プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな事もあるんですね。

気が付けばもう9月も終わろうとしてますね
おかげ様で9月は色々と忙しい状態で、あっという間な感じでした

さて、ネタらしいネタも無いので・・今日はちょっと珍しい事でも・・

こちら

詳しくは ↑ の記事を見ていただくとして、ビックリですよね

店頭で30万円~くらいで売っているクルマがオークションで160万超えらしいです

輸出絡みらしいのですが、昔からたま~にこんな事があります。

そう言えば、何年か前は輸出向けが凄くて、オークション会場も外人ばかりだった時もあります。
また、これも輸出向けですが、ちょっと古いベンツとか置いてると、しょっちゅう、外人が
『あのベンツいくら?』って感じで買い付けに来てました。
最近は全く来なくなりましたが・・

しかし、こうやって高騰する直前にマーク2を出品してた人もビックリだったでしょうね
ホント、何が起きるか分からないですね

スポンサーサイト

ハコスカシリーズ18

前回の3連休は生憎の天気でしたが、今回の3連休は天気も良さそうですね
今日もホントいい天気でした

さて、ハコスカですが、前回のblogの通り、今、ボディーは別のお店で切り替え中なのですが、オーナーさんは
相変わらず毎週休みには来て、何かとしております

ここしばらく、廃材を集めて何かを作ってたのですが、こんな物を作ってました

DSC00299_R_20110923171851.jpg DSC00302_R_20110923171930.jpg DSC00301_R_20110923171930.jpg
これじゃ分かりませんね

DSC00300_R_20110923171851.jpg
中はこんな感じですブラストのBOXです。
今日はデフケースをブラストかけてました
・・・より雰囲気が出るように、赤の塗装の仕事が入って来たら、このBOX、赤で塗ってあげましょうかね

しかし、足回りからボディーまで全てブラストかけるらしいのですが、どれくらい時間掛かるんでしょうか・・
これだけモチベーションを保てるのは感心します

さて、かなり集中していたイージーですが、ようやく目処がつきましたもう一息です。
朝から晩まで全て作業に集中出来ればもう少し早く出来るのですが、突発の車検なんかがあったりで、なかなか時間が掛かっております

DSC00296_R_20110923171852.jpg DSC00298_R_20110923171851.jpg DSC00295_R_20110923171852.jpg
左と真ん中のゴールドチェスナットは今日、最終のクリアーも終わりました。後は焼いてゴミ取って完成です
右のカラーウッドの方は、今日、転写&1回目のクリアーまで終わりました。完全乾燥後、中研ぎ&オーバーコートクリアーへと進んでいきます
これと別に1セットご依頼いただいてますが、そちらも下地を進めております。

さあ、他にもクルマの板金塗装等いろいろお待ちいただいてますので、3連休も頑張っていきます


キャンディーっぽく。

今朝は一気に気温が下がってます
朝一番、工場の中の温度計は20度しかありませんでした
まあこれでようやく例年並って事でしょうか

DSC00286_R_20110919091808.jpg DSC00287_R_20110919091807.jpg DSC00288_R.jpg
こちらは昨日、中研ぎを入れてオーバーコートのクリアーを入れたイージーです

今回、オーナーさんの希望が雑誌に載ってたクルマのイージーされたパーツだったのですが、そのパーツはキャンディーで施工されてました
ここで、キャンディー塗装をご存知で無い方に簡単に説明すると、シルバーの上(この限りではありませんが・・)に色(染料や顔料)をクリアーに混ぜた物を上から塗装することにより、下のシルバーが透けて見え、飴玉のように見える塗装のことです。まあ、簡単に言うと、シルバーの上に色の付いたセロファンとかを被せた感じですね。
特徴としては、独特の深みというか、色味が出ます。カスタムやバイクの世界では定番ですね

その雑誌のクルマはキャンディーでしたが、今回、パーツが30点ほどあり、キャンディーで施工するとかなりの金額になってしまいますまた、フィルムの関係もあり、オーナーさんが希望の柄ですとキャンディーの施工は難しい状況でした

という事で、下色で何とか色々工夫しまして、何とかキャンディーっぽく仕上げることが出来ました
真横でキャンディーのパーツと比べると・・ちょっと厳しいですが、単体で見る限りはかなりキャンディーっぽいと思います・・現物は画像よりかなりキャンディーっぽく見えます

