プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も大変お世話になりました。

あともう少しで2011年も終わりですね

今年もお客様含め色んな方に支えられて1年間営業させていただく事が出来ました。
この場をお借りしまして心より厚く御礼申し上げます。
新年も皆さんに喜んでいただけるようにより一層努力していく所存でございます。
何卒、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。

さて、今日は昼間・・

s_DSC_0026.jpg
予約してあった、お正月用のブリを引取りに近くの漁港へいきました

s_DSC_0032.jpg
3枚におろしてもらいました明日はこれを肴にして同級生とダラダラ飲みます

s_DSC_0031.jpg s_DSC_0029.jpg
余りにも天気が良かったので、小1時間くらい海岸線をドライブしました

それでは皆さん、良いお年をお迎え下さい


スポンサーサイト

ちょっとのつもりが・・

refaithは28日が仕事納めでしたが、29日も大掃除とか1部作業が入ってましたので、実質昨日の29日が仕事納めの感じでした

そんな昨日ですが・・

DSC00474_R_20111230095721.jpg
常連のIさんがタイヤ交換で来られてて、タイヤ屋さんにお願いしている間、いつもの如く色んなクルマの話をしながらまったりしてました

そして、足回りの減衰の話になり、せっかくタイヤも外してましたし、僕もヒマだったので、
『ヒマなんで調整しましょうか~?』って話になりました。

僕もIさんもこの『KW ver3』の足回りの減衰は調整した事がなく、過去Iさんが調べてた情報を元に早速取り掛かりました
まあ、減衰なんて六角でちょこっと回して・・って感じだったのですが・・・

DSC00476_Rのコピー
リアのショックの根元に回す部分があり、そこに黒い小さなカバーが付いてます。
それを外して・・ってとこで悪夢のような事が起きました

↑の画像のように、ロアアームの中に落ちてしまいました・・
『え~~~』って感じです。。

ロアアームは袋状になってて、色々隙間から覗きますが、見当たりません。。しかもカバーが金属なら磁石で・・
とも思いますが、プラスチックなのでそれもダメです。。

とりあえず、リフトに上げて、ちょっとした隙間からあらゆる物を突っ込んで探りますが・・出てきません。。

最悪、ロアアームを切る(取り外す)しかないか・・と考えてると・・ひょこっと出てきてくれました
普通だったらロアアームを切るのは簡単ですが、C63はロアアームのボルトがマフラーに当たるので、マフラーを1部外してずらさないといけません。。当然、その後は面倒な左右出しマフラーの位置調整が必要になります。。
ついこの間、車検でその作業をしたばかりで『あ~またか・・』って頭によぎりましたが、奇跡的に救出出来ました

その後、減衰を結構固めに調整しました。(Iさんは若かりし頃86乗りで、その足がクルマ人生のベースになってますので少々の固さは何ともないです・・・というか柔な足だとダメみたいです

DSC00477_R_20111230095719.jpg
調整後、久しぶりに試運転させてもらいましたが、いや~やっぱり面白いですね
減衰も固くなり、ダイレクト感が出てかなりいい感じです
今回、Iさんの提案でちょっとMモードで乗ってみましたが、全然踏んでないのにすぐタイヤが空転してしまいます
(日常でMモードはちょっと危険かもしれませんね)
今度、高速でMモードで乗ってみたいです

DSC00475_R_20111230095720.jpg
その他、大掃除なんかをしました。ブースもコート剤を全て水で洗い流してキレイになりました


これでウエスを常備しなくても良くなりますね。

いや~。昨日もなかなかに寒い1日でした
特に風もあったので余計寒く感じましたね

DSC00471_R_20111226092646.jpg DSC00466_R_20111226092552.jpg
かなり放置状態になってましたが、ようやく昨日時間が出来たので、R129のロックシシンダーを交換しました
ちなみに、今回高いですがきちんと純正を使いました。ネットとか見てると修理してくれるとこもあるようですが、説明を見ると・・『修理後も微弱なオイル漏れはあります・・』『純正新品でもあります・・』とか書いてます
『ホントかよ』って感じです。新品で漏れるなら新車からでもしばらく動かしてるとサンバイザーの所から漏れてくる・・って事になります。。
まあ、ホントのところは分かりませんが、とりあえず、一番安心・・って事で純正新品を使いました

DSC00467_R.jpg
フロントウインドウ上のカバーを外すとこんな感じで左右にシリンダーが入ってまして、これがしっかりとソフトトップやハードトップをロックします。
画像の右側のシリンダーがオイル漏れを起こしているシリンダーで、この油漏れのおかげで助手席の上にボタボタ漏れてきます

