FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

カーボン2度貼り。。

今朝は暖かいですね~
ようやく春らしい気候になってきました

さて、先日のカーボン2度貼りの結果ですが・・

DSC_0225_R.jpg
こんな感じになりました・・ってこれじゃあ見えないですね

DSC_0226_R.jpg
これでもちょっと判りにくいですね。。

DSC_0234_R_20120315093806.jpg
う~ん。。上手く写真が撮れませんね。。現物はもう少し判ると思います
ただ、かなり判りにくく出来たのでは無いかと思ってます(この作業経過を全く知らない人がこのパーツを見ても、注意して全体を細かく見ないと気が付かないかもしれません・・)・・後は室内に組んでみた時にどうか・・といった感じですね

本当は、全体的に黒のキャンディーで濃い目に染めるともっといいんですけど、そうなるとまた金額も上がってしまいますので難しいところですね

この後、乾燥させて、最終クリアーを入れて完成となります。
もうしばらくお待ち下さい


物騒だな~><

ちょうど昼頃の事ですが、いつも通り普通に仕事してました
天気も良いので、表でパテ研ぎをしてたのですが、やたらパトカーが通ります
その時は別に気にもしてませんでした。

そうこうして『さあそろそろ昼にしようかな~』って思ってると、知り合いの業者さんから
『いい出物があるので代車にでも・・』って事で早速見に行く事にしました
バタバタと昼を済ませ、会社を出てちょっとすると・・

DSC_0222_R.jpg
何やら通行止めになってます。。
そして警察官の人に聞くと、すぐ先のスーパーというか小さなストアで不審物が見付かったとの事。。

そして仕方なく、Uターンして別の道で行きましたが、

DSC_0223_R.jpg DSC_0224_R.jpg
当然ですが、他も全て封鎖されてました

そして、福岡市内で下見を済ませ、2時間程して帰って来ましたが、より厳重になってまして、また野次馬根性で警察官の人に聞くと、爆弾が見付かったそうです

そう聞くと更に野次馬根性が出て、ちょっと近くまで、しれ~っと見に行きましたが、かなり物々しい雰囲気になっており、報道の人もかなり来てました

しかし、こんな田舎なのに物騒ですね


今、ニュースで見ると、どうも手榴弾みたいですね

最近の福岡は手榴弾ネタが多すぎます


ちょっと太すぎたかな^^;

昨日は寒かったですね~
3コートパールを塗ってたんですけど、バーナー焚きながら塗りました
ただ、昨日は特別に気温が低かったですが、もうまもなく塗装には最高の季節になります

DSC_0214_R.jpg
500のタイヤの交換をしました
画像は交換前で、BSのREGNOというコンフォート系のタイヤです。
昨年末に組んだのですが・・BSの最高コンフォートタイヤという事だけあって、それはそれはビックリするくらい静かで、乗り心地も本当に最高でした。ただ、逆に反応が全く無いというか、柔らか過ぎて、ちょっとハイスピードでコーナーに入ると、『ぐにゅ』って感じで、しっかり感が無いし、全体的にゆるい感じでした
空気圧とか色々試しましたが、今一で・・・まあそういうキャラクターのタイヤなので仕方ないですね。。

500に関しては、普段乗らないので、乗り心地なんて二の次ですし、もう少し固い足にしたいと思ってる位です

という事で今回また交換しました

DSC_0213_R.jpg
今回はヨコハマのADVAN SPORTというタイヤで、スポーツに振ったタイヤです
尚、今回は『ひっぱり』の状態を無くす為、事前に色々と情報を調べて、このタイヤにしました。各タイヤメーカーはカタログに幅とかのサイズを載せてますが、実際はあてにならず、同じサイズ、カタログでも数ミリしか変わらないといっても、実際並べてみると20mmも違う場合もあるようです。
今回もADVAN SPORT以外にミシュランのPS2とかピレリーとかを候補に、実際のホイールに組んだ画像を検索したりしましたが、やはり明らかに太いのはADVAN SPORTでした
その他、色んな情報を見ても、ADVAN SPORTは特別に太いみたいです。

