FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

これはやっぱりいいな~。

久々の更新です

業者さんの仕事や、車検なんかでネタとなるような事がなかなかありませんが、ちゃんと仕事してます

さて、今日ですが・・ハコスカのオーナーが来てまして、穴を埋めて欲しいという事で、先日買ったハンダのセットを初めて使ってみました

http://refaith.blog114.fc2.com/blog-entry-1056.html
これですね

IMG_0993_R.jpg
結構大きな穴だったのですが簡単に埋まります。もちろん、フラックスは使ってません

IMG_0995_R.jpg
これくらいの穴なら・・

IMG_0997_R.jpg
コテを1回引くだけであっという間に埋まります。
・・・ハンダで穴埋めをやった事ある方なら分かると思いますが、普通はこう簡単にはいきません。。

そして、これは僕もビックリしましたが・・

IMG_0998_R.jpg
ここは角が無くなってました。さすがにこれはハンダでは無理だろうと思ったのですが、オーナーが取れてもいいという事でとりあえずやってみました。

IMG_1002_R.jpg
そして結果です
ハンダの部分は色が変ってるので分かると思います。これ、どれくらい強度があるかハンマーで叩いてみましたが、全く大丈夫でした
まあ、溶接と比べれば強度はもちろん落ちると思いますが、溶接のリスクを考えるとこれはこれで有りだと思います。

今日は合計10か所くらい埋めましたが、時間もそんなに掛ってませんし、ハンダですので、ベルトサンダーで少し削ればあっという間にフラットになりますし、後の処理も簡単です何より、こういった昔の生鉄の場合、溶接した事による錆の問題が心配ですが、それも大丈夫です
欠点といえば200度~を超えると溶けてしまう事ですかね。。
まあそんな温度は通常ありえませんので・・。

何が何でもハンダという訳では無くても、用途に応じて溶接と上手く使い分ければいい仕事が出来ると思います


ここ数日微妙に寒いですね~。早く本格的に暖かくなってほしいです