プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のrefaith。

DSC_0597_R.jpg DSC_0598_R.jpg
先日、色&クリアーまで終わらせていたキャリパーのポルシェロゴを貼って・・

DSC_0601_R.jpg DSC_0602_R.jpg DSC_0600_R.jpg
最終クリアーまで塗り上げました
リアはそうでもないですが、フロントはこの大きさだとさすがに塗りにくいです

アルミのキャリパーで、焼いても温度が上がりにくいですので、あと数日かけてゆっくり焼いていきます

DSC_0599_R.jpg
こちらはエアコン噴き出し口のロゴをレタリングで入れて、キャリパーと一緒に最終クリアーを入れました
通常は2度目のクリアーの時にロゴを入れて完成・・となるのですが、今回、キャンディー仕様ですので、その状態でロゴが入ってると、ロゴにキャンディーの色が入ってしまいますので、別途塗りました

DSC_0604_R.jpg
その他、プリウスのイージーを発送したり・・

DSC_0603_R.jpg DSC_0607_R.jpg DSC_0606_R.jpg
ドアノブの組み付けしたり・・
(画像だと分かりにくいですが、インナーハンドルの内側はより純正っぽくする為、ツヤ消し黒仕上げにしてます)

DSC_0605_R.jpg
そしてこちらもメーターのカバーですが、枠部分を残し、中はツヤ消し黒仕上げです・・これをしないと、メーターの反射がまぶしくて、大変疲れます・・純正もだいたいこうなってますね

その他、下地をしたり・・いろんな問い合わせの返答をしたり・・と今日もあっという間の1日でした
・・って、まだ今日の仕事終わってないですけど・・



スポンサーサイト

割れは元から。

1日雨が降ってますが、時折、かなり激しく降ってます

DSC_0586_R.jpg
R129の内装パーツですが、イージーでご依頼いただきました
画像のようにマスキングテープを貼ってますが、左右同じ位置に貼ってますね。
これ、ウッドの繋ぎ目なんです

DSC_0588_R.jpg
これがアップの画像です。繋ぎ目がありますね。ただの繋ぎ目ならいいのですが、木が伸縮しますので、その部分は上の透明な樹脂が凹んでます
当然、このまま上から施工してもこの跡は消えません。。

DSC_0589_R.jpg
という事で、全箇所、下まで削って補修します
下まで削ると、繋ぎ目がハッキリ分かりますね
厳密に言うと、ここまで削っても、下が繋がって無い訳ですから今後完全に繋ぎ目が出ないか・・と言われれば100%大丈夫です・・とは言えませんが、そのまま塗るより比にならないくらいマシです

DSC_0587_R.jpg
ちょっと解り難いですが、こちらは繋ぎ目じゃなくて割れですね。リアルウッドの宿命です。。
リアルウッドの場合、こうやって割れるのは下のウッドですので、この上にイージーグラフィックスを施工しますが、下のウッドがどこか割れると、当然上まで割れてしまいます。。もちろんそれは免責ですが、僕が思うに、紫外線とかがウッドに当たらなくなるので、ウッドも割れにくくなるのでは・・と思ってます・・まああくまでも僕の勝手な想像ですが・・


その他・・

DSC_0590_R.jpg DSC_0591_R.jpg DSC_0592_R.jpg 
DSC_0594_R.jpg DSC_0595_R.jpg
先日、転写&1回目のクリアーまで終わってたイージーの乾燥&中研ぎ&キャンディー&最終クリアーをしました

