プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期も無事終わりました^^

台風が直撃する予報でしたので、ちょっと心配してましたが、上陸する前に温帯低気圧になったみたいですね
しかし、昨晩からの雨は強烈でした。。
以前、このblogでも書きましたが、どれだけ雨が降っても、工場が浸水する事はありません。
ただ、泥が堆積して掃除が大変です
という事で、今朝も大掃除となりました

今日の仕事は・・

DSC_1806.jpg
業者さんからの仕事ですので詳細はモザイクをかけてますが、今日はこれを塗りました
本当はもう終わってるはずなんですけど、ABS樹脂が余りにも弱くて、足付けの傷に溶剤が吸い込みを起こし、サフを打ち直したりして今日塗装となりました
しかし、この塗装、↑のトラブルもそうですが、セッティングはしにくいし、相当塗りにくいし、色は染まらないし、気を遣うし・・の3重・4重苦な塗装でした
とりあえず、無事終わってます・・といいたい所ですが、別色のパーツがまだあります。。

さて、refaithは8月が決算月ですので、今日が10期の最終日となります
明日からは11期がスタートですね

今期も大変お世話になりました。
来期もどうぞ宜しくお願い申し上げます。




スポンサーサイト

これで安心ですね。

台風が近づいてきています
何とかそれてくれるといいんですけど。。

DSC_1797.jpg
今日の塗装はこれだけです
ヘッドライトをクリアー仕上げしました

元の状態の画像を残してませんでしたので、分かりにくいですが、かなり劣化してて黄色くなってました

DSC_1798.jpg
片側は劣化により内側にクラックが入ってますが、それでも元の黄色くくすんだ状態からすると別物のように綺麗になりました

ちなみに、このヘッドライトのクリアー塗装ですが、物・程度によっては溶剤によりクラックが全体に入る場合があったりしますので、その点をご了承いただいた場合のみお受けしております・・(一応、それなりの対応を取りながらやっていますが、物・劣化具合によっては弱めのシリコンオフで拭いただけでクラックが入る事があります)

市販でも色々ケミカルが出てますが、やっぱり、元の劣化したコーティングを剥がしてクリアーを入れるのがベストです・・というか、そうしないといくら磨いてその時綺麗でも時間が経つとまたくすんできます

今日は何かバタバタして疲れました


今日のrefaith

DSC_1781.jpg DSC_1782.jpg DSC_1783.jpg
BMW乗りの方ならご存知と思いますが、ガレージエブリンというお店のコンプリートカーです
お客さんが最近買われたのですが、リア5面フィルムのご依頼でした
車高はそんなに低くないのですが、結構大きなバンパーで、オーバーハングも長いので、ちょっと気を抜くと、フロントバンパーを割ってしまいそうです

お客さんは『割ったら大久保ちゃん直してね~』って感じですが、割れたら整形が相当大変そうなので、割らないように切にお願いしてきました

DSC_1784.jpg DSC_1790.jpg DSC_1785.jpg DSC_1789.jpg
そして僕は、下地な1日でした

DSC_1788.jpg
その他、フェンダーの内側を内板色に塗ったり~といった感じでした
この後、本塗りの際に純正っぽく軽く外板の色をこの上から飛ばしてあげます。

DSC_1787.jpg DSC_1786.jpg
ちなみに、こういった感じで内板色の見本帳もあるのですが、ツヤ消し仕様という事もあり、なかなかこの見本帳のようにならないので、あくまでも参考程度にして基本は適当に色を混ぜて作ってます

余談ですが、デュポン(今はアクサルタコーティングシステムズですね)にRMから変えていいな~って思ったのは、色のカードの再現性が高い事でした
この内板色見本帳はちょっと・・ですが、通常の外板色のカードに関しては、かなり再現性が高いです

RMの時は『お~このカードいいな~』って事でその色を作っても・・全然ダメやし・・って感じでしたが、デュポン(アクサルタ・・)は僕の中でかなり再現性が高いです
なので、いいカードさえ見つかればかなり調色が楽ですね

尚、今は分かりませんが、前に聞いた時は、そのカード(ファンデックといいます)はデビルビスのGTIというガンで、作ってあるらしくて、ガンのセッティングも聞いたのですが、残念ながら忘れてしまいました

さあ、ちょっとご依頼が重なって来て忙しくなってきました


簡単に終わる予定が・・。

久々にまとまった雨が降ったせいか、今日はそれ程暑くもなくスッキリして気持ちがいい天気でした

DSC_1778.jpg DSC_1776.jpg
普通のゴルフ5です車検へ行って来ました
過去ずっとディーラーでかなり過剰にメンテナンスされてて全く悪いところも無いので、何の不安も無く、陸運局へ向かいました。

