プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイル管理。

DSC00405_R.jpg
エンジンから『カタカタ』とタペット音がしていたのでタペット調整をしようとカムカバーをはぐってみました

結果・・・ご覧の通りで大変な事になっています。。


スラッジというよりヘドロ状態になっていて、非常に危険な状態です。。

DSC00406_R_20100628093121.jpg
カバーの裏もこんな感じで真っ黒になってます

とりあえず、タペット調整をして異音は完全に消えたので良かったのですが、これはちょっと酷かったです。。

オイル管理さえちゃんと行なっていればこうなる事はありません。

オイル交換も工賃込みのリーズナブルな価格で行なっておりますのでお気軽にご相談下さい

スポンサーサイト

カッチリ刺さってました。。

昨日は良く雨がふりましたね~
調色を軒下でしていたのですが、雨が横から降ってくるので作ったテストピースがすぐ濡れてしまい、全く調色になりませんでした。。


一昨日の事ですが・・
お客さんからタイヤがパンクしたのでタイヤ交換のご依頼を受けました。
タイヤ交換は近所のタイヤ屋さんへお願いしているのですが、交換が終わって帰って来たタイヤを見てみると・・

DSC00394_R.jpg
こんな感じで金属の棒状の物がガッチリ刺さってました
タイヤって回転しながら踏むので例えばクギとか簡単に刺さってしまいます。。
エアーが抜けない場合、意外と皆さん気が付いていない場合も多かったりします。
とりあえず大事に至らなくて良かったです。

DSC00400_R_20100628093056.jpg
さてこちらはお待たせしておりましたW140のグリルですが、ようやくメッキの棒を取り付けました
ただ、いくら完全乾燥して塗面が強くなっているとは言え、かなり危険ですのでこうやってメッキの棒と本体の間に調色用の極薄シートを挟んで2人でゆっくり慎重に取り付けていきました。

DSC00401_R_20100628093055.jpg
こんな感じで隙間に挟む事によりメッキの棒の角が当るのを防ぎます。

DSC00403_R_20100628093054.jpg
そして格闘する事30分。ようやく全て取り付け出来ました
画像では分かりにくいですが、ほぼクリアランスゼロです。。メッキの棒がちょっとでも擦れると角という事もあり直ぐ傷ついてしまいます。。
良くあるコピー品のグリルだとクリアランスが広いので全然問題無いのですが、純正はさすが造りが違いますね。

しかし久々に緊張しました~

DSC00407_R.jpg
そして完成です

この調色のシートですが、極薄で強度もかなりあるので、色々と使ってます。例えばルームランプのレンズの脱着ですが、マイナスドライバーとかでこじると傷が入ったりしますよね。そこでちょっと間に挟んでやると傷が付かずにいけます。パテヘラとかを挟んでもいいのですが、薄い方がいい場合にいいですね
後、極薄なので、縦に切ってトリムテープ代わりに使ったりしています。
普段はは専用の物を使ってますが、費用を余り掛けれない塗装とかの場合、これをゴムに差し込んでマスキングテープで少し浮かせてトリムテープ代わりに使ってます。

さあ、月曜日ですね。今日も蒸し暑いですが、頑張っていきましょう

備えあれば憂いなし。

DSC00396_R_20100627091200.jpg
BMW1シリーズにレーダーの取付けをご依頼いただきました

DSC00395_R.jpg
ボディー一体型ですが、いつもの通り、配線は隠してしっかりと取り付けます

最近のBMWは電源を取るところが中々ありません。
ETCはOBDポート(診断機とかを繋ぐところ)から取ってありました。消費電力が少なければ問題無いと思いますが、ディーラーでは絶対に取っていないのとやはりコンピューターが絡むので気分的に嫌で、別に安全と思う場所を探してそこから取りました。

設置場所も見やすくていい場所があって良かったです

しかし、レーダーって、普段は要らないんですけど、『あっ 』って時はすでに遅いですので、スピードを出される方は是非設置をオススメします

DSC00398_R_20100627091158.jpg
その他、イグニッションコイルも
スプリットファイア スーパーダイレクトイグニッションシステム というパーツへ交換させていただきました。
交換は、純正のコイルと交換するだけですが、コイルにたどり着くまでにフィルターやら何やらを外す必要があり、そちらの方に時間が掛かってしまいました~

DSC00397_R_20100627091159.jpg

今回もお客様のお持込みだったのですが、午前中にお預かりして夕方ご納車という感じです。
土日も営業していますので、お休みを利用してのパーツ持ち込み取り付けも是非ご相談ください。
(事前にご予約をいただければ作業中の代車も用意できます)

白くなりました~。

ずっと雨が降ってますね~
昨日は結構激しく降っていて工場の中へ降り込んでくるのでシャッターを途中まで下ろして仕事してました。

DSC00386_R.jpg
E65のフォグをHIDにしています
H3Cなのですが、口金の形状がちょっと変わっていて、色々加工が必要でした。。

DSC00388_R_20100626091818.jpg
元々の受け金具を利用してしっかり固定出来る様にしました

DSC00393_R_20100626091817.jpg
そして点灯です

DSC00390_R_20100626091818.jpg
今回、フォグを6000KのHIDにするにあたり、ヘッドライトのバーナーもそれに合わせて6000Kへ変更したので、白くなっていい感じです

