プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツヤ消し黒じゃありませんよ^^

今日からいよいよGW突入ですね
今年は近隣でIKEAやイオンモールがOPENしたので付近の国道は大変な混雑になりそうです

refaithはとりあえず、昨日、GW前にお約束した分は全部納車&納品が終わりまして、とりあえず休日出勤しなくて済みそうです
といっても、連休明けに納車する分もありますので、サボらず頑張っていきます

DSC_0436.jpg
ゴルフ4のABTのサイドステップです
底面が前から後ろまでバックリ割れてまして、2分割になってしまうんじゃ・・って感じでしたが、無事接合して、サフェーサーまで終わりました

画像のような感じで真っ黒なツヤ消し状態になってますが、これ、サフェーサーなんです
通常、サフェーサーってグレーが多いと思いますが、デュポンの場合、バリューシェードっていって、1番から7番までの色があります。

DSC_0438.jpg
こんな感じで、1番が白くて7番が黒いです

ちなみに、

DSC_0437.jpg
2001・2004・2007という3種類あり、それぞれを単体もしくは組み合わせて作ります。

ここでわざわざどうして・・って思う方もいると思いますが、例えば、白い色を塗る時に、下がグレーだと隠蔽させるのに大変ですよね。また、黒を塗るのに、下が白だと、先程のグレーを白へ・・よりはマシですが、最悪、染まってなくて、黒の下からグレーが透けてる・・ってなりますよね。
そこでこのバリューシェードです
各クルマのカラー番号で検索すると、それぞれ1番から7番までVS1~VS7って感じで下のサフェーサーの色を指定してくれます。こうする事により、ベース(色)を塗る時、より短時間&少ない回数で色が染まる訳です

今回のゴルフは濃紺メタなので、VS7といって一番黒いのが指定でした

塗料メーカーによってはサフェーサーに色を混ぜる場合もあるようです(デュポンも確かOK?)例えば赤を塗る時にはグレーのサフェーサーに赤を少し混ぜてピンクにしておくとか・・。
ただ、この場合、欠点として、かなり研ぎにくくなるのと、詳しくは分かりませんが、サフェーサーの基本性能(シール性や密着性)はどうなのかな~って思ったりします。

さて、デュポンのこのバリューシェード、かなりいいのですが、今回のように濃い色の場合、サフェーサーを研ぐ時に、ガイドコートといって、黒い粉を塗って研ぎ残しや巣穴なんかを見るのですが、当然、それが全く見えませんなので、その辺りは目を凝らして良く注意する必要があります。。

ちなみに、サフェーサーも今回は色の事で書きましたが、ただの下地だからといってどういった商品でも・・という訳ではありません。各メーカーそれぞれ特性があり、それによって最終の仕上がり(吸い込み)なんかも変わってきたりします。それはまたの機会にでも

それでは皆さんよいGWをお過ごし下さい


スポンサーサイト

GW期間中のお休みのお知らせ。

先週に引き続き、今日の定休日も午後から出勤してボチボチしております
連休前に納品させていただく分が結構ありまして・・といっても特別何もなければ予定通り終われそうなので、今日も出て来なくても良かったのですが、塗装は何があるか分かりませんし、余りバタバタでするのが好きではありませんので、定休日ですが出てきてのんびりしてます
定休日という事もあり、電話も掛かってこず、塗装の事だけに集中して作業出来るので定休日に作業するのは意外と嫌いではありません

さて、GW期間中のお休みですが、4月は29日・30日で、5月は3~6日までお休みとさせていただきます(2日の水曜日は営業いたします)

では引き続き作業してきます


イージーな1日でした~。

DSC_0423.jpg

今日は下地処理&下色まで終わらせていたイージーの転写を朝一番からやって、さっきようやく1回目のクリアーまで終わりました
GW前という事もあり、ご依頼が重なったので、久々にまとめて大量転写となりました

DSC_0424.jpg DSC_0425.jpg DSC_0426.jpg DSC_0427.jpg
塗った直後なので、テロテロですが、フィルムのシワがありますので、乾燥後ツヤが若干ひいた感じになります。
なので、#1500で研いで平滑にした後、再度高品質なクリアーを入れます

しかし、暖かくなったのでイージーの転写もかなり楽になりました

基本、ずーと水を扱ってたり、水を切るためにエアーブローしたりしますので、冬はかなりツライ作業です

さて、GWまでもう一息です


塗りにくかった^^;