DSC_0221_R.jpg DSC_0218_R.jpg
そして、タイヤ屋さんに組んでもらい、履いてみましたが、やはりかなり太いですね
後ろはもう1サイズ小さくても良かったかもしれません・・車高を今より落としたら間違いなく干渉します
まあ、いよいよの時はフェンダー広げます

肝心のインプレですが、やっぱりいいですねノイズも大きくなりましたが、それよりも、路面の状態なんかが感じ取りやすく、しっかり感も出ていい感じになりました


昨日のrefaith

今日で東日本大震災からちょうど1年になります。
1年といっても被災地の方はまだまだ大変な生活をされてます。よく言われてますが、決して風化させてはいけないと思います。改めてこの節目にまた各々考えて、出来る限りの支援をしていく必要があるんでは無いでしょうか。


さて、昨日のrefaithですが・・

DSC_0205_R.jpg DSC_0206_R.jpg
先日のどうしようか悩んでいたイージーの転写をしました
作業開始から少々お時間が掛かってますが、元がリアルウッドで、余り高温は掛けれないので保護クリアーの乾燥をかなり長めに取ってます・・高温で焼くと割れてしまいますので・・

そして例のセンターパネルですが・・

DSC_0203_R.jpg DSC_0204_R.jpg
ここで切る事にしました
本当は転写も長くて大変なので、もう少しセンターで切りたかったのですが、やはりど真ん中に切り目があるとかなり目立ちますし、極力、細い所で選ぶとここになりました

全て転写後の捨てクリアーを入れましたが、2度貼りするセンターパネルはクリアーを変えてます。というのも、こちらはまたフィルムを転写する必要があるのですが、外資のクリアーはフィルムを転写出来ません。。
なので、面倒でしたが、通常の分はいつもの通り、G2-4500というクリアーで、センターパネルはロックの4:1を入れました。
この後、また乾燥させ、2度貼りの工程へ進んでいきます

その他昨日は・・

DSC_0207_R.jpg DSC_0208_R.jpg
同じような色なので分かりにくいですが、先日から板金を進めてた33GT-Rの下地のサフェーサーを入れました。この後、もう少し修正を加えていく予定です

DSC_0209_R.jpg
そして、こちらをしたり・・

DSC_0210_R.jpg
VOLVOの故障診断をしたり・・

廃車の引き取りをしたり・・と作業バリエーションに富んだ1日でした

さて、また寒くなるみたいですねまあこれがシーズン最後でしょう


どういう作戦でいこうかな。。

DSC_0196_R.jpg
W219 CLSのパネルです。今回イージーグラフィックスにてご依頼いただきました

ご覧のようにツヤ消し仕様になってますが、市場では人気が無いみたいですね
E65のBMWとかも1部ツヤ消しになってますが、こちらもやっぱり人気がないみたいで、過去、普通のツヤありで施工させていただいたりもしました。
まあ確かに、一見、高級感があるように見えますが、やっぱりツヤありの方が高級感がある気がします・・好みの問題もありますが・・。

DSC_0197_R.jpg DSC_0198_R.jpg
まずは、リアルウッドですので、フチのウッドが露出した部分をエポキシで筆塗りします
というのも、イージーは転写の際もそうですが、転写後はフィルムの余剰成分を洗い流さないとダメで、通常は水の中に10分程漬けておきます。ただ、今回のようにリアルウッドは水を吸いますので、予め、エポキシでシールしておきます・・ただ、厳密にいいますと、こういった製品になってる物は、ウッドが露出していても、表面処理がしてあるので、直ぐ水を吸う事はありません。ただ、やらないよりやった方が・・という事でシール性の高いエポキシを塗っておきます。
尚、表面処理されていると言っても、10分も水に漬けてると、さすがに水を吸ってしまって、大変な事になります(過去苦い経験があります・・)ので、転写後は速やかに洗い流します。