さあ、怒涛のイージーのラッシュももう一息です

その他昨日は・・

DSC00283_R_20110919091809.jpg DSC00284_R_20110919091808.jpg DSC00285_R_20110919091808.jpg
C63のIさんが、オリジナルのバンパー製作の作業で、純正バンパーの取り付け状態での寸法等の確認のため、来店されました。
そして、先日抜いておいたFRPの作った部分をちょっと遊びで現車に合わせてみました
今回、別体のパーツを一体化させますので、実際よりも小さめに作ってますし、まだまだ形も全然整ってませんが、こうやって現車に合わせると、結構雰囲気は掴めました

DSC00644_R_20110919091901.jpg
ちなみに、元の状態はこれです

いや~、ちょっと付け加えただけですが、思いっきりイメージが変わりますね
たったこれだけで車高も低く見えますし、何しろC63の押しの強い顔が更に強烈になりました

Iさんも『ん~。これはイイ』ってかなり気に入っていただけたようです
尚、今回、あえて塗り分けはせずに同色でいくことにしました。塗り分けだとどうしても“取って付けた感”が出ますが、同色ですることにより『ん?純正バンパーだけどちょっと違う・・』っていうイメージにします
切った貼ったすればどんな形のバンパーでも作れますが、こういったさりげなくもイメージが全然変わるというのも大人なドレスアップという感じでいいですね

さて、3連休最終日も生憎の雨ですが、どうぞよいお休みをお過ごし下さい


補修は厳しいです。。

台風の影響か、ちょっとスッキリしない3連休になってしまいそうですね
相変わらず蒸し暑いですし、早く秋っぽく『カラっと』なって欲しいものです

さて、フランクフルトモーターショーが開催されてますね
なかなか面白そうなクルマも多数出展されていますが、塗装屋の観点からちょっと『おっ』と思ったクルマがあったので紹介します

alfa4cfm.jpg
アルファロメオのコンセプトカーなのですが、ライトウェイトでネットを見てると事前の評判も上々のようです
かなり前から情報は出てまして、いいかも~ってちょっと思ってたのですが、いよいよショーに出てきたら・・
なんとこんなカラーで出てきました

詳しくはココをご覧下さい。

詳しくは↑を見ていただくとして、最近、この金属っぽい塗装、ホイールとかで流行ってますよね~。
どうしたらこうなるかというと、黒の上に専用のシルバーを塗って、そのシルバーを薄く塗る事により、下の黒が微妙に透けて金属っぽくなる訳ですが、非常に難しい塗装で、塗り方を誤るとただのシルバーになってしまいます
また、ガンも0.8とか1.0とかの小さな口径で塗るのですが、ホイールはまだしも、ボディーは・・大変です

↑のリンクの記事にもありますが、ベンツのSLSで『アルビーム』という似たような仕様の色があり、それについて先日販売店さんが言ってましたが、日本で発売された時、各地方でこの色を補修出来る工場を先に探したそうです。
もし出来る所が無いと、横浜のセンターでしか補修出来ないので、その旨購入時に伝えておかないと、
補修の時に『すみません、実はこの色、横浜じゃないと補修出来ないんですよ・・なので横浜に運ばないと・・』ってなってしまいます。。
詳しい内情は知りませんが、僕個人的には、横浜に持っていったからといって多分、普通の色のように綺麗に補修は無理だと思います・・あくまでも個人的な意見です。

まあ、カッコイイんですけどね塗装屋から見たら非常に危険な色ですね

さて、イージーや小物塗装のラッシュが続いてますが、順次進めております

DSC00276_R.jpg 
こちらは塗り分けの塗装ですが、この時点で・・

プラスチックプライマー → サフェーサー → サフェーサー研ぎでシボ取り → シルバー塗装
が終わっておりまして、塗り分けのマスキングをしております。

DSC00277_R_20110918091835.jpg DSC00282_R_20110918094350.jpg
そして黒を入れ、クリアーで完成です
こうやって書くと、簡単に終わってる感じですが、思ったより結構な時間が掛かってたりします。
小さい=簡単ではないですね。材料代はかかりますが、この小物の2色塗り分けと、バンパーの2トーンをどちらか選べって言われたら迷わずバンパーの2トーンを選びます
ただ、小物の塗装が楽な面もあります。それは“塗り肌”です。
クルマの場合は塗り肌を考えながら塗る必要がありますが、小物の塗装は気にする事なく、“テロテロ”に塗ればOKです
その辺りは楽ですね

余談ですが、大きな物とこういった小物ですが、使うガンも使い分けてますが、塗り方(ガン距離・ガンスピード)も全く違います・・まあ書くと長いのでまた別の機会にでも書きたいと思います

DSC00280_R.jpg

こちらのお客様はイージーもご依頼いただいておりまして、そちらの方も順次進めております。

DSC00281_R.jpg
他もどんどん進めております

さあ、今日も1日頑張っていきます


ず~と研ぎばっかり^^;