DSC00469_R_20111226092550.jpg
大体、先に助手席側がダメになる事が多いようですが、遅かれ早かれ運転席側も漏れてきますので、左右同時交換しました
最後に、オイルを補充して完成です

これでようやく助手席のところにウエスを常備していたのが必要なくなりましたね
・・ただ、フロントを交換すると次はリアが・・・・・らしいです

DSC00470_R_20111226092550.jpg
昨日は日曜日でしたのでハコスカのオーナーが来てましたが、余りにも寒かったので、このデフを塗って『寒いけん帰る』と言って早退してました

ちょっと早いですが・・。

ここ何日か寒いですね~
昨日から完全防寒体制でやってます

さて、まだ残り数日あるので、ちょっと早いですが、昨日の夕方、今年最後であろう、車体の塗装をしました
DSC00462_R_20111225092315.jpg

DSC00464_R_20111225092314.jpg
この時間で工場の中の温度計は4度くらいです

DSC00463_R_20111225092314.jpg
ただ、ブースはバーナーを焚いているので17度あります

DSC00465_R_20111225092313.jpg
最近、ベースの段階からブースを焚いて塗るので、こうやって予めクリアーとか硬化剤をブースに持ち込んでます
前は湯煎したりしてましたが、温度調整が難しく、余り暖めすぎると大変な事になったりするので、こうしてます。
程よく温まって、いい状態でクリアーが使えます

さて、残り僅かですが、1台予定していたのが年明けに延期になったので、残りちょっとのんびりモードになりました・・といっても、まだ小物の塗装や一般修理、いつもの如く溜めてしまっている保険の協定見積・・等々ありますので、残り頑張っていきます

年末年始のお知らせ。

ちょっと更新が滞ってしまいましたね
12月中旬~後半ですが、お蔭さまで通常の板金塗装から小物関係の塗装まで色々といただいておりまして、遊ぶ事なくやってます
死ぬほど忙しい・・という訳ではありませんが、段取りなんかの関係で前回、昨日の定休日と出社してやってます
仕事納め後も年内は会社に来る予定ですので、12月はほぼ毎日会社に来る感じですね
極力、完全OFFの日を作ろうとは思ってるんですけどね~

さて、話が逸れましたが、12月29日~1月4日までは年末年始のお休みとさせていただきます
それに伴い、28日の定休日は営業日とします。
29日も大掃除その他もろもろ、30~31日も自分のクルマの関係で会社には出社する予定ですので何かありましたらご連絡下さい

さて、今日からちょっと寒くなるみたいですが、年内ラストスパート頑張っていきます

キャンディーの調色

今日は暖かい1日でした
これくらい暖かいと非常に作業が捗ります

DSC00432_R_20111213175530.jpg
今日も色んな事をしてましたが、その中の一つとして、キャンディーの調色をしました

簡単には出来ないと予想してましたので、予め、シルバーを塗ったテストピース(クリアー仕上げ)を作っておいて、それから調色の作業を進めていきました。

ちなみに、下のシルバーも予め、サンプルに近いメタリックに合わせてあります。

そして調色スタートですが、今回はカラークリアー仕様にていきます。キャンディーは染料を使う場合とカラークリアーを使う場合がありますが、染料を使った方がキャンディーらしさというか、深みが出ます。ただ、欠点として、非常に色抜けしやすく屋外で使うには・・どうかなと思います。もちろん、耐候性が高いクリアーを使うとかすれば多少はいいんでしょうけど・・。
また、今回みたいに調色が必要な場合、そんなにキャンディーの色を持ち合わせてません
どうしても普段使う事が無いですからね。。今、うちにあるのは赤とオレンジと青だけです。
当然、1種類の青で合う訳もありません。。

なのでカラークリアー仕様でいきますが、これまた、簡単にはいきません。。

DSC00437_R_20111213175527.jpg
これはデュポンの色の特性表ですが、青系だけでもこれだけ種類があります。この中で色々組み合わせて調色していきます。

DSC00435_R.jpg
ちょっと解り難いですが、左の方がスカシが赤っぽいです。

DSC00433_R_20111213175529.jpg
青系とバイオレット系を数種類組み合わせて・・

DSC00434_R_20111213175528.jpg
こんな感じですこの後、もう少し修正しました
・・左手がサンプルですね。サンプルが余りにも小さいのでイメージが掴みにくかったです。。

