プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マフラー2連発。

今日はすごく天気がいい1日でしたね
暑くもなく寒くもなく、いい感じでした

さて、今日は普通の板金の下地をしたりしながら・・

夕方から・・

DSC_1454.jpg DSC_1455.jpg
C63のマフラーです
お客さんが他店にてエキマニからフルで交換されたのですが、色々と諸問題が発生して、調整等をお店に依頼するうちに、いつの間にか画像のような感じでズレてしまったようです

DSC_1456.jpg
その他、バルブ開閉のシステムにも問題があり、メーカーから対策部品が届いたとの事で、そちらの交換と併せて作業しました

ただ、非分解部分を削ったりしながら分解する必要があり、これが失敗するとバルブ部分が使い物にならなくなるばかりか、マフラーのリア部分全てが使い物にならなくなるハイリスクな作業でして、思いの他大変な作業になってしまいましたが何とか完成しました

DSC_1457.jpg
左右の出っ張り具合も全然違う状態でしたので、そちらも合わせました


DSC_1458.jpg DSC_1459.jpg
そしてこちらはハイゼットのマフラー交換です
フランジのボルト2箇所とO2センサーの計3箇所のボルトを緩めただけで、後は吊りゴムのみというシンプルなモノで、30分掛からずあっという間に完成しました

さて、月曜日から4月ですね月曜日からも忙しい1週間になりそうです


スポンサーサイト

ヘロヘロ過ぎです><

何か、最近バタバタしており、気が付けばもう週末です

今日の作業は・・
DSC_1445.jpg
リア損傷のアリストですが、保険会社の立会が終わって、その後板金屋さんへ行き、昨日帰ってきましたので、とりあえずボディーのパテ作業その他もろもろを進めました
良く分からないラインがあったりしますので、パテもそんなに深追いせずに、とりあえず一度サフを入れました

DSC_1452.jpg
そして、バンパー類も同時に進めていきますが、問題がこの社外のアンダースポイラーで、これがまた、かなり粗悪でして・・

薄くて全く強度が無いので、ちょっと動かすと『メキッ』って割れる音がしますし、そんな感じなので、パテ入れて研ぐだけでもぐらぐらして大変作業し難いです
今回、完全に割れてしまうくらいの損傷ですので、波及してあちこち割れてるし。。
とりあえず頑張ります。。

そして・・
DSC_1447.jpg DSC_1450.jpg DSC_1451.jpg DSC_1448.jpg
当初、取り掛かるのがもう少し遅くなる予定だったこちらのイージーですが、部品待ち等の空き時間が出来たのと、その他スケジュールの都合により、先に進める事にしまして、今日、中研ぎ&レッドキャンディー染め&最終クリアーを入れました
同じパーツがありますが、同じLSに乗られてる方でまとめてのご依頼です
結果、まとめた事により10万円を超えてますので、△18,900円の値引きサービスが適用となります
こんな感じで、まとめてのご依頼は大変お得ですので、お知り合いの方などと是非一緒にご検討下さい

こちらのLSのイージーは一部レタリングの作業が入りますので、来週半ばには完成の予定です




肌。

今日はちょっと寒いですね~
寒暖の差が激しいので体調管理をしっかりしていきたいです

DSC_1442.jpg
16アリストのリア周りの損傷です
画像で見るより、結構潰れたり膨らんでたりしてますが、鉄板が固いので、板金も比較的楽にいけそうです・・っていっても角が潰れたりしてるので、板金は板金屋さんにお願いしますが・・
何か、有るか無いか分からないような微妙なラインがあったりするので、ちょっと嫌ですね。。


余談ですが、一般の方からすると、板金も塗装も一緒だと思いますが、一応、板金屋・塗装屋と区分けがあったりします
といっても、大きな工場で無い限り、両方やってる方も沢山いますが、大きな工場だと、それぞれちゃんと分担されています。
ただ、板金屋さんと塗装屋さんは仲が悪い事も結構あるみたいですね
その工場によりますが、塗装屋はポリパテから上だったりサフェーサーから上だったりする訳ですが、その前の工程の板金の出来が悪いと『もうちょっとちゃんと仕上げてくれよ!』となり、逆に板金屋からすると、『仕上げは塗装屋の仕事だろ?文句いうなよ!』となる訳ですね

うちの場合、僕はちょっとした軽板金からしてますが、修正機に乗せたり、切替えだったり、複雑なパネル板金は近所の板金屋さんにお願いしてます・・すぐ近所に2種類のフレーム修正機を置いて板金専門で一人でやってる工場があってそちらにお願いしてます

