プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も大変お世話になりました。

もう何時間かで今年も終わりですね。

今年もあっという間な1年でしたが、こうやって無事年末のご挨拶が出来るのも、お客様、業者様、その他、色々と応援していただいてる方のお陰です。
この場をお借りして、深く御礼申し上げます。

今年は、業務的にも新たな事にチャレンジもしましたし、プライベートでも40を目前にして、これから先の健康等考えてウェイトトレーニングも始めたり・・と色々変化の多い1年でした。

来年は公私共に今年始めた事をより飛躍させていきたいと思っております。もちろん、日頃の業務に関しましても、技術・サービスの向上に励み、より皆さんに喜んでいただけるように努力の限りをつくす覚悟でございます。

それでは、皆さん、良いお年をお迎え下さい。


                                       有限会社リフェイス 大久保 雅義



スポンサーサイト

今年最終の塗装は・・。

refaithは今日が仕事納となります
そして、今年最終の塗装は・・

001_20131227163923e17.jpg
先程、これを塗りました
一応、中研ぎ(クリアーを研いで平滑にして再度クリアーを入れる事です)を入れますので、研ぎやすい事を考慮して
4700というクリアーを入れました。
しかし、普段、4700はバンパーのスポット補修とか小範囲しか使わないので、慣れの問題と思いますが、この面積で、且つ受け面はなかなか難易度が高かったです

ちなみに、センタリユーザーしか分からないと思いますが、こういった黒で47606の原色を使ってる場合、広範囲だと、ベースを綺麗に塗るのがかなり難しくないですか??
確かに、漆黒度はかなり高いし、いいんですけどね~
恐らく、3回塗ったらもう肌が荒れまくりだと思います

シンナー希釈とか色々試しましたが、販売店さんに教えてもらった方法で、今は、まずAM5を1回もしくは2回入れます。
・・・AM5ならそんなに荒れないですよねそして上から47606入りの調色した黒を1回入れます
47607入りからスタートするより染まりもいいし、肌荒れが全然違ってきます
今はこの方法に落ち着いてます
それでも荒れるのは荒れますので、今回のようにフードとかだと、磨くより中研ぎ入れてクリアー入れた方がある意味楽ですし、仕上がりも全然いいので、ケースバイケースで対応してます

こちらのクルマはどの道、部品もバックオーダーで年明けになりますので、年明けに中研ぎしてもう1回塗ります

さて、明日から大掃除ですいつも時間が足りませんので、今年は朝一早めに来て、気合を入れて掃除するつもりです

500もやりたい事てんこ盛りなんですけど・・頑張って時間作らないと


いつもと逆。

3連休も終わり、今年も残すところあと一週間ですね
昨日の祝日は、珍しく誰も来なくて、また電話も無く、誰とも話さずに黙々と1日作業してました

001_201312240928531b6.jpg
あるスポーツカーのタペットカバーです結晶塗装されてますが、剥がれてしまってます
今回は通常の塗装でのご依頼です。

尚、これとは別にプラグカバーもあるのですが、そちらはメーカー名が入ってて、業者さんからの仕事ですので、その画像は一応控えておきます。
ちなみに、V8なので、このタペットカバー2個とプラグカバー2個で計4個です

001_20131224093729d0d.jpg
まずはブラストで剥離してしまいます。そして、その後、シリコンオフで拭き取る・・というか、洗い流します
しかし、先日、ブラストのキャビネットを貰いましたが、早速役にたちました
モザイクを掛けてますが、プラグカバーの方は凹凸文字なので、ブラストが無かったら厳しかったです。

003_201312240928598c8.jpg
そして、すぐエポキシサフ(840R)を入れます。しかし、ここで問題というか、ある程度は覚悟してましたし、お客さんにも伝えていたのですが、素材の粗が結構酷いです
結晶塗装だとそんなのも全部隠れますが、今回は通常のツヤあり塗装ですので、これでは酷い仕上がりになってしまいます。。