ここのところ、かなりバタバタしておりまして、blogの更新がなかなか出来ずに申し訳ありません

DSC_0420.jpg
新品バンパーでしたが、ちょこちょこ深い擦り傷があったりで補修したりしましたが、とりあえず、さっき塗りあがりました
画像では良く分かりませんが、真ん中のダクトが結構深かったり、形状がかなりいびつでなかなかに塗りにくいバンパーでした
フロントバンパーという事で、飛び石に強い仕様で塗ってます

さて、後は乾燥後、付属品の組み付け&車体への組み付けですが・・

全てが固くて、付属品を外すだけでもとにかく一苦労だったのですが・・ダクトのネットグリルなんて、『あ~マスキングして塗った方が早いかな・・・』ってくらい固かったです・・まあ逆に言えばそれだけ物がいいという事ですね

そして組み付けですが・・あれだけ固いのをまた付けるのは考えただけでもシンドイですね

そして最後の難関が車体への組み付けですが、これまた先日のblogの通りかなり広げながらライトの下へくぐりこませないといけないので、傷つかずにいけるか心配ですね

とりあえず、一つ一つ慎重に進めていきます

さて、今月は何故かイージーが相当多くて、毎日何かしらの作業をしてます
連休前までに納品する分もまだまだ沢山ありますので今週も頑張っていきます


状況によって・・。

今日は定休日ですが、ちょっと追いついてない気味なのと、今週末から月末まで鬼のように忙しくなりそうなので、昼から出勤してきてボチボチやってます

DSC_0392_R.jpg
現行ヴェルファイアです。まだ納車後間もない新車ですが、バンパーの角が擦れてしまってます。。
確かに、運転席に座ってみると、全くバンパーの角の位置が読めません相当余裕をもってないと直ぐ擦ってしまいそうです。。

今回、ちょうど、鋭角に折れたプレスラインがありましたので、オーナーさんと話して、そこでボカスようにしました
これくらい角度が付いていると、先日のぼかしテープを使えば完璧にぼかせます(切れます)。
DSC_0391_R.jpg
そして、早速作業を進めてると・・ぼかしたかった角に飛び石が・・

とりあえずオーナーさんに相談すると直して欲しいとの事・・まあ新車ですしね

DSC_0405_R.jpg
という事でそこまで範囲を広げて下地を行いました。

その後、調色も済ませ、さあ本塗りです。ただ、当初のプレスラインでぼかすのは上の方はOKでも下は色が入るので無理です。。そして、しばらく、色々想定しながら考えましたが・・

DSC_0408_R.jpg
バンパーを外した方が間違い無い・・との事で外しましたまあ、付けたままでも出来なくもありませんでしたが、バンパーグリルのマスキングをしたり、車体のマスキング、クオリティー等々考えると、外した方が近道で、且つ仕上がりもいいかな・・と

一人でも脱着しやすいように、わざと仮置き出来るようになってたり、配線の節約もあると思いますが、カプラーが1個に集約してあったりと楽になってますが、ツメが異常に硬くて・・ホント最近のバンパーは外すのが怖いですね


DSC_0415_R.jpg
そして完成です

と、こんな感じで、外すのも色々リスクもありますが、損傷具合によっては付けたまま塗るのも色々リスクがあります。頭ガチガチにならずに、その都度、柔軟に対応していきたいですね


こんなに変わるとは・・。

DSC_0413.jpg
仕事が終わって久しぶりに500を洗ってあげました
最近、黄砂が酷すぎて、オーバーな表現では無く、ホント、砂が積もってました

さて、先日、やすにいちゃんに溶接してもらった500のマフラーですが、とりあえず組んでみました

DSC_0379.jpg
診断機での数値は問題ありませんでしたが、せっかくなのでO2センサーも交換しました
・・が、これがなかなかに大変な事になりまして・・
まず、古いのを外そうとしましたが、O2センサーのソケットだと全く緩みません。。仕方ないので、配線を切って、メガネで外しますが、これも全く緩みません
その後、炙ったりしてどうにかこうにか外すと・・

DSC_0382.jpg DSC_0381.jpg

何だこれ~って感じです。。斜めに入れてそのまま締め込んだんでしょうね
メス側も潰れてしまってて、このままだと新しいのも入れれません。。タップを立てなおそうかなとも思いましたが、M18の1.5ピッチなんてタップもちろん持ってませんし、買っても今回しか使う機会なんてないでしょうし・・。
仕方が無いので、とりあえずボルト無理やり入れてみようかとネジ箱を漁りますが、M18なんてボルトありません

