プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温度が上がりません~

今日からゴールデンウィークですね
長い方だと7連休という方もおられるみたいです
予報ですと天気もまずまずみたいですし、皆さんにとっていいゴルデンウィークになればいいですね~

こちらは今週末納車の予定で、ちょっと焦っているアルミホイールの塗装です

DSC00127_R.jpg

DSC00126_R.jpg
元々リムがかなりガリっており、修正屋さんに出していたのですが、ようやく帰ってきて、塗装前の下地処理をしています

リムのガリ傷ですが、極微細な傷でしたらうちでも可能ですが、『ガリっ』っていうレベルになると外注でお願いしています。というのも、アルミを盛る必要がありますが、残念ながらうちではアルミの溶接は無理で、且つ、盛った後も、機械にかけて綺麗に研磨する必要があります。アルミという事で柔らかいですし、きちんと研磨しないとヘロヘロになってしまいます。。

今回、リムも塗ってしまいますので、修正屋さんにはアルミの研磨までで、クリアーとかは無しでお願いしました。

そして帰って来た後、専用のプライマーを入れ、軽くサフェーサーを打ちました
・・・クリアー仕上げまでお願いすれば後は塗るだけですが、少しでも安く上げる為と、密着性を高める為に今回はこの方法を取りました。

個人的な意見ですが、アルミ含め、金属を磨いた後の塗装はどうしても密着が悪いと思います。もちろん、プライマーを入れれば問題無いと言う方もおられると思いますが、どうだろ~って感じです。市販されているホイールでも、古くなると金属地にクリアーの所はクリアーがパキパキになってきます。ただ、ちゃんと色が入って塗装されている部分はそんな事無いですよね。。
もちろん、専用の材料もあるでしょうし、一概には言えませんし僕が知らないだけかも知れませんが、研磨して足付けが細かい所はどうしても密着が悪くなるんでは・・・と思ってます。

という事で、今回はしっかりと粗い足付けをして、ウォッシュプライマーを入れて、サフェーサー・・という方法にしました。

同様に、最近良くメッキのエンブレムにカラークリアーとかで装飾してある商品を見ますが、あれもどうなんだろ~って思ってしまいます。メッキとかの場合、#1500とかの足付けの傷が残ると上からクリアー入れてもその傷は消えません。。という事は密着剤とかで塗っていると思うのですが、時間が経った時どうなんだろう・・って思います・・大体、剥げて来るのは時間が経ってからです。。
もし剥げない密着剤とかあれば教えて欲しいです・・イヤミじゃなくて、本当に密着する良い密着剤やプライマーがあれば是非使いたいので教えて欲しいです

ちょっと話が逸れましたね・・。
さて、サフェーサーを入れた後、上の画像のように熱を入れているのですが、アルミの場合、これが全く温度が上がりません。。
通常、画像のようにIRTを近づけると、鉄の場合あっという間に100度を超えますが、アルミの場合、これだけ近づけても40~50度しか上がりません
なので、時間をかけて焼いていきます。
余談ですが、逆にアルミの場合、温まるとそこから今度はなかなか下がりません。。

こんな事からも、しっかりと非接触温度計とかでの温度管理は大事だな~って思いますね

スポンサーサイト

柄飛び・・・。

DSC00119_R.jpg
イージーグラフィックスの転写ですが、フィルムをお湯に浮かべてそれが溶け、そしてパーツへ転写されます。
その施工工程上、どうしても避けられないのが画像のような柄飛びなんです。。
分かりますか~
ちょうど、角の部分で柄が飛んでますね~

もちろん、転写のスピードだったり、定着液の量だったり、転写の角度だったり・・と極力防ぐ方法はあるのですが、毎回、全て同じ条件での施工は物理的に無理ですし、どうしても仕方ない面があります