車検に来てるクルマも少なくて、『今日は楽勝だな~』って事でまずは保安基準の検査となりましたが、
検査員がエンジン型式を見つけれません
そして応援を頼み、2人で鏡を使ったりして確認してますが、ダメなようです。。
その内、僕の後ろがかなり詰まって来たので、とりあえず後で新規ラインへ行くようになり、先にラインを通す事になりました。

そしてヘッドライトの所で・・左右とも×で落ちてしまいました。。
(車検も過去全てディーラーなので安心してましたが、両方ともかなり上向いてました。。もちろん、事故歴もありませんしフルノーマル車です)
ちなみに、レベライザーのボリュームもありますが、LOビームは動きますが、HIビームは動きません)

まあ、例えば新車から1回目の車検で事故歴無しとかでも合ってなかったりと、ライトの光軸がズレてる事は良くある事なので、近所のテスター屋さんで合わせてもらいますが、過去のディーラーでの車検の時、ちゃんと合わせてるか疑問が残ります・・・

とりあえず、ヘッドライトは問題無く再度ラインを通りOKとなりましたが、問題はエンジン型式です。

その後新規ラインに行って確認してもらいますが、やっぱりなかなか見つからないようで、また2人で見てます。。

最終的にはもちろんOKとなりましたが、思いの外時間が掛かってしまいました


さて、明日は朝一にちょっとお客さんの所へ寄って来ますので、少し遅れます。





虫眼鏡が必要です。。

今朝はかなりまとまった雨が降り続いてます
渇水が心配でしたが、これで少しは解消されるといいですね

DSC_1771.jpg
お気に入りのガンの一つで、SATA NR2000 HVLP です
もう10年くらい使ってます

お盆休みに暇でネットを色々徘徊していたら、

DSC_1772.jpg

たまたまこのガンのリペアキットなる物を見つけました
しかも、在庫処分なんでしょうか、たったの2,100円ですという事で早速買ってみました。

DSC_1773.jpg
中身はこんな感じでかなりのパーツ点数です

ただ、これではどこの部品か分からないので一応、展開図が一緒に入ってるのですが・・

DSC_1774.jpg
これがまたかなり小さくて、数字が目を凝らさないと見えません・・多少老眼も入って来てるとおもいますが・・
(参考にコーヒーの缶を置いてみました


全部替えるにはちょっと大変そうですが、時期を見て交換してみたいと思います



対物超過。

かなり久々に雨が降ってます
降り続いてくれれば涼しくなるんですけどね~

DSC_1769.jpg DSC_1768.jpg
トラックに追突されて、その衝撃で前のクルマとサンドイッチになってしまったワゴンRです

もちろん、100:0となり、修理代は全額、加害者側の保険会社が支払うのですが、問題はこのワゴンRの
車価(時価)です
基本的に新車の状態から毎年10%~15%でそのクルマの車価は下がっていくのですが、このワゴンRは初年度が平成12年なのでもう殆ど車価がありません
例外もありますが、基本的には法的にもその価格までしか保障しないで良いとなってますので、それで考えた場合、このワゴンRは全損扱いとなってしまいます・・例えば車価が10万円としてそのクルマの修理代がそれを上回った場合は全損となる訳です。

じゃあ、被害者側が直したいとなった場合、どうするかというと、保険会社が支払ってくれないのなら、加害者に直接・・となる訳です。もちろん、加害者側としては支払わなくても良いのですが、仕方なく払いに応じる場合もあるようです・・・まあ被害者からしたら、自分は何も悪くないのにクルマが古いだけで、修理も出来ないのでは納得出来ませんよね。

そこで、こういったトラブルを少しでも無くす為に、対物の保険に特約として“対物超過”というのがあります。
これはそのクルマの車価+50万円まで支払うという物で、例えば車価が10万円で修理代が30万だった場合、20万円は足りないのですが、+50万円まで増えますので20万円は対物超過分から支払われる訳です

ちなみに、このワゴンR、修理代は軽く50万円を超えますが、加害者側が対物超過に入ってましたので、修理する事となりました

年式も古いですし、買い換え・・の話もあったのですが、保険会社からの全損での保障は・・たったの14万円程です。。これでは同じクルマでも買い替え出来ませんよね

しかし、保険会社の気持ちも分からないでもないですが、あからさまに対物超過を使わせずに全損扱いにもっていこうとするのは・・どうかな??と思います・・まあ保険会社からすれば14万で終わらせれば修理代の50万円~は払わなくていい訳ですから・・。
ただ、あくまでも選択肢は被害者のオーナーさんにある訳でして、そのあからさまな誘導はルール違反だと思います・・加害者からも対物超過の保険料は貰ってる訳ですし、何より被害者側の立場に立ってませんよね。。
という事で、今回はきちんと保険にて修理します

