プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最悪な塗膜。。

昨日はかなり暖かだったですね~
塗る時もシンナー遅めにして塗りました

さて、ちょこちょことblogで書いているR129ですが、その後、話の流れからオールペンする事になりました
・・HPの方にも書いていますが、基本的に今、オールペンはお受けしておりません。但し、レストア・・という状態で無く、且つお時間も相当(ある意味無期限)にいただける等々・・の状況によってはお受けしております。

このR129も『徹底的に綺麗に・・』という訳では無く、『剥がれとかの目立つ傷が無くなれば・・』的な感じだったのですが、どうしても日常業務の合間での作業ですので気が付けばかなりの日数が経ってしまいました
・・大変申し訳ありませんが、金額を安くお受けしている分、日常業務が優先となります。。

とりあえず、板金もそこそこに少しずつ作業を進めて、先日とりあえずボディーを塗りました

しかし、塗っていると、途中、とんでもない事になりまして・・。

DSC01123_R_20110225093339.jpg DSC01124_R.jpg DSC01125_R_20110225093337.jpg
ボンネットに色が入った状態です。ちょっと解り難いですが、ペーパーの傷部分がチヂレてます

もともと、このボンネット、

こんな状態だったのですが、『普通に研いでいけるだろう』って事で飛び石だけ軽くサフで拾って塗りました。。
↑のblogでも書いていますが、完全な修理は剥離しかありませんが、オーナーさんはそこまでは望んで無く、とりあえず、ある程度綺麗になれば・・との事でしたので、ある程度研いで色~クリアーといく予定でした。。

ところが、色を入れた段階でこの状態です。。要は、ベースの色が旧塗膜を侵した訳ですが、ありえません。。
ちなみに、去年8月にデュポンを入れて初めてチヂレました・・RMの時は良くチヂレてましたが~

この状態で、ある程度チヂレた部分を研いで修復も可能ですが、仕上がり(時間が経った時の状態)は絶対に良くありませんので、ボンネットは諦めてもう一度やり直す事にしました

DSC01132_R.jpg DSC01133_R_20110225093414.jpg DSC01131_R.jpg DSC01130_R_20110225093336.jpg
そしてボンネット以外はとりあえずクリアーまで終了させました。

DSC01134_R.jpg
後日、ボンネットのやり直しですが、サフェーサーをとりあえず入れればOKかなと思いましたが、何か嫌な予感がしたので、

エポキシサフェーサー
    ↓
乾燥後再度研いで
    ↓
通常のサフェーサー
    
という工程にしました(相当な手間です。。)
もちろん、何度も書いていますが、完全な修理は剥離しかありません。。

DSC01136_R.jpg DSC01137_R.jpg
そしてとりあえずボンネットの塗りも終わりました

しかし、呆れるくらい最悪な塗膜でした。。まあ、考えてみればボンネットをど真ん中でボカスような塗装の仕方なのでどうやって塗っているか??ですよね。。
チヂレた次の日、ちょうどデュポンの代理店の人が来たので、見てもらったらラッカーのクリアーか、もしくは2液型の塗料で、硬化剤の配合ミス等による硬化不足では・・との事でした。。

久々に疲れました~


スポンサーサイト

クロスカーボン

昨日の定休日は珍しくフルで休みをいただき、1日全く会社に来ませんでした
気が付けば、今年は元旦以外会社に来てない日が無かったです。。
しかし、おかげさまで相当リフレッシュ出来ました

DSC01104_R_20110224092205.jpg
以前から良くお問い合わせをいただいていたのですが、サンプルテストで『う~ん』という感じでしたので入れてませんでしたが、この度イージーグラフィックスのフィルムで “クロスカーボン”(綾織カーボン)という柄を導入してみました

仕上がりは画像のような感じです

サンプルですと今一イメージが掴みにくいですが、パーツに施工するとそれなりの雰囲気が出ます・・今回施工したパーツもあるのですが業者様からの依頼ですのでパーツへの施工画像はまた何かの機会にアップします。。

