プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下地も手間掛けてます。

あっという間に1月も終わりですね~
特別大忙しという事もありませんでしたが、今月は特に早く感じます(した)。

004_201401301723510b3.jpg
LSのマフラーカッターです
今回、ツヤ黒での塗装のご依頼です

006_20140130172342713.jpg
足付けをしていきますが、本体と、ステンレスの枠の溶接が余り綺麗ではありません。。
まあ、車体に装着したら、裏面になりますので、見えないのですが、せっかくなので、ベルトサンダーで少し落としておきます。
(完璧にするなら、がっつり削ってパテ・・という感じですが、そこまでする物では無いと思いますので、程々に削っておきました・・まあ僕がいつも心がけている事ですが、ちょっとひと手間といった感じですね

008_201401301724190ab.jpg
ちなみに、素の状態だと分かりませんが、こうやって足付けの為に削ると、結構凸凹があるのが分かると思います。
これを消すにはそれこそ相当削り込むか、パテを入れないといけませんが、それはとても無理ですので、この後の工程で出来る限りの事はします

009_20140130172417b66.jpg
まずは金属なのでエポキシ~乾燥~通常のサフ~といった工程ですね
このサフの研ぎの段階で、出来る限り凸凹も修正しました

002_2014013017252696e.jpg
今回、黒で塗装なので、サフも黒のサフですね。これは最終の足付けも終わって塗装直前です
形状的に、置いたまま塗装も出来ましたが、上下で結構オフセットしてるので、塗りにくいと思い、手で持って塗るように段取りしましたが、それでも内側を塗るのが結構難しかったです

002_201401301723475a5.jpg
そして塗装完了です
こういったパーツの場合、後から磨くのがかなり困難なので、ゴミには特に気を使います。

001_2014013017234455f.jpg 001_2014013117424271d.jpg
しっかり焼いて完成です

適当に足付けして、あやしい密着剤塗って、そのまま色~クリア~という工程なら、マスキングも1回ですし、面倒なサフの研ぎも無いので、手間は1/3くらいか、もしくはそれ以下になります。当然、コストも全然違います。
ただ、密着性、耐久性、ツヤ等の仕上がり・・を考えると言うまでも無く、この工程になります

さあ、明日から2月ですね。2月も頑張っていきましょう~


スポンサーサイト

面白そうだったので。

003_2014013017234961f.jpg
業界の人ならご存知だと思いますが、12月に発売されたプロトリオスのマニュアルですね。販売店さんからちょっと読ませてもらったら面白そうだったので買ってみました

003_20140130172522b47.jpg 001_20140130172524b45.jpg
基礎的な事から実作業に至るまで、結構詳しく載ってます。

まあ、こういったマニュアルを否定する人も沢山いると思いますが、僕的にはこの中から一つでに知識が得られればそれでOKって感じですね

僕の持論ですが、塗装って、知識がすごく大事だと思ってます。もちろん、技術も必要ですが、その前に知識があってこそです。前にもここで書いたりしましたが、失敗した、上手くいった・・・それぞれ絶対に原因がある訳で、それがどうしてそうなったか分からないままだと永遠に同じレベルだと思います・・・『失敗したけど、理由は良く分からない。でもやり直したら上手くいったからいいや・・』的な事とかですね。この考えだと必ずまた同じ失敗をすると思います。


僕自身、特別誰かに弟子入りした訳でもないのですが、ほんのちょっとした知識が無いが為に、失敗を繰り返し、遠回りも沢山しました。
逆に、ものすごく深い所まで知識を持っている方に出会い、その方からかなり色々学んで、結果、無意味な失敗も減りましたし、当然仕上がりもスピードも大幅に変わりました。

こうやって書くと、知識だけの頭でっかち・・ってイメージに取られがちですが、どう思われようと、塗装に関しては絶対に知識が必要であり、後はそれを活かす技術だと思ってます。

という事で、何でもいいので、このマニュアルから何か学べればって感じです

ちなみに、板金は基本的にちょっとした凹みとかは自分でしてますが、酷い損傷やフレーム修正、パネルの切替えは近所の板金屋さんへお願いしてます。ただ、少しでも知識として入れておきたいので、板金の方のマニュアルも買ってみました

しかし、改めて思うのは、若い頃にもう少し勉強しておけば良かったです


ハコスカシリーズ24

昼間、暖かい日が続いています
このまま、春が来てくれると嬉しいですけどね~まあ、まだ1月なので、そうもいかないですね。。

002_2014012909062731e.jpg 001_2014012909062943a.jpg
昨日は、ハコスカのオーナーが、急遽休みが取れたとの事で、作業に来てまして、ブラスト→セプターまで終わらせてたパネルに足付をして、エポキシサフを入れてました
先日買ったフレキシブルノズルが大活躍でした