HID化はかっこよくなるのも当然ですが、明るくなり、夜かなり走りやすくなりますのでオススメします

バラしたらすごい量になりました~。

DSC00383_R.jpg
W124ワゴンのボディー同色化です

知り合いの業者さんからの依頼で、『合間合間でよければ・・』っていう事で話をしていたのですが、先日入庫しました。
全て部品取り車両から外した分でこれを全てボディー同色に塗ります

特に納期は無いのですが、とりあえず面倒な下地だけ先に終わらせてしまおう~という事で早速ばらしたのですが、これが全部ばらすと、とんでもない量になってしまいました

スタンドが6個あるのですが全て占領されてしまってます。。

DSC00391_R.jpg
とりあえず、大きな傷や凹みを補修し、サフを打ちましたが、とても1度にブースに入らないので2回に分けていきます。。

本当は合間合間って事だったのですが、場所も思いっきり占領するので、他の業務の都合によりますが、とりあえずバンパーだけでも先に仕上げて納めてしまおうか~って思ってます

ちょっと小細工を・・。

だんだんと気温が上がって暑くなってきましたね~

DSC00370_R_20100624092204.jpg
一昨日納車した分です。上面の塗装でしたが、さすがにシンナーを遅いのにしないとちょっときつかったです


さて、話は変わって、車検で入庫しているE65ですが、ポジションのイカリングは定番のLEDに換えてあります。
ただ、ネットで売っている台湾製を付けたせいか、一応キャンセラー内蔵となっていながら、イグニッションONの状態で・・

DSC00373_R_20100624092203.jpg
こんなエラーが出てしまってました。。

スモールをONにした時は電流が流れてOKだと思うのですが、イグニッションONでの車両テストの際に出てしまうようです。。左は必ず出ますが、右は出たり出なかったりです。恐らくほんの微妙にキャンセラーの抵抗が足りてないんでしょうね。。

まあ、エンジンを掛けた時だけですのでさほど気にならないかもしれませんが、もちろん点くより点かない方がいいですよね。

という事で車検で入庫したついでにちょっと小細工しました

DSC00376_R_20100624092202.jpg
といっても、新たにキャンセラーを付けるという訳では無く、身近にある物で対応します。
今回は画像にあるように普通のリレーを使ってキャンセラーとしました

DSC00375_R_20100624092202.jpg
スモールの配線を調べ、リレーのコイル側を途中に入れます。

DSC00377_R.jpg

そしてイグニッションON・・
DSC00382_R_20100624092201.jpg
OKですね

いわゆる通常キャンセラーとして売っているセメント抵抗もいいのですが、熱の問題があり、設置が面倒だったりします。使える箇所は限られてますが、リレーであれば熱を持たないのでどこでもOKです。
クルマによりますが、スモール程度ならOKだと思います。

是非お試し下さい

微調色

DSC00380_R_20100622091636.jpg
イージーグラフィックスのご依頼で、昨日完成しました分です

DSC00381_R_20100622091635.jpg
この中で、1つはサンプルでお預かりした分でして、それに合わせて調色しました。

そのサンプルですが、パワーウインドウスイッチの沢山穴が空いている方です。
(写真では置き方が逆ですが、運転席のスイッチですね)

DSC00378_R_20100622091637.jpg
左がサンプルで右は今回施工したパーツです。
違和感無い程度に仕上がっていると思います・・置いている高さが違うので多少色味は違って見えますが、現物はもう少し合っていると思います。

今回は、ベースではどうしても対応出来ずに最終的にキャンディーで合わせていきました

具体的には・・

1、ベースの色を色々作り、その都度フィルムを転写して合わせてみる。

2、5色くらい作り、ベースでの色合わせは限界があると判断して、染めでの対応に切り替える。

3、染める色の具合を想定してベースを薄めに調色し直し。

4、そのテストピースを何枚か作り、それにフィルムを転写。

5、そしてキャンディーのオレンジをベースに黒をくすませる為に配合してそのオレンジ及び黒の割合を変えて
  テストピースに染めてみる。

6、一番近い配合及び染めの回数で決定。

となります。

DSC00379_R_20100622091636.jpg
ちなみに、これが染める前と染めた後のテストピースです。こうやって見るとベースの色を少し濃くすればという感じです。ただ、イージーグラフィックスの場合、フィルムの色に依存する割合が大きいので、ベースではどうしても対応出来ない場合も多いです。

今でこそ、ある程度はフィルムを転写した後の雰囲気が想定出来る様になったのとデータがかなり蓄積されてきたので調色も多少早くなりましたが、当初はフィルムを転写してみないとどうなるか全く想像が付かなかったので調色もかなり苦労しました。
(フィルムを転写するとフィルムの色で全く逆の色味になる場合もあります・・この辺りが通常の塗装の調色とは違います)
逆に今は、どうしても無理な場合もある程度早めに分かります。