しかし、イージーのキャンディー仕様はホント、神経使います
というのも、キャンディー仕様の場合、濃度調整もそうですが、クリアーがフチにちょっと厚くのってしまったらアウトですし、流したらもちろんアウトです
普通の透明なクリアーなら、流した部分を研ぐなり出来ますが、キャンディーの場合、流した部分を研ぐと、当然、その部分はキャンディーが無くなってしまいますよね。。
(もちろん、一番上は透明なクリアーを入れますが、流した場合、まず下のキャンディー層まで研ぎ出してしまします)
その流してキャンディーが無くなった部分にだけ器用にまたキャンディーを入れるなんて当然出来ませんし、出来たとしても、全体的に濃くするしかありません。。
なので、ワンミス命取りな作業なんですよね
また、磨けるパーツであれば流さないようにちょっとバサバサで塗っても後から修正が効きますが、イージーの場合、当然後からの肌調整なんて場所によっては不可能ですので、完全に塗りでテロテロにしないといけません。。
そうなるともちろん流しやすくなる訳でして・・。
じゃあ、最悪、また研いで下色塗って、フィルムを転写して・・という事も出来ますが、パーツによっては膜厚が付きすぎると、使い物にならない物もあります。もちろん、相手がプラスチックですので剥離剤は使えませんし・・そうなるとこのキャンディーで失敗しただけでもパーツが使い物にならなくなる可能性もある訳です

という事でかなり神経を使います。。ただ、今回もそうですが、神経を使った分、上手くいった時はホント何とも言えない安心感と達成感が味わえて、『塗装してて良かったな~』なんて思えたりします


ちょっと話が逸れましたが、こちらのLSのパーツ類ですが、この後、追加の作業がありますので、引き続き作業していきます。

さて、大変有難い事ですが、ちょっとご依頼がかなり集中しております。ちょっと僕一人で同時進行出来ないくらいになっておりますので、1部のお客様にはお待ちいただいております。大変ご迷惑をおかけしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。


過去の失敗で学んだ事。

今日は暑い1日でした
色々作業しましたが、まだ6月なのに汗だくになりました

DSC_0584.jpg
スマートの交換するフェンダー(新品)が届いたので下処理をしています
ちなみに下処理といってもIRTで少し遠目から焼いています。
以前、このblogでも書きましたが、このスマートのフェンダーでは、過去、知識が無いばかりに痛い思いをしてます。。

その時はフロントパネルの新品交換だったのですが、普通にサフ打って、塗装しました。
そして組み付け後、翌日・・何か1部分がうっすらピンクに変色しています
(余程、凝視しないと分からないレベルですが・・)

『なんだろ??』と思いながらとりあえずもう一回上から塗装しました。
そして乾燥・・『うん。今度はOKだ』となったのですが、また翌日・・変色しています

さすがにこれはおかしい(ホントは1回目の段階でおかしいんですけど・・)という事で販売店さんに聞いた所、離型剤が悪さしてると思います・・との事。。
PC/PBTという材質なのですが、どうも型から抜く時の離型剤が問題のようです。。

そして今回も新品パーツです。販売店さんに聞くと、とりあえず軽く焼くのが良いとの事です。
という事でこうやって焼いていますまた、シリコンオフも厳禁で水洗いか、もしくは水性用のシリコンオフを使わなとダメだそうです。
今回は、通常のサフの代わりに、より安全・・という事でエポキシのサフを打ちます
ちょっと贅沢な下地ですが、これで完璧でしょう

さて、その他今日は・・

DSC_0582.jpg
イージーの下色を焼いたり・・

DSC_0583.jpg
下処理まで終わってたアテンザのポリマーの仕上げをしたり・・

DSC_0581.jpg FB_IMG_13403534024884319.jpg
昨日、洗浄まで済ませてたポルシェのキャリパーのマスキングをしたり・・してました

DSC_0585.jpg
純正は結構テキトーで、画像の通りダストシールも色が掛かってたりしますが、だからといって適当・・にはしません。ちゃんとマスキングします。
今回、フロント6ポット、リア4ポットの計20個のピストンですので、このマスキングでもかなり時間が掛かります。。ひたすら地道な作業ですが、こういった作業もそんなに嫌いではありません

