プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな事もあります><

今日は寒かったです
初雪も降りましたこんな日に限って水仕事が多かったりします

002_20131128180102d01.jpg
某輸入車のヘッドライトウォッシャーのカバーです
朝クルマを見たら、何故か無くなってたそうです

ちなみに、ディーラーでの見積もりだとこのカバー、塗装取り付けも含めて15,000円程との事です。
内訳は 部品代5,000円程度、塗装8,000円程度、後取り付け等・・といった感じらしいです。

一般の方からすると、塗装8,000円がやたら高く感じられるかもしれませんが、塗装代って物の大きさによっても変わって来ますが、やはり、手間的な事によってもかなり変わってきます。
なので、小さい=安い という訳では無かったりします
・・ちょっと本題から話が逸れました・・本当はこんな事書く予定では無く・・

上の画像はベース(色)が終わった段階で、全く問題無く、綺麗です。

001_20131128180056053.jpg
そして、これがクリアー1回入れた後です
塗装やってると色々トラブルはありますが、これはちょっと???な感じです

ベースが綺麗に終わってるので、クリアーの前に何か触ったか何か・・という感じですが、もちろん、指1本触れてません。。

あくまでも僕の予想ですが、どうも、ベースの下から何かが悪さしてるのでは無いかと・・。

003_20131128180107511.jpg 004_20131128180051342.jpg
このパーツ、材質はPCですが、以前販売店さんにもらったプラスチックパーツの特性の表を見ると、溶剤には弱いみたいです。
何となくですが、プラスチックプライマーか、シリコンオフが悪さしたんじゃないかな~という予想です。。
・・基本プラスチックパーツにシリコンオフは使わないのですが、シミみたいのが付いていたので、軽く使いました。

とりあえず、このパーツに関しては、どうしようもないので、明日削り飛ばして、サフ打って塗り直しですね


プラスチックパーツと言えば、先日もABS素材のパーツでプラスチックプライマーを入れたらペーパーの傷が開いた事がありました。
たまたまそのABSが弱かっただけだと思いますが、ABSやPCはプラスチックプライマーは入れない方がいいかもですね。ABSなんかはプライマーを入れなくても溶剤にかなり弱いので、密着は問題ないと思いますし。

しかし、塗装ってこういったイレギュラーな事が希にあるのですが、もうゴールに近い所まで来てたのに、ちょっとした事で一気にスタートライン(場合によってはそれより更に)戻ったりします

まあこれくらいのパーツなら何て事ありませんが、大掛かりな塗装だったりすると材料代・時間・労力の事を考えると泣きたくなります

さて、明日まで寒いみたいですね
皆さん、体調管理には気をつけましょう



スポンサーサイト

欲しいと思ってたら・・。

ちょっとしたパーツの剥離などでブラストのキャビネットが欲しいな~って思ってたのですが・・

002_20131126172916cdc.jpg
ハコスカのオーナーの会社の人が使わなくなったから・・という事で、キャビネットを貰いました

003_20131126172907da1.jpg
蛍光灯が付いて無かったのですが、ベストな大きさの蛍光灯がなぜか工場の片隅に眠ってたので、それを付けて・・

001_20131126172911591.jpg
バッチリです

これで、これからちょっとしたパーツの剥離&足付けが簡単に出来ます

今日はたまたまですが、休みだったり、営業の途中だったりで、同級生が4人も揃いました
その他、業者さんとか沢山来て、賑やかな1日でした


面白かった~^^

気がつけば週末ですね
というか、『今日は配達の弁当遅いな~』なんて思ってたら、祝日でしたね

001_20131123181329d61.jpg
先輩が乗ってるスーパー7ですが、足回り含め、色々手を入れ直したとの事で、試運転がてらに乗らせてもらいました

早速、refaithの裏のテストコースへ・・

足もしっかり動いてるし、エンジンもいい調子だし『こりゃあ面白いや~』なんて調子に乗って飛ばしてたら、4輪スライド状態になってしまい、ちょっと焦りました

しかし、軽いクルマはやっぱり面白いですね

仕事の方は・・

002_20131123181325778.jpg
業者さんのお仕事で、珍しいクルマなので画像は控えますが、久々に大量のカーボンを転写しました
アメ車系なので、パーツも大きいし、カーボンだし、パーツ点数も20点を超えてるし・・って感じで久々に緊張する転写でした