ちょっと話が逸れましたが、このアリスト、ちょっと困った事がりまして・・

DSC_1444.jpg DSC_1443.jpg
オールペンされてるのですが、全面磨き倒されてまして、全く肌がありません
もちろん、僕も毎回完璧ではありませんので、時に多少微修正程度に軽く肌調整する事はありますが、やっても一部分だったり、バフレックスのブラック(業界の人しか分からないかもしれませんが、#3000番相当のフィルム状のペーパーです)程度です。
まあこのクルマはオールペンですので、元の肌に合わせる必要もありませんので、こんな感じで磨き倒されてると思いますが、塗装屋的には??といった感じです。

まあこれは好みの問題もありますので、これが絶対・・とはいいませんが、たまにクラシックかーのような価値があるクルマとかで、それが磨き倒されて全く肌が無かったりするとちょっと残念な気持ちになります。。
塗装やってる人間だと、磨いて造られて肌は一発で分かりますので・・。

磨きを全否定するつもりはありません。いわゆるスーパーカーと呼ばれるクルマで最後全部磨いて肌調整してるクルマもありますし・・ただ、余りに全く肌が無いのも・・といった感じですね

DSC_1441.jpg
その他、久々にFRPの作業をしました

少しづつ夏向けのセッティング。

3月半ばから色々とご依頼が集中してまして、ちょっと忙しくなってます
・・blogの方もなかなかアップ出来ず、いつも見ていただいてる方には申し訳ありません

今日はスムーズにいけましたので久々にちょっと余裕があります・・のでアップします

DSC_1438.jpg DSC_1439.jpg
週半ばに祝日が入って、木曜の夕方に板金屋さんからクォーターの切り替えが終わり帰ってきました
そして昨日までにカット部分の面出し、サフェーサー、ドア内の塗装まで終わらせて、今朝から調色そして塗装しました

デュポンのファンデック(色のカード)は4枚出てきたのですが、残念ながら現車の赤みが抜けてるのか、カードはどれも色味が濃くて現車は黄色っぽい感じです。
通常、極力、調色のデータに使ってある原色内で合わせるようにしているのですが・・(専門的な話になりますが、一応、塗料メーカーがデータで出している原色は、色んな条件下での色味の変化が起きにくいように考えてあるらしいです。専門用語ではメタメリズムとか条件等色とかいうのですが、これはまた改めて書きます
ただ、今回はどうしても使ってある原色では黄色味が出ないので、ちょっと他の青も使いました(青で黄色?って思うかもしれませんが、青も色んな青が合って、赤が効く青もあれば黄色っぽい青もあります・・確かセンタリの青は5~6種類あったと思います。)

そして塗装ですが、フロントドアまで線傷があり、オーナーさんからのご希望で、そちらの線傷もとの事でしたので、フロントフェンダーまでぼかして塗りました

ちなみに、今日は気温が高くなりそうだったので、シンナーも標準と遅乾を50:50で割って塗りました
初めは『ちょっと遅くしてしまったかな?』って思いましたが、全然ちょうど良かったです。
ただ、クリアーの硬化剤は遅めにした方が良かったかな?って感じです。
・・メインで使ってるクリアーの硬化剤は早いのと遅いのが2種類しか無いのですが、これくらいの時期に悩みますね
今の段階で遅めの硬化剤を使うと、夏に余裕がありませんし、かといって早いタイプだと、今日くらいの気温の時にちょっと・・となってしまいます。・・特に今メインで使ってるクリアーはシンナー希釈が無いタイプなので・・。
G2のクリアーみたいに硬化剤が3種類あるといいんですけどね~


さて、来週で3月も終わりですね。来週も忙しいですが頑張っていきます



接着剤で。

久々の更新です
ちょっと気を緩めると、すぐ更新が滞ってしまいますね

今日は部品待ちや板金屋さん待ちだったりで比較的のんびりなので、こういう時くらいは更新しないと・・です

DSC_1429.jpg
トヨタのヴィッツです
リアクォーター交換なのですが・・裏側に手を入れてみると・・

DSC_1430.jpg
インナーとアウターパネルが剥がれてしまってますね
どうも接着剤で付いてるみたいです。

最近、こういう感じでスポットと接着剤が併用してあるのが増えてきました。
日常剥がれる事はありませんし、コスト的にもいいんでしょうけど・・どうなんでしょうね。。
修理するのも気を付けておかないと、普通に表から凹みを直そうと引っ張ると剥がれてしまいます

その他・・

DSC_1431.jpg DSC_1432.jpg
キャリパーの塗装をしたり・・
(最近、たまたまだと思いますが、白に塗る事が多いですね汚れが心配になりますが、クリアーをしっかり入れてるので、余程こびりつかせない限り簡単に落ちると思います