しかし、このフロントキャリパー・・いつみてもビックリするくらい大きいです

さて、明日からも大忙しな感じですが、ちょっと天気が悪くなりそうです。。予定を色々変更しないといけないかな~


大宰府に行かれた際は。

昨日とは一転、今日は1日雨みたいですね
ただ、気温が高く無いので、それ程不快ではないです


DSC_0577_R.jpg
さて、昨日の定休日、なかなか行き出せなかったんですけど、同級生がやってる定食屋さんへ行ってきました
場所は、一言で説明出来ますが、大宰府駅の真横(改札出て徒歩10歩?くらい)です

基本、定食屋さんですが、喫茶メニューもあります

もしお近くに行かれた際は是非行かれてみて下さい

めし屋 次元 
092-924-5188
定休日:月曜日

さて、定休日明けですが、

DSC_0571_R.jpg
スマートのフェンダー交換・・

DSC_0578_R.jpg
ポルシェのキャリパー塗装・・

DSC_0579_R.jpg
アテンザのポリマー施工・・

色んなイージーの施工・・

その他もろもろ・・といった感じで、色んな作業が重なってます

事前に予約いただいた分から随時やってますが、毎日、色々お問い合わせ&入庫をいただいてます

ただ、何分、一人でやってますので、こんな感じで色んな作業が重なったり、昼間の接客が入るとどうしてもなかなか思うように作業が進まないので、今現在、1部のお客様にはお待ちいただいております。
大変ご迷惑をおかけしますが、随時進めておりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、今月残り10日、気合入れて頑張っていきます


破壊覚悟だと・・。

今日も時折激しく雨が降ってます
今年はこの時期にしては珍しく台風も来ており、ちょっと心配ですね

DSC_0480_R_20120619092540.jpg DSC_0506_R.jpg
先日のblogでも書きましたが、こちらのレクサスLSのイージーグラフィックスのオーナーさんから追加のオーダーを頂きました
こちらのオーナーさんは今乗られてるLSの前のクルマの時にもご依頼いただいておりすが、こうしてリピートでご依頼いただけるのは作業させていただく人間として、大変嬉しく有り難い事です

DSC_0560_R.jpg
そして今回はお知り合いの方も一緒にご依頼いただきました。
金額に応じて値引きのサービスをしていますが、こうやってお知り合いの方とかとまとめてご依頼いただければ、1回の施工として計算しますので、金額によっては結構な値引きのサービスとなります
イージーグラフィックスのみのサービスになりますが、他の色・柄でも可能ですので、是非お知り合いの方とかで『したいな~』って方がおられたら一緒にご依頼いただくとかなりお得です

さて、タイトルの件ですが・・

DSC_0559_R.jpg DSC_0558_R.jpg

このドアのインナーハンドルもご依頼いただいています
ただ、ノブの部分が邪魔で、これをどうにかしないと施工は難しいです場合によっては裏から何かを挟んで、常に浮かせた状態にしたりもしますが、それも厳しいです。。という事で分解をしないといけないのですが、ツメがかなり割れそうで、一度お客様にはお断りをさせていただきました。
すると、オーナーさんから『割れてもいいので、出来れば分解して下さい』とご了承をいただきまして、分解を試みてみました

DSC_0561_R.jpg
不思議と割れてもいい・・となると簡単に分解出来るものです。はじめ、オーナーさんにご了承いただく前、ちょっと分解を試みたのですが、もう割れそうで割れそうで大変危険な感じでした。。ただ、割れてもいい・・となり作業すると意外と大丈夫だったりします

DSC_0562_R.jpg
そして中のバネを外しますが、ここはちょっと悩んでしまいましたが、これも壊れてもいい・・というのがあるので思い切り作業出来、無事分解出来ました

