FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

恥ずかしい^^;

ここ数日、何故か、会社に電話が掛かってこず、やたら携帯に着信があります
まあ、別にそれはそれで問題ないのですが、必ず会社に掛かってくるお客さんからも携帯に掛かってくるので、
『何かおかしいな~』・・と。

そして試しに、携帯から会社に掛けてみると・・

ず~と話し中です

もちろん、僕一人なので、他に電話を使ってる人なんていません。。

そこで『電話の故障かな?・・』と会社の電話から僕の携帯に掛けると、普通に掛かります。。

ここで『あ~回線の故障だな・・』と思い、早速NTTへ電話

そして係りの人に説明してる途中で・・ある事に気が付きました

一人なので、ボイスワープを契約してます。設定をすれば、外出した時とかに会社へ掛かってきた電話は僕の携帯へ転送される訳です。そうです・・

ボイスワープを転送するように設定しっぱなしでした

なので・・

1、全ての会社への着信は僕の携帯へ転送される。

2、僕の携帯から会社へ掛けて、僕の携帯へ転送されても、僕の携帯自体が話し中なので話し中になる。。

という事でした

ここ数日、会社への電話を『ハイ。オオクボです』って出てました

ちょっと恥ずかしいですね



ツルんと。

何か、バタバタのままあっという間に週末ですね
色々とご依頼も溜まってきてるのですが、何分、一人ですので、なかなか進みません。。
事務所もイージーでごった返しております
大変有難い限りです
こういった時は、気持ち的にせっかちになりがちですが、こういった時こそ、より丁寧にしていかないといけませんね

DSC_0351_R.jpg DSC_0350_R.jpg
今、このblogを書きながら塗ってます
元々、デュポンのセンタリは隠ぺい力が高いのですが、この色は特に隠蔽力が高いです
2回で完璧に隠蔽しました・・というか、感覚的に1.5回で隠蔽した感じです

やっぱり隠ぺい力が高いと楽ですねフラッシュオフの時間を長めに掛けてもトータルでは短時間で終わりますし、何より、塗膜的にもいいです・・はずです

2回で完全に隠蔽してますが、画像は一応、3回入れた後です・・未だに、2回で終わるのが慣れなくて、どうしても3回~入れてしまいます何とか、この癖を直さないといけません
・・ただ、いままで使ってたRMだと、ブースで『よし。完全に染まってるな』って事でクリアー入れて、太陽の下に出すと・・『サフが透けてるやん。。』って事が結構あったので、どうしても不安でして。。
とりあえず、2回でいけるものはそこで終わる癖をつけないと・・。

ちなみに、色(ベース)ですが、着色が目的ですが、かといって、適当に隠蔽だけさせればいいって事はありません。このベースを塗った時の肌なんかで仕上がりが決まりますなので、きちんと、丁寧に塗ってあげないといけません。感覚的には『ツルっと』いう感じですかね

さて、クリアーいってきます

では皆さん、良い週末を



塗る物によって・・。

定休日明けの一発目、朝一番に、イージーのオーバーコートクリアーを入れました

DSC_0345_R.jpg
事情により、アップ画像のみです・・しかもピンボケしてます・・
今回、イージーにしては珍しく結構大型のパーツが2個あり、その他もろもろで1台分フルの施工でした

ちなみに、イージーのクリアーと、クルマのクリアーは、ガンも分けてますが、塗り方も全く違います
あくまでも、僕の塗り方ですが、イージーのクリアーはガン距離(ガンと被塗物の距離)は約5cmくらいとかなり接近して塗ってます・・というか、自然とこうなりました
ただ、これだけ近いので、当然、ガンスピード(ガンを動かすスピード)はかなり早いです
イメージ的には、素早く横に動かして、せわしく塗る感じです。
この方法がベストかどうか分かりませんが、これによって、肌が『ボテボテ』にならず、『テロッ』と仕上がります。
イージーや小物はとにかく、塗装の際の『肌』を出さないように塗る必要があり・・小物は肌が無いのがベストと勝手に思ってまして、そうやって塗ってると、自然とこうなりました