DSC_0385.jpg
と、ここで、近所のトラック扱ってる業者の人に相談してみると、M18のピッチ1.5のボルトを持ってましたしかも焼き入りです
そして、先端部分を尖らせて、ねじ込んでみると・・修復出来ました

そして、何気に面倒で、サクサクっと・・という訳にはいきませんでしたが、何とかフロントパイプを交換しました


気になるサウンドですが、こんな感じになりました
やっぱりメタル触媒になったのでかなり大きくなりましたが、乗ってても不快な感じはありませんし、心地よいサウンドです

そして、肝心の乗った印象ですが・・

ビックリする位かなり変わりました正直、NAですし、そんなに変わらないかな~って思ってたのですが、レスポンス・トルク感とも相当変わりました
感覚的にはターボ車で、フルノーマルからマフラー換えてブースト上げたような感じです

ただ、ネックとしては、余りにも楽しくて音も気持ちいいので、ちょっと踏みすぎてしまいます・・
恐らく燃費も2~3kmリッターくらいでしょうか。。このエコな時代に逆行してますね



何とか付きました。

DSC_0395_R.jpg
スカイラインクーペです
国産車っぽくないデザインでお洒落ですね

さて、こちらのおクルマですが、オーナーさんがオークションで純正エアロを落札され持込みでのご依頼です
それはいいのですが・・

DSC_0396_R.jpg
この角度だと分かりにくいです・・

DSC_0400_R.jpg
ちなみに、こちらが取り外したバンパーです。

DSC_0397_R.jpg
そしてこちらが純正エアロです・・分かりますか

上の部分が潰れてしまってます

オーナーさんからは落札前に相談があったのですが、画像だと分かりにくいのもありまして、とりあえずいってみよう・・って事になりました

これが思いの他潰れてまして・・

この状態だと、仮合わせをするにも一人だとかなり厳しいのですが、昼間、業者の人が来た時にちょっと手伝ってもらい・・

DSC_0403_R.jpg DSC_0404_R.jpg
とりあえず、のせました
コーナーのツメは割れるといやなので入れてませんが、とりあえず何とかなりそうです

ただ、相当押し上げて嵌めないといけないのと、ライトの下はかなり押し下げないと入っていかないので、塗装後にのせるのはこれまた厳しそうです。。

せっかくのってるので、この状態で、IRTで遠めからゆっくり低温で熱いれてみます


難しい><

今日はいい天気でしたね~
少し暑いくらいでした

さて、今日ですが・・

DSC_0386_R.jpg DSC_0387_R.jpg
板金屋さんにお願いしてたリアフェンダーの切り上げ部分の防錆処理をしたり・・

DSC_0388_R.jpg
今回、インナーとアウターと1枚ボンデ板を3枚合わせたようです

そして・・
DSC_0389_R.jpg
業者さんの仕事なので詳細はお見せ出来ませんが、イージーのキャンディー仕上げをしました(今してます

DSC_0390_R.jpg
クリアーに専用の染料を混ぜる事によりこんな感じで下が透けて独特の雰囲気を出します

通常、キャンディーは下色(シルバーが多い)に上から染めていくのですが、今回はイージーのキャンディー仕上げです。
イージーのキャンディーも色々ありまして、通常の茶色のウッドに深みを出す為にオレンジやレッド系のキャンディーを入れる事もありますし、シルバーの上に木目なんかを貼ってそしてキャンディーで仕上げる場合もあります
ただ、今回はスネークという蛇柄でして、これのキャンディーは初めてなのですが・・

いや~難しいです

というのも、柄自体が、かなりムラというか、強烈に薄い部分もあれば濃い部分もありまして・・。
もともと、キャンディーはとにかくムラにならないようにかなり気をつけて塗る必要があるのですが、今回、下がそんな感じですので、余計に難しいですなので、薄い部分にエアブラシのようにピンポイントで濃く染めて、濃い部分は余り染めないように・・といった感じで染めていきますが、そうも上手くはいきませんよね。。
最終的には少し全体を濃い目に仕上げて何とか・・といった感じです

とりあえず、染めの工程は終わりましたので、もう少し置いたら仕上げのクリアー入れてきます

さて、今週は忙しくなりそうです・・休めないかな

でも、大変有難いことですね頑張っていきます



お気に入りの副資材

おはよう御座います
不定期な更新で、ご迷惑をお掛けしてるこちらのblog、お恥ずかしい限りですが、板金塗装屋さんにも見ていただけてるみたいで、たまには、僕が使っててお気に入りの副資材ネタでも書いてみたいと思います・・てか皆さん、ご存知の方も多いかもですが・・