DSC_0563_R.jpg
そして、分解完了ですこれで安心して施工出来ます

DSC_0564_R.jpg
分解後はそれぞれに合番を入れて元通りの部品へ組み付け出来るようにしておきます

DSC_0570_R.jpg
その他の部品も分解しましたが、最近のクルマはスイッチ一つでもなかなか分解は大変です

さて、今日も通常の塗装、イージーと色々忙しいですが頑張っていきます


勉強になりました。

昨日はこちらのblogでご案内していた通り、デュポンの講習会があり、お休みをいただいて参加してきました

DSC_0551_R.jpg DSC_0552_R.jpg
今回の講習は、色についてかなり深い内容でして、今まで『理屈は解らないけど、こうなる・・』という事もきちんとデーターとして捉える事も出来、大変勉強になりました

また、調色の進め方についても新たな発見もあり、そういった意味で大変有意義な講習会でした

僕個人的な考えですが、今の自分のやり方が完璧とは思ってません。なので、『いいかも・・』や『なるほど』と思った事についてはどんどん試していきたいと思ってます。
ただ、悲しいかな、一人で日常やってると、他がみえませんので、どうしても偏った考え方になりがちです。
これが一番怖い・・と思ってます。
なので、少しでも他を知る為に、毎日色んな同業者さんのblogを見たりしています。
例えばマスキングの方法一つにしても『あ~こんなやり方もあるんだ・・』という事もあります。
今回の講習も『なるほど・・』という事が沢山ありました。

今後も、こういった講習がある際は積極的に参加していきたいですね

さて、今月、後半に向けてかなり忙しくなってきました
気合入れて頑張っていきます


17日(日)はお休みさせていただきます。

久々の更新ですね
ちょっと更新しないとついつい続いてしまいます

さて、このところですが・・

DSC_0548_R.jpg
相変わらずず~とイージーが続いてまして、毎日イージー漬けの日々でした
その他、一般修理や車検、車販の問い合わせをいただいてその対応をしたり・・といった感じです


さて、タイトルの件ですが、今度の17日(日)ですが、デュポンの講習会がありますので誠に勝手ですが、お休みとさせていただきます。
調色の講習らしいのですが、新たな発見が出来ればいいな~って思って楽しみにしてます

ご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

                      

                            

これで今後は安心です♪

今日は暑かったですね~
2リットルのペットボトルのお茶をほぼ全部飲んでしまいました~

さて、定休日明け一発目・・

FB_IMG_13390291502438679_R.jpg
R129の左リアフェンダーにタイヤがガスガス当たる為、フェンダー曲げ機にて曲げてました
固いので、腕がぷるぷるなりながらもあと一息・・というところでフェンダー曲げ機の要のボルトがガジッてしまいました。。
とりあえず終わらせたいので、近所の金物屋さんへ走りましたが、残念ながら在庫が無く、残りは延期になってしまいました

その他・・

DSC_0538_R.jpg DSC_0539_R.jpg
イージーでご依頼たいだいたパーツですが、例の如く、ラバー塗装(ソフトフィール塗装)されてます。。
何度かこのblogでも書いてますが、本当にこれが厄介でして、新しいうちは良いのですが、ちょっと傷が付いたりするとそこから剥がれたり、また溶けたようになってベタベタしたりします
という事でイージーのご依頼なのですが、このままですと溶剤でチジレてしまい出来ませんので、全て剥離します

特殊な溶剤で・・と出来れば楽なのですが、残念ながらそのような物は無く、地道にペーパー等で剥がしていきます。。
大体、この塗装がされているパーツはABS樹脂製が多いのですがABS樹脂はかなり溶剤に弱いので、シンナーを使ってという事は出来ません仮に使っても、ホント、軽く表面のゴムだけを弱くする程度にしておかないといけません。

DSC_0541_R.jpg
そして格闘すること数時間・・今回は3時間近く掛かりましたが。。
全て除去しました
ただ、不覚にも、昨日、ツメを切ったばかりでして、この作業で右手の人差し指と中指のツメが深爪になり過ぎてしまいました・・・塗装屋さんなら分かりますよね
まあそれはいいのですが、ガンを洗う時にシンナーがしみて鬼のように痛いです