ただ、そういっても画像のように飛んだ状態では非常に残念です。。

という事で、refaithではウッド系の場合、必ず補修を入れています

DSC00123_R.jpg
これが補修後ですね

DSC00120_R.jpg
これも

DSC00121_R.jpg
こんな感じで補修すれば大丈夫ですね

画像は1度目のクリアーを入れてそれを#1500で研いだ後ですのでツヤが無い状態になってますが、こうやって補修した後に仕上げのクリアーを入れます。

補修方法はエアブラシを使ったり、その他柄飛びの状態に応じて色々しています。

ただ、カーボン系だけはどうしても難しい面があります。。というのも、カーボン柄は柄が規則的ですし、カーボン柄の1コマもグラデーションになっていて、補修も色々試してますが、なかなか・・といった感じです。。
しかし、飛んだ場合でもどうしても仕方ないと思えるレベルまで、出来る限り貼り直しをしていますのでかなり少ないと思います。

こんな感じでイージーグラフィックスといっても施工方法で仕上がりが全く違ってきます。
イージーグラフィックスを検討されている方がおられましたら、お店に『柄飛びはありますか~』って聞いてみましょう。
その時に『柄飛びは仕方ないんですよ~』とかの答えが返ってきたら上の画像のような(もっと酷いかもです)飛んだ状態で仕上がって来ると思います

という事でイージーグラフィックスも是非refaithでお願い申し上げます

もうすぐアナログは映らなくなります。。

186マジェスタでワンセグチューナーの取付けをご依頼いただき、取り付けました

DSC00102_R_20100426092301.jpg
まずはこちらが本体です。
オークション等でメーカー不明の安い商品が出ていますが、全くダメです。。この間もお客さんからのご依頼で取り付けましたが、とにかく受信感度が悪く、福岡市内なのにちょくちょくフリーズします
・・・一応オークションでは『高感度』なんて謳ってますが・・・。
まあ、これに限らず、最近はノンブランドの中国製品のオンパレードな感じですが、安さだけに惹かれると後で結局泣く目にあう事も多いのでご注意ください

DSC00103_R_20100426092301.jpg
その他、このようなVTR入力のキットも同時に取り付けます。これを付ける事により、純正マルチに外部入力が可能になります。
また、本来は走行中にTVを見れるキットも付ける必要がありますが、今回のマジェスタは既に取り付けられてましたので大丈夫でした。・・・というか、予め用意してたので在庫になってしまいました
(比較的新しいトヨタ車には対応しているみたいです。誰か要りませんか~?お安くします

DSC00104_R_20100426092209.jpg
後はフィルムアンテナ等取り付けて終了です
尚、画像には写ってませんが、リモコンの受光部も感度が良かったので結構奥の方に取り付け出来ました

こういったちょっとしたパーツの取り付け(もちろん持ち込みOKです)だけでも是非お気軽にお問い合わせ下さい

故障いろいろ。

昨日は快晴でいい天気でしたね~
ただ、まだ微妙に寒く感じたりします。。いつになったら本当に暖かくなるんでしょうね・・。

DSC00105_R.jpg
W220で、『エンジンから異音がする』という事で入庫いただきました

DSC00106_R.jpg
S600で12気筒になります

音ですが、エンジン付近という事もあり、なかなか特定は難しいのですが、それよりも他に色々と問題がありました

DSC00107_R.jpg
コイルを留めているトルクスですが、ネジ穴がバカになっており、何とそこをシールテープで巻いて誤魔化されてます。。これはあんまりです。。
尚、このトルクス、アースの線も共締めになっているのですが、これではアースの意味がありません
その他も調べましたが殆どダメになっており、これを修復するとなるとリコイルしたりする必要がありますが、奥のほうはタペットカバーやらマニやら外さないと無理な感じです・・。

とりあえず、今回はオーナーさんに事情を説明して近くで別にアースを取りました

その他、3気筒程失火しており、O2センサー他もろもろ不具合を起こしているようです。。
V12は完調であればかなり面白いエンジンですが、コイルも片バンクASSYだったり、何かとお金が掛かってしまいます
ただ、このエンジンを味わった人は『もうV12以外には乗れない・・』という声も聞いたりします