弱点としては、余りにも精細な柄の為、本当に微細な柄抜けや柄伸びがかなり目立ってしまいます。。
なのでその点ご了承いただいた方のみ・・という感じでしょうか。。

ちなみに、今までの定番のグラデカーボンとの使い分けですが、『やった感』はクロスカーボンで、無難に仕上げるならグラデカーボンかな~と思ってます

後は如何に本物のカーボンに近づけれるか色々染を入れてみてテストしてみたいですね
・・メーカーからは『クロスカーボンは余り染めれません・・』と言われましたが・・
まあ、おいおいテストしていきます

さて、今日も大物の塗装が待ってますので頑張っていきます


ハコスカシリーズ16

ここにきて一気に進んでいる感があるハコスカですが、とりあえず、新品パネルの下地を行なっています

先日のblogの通り、新品パネルの電着を剥がしてセプターを塗っているのですが、その上からエポキシのサフェーサーを入れます。

DSC01122_R.jpg
僕が動くとどうしても工賃が発生しますので、オーナーへガンの使い方を教えて、材料を量り売りし、オーナー自ら塗ってもらいます・・僕が日常の業務で忙しいのでする時間が無いというのもありますが・・
まあ、サフェーサーなので少々流そうがバサ付こうがOKなのでとりあえず出来る事は全てオーナーにしてもらいます
(それに、時間工賃で考えると全て僕が全てしたら、ちょっとずつの作業でも最終的に相当な工賃が発生しますので・・)

DSC01126_R_20110221090929.jpg
その後、新品リアクォーターの剥離をしてました。。
やはり電着の下に結構、サビが居たようです
電着だから剥がさない方が・・とそのまま上からサフェーサー塗ってたら、数年で間違いなくサビが浮いてきます。。
過去、知り合いが、新品長期保管の古いクルマの電着されたボンネットをサフェーサー入れて塗ったのですが、2年くらいで錆びてきました。。
もちろん、電着は研ぐ時に鉄板を露出させてませんし、ましてや水研ぎもしてません。。古いクルマで鉄板の防錆処理が今ほど良くなかったのと電着の下に錆が居たと思われます。。
・・ホントサビって怖いですよね。。

という事でボチボチですが、ハコスカも進んでます


ガラス磨き。

500の作業もほぼ終わり、久々にガラスの撥水コーティングでもしようと思ったのですが、その前に前から気になっていたワイパーの傷を磨いてみました

ちなみに、ガラスのウロコは専用の溶剤がありますのでそれを使えば比較的簡単に落ちますが、強烈な油膜や傷はやっぱり磨かないと落ちません。。

DSC01096_R_20110217092020.jpg
ネットで色々と調べて、このセリウムの粉を買ってみました。
水と1:1で割る事によりガラス用のコンパウンドが出来るようです。

DSC01095_R_20110217092020.jpg
そしてこちらがガラス研磨用のバフです。フェルト生地が貼ってあります。

DSC01094_R_20110217092020.jpg
そして磨いていきますが、やはり相手がガラスという事で固くてかなり根気がいる作業でした~
一応セリウムの粉と水とを1:1と書いてありますが、多少セリウムの粉が多い方がいいかもしれません。。
完全には落ちませんでしたが、余り磨きすぎてガラスが歪んでも嫌なのでとりあえずはOKとします
ただ、後で四隅を手磨きしようと思ったのですが、セリウムの粉を使い切ってしまい、次回に持ち越しです。。

とりあえず、四隅以外はスッキリしました

ガイドコート。

またまた寒いですね~。。
ただ、前回、マイナス・・を経験してますので、気分的には多少マシです

過去、何回か書いていますが、サフェーサーを研ぐ時に、ガイドコートという物を使ってます。
これは、黒い粉末というかススのような物で、これを塗る事により研いだ所がハッキリ見えて研ぎ残しを防いでくれます。

こんな感じで使います。

ただ、僕だけの感覚的な問題かもしれませんが、このガイドコート、数年前からちょっと薄くなったような気がしてます。。
昔は結構黒くて、しつこい感じが、何かサラッとした感じで研いだらすぐ落ちてしまいます。。

という事で、最近、小物に関しては、缶スプレーを使う事が多くなりました

DSC01046_R_20110214092341.jpg DSC01047_R_20110214092341.jpg
こんな感じでパラッと缶スプレーの黒を吹きます。