・・とまあ、キャンディーの調色もなかなか大変ですが、本塗りが一番大変です

上のテストピースを見てもらえば分かると思いますが、濃いところがあったり薄いところがあったりとムラムラだと思います。
調色ですので、カラークリアーの濃度を濃くして一気に塗ってますのでこうやってムラムラになります。。

本番はこんな塗り方だと1発アウトなので薄く薄く重ねていきますが、変に濃い(薄い)ところが出たり、クリアー溜まりが出来たり、またはクリアーが流れたりするともう修正は効きませんのでリスキーな塗装でもあります。。
また、カラークリアーの濃度によっても色が変わりますので、その見極めもシビアです。テストピースなら色んなとこに持っていって、濃度の確認が出来ますが、本塗りの時はブースの中から出せませんので

さて、今、クリアー中なのですが、2コート目いってきます

DSC00438_R_20111213184016.jpg
↑今塗っているのですが、今日は気温が高めなのでクリアーの馴染みがいいです


ガンも奥が深いです。

昨日、今日と寒いですね~まあ12月も半ばなのでこれくらいが普通なんでしょうけど・・。

さて、今日はちょっと専門的な内容です
塗装の際のガンの話なのですが、世界的に有名なメーカーというとSATA(サタ)とデビルビスというメーカーなのですが(工具でいうスナップオンとマックみたいなモノです)、デビルビスのフラッグシップであるGTi Proというガンの新しいタイプが出まして、デュポンの販売店さんがテストで持って来られました
・・とにかく新しいガンなので、グーグルの検索で “GTi Pro LITE”って入れても12月10日現在、本国のページばかりで日本語でのページは出て来ません・・僕が日本語初なのか、このblogを書いて、日本語での検索でトップにこのページが出て来ました

DSC00421_R_20111210185604.jpg
このガンですちなみに、商品名は GTi Pro LITEといいます

ちなみに、今回のテストの目的は、もちろんこのGTi Pro LITEのテストもありますが、

前回のイワタとデビルビスの勝負。

↑の通り、前回、水性塗料でイワタのピニンファリーナというフラッグシップモデルとGTi Pro で勝負しまして、ピニンファリーナの方がいい結果が出てしまいましたなので、この新しいGTi Pro LITEとピニンファリーナでどういう結果になるか・・という目的もありました

DSC00422_R_20111210185603.jpg
今回のテストのガンです。左から SRi Pro 、ピニンファリーナ、GTi Pro LITE、 GTi Proとなります。
この中でSRi Pro というガンは小範囲用で用途が違いますので、ただのテストです。
しかし、これだけ高級ガンが揃うのもかなり珍しい事で大変贅沢なテストです

DSC00424_R_20111210185602.jpg DSC00423_R_20111210185603.jpg
水性塗料で粘度をかなり高めにしてあえて悪い条件を作り、色々テストしました

気になる結果ですが・・トータル的にみてGTi Pro LITEが一番いい結果になりました
前回の勝負でも書いてますが、ピニンファリーナはとにかく繊細なイメージでGTi Proは豪快な感じでした。
ただ、基本的なガンの性能である、パターンの広さ(塗着する広さ)や微粒化はダントツにピニンファリーナが良く、GTi Proは悲しい事に一歩及ばず・・という感じでしたが、今回のGTi Pro LITEはその欠点をカバーしてる感じで、ピニンファリーナとGTi Proのいいとこ取りといったイメージでした
販売店さんはデビルビス派で前回、ピニンファリーナに負けたのが悔しく、今回負けたら・・って思われてましたが、無事リベンジ成功で安心されてました

ちなみに、ガンの話が出てきたのでうちで普段使ってるガンでも紹介します

DSC00425_R_20111210185601.jpg
SATAのNR2000というガンでクリアー専門で使ってます。とにかくパターンが広くて、塗着効率がいいので、広い面積でもかなり楽に塗れますただ、低圧という種類のガンでして、空気をかなり使いますので、エアーレギュレターやホースもそれなりの物を使わないと全く性能を発揮出来ません。。
昔、知識が無く、普通のエアーレギュレターを使ってたのですが、SATAの空気流量が多いレギュレターに変えて、劇的に良くなりました。『ドバ~っ』とエアーを供給する必要があります。
とにかく一度使うと、広い面積はこれで無いと塗れない・・って感覚になるくらい楽なガンです。今はバンパー位の大きさからは全てこれでクリアーを塗ってます。