DSC00109_R_20100425092901.jpg
こちらはE65ですが、エアバックのエラーが出ています

調べたところ、左ドアのエアバックコントローラーのエラーのようですが、とりあえず診断機でリセットして消えましたので、様子をみる事としました。

しかし、ただの警告灯だけならまだしも、こうやって文章でエラーが出るとすごく恐怖感を感じてしまうのは僕だけでしょうか

引渡し前点検。

DSC00098_R_20100424090820.jpg
refaithの常連のお客さんがこの度クルマを個人売買で売却され、引渡し前の点検をしました

DSC00097_R_20100424090821.jpg
診断機も含めて一通りチェックしました

DSC00100_R.jpg
このS210、今でこそこういった各所のブラックアウトは流行ってますが、その当時は殆ど誰もしてませんでした・・・今は雑誌等を見てもこういったブラックアウトされたクルマばかりで、ちょっと多すぎな気もしますが・・・

しかし、このS210が旅立っていくのは、refaithとしても色々と思い入れも深いクルマですし、少し淋しい感じもいたします。。

今回、東北方面の方へ売却されたのですが、スケジュールの関係で陸送はダメになり、中間地点の関東まで自走で走り、直接引渡しとなったそうです

Iさん、くれぐれも気をつけて行かれて下さいね


ちなみに、オーナーさんですが、既に時期マシーンも決定されてます
今回はこれまたかなりレアでスペシャルなマシーンで、街中でも殆ど見た事が無く、僕まで楽しみです

DSC00099_R_20100424090820.jpg
クルマはまだなのに足廻りはもう届いてたりします

チヂレ

久々にまとまった雨が降っています
しかし、また寒い日が何日か続くみたいですね・・
もう少しでGWですが、暖かくなるんでしょうか~


DSC00089_R_20100422091633.jpg

DSC00090_R.jpg
イージーの下色を入れていたらチヂレました
チヂレは旧塗膜などに上から強い溶剤が一気に付着したりすると旧塗膜を侵してしまい起こります。。

防ぐ方法としてはパラパラと塗装をしていくと良い(パラパラと塗料が付着するので溶剤が一気に侵す事がありません)のですが、ベースの色をパラパラとドライで塗ると、クリアーを入れた後に吸い込みでツヤが引いたりのトラブルが起きます
なので基本ベースの色もちゃんとウェットで塗る必要があるのですが、下が弱いと画像みたいにチヂレてしまう事があります。。

軽いチヂレなら少し時間を置いてペーパーで研げばOKですが、画像みたいになると完全アウトですね
ペインターの人なら分かると思いますが、こうなるとガックリします
(ちなみにRMは他のメーカーに比べてシンナーがかなり強いのでちょっとした事ですぐチヂレてくれます・・イージーの転写を失敗して拭き取る時に、国産・外資系含め数社のメーカーのシンナーを試しましたが、簡単に拭き取れるのはRMのシンナーだけでした。。)

良く、塗装は下地が重要っていいますが、下地がしっかりしていると一気にウェットで塗ってもチヂレたりはしません。こういった事からも下地は重要なんですね。
なので、下が心配な場合は予め2液のサフェーサーを打ってしっかりした下地を作ったりします。

今回のパーツは下も塗装されている訳では無く、イージーの下色なので、サフェーサーは打たなくてもパラパラと塗ったら大丈夫だろう・・って思ったんですけどね・・

とりあえず急がば回れって事でこの後全て#240で研いでサフェーサーを打ちました

・・・これでOKと思いましたがサフェーサーまでもチヂレてしまいました
このパーツですが、『どこまで弱いんや~』・・・って感じです。。

塗装は何かと大変です
ちなみにこんな事は日常茶飯事だったりします・・・。

何でこんな所に・・・。

DSC00083_R_20100420093632.jpg
R129のソフトトップ故障を調べてます
症状としては、画像のように途中で止まってしまうというもので、開・閉ともに途中で止まってしまいます。。

DSC00084_R_20100420093631.jpg

DSC00085_R_20100420093631.jpg
一度、イグニッションをOFFにすると再度動き出すのですが、いちいち面倒ですし、オーナーさん曰く『途中で止まるのはかっこ悪いし、スマートにいきたいやん』との事。ごもっともです

診断機で各センサーの状況を確認したりしながら診ていきます。

機構自体に不具合が無いかも同時に確認しますが・・・ん??