ちなみに、クルマの場合はこれまた変わってきます。というのも、クルマの場合『肌』がかなり重要でして、現車に合わせるのもそうですが、テロテロで肌が無いと、全体的に安っぽくなってしまいます
なので、その辺りも意識しながらになりますが、自分の癖なんでしょうね。。クルマでも比較的ガン距離は近い方だと思います。

・・とこんな感じで、物によって塗り方も色々ですが、クルマと小物どっちが難しいか・・と聞かれたら、クリアーに限っては小物の方が難しいですねというのも、形がかなり複雑ですし、かなり奥まった所もあったりします。そして、面が沢山あるので、塗るのも結構忙しいですその点、クルマは基本、平面ですので塗りやすいですただ、クルマの場合、ボカシといった作業があり、これまた色によっては難しいので、トータルで考えるとどっちが楽・・って事はないですね

さて、先月位からイージーのご依頼がかなり増えてきております
今も、個人の方、業者さんの分も含めて、ご予約分と合わせて、かなりお話をいただいています

こういったイージーとかのカスタム系は、景気に敏感なようで、以前は年中いつでも常に1~2セット入庫していたのですが、リーマンショック後、途絶える時(入庫してない時)が出てきて、そして『復活してきたかな~』って時に震災があり、また途絶えてしまいました。。そして、昨年末くらいから、また増えて来てる感じです

さて、今、サフ途中ですが、引き続き、サフ塗ってきます


危なかった~^^;

予報通り、今日は強烈に風が強かったですね
ホント、台風並みでした

そんな天候でしたが、昨日のblogの通り、朝から車検へ行ったのですが、4月に入ったので少ないだろう・・と思ってたのですが、予想に反して意外と多く、帰りに知り合いの業者へ寄ったりしたので、午前中いっぱい掛かってしまいました

今日も予定がびっしりだったので、昼飯もそこそこに、午後からも黙々と作業してました

『しかし今日は強烈に風が強いな~』なんて思いながらブースの中で仕事してたのですが、ふと副資材を取りに表に出ると・・

何と・・500のパイプ車庫が崩壊しかけてるではありませんか

風で煽られて半分くらい傾いてますそして500が下敷きになりかけてます

一人ですが、思わず『あ』って叫んでしまいました

すぐさま、猛烈ダッシュで事務所へ走り鍵を取って、500を救出して、カッターで片っ端からテントの紐を切ってテントを剥がしました

DSC_0341.jpg
とりあえず、傾いた車庫を起こしましたが、下の溶接部分がもげてしまってるので真っ直ぐ起きません。。

しかし、とりあえず500が無傷で良かったですもちろん、車両保険には入ってますが、無駄に塗りたくありませんし、何よりお客さんのクルマ優先なので、自分のをするとしても定休日くらいしか出来ませんので

その他今日は・・

DSC_0342.jpg
W203の中古ドアを合わせました
かなりドアが変形してたので、ピラーは大丈夫かな~って思ってたのですが、やはり歪んでまして、そのままでは全くドアが付きませんでした
とりあえず、修正して何とか形にはなりましたもう少し修正を加えていきます

そして他は、イージーの下地をしたり・・中研ぎ&柄補修をしたり・・と今日も1日あっという間でした

かろうじて。。

DSC_0330_R.jpg
W203のCクラスです
フロントドアの損傷により、昨日の夕方、入庫いただきました。
DSC_0332_R.jpg DSC_0331_R.jpg
フロントドアはかなり激しく損傷しており、リアドアの真横(フロントドアのエンド部分)も折れてしまってます
が、ドアミラーも無傷ですし、リアドアも小傷程度です。
フロントフェンダーは多少損傷してますが、板金出来る範囲です

今回、お客様の自費での修理となりますので、フロントドアは中古のドアを使いますが、これでフロントフェンダーやドアミラー、リアドアまで交換となるといくら中古を使ってもかなり金額が上がってしまいます。。
今回の修理もお客様にとってはかなり痛手だとは思いますが、かろうじて、フロントドア以外のダメージが無かった(酷くなかった)のがまだ救いです。