ちなみに、画像では適当に筆塗りして、エポキシがはみ出してますが、この後乾燥前にシンナーでふき取ってます・・というのも、エポキシはとにかく、研ぎにくいので、こうやってはみ出た分だけでも後で面倒です。。
なのでふき取ってから通常の足付け処理してきます

と、ここまでは日頃よくやってますので問題ありませんが、今回、ご希望がカーボン柄となっており、そこがちょっと問題なんです
転写の際の水槽は横が1メートルくらいしかありません。今回一番長いパネルは1メートル20センチくらいあり、1度では転写出来ません。なので2回に分けて貼るのですが、柄がピッタリ合う・・事なんてないんです。。
(合ったら奇跡的な感じです)
ウッドであれば多少後からごまかしも効きますが、カーボン柄はそれが出来ません
当然、その点はお客様にご了承いただいてます。ただ、いくらご了承いただいてても、出来る限り目立たないように綺麗に仕上げたいところです
なので、極力、目立たない位置で、且つつなげ易いところ・・を探しますが・・『ここにしよう』ってところがなかなか見付かりません。。

とりあえず、ネットでCLSの画像を色々にらめっこしながら検討しております

さて、明日は定休日です。別に定休日だからといって特別嬉しくもないですが、今週は何かとバタバタで疲れたのもありますし、昨日、長い時間溶接してまして、顔が焼けてしまい相当ヒリヒリしてて、ご飯を食べる時に口を開けても痛いのでちょっとゆっくりしたいです・・・ちゃんと焼けない様に保護しろよって話ですが・・


昨日のrefaith

まとまった雨が降ってます。。
ただ、先日のblogの記事ではありませんが、あれだけ黄砂が降ると、雨の方がいいかも・・なんて思ってしまいます

さて、昨日のrefaithですが・・

DSC_0189_R.jpg DSC_0190_R.jpg
バンパー類を塗ったり・・

DSC_0188_R.jpg
W220を色々したり・・

DSC_0191_R.jpg DSC_0192_R.jpg DSC_0193_R.jpg
イージーのオーバーコートクリアーを入れたりしてました
こちらのイージーグラフィックスですが、本来であればとっくに終わってたのですが、数日前、『さあ、最終のクリアー入れよう・・』って時に、1点、目立つ柄飛びを発見しました。。
ウッドであれば問題なく補修出来るのですが、カーボンは柄の問題で出来ません。
普段ならば、転写後、しっかりとチェックして問題があればその場で貼り直しをするのですが、すっかり見落としてしまってたようです。
という事で急きょ、転写及び1回目の捨てクリアー・・という作業をした為、数日ロスしてしまいました。
その柄飛びもそれ程酷い訳ではありませんでしたが、僕が考える製品レベルとしては・・・なのでやり直しました

ご依頼頂いているM様、お待たせして大変申し訳ありません。もうまもなく発送出来ます。
また改めてメールにてご連絡いたします。

さて、今週も頑張っていきましょう



何だこれ・・。

今日は久々に晴天でしたただ、風が強くちょっと寒かったですね

さて、普通にバンパーを補修してました
かなりあちこち変形してたので、炙って変形を直してると、何かおかしいです割れてきます

DSC_0183.jpg
そして、研いでみると・・・こうなってました
画像では分かりにくいですが、かなりの厚みのパテが入ってます。。
まあ、裏に骨(取り付けのステー)が数本入ってて、押し出しにくいですが、せめてもう少し整形してからパテを入れて欲しいものですね

DSC_0185.jpg
再度やり直してサフェーサー入れました
まあ、研いだ時は『何だ~・』ってなりますが、まあこういった事も比較的良くある事ですので、黙々と直していきます。

それよりも今日ビックリしたのが・・

DSC_0187.jpg
今日納車したクルマですが、画像のように隅の方に黄砂が溜まってます
ちなみに、午前中洗車して、15時過ぎに納車となりましたが、たったその間でこの状態です。。
ちょっと酷いですね
絶対に有害っぽいですし、天気が良くて風が強い日はマスクをした方がいいかもしれません