DSC00426_R_20111210192027.jpg
これも同じくSATAでmini jet というガンになります。かなり小さなガンでして、小範囲で終えないとダメな場合とかにかなり威力を発揮しますこのガンを使うと小範囲でのボカシが相当楽です

DSC00427_R_20111210192026.jpg
デビルビスのアポロLというガンで、デビルビスの名機GTiの性能を引き継いだ水性対応のガンになります。
ボディーがマグネシウムで出来ており、かなり軽いガンです。ベースコート専用で使ってます。
デビルビスらしく、しっかりと出てくれるし、且つ繊細でお気に入りのガンです
・・ただ、このガンを買った頃はサイドカップが好きだったのですが、最近センターカップが好きになってきて、今、ベースコート専用にセンターカップの新しいガンが欲しいな~なんて思ってます
・・センターカップとは文字通りセンターにカップが付いていて、サイドカップとは、このアポロみたいに横にカップが付いているタイプです。やはりセンターの方が手首を振るのも振りやすいし、バランスがいいですね。

DSC00428_R_20111210192026.jpg
イワタのW101-142BPGというガンで、口径が1.4mmとちょっと大きめで謳い文句はクリアー専用となってます。いいと聞いて買いましたが・・↑の話の通り、SATAを使うと・・余りに性能が違いすぎで、今はイージーとか小物のクリアー専用で使ってます。小物ならパターンも狭くてOKですし、それなりにテロテロに仕上げられてまあ使えます。

DSC00429_R.jpg
これはイワタのW101-136BGCというガンで、化も無く不可も無く・・といった感じです。
今は完全に小物の下色専用で使ってます。

DSC00430_R.jpg
むか~しから使ってるイワタのW100というモデルで、サフ専用に使ってます。
ただ、ハイソリッドタイプのサフだと完全に負けてて、サフ専用の口径が大きなガンが欲しいと思ってますが、サフの為にガンを買うのが何かもったいなくて・・ついついそのままになってます

他にはイージーの定着液用にもう一つW100を使ってますので、計7丁ですね

まあ、道具に頼り過ぎなのもどうかと思いますが、ガン一つで作業が楽になって、仕上がりも良くなるなら全然いいと思ってます

・・GTi Pro LITE、今回は水性でのテストでしたが、溶剤での実作業でちょっと使ってみて、良かったら買おうかな~
・・でもSRiも良かったし・・欲しいものだらけですね

専門的な内容でしたが思いの他長文になってしまいました


固かった><

エアサス不具合その他もろもろで入庫いただいているW220ですが、新品のエアサスが届きましたので早速交換しました

DSC00414_R.jpg
部品ですが、純正だと今現在の価格で152,800円ほどしますなので、今回はビルシュタイン製の社外品を取り寄せました。社外品といってもビルシュタインですので信頼性は抜群です
もちろん、部品代もかなりお安くなります

今回、W220のエアサスは初めての交換でしたので、事前に色々と調べました
交換後、色々設定したり・・が必要なのかな~と思ったのですが、ディーラーでの事前情報だと、交換後、少しずつエアーを入れていけば特に設定は必要ないとの事。但し、場合によっては診断機で設定が必要との事でした。
DSC00416_R_20111208165903.jpg
なので、事前にうちの診断機で設定が可能か確認して・・

DSC00415_R_20111208165906.jpg
交換・・なのですが、上の画像のHEXがサビで強烈に固着していて、取るのが相当固く苦労しました。。
この固着以外は特に難しい事も無く、通常のストラット同様すんなり終わりました・・・といっても新品のエアサスは完全に伸びた状態ですので通常のストラット交換より色んな所を外す必要がありました。

そして、交換後、少しずつエアーを入れて完成です

DSC00417_R.jpg
今回、フロント右でしたが、次はフロント左・・次リア・・となるんでしょうか・・。

しかし、固かった


ちょっと焦りました~^^;

ちょっと忙しくなってきたので、朝一に1日の作業ノルマを決めてやってます

そして、今朝一番の仕事は・・

DSC00406_R_20111205183456.jpg
ちょっと分かりにくい画像ですが、ドアロックの不具合があるクルマの修理です
といっても、既に先日、バラシてある状態で、今日は部品を組み込むだけで完成の予定でした。
ちなみに、故障の状況としては、良くある故障で、ドアロックするアクチュエーター(モーター)の不具合です。