DSC_0336_R.jpg
まずは、入庫いただいて、とりあえず、普通に乗り降り出来る様にしました
というのもフロントドアが広がってしまって、ドアを少しでも開けるとフロントフェンダーに干渉してしまいます。。結果、フロントフェンダーが押されて曲がってるので、とりあえずはフロントドアの前部分をカットしましたこれでとりあえず普通にドアの開閉が出来ます

DSC_0337_R.jpg
そして、ドアを外すため、ハーネスを外したり、その他もろもろ部品を移植する為に外していきます
この後、中古ドアの仮合わせへと進んでいきます

DSC_0339_R.jpg
今日は、リアのオーバーフェンダー取り付けにてFDのお客様に入庫いただきました
基本的に全てオーナーさん自ら作業されているのですが、リアフェンダーのみ加工を承りました。こちらは1部外注作業となります
しかし、こちらのオーナー、エンジンのチューニングから塗装まで全てプライベートでされてるのですが、塗装もかなり本格的にされてるみたいでちょっとビックリしました
こういうプライベートで頑張っておられる方には色々と応援したくなります・・といっても僕が教えてあげれるのは塗装の事くらいですが・・


明日(3日)、午前中、普通車代車の車検にて午前中、不在にします。
本当は3月の初めくらいから次の代車を探してたのですが、何かと忙しく、オークション会場へ行く暇もないまま、車検が切れてしまったので、とりあえず車検を取る事にしました本当は廃車にして次にいきたかったんですけどね~。。という事で当面使いますので、今日朝から消耗品関係を一気に交換してリフレッシュしました。
という事で明日午前中、ご迷惑をお掛けしますが宜しくお願い申し上げます。


マフラーな1日。

さあ今日から4月ですね
今年に入ってもう3ヶ月終わりました。早いものです

さて、今日ですが、朝一に同級生のO君がバイクで来まして・・

DSC_0320_R.jpg DSC_0319_R.jpg
マフラーの音がうるさいとの事で、うちに有った中古のマフラーのグルスウールを切って詰め替えてました
確実に音は小さくなりましたが、音のかっこ良さは無くなってしまいましたただ、本人的にはうるさいより全然マシとの事で満足だったようです確かにうるさ過ぎなのも疲れますよね。。

DSC_0322_R.jpg
そしてこちらは延期になっておりました、W211のマフラー取り付けです

この辺りの左右2本出しマフラーでカット差込の場合、一人で付けるのはちょっと大変でして、オーナーさんに一緒に手伝っていただきました・・当然、工賃はその分お安くしております。

DSC_0321_R.jpg DSC_0323_R.jpg
まずは、純正をエアーソーでカットして、新しいマフラーを仮合わせしていきます
・・画像は合わせてる途中なのでズレてます・・

そして、後ろから見てもらいながら何度も位置調整しまして・・

DSC_0325_R.jpg
『ここ』って位置で、点付けにて溶接します。
画像ではバンドで留まってますが、今回、バンドは仮合わせの時だけ使って、最終的には溶接にて固定します

ちなみに、このW211のお客様ですが、溶接をする仕事をされており、溶接は全てお願いしました
さすが、本職の方です
尚、ここまでですが、差込式の場合、ほんの数ミリずれるだけで、出口の角度が変わってしまいますので、何度も微調整を繰り返す必要があります。
今回はレムスで造りも良かったですが、これが余り良い物で無い場合、それこそフィッティングだけで1日近く掛かる事もあります

DSC_0328_R.jpg
そして、一度、触媒後ろからマフラーを降ろして、全周溶接してしまいます
この時も歪まないように気をつけないといけないのですが、さすが、全く歪む事なく、綺麗に付きました

そして溶接部分を塗装し、車体へ戻して完成です

気になる排気音ですが、低音が効いて、大人っぽいいい音になりました
オーナーさんも喜んでいただけて良かったです