この後、乾燥させ、足付後、2液のサフを入れます
ボディーも裏表全てブラストを掛けて、この工程をします。という事でオーナーは今、それ用に大馬力のコンプレッサーを探してます
まだまだ先は長いようです


興味本位でバラしてみたら・・

自分の500、かなり前からですが、駐車場とかでステアリングを切ると、かすかに『コンコンコン』って音がします。。
ただ、本当にかすかにといった感じで、気にしなければ気にならない程度です。
まあ、いずれ消耗品類は全てリフレッシュするし、いつかちゃんと調べよう・・って感じだったんですけど、先週ちょっと時間が出来たので、調べてみる事に。

ステアリングコラムの辺から良く聞こえるので、ちょっとバラしてみようかな~と

早速ステアリングを外して・・

すると、ステアリングシャフトにサークリップが入っていて、その奥にベラリングらしき物が・・
とりあえずベアリングを見てみたくなり、サークリップを外しました・・後にこれがものすごく後悔する事になるなんて思いもせず・・

そして別におかしな所も無いので、シールを戻してサークリップを嵌めようと・・全くはまりません
色々試しますが、全くダメです。。
どうも気軽にバラしてはいけないとこをバラしてしまったようです。。

どうしようも無いし、ゆっくり考えて直す事とし、せっかくなので、ベアリングも新品に変えようという事で、ベアリングを外しました・・これもどうやって外すか相当悩みました

2014-01-25 15.07.04_R

2014-01-25 15.05.32_R
そして、新しいベアリングとシールが来たので組付に。

この時もまだ安易に『ギヤボックスからシャフトを切り離せば・・』なんて考えてまして、早速やってみますが・・

そんな安易な物でありませんでして・・

2014-01-25 20.22.49_R
結局、シャフトを車体から外す羽目になりました
しかし、それでも理屈が掴めません。。さすがに相当な時間が経ってますし、クルマは動かせないしで、この時点でヤフオクで中古のシャフトでも・・と頭によぎりますが、冷静に考えると・・『なるほど』と

2014-01-25 20.22.54_R
元位置を意識しながらプリロードを調整して、完成です

そして、シャフトを車体に戻して、結果、例の異音は・・全く変わってません
まあ古いベアリングを外して回してみた時点で『あ~多分このベアリング関係無いな~』って感じでしたが・・
それよりも、とりあえず元に戻せて良かったです

しかし、今回は久々に苦労しました~その割には全く何の変化も無い結果に終わりましたが・・。唯一、部品代が千円ちょっとだったのが救いですね

ただ、苦労した分、いい事もあるもので、ず~と探してる部品があって、ヤフオクとかも出て来ないので、ネットの掲示板に諦め半分で大分前から『売って下さい・・』って書き込んであったのですが、この作業が終わって、ヘトヘトで帰って来たら、何と『持ってますので譲りましょうか?』とメールが

さあ、これで休みはしばらく500弄りが続きそうです


やはり厳しかった。。

今日も比較的暖かいですね
ただ、雨が降ったり止んだりで微妙な天気です。。しかもこんな日に限ってイージーの転写があったりします・・カーボン系は雨の日は転写しませんが、今日はウッドなのでとりあえずOKです

さて、昨日のカラークリアー仕様の続きですが、朝一から、販売店さんがやってきて、ぼかしにチャレンジしました

001_2014012513500034d.jpg
まずはベースです。正直、この時点で『これ、無理じゃ??』って感じになりました
余りにも旧塗膜と色が違いすぎなので、いいのか悪いかの判断が全くつきません。。

002_2014012513500358f.jpg
そして、カラークリアーの準備ですが、普通のクリアーに原色を直接いれていきます。

003_20140125135006703.jpg
出来上がりはこんな感じですね

004_2014012513500983a.jpg
そして染めていきますが・・

005_20140125134957f8a.jpg
これが染め終わったところですね。

006_20140125135619dc0.jpg 001_201401251350379eb.jpg
最終クリアーを入れた後です。

画像では分かりにくいと思いますが、厳しい結果で終わりました・・というか、余程、極めないと、現時点では無理ですね
まず、ベースのぼかし部分はどれだけ気をつけてもやはり多少は荒れてる訳で、その付近でカラークリアーもぼかさないといけないので、余計その近辺は荒れます。結果、すごく違和感が出てしまいます。。かといって、旧塗膜の方へかけすぎると思いっきり暗くなるし。。
他にも言いだしたらキリがありません。。