ここで、お客さんと話して、ツヤありよりもツヤが無い方が、粗が目立ちにくいので、予定を変更し、ツヤあり塗装から、ツヤ無しの塗装になりました
そして、それだけだとまだ粗が目立つので、あえてバサバサに仕上げようという事になりました

ただ、そうは言っても、やはり素材の粗が酷過ぎなので、2液のサフの工程を増やす事にして、
004_201312240929018b6.jpg
色が同じなので、変化が無いように見えますが、840Rを乾燥後、研いで、通常の2液のサフを入れました
840Rは厚塗り出来ませんが、通常の2液のサフだと、問題が起きない範囲でですが、ある程度膜厚に出来ます。
(アクサルタのLEシリーズのサフは結構膜厚に出来ます。なります。)

005_2013122409284893b.jpg
そして、研ぎますが、極力、面を出すように心がけます

006_201312240929293a0.jpg
そして塗装に入りますが、研いだ時に剥きだしてしまったところにプライマーを薄く入れます・・通常の塗装の際も当然行ってますが、こういったちょっとした事がかなり大事だったりします。

009.jpg
その後ベースの塗装になりますが、今回、バサバサに塗らないといけないので、全ていつもと逆の塗り方になります
雰囲気温度は高め・・ブースのバーナーを焚いて35度くらいにして塗りました。
シンナー早め
シンナー希釈は濃く
ガンの口径は大きい物
問題が起きない範囲でドライ塗り
問題が起きない範囲で塗装回数を多く・・といった感じです。

そうやって塗ると、上の画像のように肌が荒れます通常の塗装なら『あ~これは厳しいな。。』って感じですね

そしてツヤ消しクリアーですが、今のアクサルタの最新のラインナップのツヤ消し剤だとフロー性がかなりいいので、旧タイプのを使います。・・新しいのを買ったので捨てようかと思ってましたが、取っておいて良かったです。
008_20131224092934ecd.jpg
そしてツヤ消しクリアーですが、これはバサバサに塗るとダメです。。見た目はバサバサになりますが、ツヤ消しは、全て一定の膜厚で仕上げないと、乾燥スピードによってツヤが変わる為、酷いムラムラな仕上がりになってしまいます。。
本当はドライでバサバサに塗るとより粗く仕上がりますが、ここは通常の塗装の塗り方でいきます

010.jpg
そして完成ですね
結晶には全然及びませんが、ちょっとブツブツのそれらしい雰囲気に仕上がりました
お客さんにも喜んでもらえて良かったです
・・画像は出せませんが、プラグカバーの方も凹凸文字を研磨して、いい感じで仕上がってます

しかし、いつもは、なりたくないのにバサバサになってしまったりしますが、こうやって、ワザとバサバサに塗るのも意外と難しいものですね

さあ、今年の稼働日数も実質4日ですね頑張っていきます


年末年始のお休みについて。

気がつけば、もう19日ですね
毎日、色んな仕事に追われててあっという間に時間が過ぎていきます
まあそれだけお仕事をいただいているという事ですので、大変有難い事ですね


タイトルの年末年始のお休みについてですが、

12月28日~1月5日までをお休みとさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。


さて、今日の仕事は・・

今週の月曜日、車検でお預かりしてたクルマをチェックしてたのですが、余りにも直さないといけない所が沢山あって、お客さんと相談した結果、車検を通すのは勿体無いという事になり・・

001_201312191821499b2.jpg
今日朝から、近所のオークション会場に張り付いて・・

第一希望のクルマを落札しました

そして、早速会社に持ち帰り、リフトで上げて隅々までチェックして・・

あっという間に1日が終わってしまいました

ようやくこの時間になって一息ついてます

この間のblogでも書きましたが、今月は何故か、車検と車販が忙しいです・・その代わり、塗装が少ないですね

さあ、明日も車検で現場作業が止まるので、もうちょっと休憩して、もうひと頑張りします


今年も残り半月ですね。

ご無沙汰しております
今年も残すところ半月ですが、通常の板金塗装から小物の塗装、車検、車販と色々やっております
今年の12月は、うちにしては珍しく車検が多いです
この時期は全てにおいて段取りを上手くしていかないといけませんね
残り後半戦、頑張っていきます