緊急的に・・。

長々と雨が降り続いてます
来週半ばくらいまでずっとこんな感じみたいですね

日頃、色んな道具を使ってますが、使用頻度が高い物として、非接触温度計があります。
熱を入れる時に温度を測ったり、イージーの際の水温を測ったり・・という感じで、これが無いとかなり困ります。。

そして、昨日ですが、イージーの転写をしようとお湯を溜めてました。そして水温を測ってみようとすると・・

DSC_0178_R.jpg
レーザーのポインターは点いているのに肝心の液晶が点きません。。どうも電池不足のようです
DSC_0179_R.jpg
5.8Vしかありませんね。。これでは使える訳がありません。

さて、困りました・・。
電池は四角い9Vのタイプでして、当然予備なんか持ってません。。買いに行くとしても、近所のスーパーには置いてなくて、最低でも5キロくらい先のコンビニしかありません。。たった電池一つでそこまで買いに行くのも面倒です。
また、水温も、非接触温度計なので、実際の水温とは若干違うと思いますが、この温度計で35~36度が僕のベスト水温でして、それ以上でもそれ以下でも上手く転写出来ません。
なので、絶対にこの温度計を使う必要があります

という事で・・

DSC_0180_R.jpg
バッテリーを30秒ほど繋ぎます。当然、電池は充電式ではありません

すると・・

DSC_0181_R.jpg DSC_0182_R.jpg
8Vくらいまで復活し、とりあえず液晶も点くようになりました

たま~にやる事としては、ナビやオーディオの載せ換えで、リモコンのボタン電池が弱くて、チェック出来ない場合や、キーレスが効かなくて、電池なのか他の原因なのか調べたりする時にこうやって一時的に復活させてます・・ボタン電池なんて当然予備で置いてませんので・・。

ただ、正直、この方法はやってはダメだと思いますし、何が起きるか分かりません(爆発とか?)なので、あくまでも自己責任でやってます

もちろん、今朝、ちゃんと電池は買ってきました


高いんです。。

今日から3月ですね
ただ、東京の方は大雪だったり、福岡も一昨日、結構雪が降りまして、まだまだ春・・という感じではないですね


分かりますか~
かなりスゴイ音がしてますね

これ、何の音かといいますと、W220の触媒が壊れた(剥がれた)音なんです
ただ、これは大きく剥がれたのか、普通よりかなり大きな音です。。

ちなみに、値段は調べてませんが、このW220は500のV8でして、多分、片バンク、20万弱すると思います
・・余談ですが、以前僕が乗ってたW210のE55AMGは片バンク50万弱でした(左右で100万近くしますね)
まあ、確かにレアメタルを使ってるので高いのは仕方ないですが、ちょっと高過ぎますね。。

尚、どうして壊れる(剥がれる)かといいますと、第一の原因は失火とかによって、生ガスが触媒へ流れて異常に加熱してしまう事が多いようです。ただ、これも原因の一つでして、経験上、ある程度の距離を走ると、輸入車は
大体こうなってしまう事が多いですね
今までで一番早いのだと5万キロ弱で剥がれたのもありました。

90年代後半くらいまでだと、最悪、剥がれた触媒を切開して取り外して・・という事も出来るのですが、それ以降ですと、触媒の前後にO2センサーが入っており、触媒の働きをクルマがみてますので、剥がすと当然問題が起きます。。なのでそうなると交換か、もしくはリペアしかありません。良く、『中古・・』って言われますが、必ず壊れる物ですので、下手したらお金を捨てるだけです。
また、リペアもこれまたかなり高額みたいです・・まあ触媒自体が高いので仕方ありませんが・・

とりあえず、少しでも延命する方法としては、マメに診断機とかあてて、O2センサーとかの不良をみたり、ちょっとでも調子悪いな~って時は修理する事です
『まあいいか~』で乗ってると、後から大きなしっぺ返しが来てしまいます。。

今回のW220ですが、昨年末くらいからエアサス含め、あちこちの修理代がなかり掛かっており、少しでも安く修理出来るように思案中です

さて、3月も頑張っていきましょう