販売店さんは以前日産の内製工場で塗装されていた方ですが、日産で昔あったカラークリアー仕様は下色でほぼOKなくらの色味だったらしく、さほど苦労しなかったようです。ただ、今回のように流石にこれだけ下色との差がありすぎると厳しいと思います
後は、多少鮮やかさが失われると思いますが、日産仕様のように、下色を濃くするとかそんな感じでしょうね。
それと、かなり練習する必要があると思います・・それでもこれは上手く出来るかどうか・・ですが・・

ネットでちょっと調べてみましたが、この色、ディーラーの営業マンが『特殊な色なので、自社の板金塗装工場でも修復は出来ませんので、ぶつけないように気をつけて乗ってください・・』とか言ってるらしいです

とりあえず、今日の時点で、販売店さんと僕の間では、全面(側面)塗り・・例えば側面でどこかを傷つけたら、前から後ろまで全部ブロックで塗ってしまってぼかさないという事です・・が結果一番いいのでは・・という結論になりました


確かにきれいなんだろうけど・・。

今日は予報通り、相当暖かい1日でしたね
これだけ暖かいと、体も良く動きます

003_20140124165649f09.jpg
今日は、販売店さんが、テストパネルを作ってました

あるメーカーの色なんですけど、カラークリアー仕様になってます
要は、ベースの色が入って、その上に着色したクリアーを入れます。そうする事で鮮やかな独特の発色をします。
意味合い的にはキャンディー塗装と同じですね

センタりのユーザーさんからの問い合わせで、販売店さんがとりあえず自分でどんな感じか塗って・・という事みたいです

上の画像は最終のクリアーまで終わってますが、

004_20140124165643539.jpg
このピンクっぽいのがベースですね。その上から着色したクリアーを入れると一番上の画像のようになる訳です

センタリユーザーしか分からないと思いますが、ベースはAM95とAM98ベースで、これまた最高に嫌な組み合わせですね

002_201401241656470a4.jpg
ちなみに、太陽光の下に持ってくると、こんな感じで『これ純正色??』って感じの発色ですね

しかし、いつも思いますが、純正でここまでする必要があるんでしょうか。。
メーカーの開発の人はその後の事は関係無いと思いますが、この補修、完璧に仕上げるのは正直かなり厳しいと思います。
実際、ディーラーの内製工場や他の塗料メーカーもかなり苦労してるみたいです。。

もう一つ、塗装屋的な視点だと・・

001_20140124165645581.jpg
一応、塗料メーカーの指示ですと、カラークリアーを4~5コートとの事ですが、その上に最終の透明のクリアーものりますので、クリアーの膜厚は相当な物です。。当然、ツヤ引けも半端無いですね
・・実車も酷いツヤ引けとの事です・・当然ですね。もう一つ言うならば、当然、色が紫外線で抜けますので、そうなるとこれまた悲惨です。。

一般の人はメーカーの謳い文句を信じてクルマを買うと思いますが、その後の補修が普通のクルマとは全く違うというのも、ツヤが引けるというのも、色が抜けるというのも分からないですので・・。

まあ、確かにきれいなんでしょうけどね。

明日、また販売店さんが、このパネルを使って、ぼかしをしてみるとの事です。僕もこんな機会はなかなか無いので、一緒に勉強してみようと思います・・うちでは仕事として請ける事は多分無いと思いますが・・


さあ、今からもうひと塗りしてきます


そう言えば・・

またまた更新が滞ってしまいましたね
blogが滞ると、お客さんとかから『仕事しよる?』って聞かれます
もちろん、日々色々やってます

002_20140123173758795.jpg
refaithで使っている塗料は、このblogをご覧になってる方はご存知の通り、アクサルタのセンタリという物なんですけど、一番の特徴として、原色はそのままに、樹脂を変える事によって、1コートソリッド仕様(クリアーを入れない仕様)だったり、通常の1液タイプだったり、ハイソリッドだったりと、塗料の種類自体を変える事が出来ます
要は、コストが安い塗料から環境に対応した塗料まで、自分で作る事が出来る訳です
そして、↑の画像のAF101という樹脂ですが、これはコストが安い1コートソリッド仕様にする場合に使います。

今回、販売店さんが入庫してるクルマを見て、『これはAFで塗るんですか?』って言われて初めて気がつきましたが、考えてみると、センタリを導入して約2年半、1回もAF101を使って、1コートソリッド仕様で塗った事がありませんでした
もちろん、ソリッドも幾度となく塗装しましたが、大体純正で2コートソリッド仕様なので、何の意識もせず、普通にクリアーを入れて2コートソリッド仕様にて塗ってました。