DSC01048_R.jpg
そして、研いでいくと、研いだ所はちゃんとミストが消えてます。
ガイドコートと違って、水でも簡単に流れませんし、しつこい感じでなかなかGOODです



DSC01091_R.jpg
昨日は寒かったので工場の中に篭って、これらのパーツのゴミ取りやつや消し仕上げをしてました
結構な数ですのでかなり時間がかかりましたが、きちんと終わりました

さて、今週も色々と予定が詰まってますが、頑張っていきます


適度に乗らないと・・。

またちょっと寒くなるみたいですね。。
ここしばらくかなり暖かい日が続いてたので余計に寒く感じますね

さて、500ネタですが、オールペンの作業もほぼ終わりました
かなりやっつけ的な感じですが、自分のクルマがずっと工場の中を占領してるのは邪魔なので、後はボチボチ仕上げていく感じで、まずは乗れるようにします

DSC01078_R_20110210093848.jpg
分かりにくいですが、ずっと動かさないでいる間にレベライザーのオイルが漏れてきました
レベライザーのオイルタンク部分のホースからなのですが、

元々古くなってホースが硬化していた。
       ↓
    寒い日が続いた。
       ↓
オールペン作業でずっと動かさないので熱が入らず余計にホースが硬化した。
       ↓
     オイル漏れ。

・・・といった感じだと思います。。

DSC01079_R_20110210093847.jpg
という事で、交換しました
ホースも国産品に換えようかとも思いましたが、今回はとりあえず純正を買いました。
同時に、こういった時しか絶対に換えない・・と思ってタンクも交換しました。

DSC01080_R.jpg
タンクも綺麗になってスッキリです

DSC01082_R.jpg
元々余り強くなかったバッテリーも動かさない間に弱くなってたので交換します
・・充電すればまだまだ使えますが、もう3年くらいは交換されてないのと、バッテリーとタイヤはケチってロクな事はないので交換しました

クルマはやっぱり適度に乗らないとダメですね


暖かいので。

昨日はホントに暖かい1日でした
防寒着着て作業してるとちょっと汗ばむ感じでした。

DSC01075_R_20110205090806.jpg
余りにも暖かだったので久々に表に出て作業してました


やっと塗りあがりました~。

昨日は定休日でしたが、ちょっと仕事をして、500の作業をしてました

DSC01068_R.jpg
ようやく塗りが全て終わりました

DSC01069_R_20110203092139.jpg DSC01071_R.jpg DSC01072_R_20110203092138.jpg
一応、これらのパーツで全て塗りは終了です
・・画像では綺麗に見えますが、実際はこのサッコパネルも小さな飛び石は拾わずに手を抜いてたりしますが・・
休みの時しか作業出来ないので、完璧にしてるとそれこそ半年スパンとかになってしまいます。。

しかし、気が付けば1月も元旦以外毎日会社に出てきてます。
後はこれらのパーツの組み付けや、その他もろもろで後2~3週間くらいでしょうか・・。
・・2~3週間といっても休みの度ですので実質2~3日です
いい加減ちょっとは休みたい気分です。。

とりあえず、もう一息です

今朝は暖かいです^^

今朝は久々に暖かいです
早く春が来ないですかね~。今年は特に待ち遠しいです

今日から2月ですね。つい先日、正月だった気がしますが・・早いです

さて、今日は1日なので、恒例の一日参りで近所の宮地嶽神社へ朝早めにお参りに行ってきました

うちに出入りしている商売されている方が結構皆さん行かれてたので『うちも行こう~』って感じで行き始めたのですが、もう4~5年になります。

DVC00036.jpg
朝の境内は何か清清しくて好きです

DVC00037.jpg
お参りして、その後、5円玉を1枚いただきます。

DVC00038.jpg
そして、前の月にいただいた5円玉をこちらに結んで戻します。

・・とこんな感じで毎月お参りしています。

しかし、こうやって毎月1回ですが、決まった日に何かするっていいですね
このお参りも『さあ、今日から新しい月が始まる・・』っていう気分になれます

さあ、2月はかなり忙しい感じになりそうです
体調管理には気をつけて頑張っていきたいです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。