その他、板金塗装の下地をしたり・・

DSC_1433.jpg
知合いが買ったスーパーセブンの陸送の引き受けをしたり・・の1日でした
ちなみに、このスーパーセブン、ちょっと乗ってみましたが、ブレーキのマスターバックが無いので、恐ろしくブレーキが効かず、ある意味強烈に怖かったです
ただ、オープンでキャブの音を聞きながら走るのはやっぱり気持ちよかったです

DSC_1434.jpg
そして、販売店さんが磨きのテスト用のパネルを作ってました
ソリ黒ですが、クリアーは3800Sです。
完全硬化すると強烈に固いので、磨きにおけるオーロラの除去のテストなどにはもってこいですね

さて、3月も折り返しに入り、かなり仕事が詰まってきました。
既に3月はご予約ぶんでいっぱいいっぱいな感じですし、4月も色々と作業の予定が入ってきています。
暖かくなってきて、動きやすくなってきましたし頑張っていきます



暖かい1日でした♪

今日は天気も良く、暖かい1日でしたね
ブース内の温度も15~20度くらいと、かなり塗りやすい温度になってきました

DSC_1421.jpg
ファンカーゴです
フロントドアの板金塗装なのですが、真中の損傷以外にキーシリンダー辺りも変形していたり、その他ガラスの下も凹みがあったりで、これを全部板金してると大変なので、程度が良い中古ドアへ交換です
・・金額もそうですが、この辺りのクルマはとにかく鉄板が薄くて、パット見板金が簡単そうに見えても、実際に板金し出すと大変な事になったりするので、損傷具合によっては交換がベストだったりします

そして交換しようと内張りを・・

DSC_1420.jpg
ビスが完全に錆びてプラスの形が無くなってます。。

ドリルも奥まってて入りにくいし、たったこれだけですがちょっと苦労しました

その他・・

DSC_1418.jpg DSC_1419.jpg

先日、カラーベース&捨てクリアーまで終わらせていたキャリパーもロゴ&最終クリアー入れました

日ごろ、ラジアルマウントのキャリパーばかりなので、塗るのにちょっと違和感がありましたが、無事塗り上がってます

DSC_1422.jpg
ちなみに、余談ですが、キャリパーはこんなクリアーで塗ってます
短時間というのがどれくらいかは分かりませんが、ブレーキ液に対しても耐性を示す・・となってます


今日はその他、見積もりしたり、イージーの仕上げ&発送をしたり接客したりの1日でした


今日のrefatih

今日は風が冷たくて寒かったですね
今日はちょっと遅くなって、さっき帰ってきたのですが、寒くて体がすっかり冷え切ってます

さて、今日は・・

DSC_1407.jpg DSC_1408.jpg
33GT-Rのキャリパーを塗装でのご依頼で、エポキシを入れました
本当は、とっくに色まで入ってる予定ですが、元の状態が余り良くなく、オーナーさんにはブラストのお話もしたのですが、多少の粗は・・との事で、とりあえずブラストはせずに何とか出来る範囲で・・とやってましたが、結局、合間合間ですが、下処理だけでかなり時間がかかってしまい、且つ、かなり金属の地が出てしまったので、エポキシを入れました
ただ、裏面はある程度にしています。裏まで徹底的にするととても終わりませんので
とりあえずメインの表に関しては、深い凹み等は多少残ってますが、とりあえず形になりました・・深い凹みとかは過去にホイール等や工具がぶつかったあとですが、さすがにこれをパテで全て拾って・・という訳にはいきませんので・・。ただ、それでも浅い部分に関してはエポキシも入れてますし、かなり状態は良くなったと思います

そして・・
DSC_1415.jpg DSC_1416.jpg
E65のバッテリーを交換しました
適合を調べてみるとE65の前期は従来の液式となっており、AGMバッテリー指定ではありませんでしたが、今回はVARTAの高級AGMバッテリーに交換ですちなみに、AGM指定のクルマに液式を入れるとかなりバッテリーが上がりやすくなるらしいです。。
バッテリーも特価にてご案内していますのでお気軽にお問い合わせ下さい

続いて・・
DSC_1414.jpg DSC_1413.jpg DSC_1412.jpg
W220で左ヘッドライトのハイビーム・ウインカー・ポジションが点きません
片方のヘッドライトがこれだけ一気に切れる事はありません。

なかなか原因が掴めず、時間がかかりましたが、結果
DSC_1417.jpg
アースが上手く取れてなくて、それで不点灯になってました。
外してみて分かりましたが、かなりやっつけ的に配線されていて、これでは・・という感じでした
ただ、アースを引き直すのも、バンパーを外して、ヘッドライトをずらしてやっとといった感じでこれもまた面倒でした~

その他・・

DSC_1411.jpg DSC_1409.jpg
イージーのクリアーを入れたり、接客したり・・の1日でした

今週もあっという間の1週間でした



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。