プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念ながら・・。

今日は寒かったですね~
工場の中の温度計は最高で4度ちょっとしか上がりませんでした風が強かったので体感はかなり厳しかったです


さて、週末ですね。今週は何かと忙しくて、気が付いたらあっという間に週末という感じです


DSC_1292_R.jpg
アウディーTTのカブリオレです
イージーでご入庫いただいたのですが、もし安価に凹みが直れば・・との事で、デントリペアにてご提案差し上げたのですが、残念ながら、ツールがアクセス出来ませんでした
2ドアでしかもカブリオレなので、特に厳しいみたいですね


DSC_1293_R.jpg
イージーの方は順調に進んでおります

バックオーダーかけていた部品も届きましたし、来週も忙しくなりそうです



スポンサーサイト

ちょっと一手間。

今日は暖かいですね
ただ、だらだらと雨が降り続いてます

さて、先日のカーボンスポイラーですが、地道に進んでおります

というのも、1度目のクリアーの後、熱を入れますが、FRP製品は製造時の不具合が熱を入れる事によって表面に出てきてしまう場合があります。
中から湧くというか、膨れるといった感じですね。。
きちんとしてる製品ならそんな事もないのですが、酷いのになるとこれが全面に出てしまって、全てパテで拾って・・となってしまいます

普通の製品ならパテで拾えますが、カーボン柄を消せないので、中から膨れたら1発アウトです。なので、遠目から低温でゆっくりゆっくり焼いていました。

そして、うちでカーボン製品で最低2回クリアーを入れる理由ですが、一つは前にも書いたとおり、耐候性をより上げる為と、もう一つは・・

DSC_1273_R.jpg
画像はクリアーを筆さしした所ですが、樹脂製品の場合、見えにくいピンホールがあったりします。これが厄介で、クリアーを入れると表面張力もあって、目立つんですよね。。
なので、画像のようにクリアーをタッチアップして・・

DSC_1274_R.jpg
完全乾燥したら表面を削り飛ばしてしまいます。

今回はそうでもありませんでしたが、酷いのになるとこれが相当な数になってしまって、その場合、筆さしでは追いつかないので、この後2回3回とクリアーを入れる事もあったりします。。

DSC_1288_R.jpg
今回、表面のピンホールはそれ程酷くありませんでしたが、上と下の繋ぎ部分のバリやクラックがちょっと酷かったですね。まあ、ここは車両に着いてしまえばそう目立つ部分ではありませんが、ここも、地道にクリアーを筆さしして出来る限り埋めました・・ただ、ここは深かったりで、完全には埋め切れてませんが・・。

そして、全体を#1500で研いだ後、最終クリアーを入れますが、こんな感じで、バリやエアーを噛んだ部分が白くなってます。これは樹脂の中なので仕方がないのですが、出来る限りという事で、

DSC_1289_R.jpg
黒をタッチアップで入れて、誤魔化しました
画像だとツヤが無いので、タッチアップの部分が目立ちますが、クリアーが入ると目立たなくなります

まあ、こういった部分は、どうしても仕方ないので、初めから黒くぼかしてある商品も多いです。

DSC_1291_R.jpg DSC_1290_R.jpg
そして最終クリアーを入れた後です。
前も書きましたが、最終クリアーは耐候性及び、その他性能が高いクリアーを入れてますので、時間が経っても、カーボンが白く劣化する事は無いと思います

ちょっとした事ですが、こうやって一手間入れてあげるだけで、仕上がりが大分変わってきます

さて、後は乾燥させて、取り付けて完成です。オーナー様、もうしばらくお待ち下さい




帰れなくなりそうなので・・。

DSC_1270_R.jpg DSC_1271_R.jpg DSC_1272_R.jpg
予報では確かに雪となってましたが・・

想像以上に降ってて、ちょっと路面がヤバい感じです

このまま1時間もしたら帰れなくなりそうなので、今日は転送電話にして、早めに帰ります




今、家に帰って来て、ネット経由で会社の監視カメラの動画を見てますが、表の道も車が走ってるにも関わらず白いですし、みんなやたらゆっくり走ってるようです。。明日の朝、無事に会社に行けるか不安です


完全防備で

DSC_1249_R.jpg
ホンダのS2000です
軽量FRスポーツで残念ながら生産終了してしまいましたが、乗ると本当に楽しいクルマです

今回、バンパースポイラーのカーボンタイプへの変更に伴い、耐候性を上げる為、クリアー処理でご依頼いただきました

DSC_1254_R.jpg
バンパー及び、下の付属スポイラーはJ’Sレーシングというメーカーで、今回、下のスポイラーを同じメーカーのカーボンタイプへ変更します

DSC_1255_R.jpg
画像では判りにくいですが、こちらがカーボンタイプです

DSC_1256_R.jpg
まずは合わせてみますが、とりあえず同じメーカーという事もあり、一応合ってます

DSC_1257_R.jpg
ただ、取り付けは十数本のボルトナットで取り付けるようになってますが、こちらはピッタリ・・とはいかず、穴の加工が必要でした

DSC_1258_R.jpg
お互いFRP同士(カーボンもウェットカーボンですので・・)という事もあり、多少の歪みがあり完璧にピッタリとはいきませんね。。
まあこれは製法上仕方ない事ですし、クレームも効かないと思いますので、極力、取り付け方で調整していく事とします。