今回のクルマは間違いなく1コートのソリッド仕様なので、初めてAF101を使ってみようかな・・とも思いましたが、2年半、ミキシングマシーンで回しながら1回も使ってないので、ちゃんと使えるか不安です。。
なので、
001_20140123173800bf0.jpg
いつも通り、2コート仕様にて塗装しました

まあ、考えてみれば、センタリだからこうなる訳で、今まで使ってたRMの時もそうですが、1コートソリッド仕様で塗る場合、原色から専用の物を全て揃えないと1コートソリッド仕様では塗れないので、必然的に2コートソリッドしか選択肢が無いんですけどね。

ただ、せっかくのセンタリの1番の特徴を生かしてない訳で、ちょっともったいないですね

さて、明日はちょっと暖かいみたいですね
今朝は強烈に冷えてまして、朝一番の工場の中の温度計はマイナス2度ちょっとでした
こうなると、水も凍って使えないので困ります。。
早く暖かくなってほしいものですね





さあ、どうしたものか・・。

朝からず~と雨が降り続いてます
おまけに寒いですね~

今日は、午前中、事務的な仕事をして、それから接客をして・・午後から売れたクルマの名義変更と抹消の手続きに市内へ行ったのですが、うっかり返納するナンバープレートを会社に忘れてしまい、手続きの締切時間がギリギリだったので、慌てて会社へ戻り、ナンバープレートを持って、再度市内へ向かってると、馴染みのお客さんから、『今、来とるちゃっけど・・』と入電
一応、市内へ頑張って向かってましたが、もしかしたら締切時間に間に合わないかも・・という状況でしたので、今日は諦めて、また会社へUターンしました

そして、そこに待ってた物は・・

001_2014010817150738c.jpg
これです

昨年、塗装の話は聞いてまして、その時は小さいジェットで、大きさはバイクくらい・・との事でしたので、まあそれなら・・という軽い気持ちで受けたのですが、来てみてビックリ、全然小さくありません
まあそれでも現行モデルからするとかなり小さい方らしいのですが・・

とりあえず、吊る事も出来ませんし、真裏は塗らないという事になりましたが、はてさて、どういう段取りで行こうかな・・といった感じです
まずはステッカー剥ぎからボチボチ始めていきます

002_201401081715044b6.jpg
昨日の夜から天井の蛍光灯が1箇所切れてしまいました
工場を建てる時に、電気屋さんが、絶対にこれにした方がいいとの事で、高めの蛍光灯にしたので、朝から晩まで毎日点けっぱなしですが、ここ11年で、1回しか切れてませんので、2回目が回って来た感じですね

問題が交換方法です。。
普通の脚立では全然届かないので、足場を組まないといけないんですけど、こちらは高い方ですので、2段組まないといけません。。これまた微妙に面倒です
何かいい方法無いかな~


さすがです。

改めまして、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

例年、仕事始め後は入庫の段取りや、見積もり等で、比較的スロースタートな感じですが、今年は
昨年からの引き続きの仕事もあり、昨日の朝9時から全開でやってます

005_20140107181831b4d.jpg
画像が悪いですが、ちょうどプレスラインの真上に縦に凹んでます

他も、ちょこちょこ凹みはあるのですが、位置的に目立たなく、それ程気にならないのですが、ここは目線の高さの関係もあり、かなり目立ちます。。
オーナーさんがここだけは・・との事で、いつものようにデント屋さんにお願いしました
福岡のクルマ屋さんの間では有名なOさんです

006_201401071824110f5.jpg
そして、完成がこちらです
いつも思うのですが、僕ら塗装屋から見て、何がすごいというと、凹みを出すのもそうですが、その後の肌調整がいつもビックリします。
ヒートガンで温めては、ポンチ等で、トントン・・といった感じです

毎回そうですが、ほんと凄いです

さて、僕は・・

組み付けの1日でした

002_2014010718183668e.jpg 001_201401071818334c8.jpg 003_201401071818383ec.jpg
ちょっと前のマジェスタのヘッドライトですが、ASSYで16万くらいします。。
ユニットだけだと75,000円くらいです。保険修理ですが、レンズの擦り傷だけなので、ユニットにて対応です。

いつも思いますが、HIDのカプラーを分解しないと組み換えが出来なくて、地味に面倒です

さあ、明日からグッと冷え込みそうですね
しばらく暖かい日が続いていただけに嫌ですね~

皆さん、体調管理にはお気を付け下さい




明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
皆さんはどんなお正月を過ごされてますか
僕はというと、年末にフロアジャッキをクルマに積み下ろししてて、腰を痛めてしまい、今朝起きてから腰が痛くて、初詣だけ無理して行きましたが、後は大人しくしています
という事でblogでも・・