先日のblogで少し書きましたが、何故か尋常じゃなくイージーとか小物の塗装のご依頼が重なってます

DSC00273_R_20110915193000.jpg DSC00274_R_20110915193000.jpg DSC00275_R.jpg
これ以外にもまだ入庫を待ってもらってる分とかが沢山あります

さすがに量が量なので一度に全て施工は出来ませんが、下地処理など可能な限りまとめて行い、少しでも納期が短く出来るようにしております

今日もちょっと外出したりもしましたが、基本ず~と研ぎやサフ打ったりの作業をしてました

他にも事故や故障のクルマが重なってしまってますが、ちょっとこれらの小物関係を少しでも進めておかないと、この状態でクルマの修理を入れても大変効率が悪くなって、大変な事になりますので、入庫を待っていただいたりしております。
お待ちいただいているお客様にはご迷惑をお掛けしておりますが、順次進めておりますので何卒宜しくお願い申し上げます。

しかし、こうやって仕事をいただけるという事は本当に有難いことです

さて、ちょっと一息ついたのでまたサフ研ぎを進めてきま~す

やっぱり餅は餅屋ですね♪

いや~。。昨日も暑かったですね
ちょっと塗装するだけでグタグタになってしまいました

さて、そんな昨日ですが・・


同級生のO君がこれまた同級生のK君の原チャリを修理してました
聞くところによると、親戚の家でかれこれ10年くらい眠ってたらしくて、キックも下りず、完全に始動不良との事

そして昔10年くらいバイク屋でメカをしていたO君に修理を頼んだのですが、まあやっぱり早いです。
あっという間にキャブまでバラシて、小1時間・・

DSC00260_R.jpg DSC00261_R_20110912090514.jpg

無事エンジンが掛かりました

K君も元々クルマの整備士やらチューニング屋(当時全国的に有名な名古屋のショップ)にも居たのですが、バイクはさっぱりのようです。

やっぱり餅は餅屋ですね

さて、有り難い事なのですが、不思議とイージーのオーダーがあれよあれよという間に尋常じゃ無いくらい重なってしまい、かなり忙しくなりそうです
車体では無いので、工場はスッキリしてますが、まとまった内装パーツを見てると、スゴイ数です
ただ、逆にイージーの場合、車体と違って下地処理とかは全て一緒に出来るので、そういった意味ではまだいいですね
という事で今週も頑張っていきます

イメージがかなり変わりますね^^

ここのところ、それ程バタバタという訳ではありませんが、車検などが重なった為、遅くなりましたが、
R129のスモーク塗装も塗り上げて、昨日取り付けました

DSC00221_R.jpg
元々の状態です。画像では解り難いですが、結構 『赤!』 って感じでちょっと明るすぎな感じでした

DSC00253_R_20110909185554.jpg DSC00255_R_20110909185554.jpg
先日、調色したデータで染めました

DSC00257_R_20110909185553.jpg
そして完成です
現物は画像で見るよりもう少し明るい感じです
もちろん、これくらいの濃度だと、反射板も問題ありませんし、各灯火の色も問題ありません

DSC00258_R_20110909191059.jpg

僕個人的には、黒すぎず、かといって明るすぎずいい感じかな~って思ってます

ただ・・

今回、オーナーさんの希望は全く聞かずに勝手に塗りましたが、オーナーさんの性格を考えると、何となく『まだ黒くしてよ~』って言われそうな気がちょっとしてます・・
そこがちょっと不安ですね 気に入ってくれるといいんですけど・・。

さあ、またこの週末暑くなりそうですねまだ、朝9時過ぎですが、既に軽く汗ばんでます

早く涼しくならないですかね。。

分解作業。

また少し暑くなってきました
朝晩は涼しいですが、昼間はやっぱり暑いですね。。こういう時は体調管理をしっかりしたいと思います。

DSC00251_R.jpg
イージーをしています

イージーをする際によくあるのが、非分解パーツの分解作業です。

DSC00247_R_20110909092618.jpg
例えば、今回のこのルーバーなのですが、もちろん、このルーバー部分も施工してしまっても良いのですが、出来ればメリハリを付ける意味でもここは純正のまま残したいところです。
ただ、このルーバーは接着で強烈に付いており、簡単には取れません。。
最悪、施工が終わった時にツヤ消し処理しようかと思いましたが、中途半端な隙間もありマスキングも面倒です。。

DSC00248_R_20110909092618.jpg DSC00249_R.jpg

という事でこんな感じで何とか取りました
接着が結構強烈に付いていて途中諦めかけましたが・・

DSC00250_R.jpg
・・とこんな感じで、非分解部分も可能な限りバラシております。
(但し、基本、非分解部分の破損に関しては免責とさせていただいております)