こんな感じで、過去のデータ等によりある程度は調色が可能かどうかは画像でも判断出来ますので、『今のパネルに合わせられるかな~』って方はお気軽にご相談下さい。

ノイズ対策。

昨日は一昨日に引き続きC63を色々してました

DSC00362_R_20100621091951.jpg
まずはフロントフォグのHID取り付けですが、フロントバンパーにPTS(コーナーサンサー)が付いているので、ケーブルにアルミの保護テープを巻きました。
物によってはHIDを点灯させたらPTSがノイズを拾ってしまい『ビー』となってしまいます。。
なので、こうしてノイズが出ないようにしています。

C63に限らず、W204はフロントバンパー内に空きスペースが余り無い為、バンパーを外して色々探さないとな~って思っていたのですが、何とかバラストの設置場所をうまく確保する事が出来、ホットしました。

・・・と思っていたら、純正のバルブの固定がフタとカプラーと一体になっており、切抜きの加工が必要でした。。

DSC00363_R_20100621091950.jpg
左から今回取り付けるH7のバーナーで、真ん中がカプラー(フタ)で、一番右がH7のハロゲンバルブです。

普通は大体フタに穴を開けるだけでいいのですが、これだとそうもいきません。

DSC00364_R_20100621091949.jpg
そこで、カプラー部分を切り取り、リューターを使って、うまく中だけくりぬいていきます。
そして無事OKとなりました

DSC00368_R.jpg
そして点灯です
ヘッドライトと色味が合っていませんが、ヘッドライトは点灯直後なのでこの後ヘッドライトも白くなっていきます。
やっぱりHIDは明るくていいですね

DSC00366_R.jpg
その他、ホイールを換えたりで思いっきりイメージが変わりました
・・・この後、フロントは車高調を調整してもう少し下げました

DSC00367_R_20100621091948.jpg
後ろがやたら腰高なイメージだったのですが、引き締まっていい感じになりました

オーナーさんはこの段階でようやく『とりあえず最低限の事が終わりました』との事でまだまだこれから色々とプランがあるようですので、どのように仕上がっていくか楽しみです

少しビックリしました~。

蒸し暑い天気が続いてますね~
今朝も既に蒸し暑いです。。

今朝通勤途中ですが、信号待ちしていると後ろから『ゴツッ』と軽くぶつかられました
通勤&会社の買い物車ですし損傷も全然大した事ないので、当然その場で終わったのですが、止まっていて、無意識の内にクルマが動くとビックリしますね


さて、昨日のrefaithですが、

DSC00355_R_20100620093205.jpg
普通の板金塗装をしたり・・

DSC00361_R_20100621091040.jpg
ホイールを塗ったり・・


DSC00354_R.jpg
DSC00358_R_20100620093204.jpg
C63を色々したり・・

DSC00360_R_20100620093203.jpg
こちらはお待たせしておりますが、W140のグリルを塗ったりしてました
とりあえず、このグリルですが、この後完全にガッチリ乾燥するまで焼きながらしばらく寝かせます。
というのも、完成時にはメッキの棒が入るのですが、これがかなりきつくて取るのも簡単には取れないくらいでした。
これは塗った後、『組み付けはヤバイな~』って感じだったので、色々嵌める方法をシュミュレーションしたのですが、
かなりきつい感じです。
当然、塗りあがって嵌める時は塗膜も多少厚くなっているのでかなり塗面にストレスを掛ける事になります。。
やはり完全硬化して塗面が強くなっている方がリスクが少ないので多少時間を置きたいと思います。
もうしばらくお時間を下さい。

さて、今日も色々と頑張っていきます

お買い得車のご案内です!

だんだんと暑くなってきましたね~
今朝も既に暑いです。。昼間は結構辛そうですね

さて、今日は大変お買い得なお車の紹介です

DSC00338_R.jpg
平成16年式のワゴンRでグレードはFXリミテッドになります。
走行距離は実走行39,500kmで車検は23年4月まで付いています。
また珍しくオプションのABSが付いております。

残念ながらリアに修復暦がありますが、きちんと直してありますので全く問題ありません

DSC00340_R_20100617093330.jpg

DSC00339_R_20100617093331.jpg
黒という事で多少の小傷はありますが、全体的にかなり綺麗なお車です

DSC00343_R_20100617093329.jpg


DSC00341_R_20100617093330.jpg

DSC00342_R_20100617093329.jpg
内装も禁煙車で、大変綺麗な状態を保っています

さて、気になる価格ですが、

528,000円(消費税含む・リサイクル券、登録諸費用は別途)となっておりまして、一般市場価格からはかなりお得な価格となっております
・・修復暦有りですが、人気の黒でこの価格は相当お得です。

もちろん、試乗も可能ですので、沢山のお問い合わせお待ちしております


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。