DSC_1263_R.jpg
ただ、これも仕方無いんでしょうけど、上と下の合わせ面のバリ・巣穴・クラックがどうしても出てしまってます
通常のエアロでも当然これはあるのですが、通常はパテにて綺麗に整形します。ただ、これはカーボン目を残さないといけないので、そうもいきません。。完璧には出来ませんが、これからの工程で出来る限り処理する予定です

とりあえず↑ここまでは、先日終わってまして、本日塗装の工程に進みました。

今回、より耐候性を上げる為と、その他都合により2回クリアーを入れる訳ですが、塗る為の固定方法でかなり悩みました

というのも、裏表あるのですが、あらゆる塗装のスタンド等、フルで使っても、どうしても上手くセッティング出来ません。。

何とかなっても、万が一落としたりしたらそれこそ大変です。通常のFRPであれば割れても普通にFRPで補修&修正出来ますが、カーボンですので割れたりしたらアウトですし・・。

DSC_1264_R.jpg
無い頭で色々考えた結果、こうなりました
天井からPPバンドで吊るして、そして、バンドが塗面に当たらないように角度を付ける為、下から更にPPバンドで引っ張って、そして少しでもエアーでフラフラしないように棒で突っ張りました
PPバンドを使ったので左右の長さ調整も超簡単です

DSC_1267_R.jpg
かなり塗りにくいですが、裏ももちろんしっかり塗ります。

DSC_1266_R.jpg
とりあえず、1回目のクリアーは膜厚がついて且つ乾燥が早いタイプのクリアーを入れました
このクリアーも耐候性等優れたクリアーですが、2回目は更に高品質なクリアーを入れます

この後、乾燥させて、再度最終クリアーと進んでいきますが、べた置きも出来ないし、持つところもありませんので今日はブースに入れっぱなしとなります

しかし、目の部分と顔の一部以外、ほぼ完全防備で臨みましたが、やはり下から天井に向けて塗ると、ブースのエアーは上から強制的に下に流れてますので、もろにクリアーのミストを顔に被ってしまいますね

早く帰って風呂に入りたいです


だんだんと・・

先日、ボンネットの下地まで終わらせていたモコですが、中古の程度がいいバンパーがなかなか見つからず、そのまま作業中断してました。
ようやく、昨日、そこそこの程度のバンパーが届いたので、早速続きを進めていきます

DSC_1252_R.jpg
ポール穴があったので、裏から塞いで、その他擦り傷や凹みを修正して・・サフ入れて・・

DSC_1248_R.jpg
さあ本塗り・・となるのですが、研いでる途中に巣穴を見つけていたので、本塗り前に、巣穴拾いのパテで巣穴を拾って・・とここで、

巣穴が見えません

巣穴が見つからないというより、近くが見えない感じです。。

少し離れれば見えます

何となく、最近近くが見えにくいな~とは思ってましたが、昨日は、明らかにそう感じました

こうやって、だんだんと老化を感じていくんでしょうね~


塗装の方は、


DSC_1250_R.jpg DSC_1251_R.jpg
昨日は祝日で、気分的にのんびりだったので、3コートパールという事もあり、1コート毎にゆっくり時間を置いて、途中、ハンディーヒーターで溶剤を抜きながら塗りました

今日、しっかり焼きましたが、しつこく溶剤を抜きながら塗ったので、カラーベースとパールで計6コート塗った割にはツヤ引けがかなり少なく、いい感じに仕上がりました

DSC_1253_R.jpg
そして、ついでにヘッドライトもガビガビだったのでクリアーを入れました
綺麗にはなりましたが、その分、ヘッドライトの中の汚れとかが目立つようになってしまいました


さて、気がつけば、1月ももう折り返しですね
1月は稼働日数が少ないので頑張らないとですね


恒例行事。

今朝は冷えました~
朝一番、工場の中の温度計は氷点下1.5度でした
寒いのも後2ヵ月くらいですかね~。


さて、昨日はお休みをいただいたのですが、

まずは

DSC_1237_R.jpg
免許の更新に行ってきました
10月にキップ切られたのですが、それが無ければゴールドだったのが悔やまれます
まあ、また5年間頑張ります

