感じです。ただ、ツヤが出てるとほとんど分かりません。

とりあえず、どうしようも無いので、すぐ修復に入ります。
ただ、こちらのお客様はGW前からのご依頼で、ただでさえ時間が掛ってるので、休日返上で、修復しました。

IMG_1116_R.jpg
幸い、ABS樹脂なので、溶着が可能で、表・裏共、しっかり溶かして溶着し、表面は軽くパテを入れます。

IMG_1124_R.jpg
そしてサフを入れて・・
と、ここで、通常の塗装であればこの付近だけぼかして、クリアーを入れれば完成しますが、イージーですので、そうはいきません。もう一度全体に色を入れて転写からやり直しです。

IMG_1146_R.jpg
そして完成です
もちろんですが、クラックがあったのは分かりませんし、強度も問題ないと思います。

しかし、今回は完全に僕の見落としによるミスです
確かにこういった微細なクラックは分かりにくいのですが、事前に分かってれば納期が遅れる事もなかったと思います。
結果、今回お客様には大変お待たせする事となってしまいました。
今後、ABS樹脂は特に気をつけようと思います。

IMG_1147_R.jpg
余談ですが、今回のようなブラック系のウッドの場合、ほんの少し(極々わずか)メタリックを入れてます。そのメタリックも一番効きが弱い物を入れてます。
正直、太陽光くらいの強い光が当たってやっと見えるといった感じですが、これが入れるのと入れないのとでは高級感が全然違ってきます入れないと、どうしても見方によってはおもちゃっぽくなってしまいます。。

このメタリックを入れる技?ですが、トヨタの純正ウッドに入っていて、「お!これはいい!」って事でそれ以来真似させてもらってます

さあ、しばらくは忙しい状態が続きそうですが、頑張っていきます


連休明け。

普段、連休が無い僕にとっては長い連休も終わり、今日から日常に戻ってます

連休明けという事もありますが、今日は朝から入れ替わりで人の出入りがあったり、入庫の問い合わせがあったりで
あっという間の1日でした
4月から入庫のご連絡をいただいている分もあり、ちょっと一気に集中しておりますので、少々お待たせする形になっておりますが、順次進めておりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、そんな今日の作業は・・・

IMG_1103_R.jpg IMG_1104_R.jpg

連休前に下処理まで済ませていたイージーの転写&1回目のクリアーをしました


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。