DSC_0543_R.jpg
そしてプライマーを入れて、サフェーサーを入れました
ABS樹脂は溶剤には弱いですが、その代わり、密着性は良いのでその点いいですね

この後、熱入れて完全乾燥後、イージーの工程へ進んでいきます。これで今後、安心ですね

通常の作業と別途で剥離費用が掛かってしまいますが、ラバー塗装でお困りの方は是非ご相談下さい


燃費はいいんでしょうけど・・。

今日も昼間は暑かったですね~
昼過ぎに、お客さんのところへ、レンタカーの入れ替えで行ったのですが、レンタカーがインサイトでして、
最近流行りのアイドリングストップが付いてるのですが、信号待ちとかで止まる度にエンジンが止まって、エアコンの風量が自動で落ちて、ちょっとすると送風のみの生ぬるい風になるので余計暑く感じました
アイドリングストップも燃費の為にはいいんでしょうけど、渋滞中は頻繁にエンジンが掛かったり止まったりするのでちょっと忙しい感じですまあその代わり相当燃費はいいみたいですが・・。

さて、先日の水温高めのR129ですが・・

DSC_0531_R.jpg
プレッシャースイッチの不良により電動ファンが回らない事によるものでした
こちらはすぐ分かったのですが、その他にも色々見てると、問題ありそうなところが一杯です
まあもう16年経ってるので仕方ないですね

DSC_0530_R.jpg DSC_0533_R.jpg
しかし、16年経っても魅力的なクルマです・・やっぱ129はカッコイイな~

DSC_0532_R.jpg
その他、ピアノブラックの塗装も塗り上げました
画像には写ってませんがこの他に9点あります
ピアノブラック(ツヤ黒)は何と言っても高級感が一気に出ますね
一つ、難点を言えば、ホコリや指紋跡、傷が目立ちやすい事ですかね
内装は思いの他触ったりする事も多いのと、結構ホコリが溜まりやすかったりします。。

なので、神経質な方は『やっぱり、別の色に塗り替えて下さい・・』となる事も結構多かったりします。。

ただ、やっぱり高級感があるんですよね~通常の色で高級感ならピアノブラックが一番ではないでしょうか・・。

ちなみに、このピアノブラック、塗装となると相当気を使います。。下地も100%サフ入れますし、研ぎも最終、通常の塗装より高番手で仕上げます。
外板パネルやバンパーだったら肌があるので判らないのですが、内装のパネルだと、基本肌が無いテロテロに仕上げますので、下が#800とかだとかなり傷が見えてしまいます。。内装パネルという事で余計に近くで凝視するのもありますが。。

さて、もう一仕事頑張ろう・・と思ったけど、今日は色々疲れたし、日曜日なのでちょっと早めに閉めようかな



今日のrefaith

週末ですね
今週も相変わらずイージーばかりな感じでした
ちょっと大量に集中したので、今週は少し早出をしながらでした

そして今日は・・

DSC_0519_R.jpg DSC_0520_R.jpg DSC_0522_R.jpg

DSC_0523_R.jpg DSC_0524_R.jpg DSC_0526_R.jpg

先日1コート目までのクリアーが終わってたパーツを、柄飛び補修&最終のオーバーコートクリアーを入れました
さすがに量が多いので、午前中から研ぎ始めて、途中接客を挟みましたが、先程ようやくクリアーが入れ終わりました

この後、焼いて、ゴミを取って完成です

黄色のウッドの方のオーナーさんからは、その他のパネルでピアノブラック仕様もご依頼いただいてますので引き続き進めていきます
ちなみに、こちらのオーナーさんは北海道からのご依頼です。遠方から有難う御座います。
改めて考えるとインターネットの力というのはスゴイですねこうやって遠方からのご依頼をいただけるのもそうですし、塗装に関しても色んな情報を得る事が出来ます。
反面、怖い部分もあるのですが、大事なツールとして、今後更にネットを使って色んな事をやってみたいと思ってます

さて、明日ですが、車両入れ替えの為、昼間ちょっと不在にします。
それでは良い週末をお過ごし下さい


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。