プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さりげなく・・

DSC01366_R.jpg
Z33のお客様よりフロントバンパーに付いているリフレクターの交換をご依頼いただきました
上の画像は元々付いていた純正のリフレクターで、今回、LED付きの社外リフレクターへ交換します。

DSC01367_R.jpg
とりあえずバンパーへ付けたところです

その後、配線をしていきますが、お客様の希望ではイグニッションオンの状態で常に点灯して、且つ車検時の事も考えて任意に切れるスイッチも出来れば取り付けて欲しいとの事でした。

そこでイグニッションオンで12Vが流れる場所を探しますが、エンジンルームのヒューズは全て常時電源でなかなか見付かりません。。
最終的にはウォッシャー部分で取れたのでそこから取りました

DSC01370_R.jpg
スイッチは適当に工具箱の中に入っているスイッチで対応しました

DSC01369_R.jpg
そして点灯です

さりげなくていい感じです

お客様も大変喜んでいただきました

最近、LEDを使った光物はホント流行ってますよね~




DSC01371_R.jpg
話は変わりますが、ようやく気温が少し上がってきて塗装しやすい環境になってきました

さあ、今日も頑張って色々塗ります




スポンサーサイト

音取り。

昨日はスッキリしていい天気でしたね
花見を楽しまれた方も多かったんじゃないでしょうか?
ただ、今週半ばからまたずっと雨みたいです。。この雨で桜も散ってしまうんでしょうね~

エスティマのリアスライドドア部分から異音がするという事で入庫いただきました。

早速試乗して音を確認しますが、かなりミシミシ鳴ってます

その後、色々と確認しますが、音源が中々解りません。。
DSC01364_R.jpg

内側からも確認します。
DSC01365_R.jpg
音取りの場合、この場所の特定に一番時間がかかります。。
どうしても色々なパーツに共振してしまうのでどこから鳴っているか非常に解り難いです。。

色々と調べていった結果、レギュレター部分からの音と解りました

解ってしまえば何てないんですけどね~

対策をして、試運転・・・もちろんOK
って事で終了です




最近流行の・・・

なかなか暖かくならないですね~
もういい加減暖かくなって欲しいですね。。


DSC01360_R_20100328090742.jpg
ゼロクラウンに最近流行のデイライトを付けました
輸入車では純正で採用されるクルマも多くなってきましたね。W221とかはフォグランプが無くなって代わりにデイライトになったりしています。

画像はコントローラーで、点灯タイミング等を調整出来るようになっています。
・・・この後上からカバーが付くので簡単に調整は出来なくなりますが、今回はスモール連動で点灯すればOKなので良しとします

DSC01361_R_20100328090742.jpg
ピンボケしてますが、本体です。汎用ですので当然そのままでは付きません。。今回はボンデ板を30mm×10mmの長さに切って延長ステーを作り対応しました

DSC01362_R.jpg

DSC01363_R.jpg
そして完成です
こうやって書くと簡単ですが、何だかんだで3時間くらいかかりました。

ちなみに、この商品はお客様持込みだったのですが、配線も一部皮膜が剥けていたりとちょっと心配だったので、途中にヒューズを入れました
取り付けるだけなら誰でも出来ると思いますが、こういった一工夫(安全性の確保)をするかしないかで全然違ってきます

DSC01357_R_20100328091041.jpg
今回、同時にヘッドライトのバーナーも交換しましたが、エンジンルーム側からでは無くて、こうやってフェンダーの裏のライナーを外して交換します。
最近のクルマは電球一つ交換するのもなかなか大変だったりします