この対物超過、ほぼ皆さん入ってると思いますが、まれに入って無いケースもありますので、暇な時にでも保険証券をご覧になってみて下さい
実際に自分が加害者側になって、相手が車価が少ないクルマで相手から直接請求されたり・・といった事も十分ありえる話ですので。
ちなみに、この対物超過、特約ですので金額も年間で何百円です


さて、今日も暑そうですが、頑張っていきます



ラバー塗装。。

DSC_1758.jpg
フェラーリの内装の補修です
定番ですが、画像のように表面のラバー塗装が溶けて?ベトベトになってしまってます
特に酷いのがこのステアリングコラム部分で、これは触ると手が黒くなりますし、洗っても簡単に落ちません。。
当然、洋服に触れようものならアウトです

欧州車や国産車の1部で未だにこういった装飾?がされていますが、いいのは新しい内で、ほぼ、こんな感じになってしまいます

こうなると新品への交換が望ましいですが、当然、相当な金額になってしまいます。。これは特にフェラーリですので、スイッチ部分とかASSYとかだと恐ろしい金額なんでしょうね。。

という事で塗装にて対処しますが、まずはこの表面を何とかしないといけません

尚、このラバー塗装ですが、色んなタイプがありまして、ペロ~っと綺麗に剥がれるタイプもあれば、ベトベトして纏わりつくのもあれば、とにかく研げないのもあれば・・といった感じで、その物・状態に応じた処理をしていきます。

DSC_1757.jpg DSC_1756.jpg

簡単なのはシンナーで拭きとる事ですが、これも簡単にいく場合とそうでもない場合があります。
また、素材自体がABSとかの場合、たとえ短時間でもシンナーによっては冒されてしまって、クラックが入ったりしますので十分注意して作業します。
今回、この吹き出し口に関しては日ごろ、僕らが塗料で汚れた手を洗ってる洗剤とスコッチにていけました
この洗剤ですが、一応、それ程強くありませんが、溶剤が入ってますので、当然、これでも放置したままだと、下のABSは冒されます・・これで手を洗ってるので塗料が落ちるのは当然ですが、それと引き換えに手は荒れますね

DSC_1759.jpg
そしてこのコラムですが、これはちょっと強烈で、かなりベトベトです。。
ちなみに、このコラムは表面にかなり厚めのラバー塗装がされてましたが、その下に更にラバー塗装があり2重になってました。画像を良く見ていただくと分かると思いますが、ベトベトを剥がした所は綺麗なラバー塗装が出てきてます。この下のラバー塗装は傷も無く、かなり硬くてしっかりしてましたので、これは剥がさずにいきます。

DSC_1760.jpg
一番、大変だったのがこのスイッチベースですね。ラバーの厚みがあるのに、深い傷が無数に入ってるので、基本全て剥がさないといけません。ただ、これが強烈に剥がしにくいし・・シンナーでも全く歯が立ちません。。
なので、最終的には爪で削って研いでを繰り返してようやく素地の状態になりました

DSC_1761.jpg
右手の親指は多少血が滲んで爪も深爪になりましたが、何とかラバー塗装の除去も終わり、サフを入れます。まずはプラスチックプライマーを入れて・・

DSC_1762.jpg
サフを入れましたLE2007のサフなのでいい感じでつや消しの黒になってますね

DSC_1763.jpg DSC_1764.jpg
ここで、コラムだけ厚い塗装が2重でされてたのか判った気がしました
整形が良くないのか、かなり表面がボコボコしています
これを誤魔化す為にも厚いのが塗装されてたのでしょうか・・??って感じです。

ちなみに、国産のパーツとかだと大体シボが入ってますが、これはこういった表面の歪みなどを誤魔化す為と質感を出す為らしいですね。

この画像はツヤが出てますし目立ちますが、実際はツヤも落ちるのと、そんなに見える部分でも無いので、さほど問題無いと思いますが、一応このコラムは多少厚めにサフを入れましたので、出来る範囲で歪みを取ってみます