組むだけなので『10分くらいかな~』なんて思いながら外からドアを開けようとすると・・『ん?開かない・・』

『ロックしてしまったかな・・』と他のドアから車内に入り、ドアロックのノブを確認すると、開いてます。。
そして、車内のドアノブを開きますが・・ドアが開きません

ここでちょっとパニックですドアが開かないというのは結構焦ります。。

まあしかし、焦っても仕方ないので、冷静に考えてみると・・

ロックするアクチュエーターの不具合で、とりあえず、ドアロックからアクチュエーターのみ外す。
                   ↓
当然、そのままだと、ドアを閉めれないので、アクチュエーターが無い状態で、ドアロックをドアへ仮組み。
                   ↓
ここで何故かドアのロックを掛けた状態で仮組みしてしまい、気が付かず、ドアを閉めてしまった。。

という状態みたいです

室内のロック解除ノブを動かしますが、解除出来ません。。

この時点で、反対側のドアをバラシてドアロックの構造を確認しようと思いましたが、室内のロック解除ノブを動かすと、手探りですが、ちゃんとドアロックの部分のレバーみたいなのは、キコキコと動いていたので、

『あ~間違いなく何か部品が外れてしまったか、壊れてるんだ・・』と思い込んでしまい・・
・・ココでこう思ったのが全ての間違いです


そしてどうしていいか分からず、格闘する事約30分、『あ~最悪の場合、どうやって壊そう・・』とか考えながら、色々手探りで触ってると、何かの拍子に、『カチッ』・・と

無事開きました

まあ、結果から言うと、別に何も外れていた訳でも壊れていた訳でも無く、アクチュエーターが外してあったので、解除ノブを動かしても中のレバーが空回りしていただけでした。。なので、当初思った通り、すぐ反対側のドアをバラシて構造を確認すればすぐ解決していた・・という訳です

しかし、かなりラッキーだったのは、ドアロックに外からいたずら出来ないように白いカバー(画像に写ってるカバーです)があるのですが、ドアロックを仮組みする時に、そのカバーも付けようとしてました。ただ、何故かそのカバーは付けずに仮組みしてました。
もしそのカバーを付けてたら、外からのアクセスは無理になりますので、破壊しないとロック解除は出来ませんでした。。

しかし、ドアのロックが解除出来ないのは焦ります。。インロックなら最悪、JAFとか呼べばいいんでしょうけど。。

という事で、思い込みは怖いですね


久々にハマリマシタ><

今日は天気もよく、比較的暖かい1日でしたね

DSC00403_R_20111204172501.jpg
今日は昼からイージーの調色をしてました

サンプルはリアルウッドのパーツになります。。過去何回か書いていますが、リアルウッドはやはり本物の木ですので深みがあるというか、模様の陰影とか独特の色味・雰囲気があります。
しかし、イージーグラフィックスは所詮、塗装(インク)ですので、どうしてもリアルウッドと比べると違和感が出てしまう事が多いです

ただ、今回の車種は以前RMの時でしたが、かなりいい感じで仕上がった記憶があり、それ程、調色も苦労しないだろう・・って思ってました。

そして、昼から始めた訳ですが・・まあ、これが、合いません

もうRMも使う事が無いので、RMの時のデータは全て捨ててますし、テストピースも残してません。。
まあ、塗料が無いので、データは要りませんが、せめて、テストピースでもあればその色に合わせてデュポンで調色すればいいだけです。。ただ、そのテストピースも無いので、記憶だけが頼りです

余りにも合わないので、『過去、いい感じで仕上がったのも何か別の車種と勘違いしてるのでは・・』と思ったり・・。。

まあ相手がリアルウッドですと、色によってはどうあがいても無理で(特に濃紺がハッキリしているオレンジブラウン系)調色もそれ程追わないのですが、今回は以前合った(合ってたかもしれない?)記憶があるので、1度出来た物が出来ないのはプライドが許しません

・・とそんなこんなでやってたら昼過ぎから夕方5時過ぎまで掛かってしまいましたまあ何とか近い感じに出来たと思います・・まあリアルウッドですので完全には無理ですが・・

まあ、あと何年かすればデュポンでもデータがかなり蓄積されていくと思うので、この辺りの苦労は修行とでも思う事にします

さて、11月後半はすこしのんびりしましたが、色々と仕事のご依頼が重なってきました
今週から塗装やら修理やらちょっと忙しくなりそうです

・・なので、売ろうと思ってた軽自動車をとりあえず車検入れて12月は代車として使おうかな~って思ってたら、引き合いが入りました不思議とこういうものです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。