さて、今日は・・

001_20131214180214fd9.jpg
小物塗装の下地をしたり・・

002_20131214180212363.jpg
事故車の引き取りに行ったり・・このクルマ、反対側も損傷してるんですけど、保険の確認が終わってないので、来週からしか手を付けれません。ちょっと古いクルマなので、部品がスムーズに入って来てくれるか心配ですね~インナーも逝ってるので板金屋さんに1部外注もありますが、多分忙しいだろうし、年越し・・かな
お客さんも年末年始、レンタカーは嫌だと思いますので、何とか出来る限りやってみます

これから年末に向けて、事故が増えますので、皆さんもお気を付け下さい


ハコスカシリーズ23

久々のハコスカシリーズです
ものすごく地味な作業が続いてますが、ちょっとづつ進んでおります

003_201312041756305da.jpg
今日はこんな物が届きました

これ、何に使うかといいますと・・


先日、ハコスカのオーナーに下地や足回りの塗装用という事で、眠っていたW100というガンをあげました
そのガンの先端に取り付けて使うのですが、これを取り付ける事により、奥まってガンが入らない場所でも塗装出来るようになります

001_20131204175635490.jpg
こんな感じで曲げた状態での保持も可能ですし、手元でパターンの調整も出来たりします
これでパネルの袋になった部分とかを塗るらしいです

しかし、W100、存在すら忘れてましたが、こうやってまた使ってもらえるとガンも嬉しい事でしょう


今日の仕事の方は・・

001_201312041810375b6.jpg

こちらを修正&サフ入れ&塗装したり・・・

サビサビなクルマの下地をしたり・・

昼間、アクサルタのテクニカルインストラクターの方が来られたのですが、ガンについて色々詳しく教えてもらいました



最近のクルマは・・

12月に入りましたね~
今年も残すところ僅かになってきました

さて、昨日ですが、同行販売で商品の紹介がありましたので、そのネタでも・・

002_20131204091039996.jpg
テスト用のパネルを作ってるところです。
ワザとハンマーで凹ませてます

001_20131204091044f37.jpg
うっかり途中の画像を撮り忘れましたが、スライディングハンマーで凹みを引き出してるところです

こういった作業は普通にどこの板金塗装工場でも行ってるのですが、通常は、スタッドという物を使って、パネルにスライディングハンマーの先端とかワッシャーなんかを溶着します。そして、それを引っ張って凹みを引き出します。
ここで問題なのが、溶着する事により1000度以上の熱を一瞬でもパネルに与えてしまう事であり、これによって、パネルの裏が焼けてしまったり・・と色々問題が起きてしまう場合があります。。

そこで、半田を使って、同様の作業をする道具が出てきました・・昔からあるのですが、最近、安価な物が増えて来ました。

半田ですと400度くらいらしくて、裏焼けの問題も大丈夫です

書き出すとキリがありませんのでまた今度時間がある時にでも書きますが、とにかく、最近の鉄板は薄くて、ヘタをすると取り返しがつかなくなります特に、軽自動車のドアとかで、プレスラインの無いタイプとかだとちょっとした凹みでも不本意ですが、交換した方がいいのでは・・といった感じです。
当然、僕も過去に板金しようとして失敗してますし、板金塗装屋さんなら皆さん、失敗して大変な思いした事あるんではないでしょうか

最近のクルマは塗装も板金も大変です

さて、さすが師走という事で、12月の先の予定も色々詰まってきてます
頑張っていきましょう



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。