先日のW203のベンツ、ドアだけ単体で塗ってましたが、あの後、車体へ付けて、前後を一緒にぼかしてます
中古ドアでしたので、裏を塗る必要があり、それなら表も色入れて、1コート薄くクリアーで仕上げてれば車体へ付けてぼかすのも楽・・といった感じです

上手い方なら、ドアだけ裏表、単体で100%で仕上げて、車体側はドアが無い状態でぼかしだけ・・ってすると思いますが、僕は連続して同じ条件で(交換パネルがきちんと車体に付いた状態)で塗った方が、肌とかその他もろもろいい感じで仕上がるので、面倒ですが、こうやって塗ってます。ただ、もちろんですが、毎回全部こうして塗ってる訳では無く、色や仕上がりレベルによっては単体で塗って終わる場合もあります。要はケースバイケースですね

さて、車体に付けて隣接パネルと一緒に塗る場合・・
DSC_0334_R.jpg
こういったところの隙間の処理が困ります。。
そのまま塗ると、当然、中はバサバサで汚くなりますし、かといって折れ曲がったところでマスキングを貼ると、『バツ切り』になって、塗膜の段が出来ます
なので、リバーステープといって、マスキングテープの端を少し折り返してピラピラにして浮かす事により、そこで、『バツ切り』にはならず、ボケるのですが、これも曲面とかあると、張ってしまって、結局バツ切りと同じようになってしまったりします。。

という事で、僕は・・
DSC_0377_R.jpg 
このテープを使ってます

DSC_0378_R.jpg
こんな感じで、テープの端に丸い芯が入っていてそこで綺麗にボケてくれます

DSC_0357_R.jpg
実際にはこんな感じで使います
丸い芯の部分が浮いていて、バツ切りになりません。

DSC_0371_R.jpg
画像がボケてて分かりませんが、綺麗にボケてくれます今回はドアの間ですが、リアクォーターとリアドアの間でもいい感じです
注意としては、芯が結構大きいので、躊躇して少し奥の方に貼ってしまうと綺麗にボケません。。
少し表にはみ出し気味の方がいい結果になります。また、芯の部分をわざと浮かし気味にしたくなりますが、これも逆にダメで、芯の部分がピッタリ付いてるくらいが丁度いいです

ただ、これもさっきの話同様、ケースバイケースで、全部こうやってる訳ではありません。場合によっては最終で、プレスラインを利用して表・中と塗り分けて仕上げる場合もあります。

・・と今日は副資材ネタでした他にも色々お気に入りの副資材はあるので、また書きたいと思います
皆さんも何かオススメがあったら教えて下さい


ガンガン切れます。

ようやく安定した気温になってきました
ただ、毎年ですが、この時期は中途半端な気温なので硬化剤とかを悩みます

以前、500のワンオフフロントパイプとかセンターマフラーをヤフオクでgetして付けたのですが、問題が発生して、中途半端になってました・・

これです。

そのまま、何気に面倒で放置していたのですが、組みたくなって、フロントパイプを修理する事にしました

そして、昨日の定休日、用事をささっと済ませて、知り合いのおじさん(やすにいちゃん)の工場へ道具を借りに行ってきました
・・このおじさん、もう20年弱の付き合いになります。板金を若い頃からずっとやってて、ガスの溶接とかそれはそれは綺麗にします
ちなみに、もう62歳なのですが、飯に行っても僕より全然食べますし、未だに朝5時くらいまでゲームしたり、好きな色が無いので・・とネットで服買ったり、携帯・アイフォーン、ドコモのタブレットを使い分けたり・・『安室 奈美恵のPV・・』って言ってたりと、とても62歳とは思えないファンキーなおじさんです

そして、借りに行ったのは・・

DSC_0364_R.jpg
これです。プラズマ切断機です

DSC_0363_R.jpg
以前、とりあえず、サンダーで開いてみたのですが、かなり大変な作業で、本格的に直すには、ちょっと厳しいので、プラズマ切断機を借りに行きました。ちなみに、どうやって使うかというと・・


こんな感じであっという間に切ってくれます
・・片手でスマホを持って動画を撮ってますので、トーチの動きが遅いですが、もっと『スー』と早く動かしても切れます

DSC_0365_R.jpg DSC_0367_R.jpg DSC_0368_R.jpg
そして、切り開いていきましたが、かなり隙間が空いていて、純正触媒のケースのままだと全周綺麗に付けるのは厳しいみたいで、結局、この後、純正触媒のケースは全部取りました

DSC_0370_R.jpg
そして、隙間を溶接ですが、やすにいちゃんにしてもらいました




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。