とりあえず、ここまでで一安心です。後はしっかり乾燥させてツヤ消し黒にて塗装の工程となります

しかし、いつまで経っても欧州車はこの仕様になってますね。。


強いです。

福岡地方、相変わらず暑い日が続いてます。猛暑日の連続記録も更新してるみたいですね

DSC_1746.jpg
販売車の内装のパネルが汚いので塗装します
何か溶剤で拭いたんでしょうか?溶けたようになってますね。
こういった内装パネルの傷や汚れですが、外装と違って、ずっと目に入るので、意外と気になります。。

DSC_1752.jpg
まずはサンディングして、プラスチックプライマー → サフェーサーを入れます

DSC_1747.jpg
適当に似たようなメタリックを選びます・・エアコンパネルも隣接パネルなので、一緒に塗ってしまいます
(こういった場合、厳密に調色して問題があるフタだけ塗るのも一つの方法ですが、どうせ完璧には一緒にならないですし、その時間、材料代を考えるとまとめて塗った方がいいです)

DSC_1753.jpg
そして塗装完了です

今回、クリアーは入れてません。というか、こういったパーツの場合、純正でもクリアーは入ってません。
当然、ツヤ消し仕様にしてクリアーを入れるのがベストですが、コストを考えると・・ですね

ただ、ベース(色)だけですと塗膜自体に全く強度がありませんので、ちょっとした溶剤で拭こうものなら、溶けてしまったりチジレてしまったりします。。
なので、こういった仕様の塗装の場合は・・

DSC_1754.jpg
このBK220という物を色に添加して塗ります。こうする事により、クリアーを入れなくても一定の強度を保つ事が出来ます

ちなみに、このBK220ですが、チッピングプロテクターという名前でして、ベース(色)の密着性を高める用途に使います。例えば、フロントバンパー等は飛び石の影響を受けやすいですが、これを入れる事で、より上(クリアー)下に対する密着性が上がる為、飛び石の影響を受けにくくなります。

また、国産の軽自動車なんかは、ドア裏等、クリアーが入ってませんが、前述の通り、ベース(色)だけでは塗膜にまったく強度がありませんので、このBK220を入れた塗料で塗ります。

ちなみに、こういったBK220のような使い方として、他の塗料メーカーではクリアーとかの硬化剤を入れて塗ると思いますが僕が知る限り、完全乾燥した後の強度は全く違います。
このBK220の場合、完全乾燥したらラッカーシンナーで拭いてもびくともしません
その他、通常の硬化剤とこのBK220の缶のフタとかも固まり方が全く違います・・BK220のフタは固まると2液の接着剤??ってくらい固いです

そして最後に、このBK220ですが、これを添加する事により、通常の塗装でもクリアーを入れて熱を掛けた後のツヤ引けが入れない場合と比べて全く違いますそれでいて、クリアーとの密着性も格段に上がるという事でいいことだらけですが、1点、作った塗料が余っても、BK220を入れてると固まってしまうので、保存が出来ません。。なので、色を保存して下塗りとかで使う工場では使えませんね。。

ちなみに、うちではどんな場合でも100%入れてます

ちょっと思いの外、専門的な内容になってしまいましたね

と言う事で、この内装パーツも少々な溶剤で拭いても全く問題ないレベルになりました


体がなまってます。。

夏休みを5日もらい、今日から始動となります
ただ、普段、連休すら取る事が無いので、これだけ休むとさすがに体がなまってしまってます。。
気分的にも何となくまだ休みモードになってしまってます

そんな今日ですが・・
体を慣らす意味で簡単な作業から・・

DSC_1744.jpg
ムーヴのオルタネーターをリビルトへ交換しました
最近のクルマはスペースが無くて、ドライブシャフトを抜いたりしないといけないのもあったりで、面倒かな~なんて思ってましたが、意外と簡単でした
ただ、フロントバンパーが外れてたのでアクセスもしやすかったですが、通常のベルト交換でもバンパーが付いてるとちょっと狭いですね
縦置きエンジンの1本ベルトとかの方が遥かに楽です。。

DSC_1743.jpg
一緒にバッテリーも新品へ交換しました

その他、部品を手配したり、書類をしたり、接客したり~の1日でした


どこまで暑くなるんでしょうか~。

今日は予報で言ってた通り、強烈に暑かったですね
あと数年もしたら40度とか当たり前になってそうです

さて、今日は朝一番に事故車を引き取りにいって、それらの部品を拾って・・

DSC_1739.jpg
ブースを水洗いしてあげて・・

DSC_1740.jpg
500も綺麗にしてあげました

さて、休み明けの仕事も色々と埋まってきてまして、ちょっと忙しくなりそうな感じです

明日からゆっくり休んで充電しておきます



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。