やはり数が多かったので、思いの他時間が掛かりましたが、かなりいい感じで無事転写も終わり、先程1回目のクリアーまで完了しました

週末の仕事で上手くいくと、スッキリした気持ちで休みに入れます

さあ、来週で11月も終わりですね 来週も頑張っていきましょう



ちょっとの作業。

朝・晩は冷えますね~
さっきまでずっと水研ぎしてましたが、鼻水が止まりません
という事で、事務所に入って、少し休憩がてらblogでも

さて、ここのところ、大掛かりな作業はありませんが、ちょっとした作業が色々重なってちょっと追われてます。。

ちょっとした作業ですが、今日は・・

002_20131120174956ea5.jpg
このバンパーをサフ入れて、塗りました

001_20131120175002f7b.jpg
こんな余り気合いれなくてもいい塗装に限って、調色がドンピシャで決まり、テストピース1枚で済んだりします

さあ、明日からもこんな感じのちょっとした塗装が沢山です
もう少し休憩してあとちょっと下地処理頑張ります


弛んできます。。

今日の定休日・・

前々から気になってたんですけど、自分のクルマなので微妙に面倒なのと時間がなかなか取れずにそのままになってた事をしようと午後から会社へ来てやってました

その気になってた事とは・・

005_20131117162236eb4.jpg 006_20131117162316f30.jpg
ルーフライニングの弛みですね
この年代の輸入車は大体こうなってしまいます。。
普段は目に入らないので、『いつかゆっくり時間が取れたらしよう』って思いながらそのままにしてましたが、いよいよ限界です

001_201311171622400b9.jpg 002_20131117162245a31.jpg
重い腰を上げて、実際に作業に入ると早いです黙々とバラしていき、弛んだ(剥がれた)ルーフライニングを取り出しました

003_20131117162250b30.jpg
そしてベトベトのスポンジを除去して・・

004_20131117162254a0a.jpg
今日はここまで終了です さあ、どんな生地に張り替えようかな~

さて、今週はまた寒くなるみたいですが頑張っていきましょう



簡単に割れます。。

001_20131113191659936.jpg 002_20131113191703d05.jpg
ダイハツのKE-VEという形式のエンジン・ミッションです
左はエンジンですが、マウント部分が割れてしまってます
右はCVTのミッションですが、これも下側のマウント部分が割れてしまってます。。

ちなみに、本来の形は、

003_20131113191707a47.jpg 004_20131113191654d22.jpg
それぞれこんな感じです

多分、ワザとそういう設計になってるんだと思いますが、見た目、ちょっとボンネットの先端が押してるくらいの当たりでも、場合によっては簡単に割れてしまいます。。
エアバックが開いてないのに割れてるパターンも大変多いですね
特にCVTミッションの下側は割れやすいです・・CVTではなくてAT車の場合は多少マシです

2005年くらいからのダイハツ車は大体このKV-EFというエンジンが載ってますが、是非、車両保険の加入をオススメします


大丈夫なんだろうか~。

今朝も寒いですね~
僕はまだ多少寒さには強いのでそうでもないですが、昨日遊びに来た友達はブルブルと震えてました


002-2014-infiniti-q50-1358178420-opt-1359473521.jpg
昨日、新しいスカイラインが発表になりましたね

今回のスカイラインですが、世界初として、 “ステア・バイ・ワイヤ” という技術が採用されたようです

この バイ・ワイヤ ですが、機械的なモノを電気的に置き換える事で、例えば フライ・バイ・ワイヤ とは
アクセルからスロットルまでを通常はワイヤー等で繋いでいますが、それを電気信号に変えた物です。
これは世界的にかなり一般的になって来てますね

そして、ブレーキ・バイ・ワイヤ というのもあり、これも通常はブレーキペダルから油圧でブレーキをコントロールしてますが、それを電気式にした物です。
一部の車種で採用されてるみたいですね。ちなみに、ベンツがSBCというシステムでR230とW211で採用しましたが、これが問題が多すぎて、次のモデルからは通常の油圧に戻ってます

そして今回のスカイラインの ステア・バイ・ワイヤ ですが、これはステアリングが電気式に変わってるという物です。これを知った時、『これめっちゃ怖くない??』って思ってしまいました

だって、何かしらのトラブルが起きた場合、ドライバーがステアリングを切ってるのに実際にタイヤは切れてないとか、まあ無いと思いますが、右に切ってるのに左に切れたりとかも起きる可能性があるのでは・・と。

もちろん、相当その辺りの安全は考えてあるんでしょうけど、現に、他メーカーもかなり前からこの技術は持ってるけど、採用には慎重姿勢らしいですね。。

謳い文句としては、タイヤからステアリングまで繋がってないので、電気的に制御して路面状況によりハンドルを取られたりする事がないそうです。

しかし、クルマの電子制御化もいいですが、運転する楽しみはどんどん無くなっていきますね
それだけならまだいいですが、もし・・と考えると・・。

少し話は逸れますが、同じく昨日、マツダの自動で止まるクルマのデモ中に、止まらずそのままフェンスに激突する事故があってますね乗ってた人は大怪我らしいです。。
ちなみに、デモですので、何回もやってて、その前は全く普通に止まってたらしいです。。こちらは人間の問題か機械的な問題か分かりませんが、とにかく怖いですね

ステア・バイ・ワイヤ・・僕は轍にハンドルを取られようと、路面の状況をステアリングで感じながら走りたいですね


ちょっと気温が低いけど・・。

今日は寒かったですね~
朝、工場に出勤して来た時、10度しかありませんでした

004_2013111117044312e.jpg
よりよってこんな寒い日に・・って感じですが、寒さによって仕事のスケジュールを変更する訳にもいきませんので、朝一にイージーの転写及び捨てクリアーを入れました
・・ちょっと事情があり画像はモザイク掛けてます。