しかし、こうやって色々内装パーツを分解していたら面白い事もありまして、結構こういった内装パーツの開閉するパーツとかクルマのメーカーが違っても下請けが同じ所なのでしょう。全く同じパーツが有ったりします
今回の震災後、各メーカーで共通部品を増やそうという動きがあるみたいですし、これから益々増えるんでしょうね


チクチクします^^;

朝方までちょっと雨が残りましたが、日中はカラっとして大変気持ちがいい1日でした

C63のオリジナルフロントバンパー計画ですが、合間でちょこちょこ進めております
前回、オーナーさんとある程度の形状の打ち合わせが終わった所でしたが、その形状をイメージして
進めていきます。

DSC00223_R.jpg
大雑把に発泡ウレタンをカットしていましたが、もう少し細かく整形していきます。
発泡ウレタンはあくまでもベースでして、最終的にはFRPで作りますが、そのFRPの厚みを見越して、多少小さめに整形しておきます。

DSC00225_R_20110905181701.jpg
本当はこの時点でFRPは貼る予定ではありませんでしたが、整形するのに発泡ウレタンが柔らかいのと、発泡ウレタンを小さめに整形し過ぎたのでFRPを貼ってある程度の形を整形します。
(この時点でガチガチですのでこのまま最終まで進んでも良さげですがここからまだ大幅に加工していきます)

DSC00234_R_20110905182656.jpg
そして大まかに整形が終わりました
(あくまでも大雑把に形を作った程度です)

DSC00235_R_20110905182656.jpg
そしてガムテープを貼り、その上からまたFRPを貼り付けます。

DSC00237_R_20110905182656.jpg
その後、FRPが硬化したらガムテープから剥がします。するとFRPのベースとなる物が出来ます。

DSC00238_R_20110905182656.jpg
ちょっと勿体無い気もしますが、この純正バンパーに貼り付けた発泡ウレタン、FRPは全て取り除きます。
そして、先程作ったFRPのベースを新たにバンパーへ貼り付けて整形していきます
しかし、やった事ある方なら分かると思いますが、ホントFRPの作業は体中がチクチクします

まだまだ先は長いですが、頑張っていきます

その他今日は車検に走ったり色々してたのですが、知り合いの業者の人がちょっと珍しいクルマにのって来ました
DSC00230_R_20110905181701.jpg DSC00233_R_20110905181700.jpg
レクサスのLX570です
日本では販売されてないアメリカ並行車になります。

DSC00231_R_20110905181700.jpg DSC00232_R_20110905181700.jpg
なので当然左ハンドルで、ナビもこんな画面しか写りません

何か、この辺りの日本車の4駆の左ハンドルを見ると・・

その①

その②

その③

その④

これを思い出しますしかし今考えるとこんな事よくやったな~

良く壊れます^^;

台風が来てますね
福岡からはちょっと離れたルートを通りますが、それでも少し風が強い気がします。
しかし、考えてみると、ここ丸2年、福岡は直撃してませんね~。今年も直撃しないんでしょうか

代車のうちの1台のミラジーノですが、久々に帰ってきて動かしてみると・・

DSC00215_R.jpg
チェックランプが点いてしまってます
早速、診断してみると、O2センサーのヒーター断線による異常でした

DSC00216_R.jpg
早速、部品を手配して交換後OKです

しかし、ダイハツのクルマ、ホントO2センサー良く壊れますね。。うちでも良く交換してます。
良く壊れるからなのか、金額が5,200円とビックリするくらい安いです。ちなみに、これはエキマニ側ですが、エキゾーストパイプにも1本付いてまして、そちらは25,000円と、結構な金額です
まあ、ベンツとか純正だと1本40,000円くらいしますのでまだ安いですが・・

その他・・
先日の続きでスモークの色調テストをしてます

DSC00217_R_20110902093232.jpg
雰囲気が出るようにペットボトルをカットしてそれをテストピースにしてみました
色を足してみたり、配合を変えたりして色々試してます

DSC00219_R_20110902093231.jpg
そして、1個、廃車するクルマのテールレンズを塗ってみました
これは黒にバイオレット系と青系の色をそれぞれ少しずつ足して塗ってみました

個人的にはもう少し青っぽい方がいいかな~って感じですね
ただ、青が効きすぎるとちょっと・・という感じですので、頃合いが難しいところです

まあ、最近の新しいクルマのように透過型のテールレンズじゃなければどれ塗ってもそんなに変わらないんですけどね

とりあえず、今、もろもろの作業で入庫中のR129でご依頼いただいてるので、ちょっと塗ってみようと思います



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。