年末恒例の500のメンテですが、今年はこんな事してました

2013-12-21 17.47.25_R
まずはステアリング関係のリフレッシュです
タイロッドのブーツが破れてたので思いきって全部交換する事にしました。特別ガタは無かったのでブーツだけ交換しても良かったんですけど、どの道消耗品なのと、もう18年経ってるクルマなので、リセットしたいですよね。尚、全てではありませんが、500に関しては極力純正部品を使うようにしています

2013-12-21 16.05.12_R 2013-12-21 16.05.19_R
まずはアイドラアームのブッシュを交換する為に、フロントパイプ、そしてセンターマフラーを外します。
今回、フロントパイプを外した時にどうしてもしたかった事がありまして、画像を撮り忘れましたが、バンテージを巻きました。純正は2重パイプになってるんですけど、今はワンオフ品でパイプむき出しです。ネットとかを見てると『バンテージを巻く事によって排気温度が・・結果トルクが・・』なんてありますが、そんなのは多分フラシーボ効果なんでしょうけど、僕はとにかくエンジンルームの温度を少しでも下げたくて巻きました。トルク云々は分かりませんが、排気音は明らからにうるさくなりました

そしてアイドラアームブッシュ、センターロッド、タイロッド左右を交換しますが、当然、アライメントがめちゃくちゃになりますので、アライメントを調整しました。

2013-12-23 14.35.35_R 2013-12-22 17.42.40_R
まずはアライメントスタンド4箇所の高さをレーザー使って大まかに合わせて・・

2013-12-25 10.11.52_R
微調整をして・・

2013-12-25 10.38.41_R
キャンバー・キャスターを合わせて・・

2013-12-25 11.00.50_R 2013-12-25 11.00.42_R
後ろ、前とそれぞれトーを合わせていきます

2013-12-25 14.48.50_R
ステアリングやブレーキはこんな感じでロックしました

こうやって書くと、簡単ですが、色々試すと、『さっきのセッティングが良かったかな?』とか『もう少し良くなるかな』とかいう風になってしまい、終わりが見えません

トー、キャンバー、キャスター、それぞれ変えると、また全部やり直しなので、その度に走ってはまたスタンドに乗せて・・って感じで相当時間がかかってしまいました。。
まあ自分で出来る楽しみもありますが、『これでバッチリです』って感じでプロショップにセッティングしてもらう方が楽ですね自分でやるとどんどん欲が出てホント、終わりがありません
ちなみに、ステアリング関係を変えた感想は・・アライメントもシビアに調整したので、何が効いているのか分かりませんが、今までに比べて、中立付近の安定度、直進性その他もろもろかなり良くなりました
フロントは片側20mmのスペーサーを入れてるので、正直、かなり無茶な足回りです。
スペーサーを抜けば相当良くなると思いますが、見た目もかなり大事なので、多少轍でハンドルを取られてもそこは我慢です

2013-12-29 09.06.05_R
前にこのblogでも書いてましたが、天井が垂れてきてたので、業者さんに張替えに出してました
本当は自分で張替えたかったんですけど、いい生地が見つからなかったのと、サンルーフは縫製が必要だったので、素直に業者さんにお願いしました

2013-12-29 09.01.05_R
ちなみに、生地ですが、エクセーヌ(内装屋さんの話では流通ルートの違いだけで、物はアルカンターラと全く一緒との事です)にしました指でなぞった跡がつくのがいい感じです

2013-12-03 14.13.25_R 2013-12-03 14.55.45_R
天井が黒になるのに、アシストグリップが白だとカッコ悪いので、黒に塗装しました

2013-12-31 15.26.45_R
上手く撮れませんでしたが、これで弛んだ天井とはおさらばです
次はサンバーザーやABCピラーも張り替えたいです

その他・・

2013-12-22 14.26.15_R
前回6月に交換してから、1000キロ位しか走ってないので、ちょっともったいないんですけど、オイル交換して・・

2013-12-30 14.05.15_R
ベルトもヒビがあったので、交換して・・

って感じでした。本当は磨きもしたかったんですけど、全く時間が足りませんでした

しかし、今回も新たな不具合部分も色々と発見されたり・・

W124のメンテは終わりがないですねだから飽きないんでしょうけど


あ~でも正月早々腰が痛いなんて・・まあ、いい方に考えればのんびり出来る時ですので、お正月の間ゆっくり休養しておきます

それでは今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。