今日くらいの気温だとクリアーの硬化剤も多少早いタイプ(硬化が早い)を使いたいところですが、これから先、もうそれ程気温が上がる事も無さそうなので、ちょっと遅めの夏~秋くらいの硬化剤を使いました
というのも、主剤もそうですが、硬化剤は特に一度開封すると消費期限が短くて、開封後時間が経つと余り宜しくありません。。

このまま気温が上がらないとなると、今日の夏~秋くらいに使う硬化剤を次使うのは来年の春~夏になる訳でして、そうなると開封したまま更に半年以上放置する事になるので、出来れば使い切りたい訳です。
という事で、ちょっと気温が低いですが、今の内に使い切ってしまいます

ただ、硬化のスピードが気温に対してズレてるので、非常にタレやすかったりと色々気を使います

その他・・

003_2013111117043862d.jpg
アベニールの車検ですが、ちょっと問題がありまして、温間時、エンジンが掛かってもすぐストールしてしまいます。。ちなみに、温度が上がるに従ってだんだん調子が悪くなり、完全に温まると100%ストールしてしまいます。。
冷間時は全く問題なく、また温間時もエンジンがストールする寸前にアクセルを煽ってあげればその後は普通に問題なく走れます

とりあえず、冷えてる時は普通に掛かるし、一度完全に掛かってしまえば問題ないので、電気系や燃料は大丈夫かな~と思い、試しにスロットルボディーを外してみると・・

005_20131111170421c20.jpg
カーボンがべっとりと固着していて、強烈に汚れてたので、洗浄して・・

006_20131111170451e49.jpg 001_2013111117042936c.jpg 002_2013111117043363a.jpg
診断機でスロットルの学習をしてあげて・・

その後、何度かエンジンを冷やしたり温めたりして確認しましたが、ストールする事は完全に無くなりました

さあ、今週も頑張っていきましょう



似たような感じ・・。

今日は昼間暑かったですね~

004_201311071714088a1.jpg
午前中、自社車両のエンジンミッションを下ろしたのですが、汗だくになりました

001_20131107175316803.jpg
うっかりハンドルロックの事を考えずにエンジンを下ろしてしまい、車を動かそうと手で押してると、ハンドルロックが掛かってしまいました
電気が来ないと解除が出来ないので、下ろしたエンジンからハーネスを外して再度車両に繋いでロックを解除しました~

さて本題です。
002_20131107171416cbd.jpg 001_20131107171412e79.jpg
イージーグラフィックスのご依頼ですが、現車のパワーウインドウスイッチベースをサンプルに送っていただきました
ちなみに、このスイッチベースですが、リアルウッドに加工されています。

ここで問題です。。

過去の作業で残してあるテストピースを色々合わせてみますが、まず、このスイッチベースのように薄い木目のフィルムがありません
似たような柄でいくと画像右となりますが、こちらは木目部分の黒が濃すぎて、う~んといった感じです。。
かといって左ですと木目が渦巻きですので、これもまたう~んといった感じです

上記のテストピースは過去に施工したのを残してあるだけですので、色味は別として、お客様にこの画像を見ていただき、柄を選んでいただきました

001_20131107172830796.jpg

そして選んでいただいた方のフィルムで調色したのがこの画像です
正直、柄が全く違いますが、これ以上は手も足も出ません・・根本的にこの柄のフィルムがありませんで。。

良く純正に合わせて・・とご依頼をいただきますが、上記のような感じでどうしてもメーカーが出しているフィルムの中で合わせていくしかありませんので、ご希望に添える場合と添えない場合があります。

001_20131107173515df9.jpg
逆にこちらは純正にほぼ合わす事が出来たパターンです・・センターのナビ・エアコンパネルが施工したパーツで、その両脇が純正の木目調パーツです

大体目安ですが、こんな感じで合わす事が出来るパーツは全体の1~2割といった感じでしょうか。
フィルムメーカーが木目が薄いフィルムを出してくれればまだ何とかなるんですけどね~。

という事で、純正に合わせての施工をご希望の方はメールの画像等でもある程度の可否はご連絡出来ますので、事前にお問い合わせいただければと思います

さて、今日は汗だくになったので、早く帰って風呂に入りたいです




新車でも。

002_20131106173252a2f.jpg
新車のタントですが、ポリマー施工しました
・・・このタント、僕の同級生の奥さんのクルマですが、急遽、欲しいという事になりました。
しかしモデルチェンジ直前で、その時すでに残り2台しかなく、バタバタ後輩のダイハツの営業マンに連絡して、正確な金額も確定しないままオーダー・・といった感じでした

001_20131106173256151.jpg
分からないかもしれませんが、極々微細なピッチというかタールというか、黒いブツが張り付いてます。
新車ですが、ずっと屋内保管ではありませんので、どんなクルマでも目を凝らすとこういった汚れが普通に張り付いてたりします
なので、明るいブースの中に入れて、パネルを凝視しながら確認&除去していきます

この後、ブース内を60度まで上げて15分程度熱を入れ、24時間放置して納車となります。


新車で状態が良ければコーティングもかなりお安く出来ますので、お気軽にお問い合わせ下さい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。