DSC00088_R.jpg
何と、可動部分に発炎筒が入ってます
何でこんな所に・・・って感じです・・・一部つぶれて割れてるし・・・。

とりあえず、これが原因では無かったのですが、地道に調べていきます

塗料のセッティング

ここ何日か暖かい日が続いてますね~
暑くも無く寒くも無くで仕事もすごくしやすいです


DSC00077_R_20100419094002.jpg
余りネタらしいネタも無いので、今日は塗装の際の塗料のセッティングについて書いてみます。
うちの塗料は硬化剤が入らないタイプで、ベースの色の場合、基本的に塗料をシンナーで希釈して使います。
シンナーで希釈するので例えて言うなら 『ドロドロ』 から 『シャバシャバ』 になるのですが・・・もちろんこれも昔の人のように塗料をかき混ぜる棒から垂れる塗料の具合を見て・・・という事は無く、今は全て基本データに基づいて希釈します。
上記のようにシンナーで希釈しますが、どうしても溶けきれない 『ダマ』 があったりします。それを画像のようなストレーナーで濾すのですが、うちでは今2種類使ってます。

画像の左(青)の方が、超細かいフィルターで主にソリッドに使います・・・メタリックは種類によってはフィルターが細かすぎて通りません
そして右(赤)が通常のフィルターです。

DSC00079_R.jpg

DSC00078_R.jpg
ストレーナーだけでもいいのですが、最終的には念には念を入れて吉野紙という和紙を敷いて濾しています。

DSC00081_R_20100419133056.jpg

DSC00082_R.jpg
そして内装のパーツをピアノブラックで塗装しました

・・・と、こんな感じで塗料をセッティングするだけでも色々ありますね~



何か新鮮ですね。

DSC00075_R.jpg

DSC00074_R_20100418091035.jpg
アルファロメオのキャリパーですが、昨日昼過ぎにようやく塗り終わりました

本当はもう少し早く出来上がっていたのですが、ロゴをお願いしていた業者さんが発送の際に『速達扱いで』とお願いしていたのを普通で送ってたり、また運送業者も配達遅延があったりで遅くなってしまいました。。

しかし、今回アルファロメオロゴのキャリパーは初めてですが、通常、ポルシェロゴのキャリパーを塗る事が多いので何か新鮮ですね
ロゴも筆記体でお洒落な感じです


この距離で・・・。

DSC00073_R_20100417091215.jpg
ハイゼットの車検整備をしていたら、タイミングベルトのカバーから若干クーラントが滲んでましたので、カバーを開けると・・・

やっぱりです
画像ではちょっと分かりにくいと思いますが、ピンク(赤)のクーラントがウォーターポンプから漏れてます。。

ちなみにこのハイゼット、まだ新車から38,000キロしか走ってません。。

元々、ウォーターポンプは不良&破損が大変多い部品で(特に輸入車)ベンツを例えますと、社外だと新品の状態で不良の部品も珍しくありません
なので、部品持込みOKの工場でもウォーターポンプだけは純正品しか取り付けません・・という話も良く聞きます。
その他、BMW・ゴルフ・アメ車・・・とにかく良く漏れます。

しかし、国産でしかも38,000キロ・・・はどうなんでしょう??

最近、国産でも以前は考えられなったようなトラブルがやたら増えてきている気がします
やっぱりコスト削減の影響なのでしょうか。。

ちなみに、ネットで見つけたのですが、海外の有名な格付け会社が毎年行なっている故障が少ないクルマのランキング2010年版のデーターです。
img_734217_24686860_0.jpg
何とポルシェが1番です・・・最も故障が少ないという事です
データの数値は新車から3年間で100台当りに何件故障が有ったかという事で、例えば数値が100ならば3年間で平均1件の故障があったという事らしいです

こうして見ると意外なメーカーが上位に来てますよね~。ポルシェが一番故障が少ないとは意外でした
まあ、新車から3年のデータなのでこれで全てでは無いと思いますけどね

と話が逸れましたが、せめてウォーターポンプはタイミングベルト交換時期くらいまでは持って欲しい物ですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。