そしてその後、毎年恒例の

DSC_1238_R.jpg
十日恵比須へ行ってきました
今年は早い時間に行ったにも関わらず、かなり人が多かったです

DSC_1239_R.jpg
そして、福引は “ますます商売繁盛”という事で升が当たりました一応大当たりのようです

DSC_1240_R.jpg
そして祈願章も書いてもらい、昨日は、拝殿にて、お祓いもしてもらいました

毎年恒例ですが、これで今年も1年がスタートといった感じです


今日は・・

午前中、車検と登録に行って、午後帰って来てから、

DSC_1245_R.jpg DSC_1246_R.jpg
先日、1回目のクリアーまで終わってたイージーの黒キャンディー染め&最終クリアーをしたり・・

DSC_1244_R.jpg
R129のハイマウントストップランプのスモーク塗装なんかをしたりしてました。
ハイマウントはプラスチックの劣化によるクラックが酷くて、プラスチックプライマーを入れた段階で、かなりヤバい感じだったのですが、その後の工程はドライ気味で時間をかけながら行ったら、何とかなりました
ただ、画像は塗りたてですが、乾燥するとドライで塗ってますので、恐らく結構ツヤ引けすると思います。
なのでまた何かのついでで最終のクリアーを入れます
クラックももちろん、素材自体のクラックですので消えはしませんが、クリアーコート(スモーク塗装)する事により、目立ちにくくはなりますし、プラスチックの劣化もかなり防げると思います

さて、残り、下地作業でも頑張りましょう


明日(10日)は誠に勝手ながらお休みとさせていただきます。

正月が明け、仕事初めからもう3日目です
さすがに休みモードも抜けて仕事モードになってます。ただ、例年そうですが、明けてすぐは比較的のんびりしてます今年ものんびりした感じですが、色々入庫のご予約もいただいてますし、昨日、軽自動車ですが、クルマが売れたり、今日もちょっと高額なパーツのオーダーをいただいたり・・と幸先がいいスタートです
このまま、ず~といきたいです



さて、今日は・・・

DSC_1221_R.jpg DSC_1236_R.jpg
中古のボンネットを取り寄せたのですが、飛び石による錆があった為、錆処理をして、1枚サフを入れたり・・中古の色違いボンネットなのですが、これ位の大きさなら研ぐのもそんなに苦じゃないですし、上面はどうしても塗膜が劣化しているので、次に塗る色の隠ぺいとかもろもろ考えると1枚全部サフ入れた方が結果絶対いいです

DSC_1235_R.jpg
下準備まで終わってたイージーの転写&1回目のクリアーを入れたり・・

銀行その他業者さんのところを回ったり・・そして、

DSC_1229_R.jpg
知り合いのクルマ屋さんが昨年からずっと造ってたR129がとりあえず出来あがったとの事で、見せに来てくれました
ファイナルの600ですが、極上車を探してきて、外装はオールペンされたそうです

DSC_1230_R.jpg
うちではテールレンズをスモークにさせてもらったりしました
ボディー色がソリ黒とは聞いていて、スモークはどれくらいの濃度にしようか悩んだのですが、喜んでいただけて良かったです・・ハイマウントは忘れてまして、追加でオーダーいただきました。
ちなみに、マフラーも純正は左の片側出しですが、ワンオフで左右出しになってます
MAEのホイールもフルレストアされてました

そして内装は・・

DSC_1233_R.jpg DSC_1234_R.jpg DSC_1231_R_20130109173104.jpg
イージーをさせていただいたのですが、もちろん純正には無い柄&色で、凄く新鮮でいい感じでした
この年代のウッドというと大体、茶色のオーソドックスな感じか、もしくはチェスナットなのですが、最近の新し目な白っぽいウッドになり、カッコよかったです・・間違いなく、このウッドのR129はまず居ないでしょうね~

DSC_1232_R.jpg
おまけに、エクスクルーシヴ仕様なので、ダッシュボードからドアのトリム、シート、バイザーに至るまで、全てレザーのステッチ入りなので、かなり豪華でした
画像はありませんが、天井のライニングもアルカンターラっぽい生地で張替られてました・・自分で生地を買ってきて張替たそうです。

しかしこうやってステッチ入りの内装を見ると、僕の500も、いつかナッパーレザーにステッチを入れて全部張替たいですね~

その前に、僕の500も天井のライニングが垂れて来てるので、まずはそれを張替ないといけませんね
H社長、今度張替の方法詳しく教えて下さい


最後になりましたが、明日(10日)所用の為、誠に勝手ながらお休みとさせていただきます。
ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承下さい。


今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

Refaithは今日から今年の営業がスタートとなります

今朝ですが、中途半端な雪で500が強烈に汚れて、余りにも耐えかねる状態だったので、仕事始めという事もあり、体を慣らす意味で、朝一ちょっと早めに洗車してたところ・・ちょっと腰を痛めてしまいました~
まじめに仕事しろ!という事ですね

DSC_1219_R.jpg
とりあえず何とかピカピカになりました

その他、

DSC_1218_R.jpg DSC_1217_R.jpg
年末に水洗いしていたブースにコート剤を塗ったり・・中古部品を探して手配したり・・見積もりしたり・・接客したり・・の1日でした

さて、年始早々、腰がちょっと曲がってますが、全開で頑張っていきます 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。