ありえない~

定休日前の一昨日の事ですが、夕方、コーヒー飲みながら事務所でメカのIさんと休憩していました
さあそろそろ仕事に戻るかな~って時にお客さんが来られました。

『エンジンが急にガタガタ言い出したんですけどちょっと見てくれませんか~』

お話を聞くと、うちのすぐ裏の方でして、朝クルマを使った時は普通だったが、夕方クルマを使うと、急にガタガタ鳴り出したとの事

とりえず、エンジンルームを色々と確認します。
当初は失火かな~って思ってたのですが、何かエンジンの見た目がおかしいです。。

DSC01357_R.jpg
分かりますか~

エンジンが傾いています

早速、下を見ると・・・後ろのエンジンマウントのボルトが無くなってます。。

結果、エンジンが傾いて、ラジエターファンに思いっきり当たっています。そしてガタガタ鳴っています

DSC01358_R.jpg
下から見るとこの状態です。完全に落ちてますね。。

DSC01360_R.jpg

DSC01361_R.jpg
とりあえず下から支えて、ドライバーを挿してみました。これが普通の状態です。

幸い、ラジエターも何とか無事で、とりあえずこのボルトさえ入れればOKな感じです

しかし、一応他のボルトの締め具合を確認すると・・・予想通り全く締まってませんでした。。
ミッションが載せ換えられているみたいですので、明らかに人為的ミスですね

久々にビックリしました

見た目じゃ分かりませんね。

予報通り雨が降ってます。。
しかも微妙に寒いですね~
昨日は17~8度あったのに今日は10度くらいしかありません。。
こういった寒暖の差が激しい時は体調を崩しやすくなるので気をつけたいですね

DSC01349_R.jpg
デミオですが、画像で見る限りはバンパーの軽い損傷のようです。
ただ、よく見ていくと、『おかしいな~』って所が見えてきます

DSC01350_R.jpg
ちょっと解りにくいですが、ヘッドライトとボンネットの先端部分の隙間がかなり開いています。

DSC01351_R.jpg
反対側はこんな感じです。ざっとで10mm弱は違う感じです・・・それだけ左側は入っているという事です。

DSC01354_R.jpg
これもちょっと解りにくいですが、ラジエターのサポートも亀裂が入ってます(実はここもプラスチックなんです)

DSC01355_R.jpg
ラジエターのシュラウドもしっかり割れてます。。

リフトで上げて見ましたが、ラジエターのコンデンサーもしっかり曲がってましたまた、シュラウドのケースがATに当たってそこのホースに亀裂が入ってましたので10cm以上ラジエターやコンデンサーがシュラウドのケースごと後ろに動いたようです
普通のスチールのサポートだったら曲がったままだと思いますが、このデミオは全てプラスチックなので柔軟性があり戻ったと思います。

パッと見はバンパーの修理だけのようですが、前まわりはそっくり交換となりそうです

しかし、こうやってラジエターのサポートからシュラウドのケースまで全部一体化するとちょっとぶつけた時に修理代が高額になってしまいますよね。。

黄砂・・・。

かなり久々の更新ですね
少しサボるとサボり癖がついてしまってダメですね・・・


ボルボのオーナーが昨日洗車に来ていて、

『きれいになったオレのクルマをblogにアップしてよ~』

との事でアップします(笑)

DSC01345_R.jpg

しかし、黄砂がすごかったですよねホント、黒系のクルマなんて悲惨な状況です
・・・自分のE500も大変な事になってます

昨日は昼間引取りに行ったりしたのですが、あちこちで洗車している方が沢山いました。
当然、洗車場とかも強烈な混雑でした。

という事で、洗車の場所でお困りのお客様もお気軽にお越し下さい
(洗車道具も一通りありますので~ご自由にどうぞ

さあ、3連休も今日で終わりですが、とりあえず天気が良くて良かったですね。
しかし明日からまた雨みたいです

という事で、今日はちょっとバタバタでイージーを貼ってしまおうかな~って感じです



最近何となく・・・

いや~昨日は寒かったですね~丁度定休日だったのですが、ある意味定休日で助かりました~

DSC01284_R.jpg

DSC01286_R.jpg

DSC01288_R.jpg
DSC01289_R.jpg

DSC01285_R.jpg

DSC01287_R_20100311092012.jpg
最近、イージーのクリアーの時のガンを変えてみました
今までは口径1.3mmの普通のガンだったのですが、眠ってて使ってなかった口径1.4mmのクリアー用のガンを使ってます。
一時期クルマで使ってたのですが、何か今一でずっと眠ってました。。
そして何となくですが最近イージーの際に使うようになりましたそしたらこれがなかなかにいい感じなんです
口径が大きくなったので今まで通りに塗ってると流してしまいますが、気をつけて丁寧に塗るとテロテロに塗れて塗ってても気持ちいいです
何回か書いていますが、車のボディーの場合はテロテロに塗ると他と肌が合わずに逆におかしくなったりしますが、こういった小物の場合はよりテロテロの方がいいと思ってます。
ただ、いくらテロテロといっても、厚く塗りすぎると色々とダメなので、厚くなり過ぎないように気をつけてます
こちらのイージーは焼いて窪み部分をツヤ消しにして完成です


DSC01290_R.jpg
話は全然変わりますが、皆さんタイヤの空気圧は大丈夫ですか~
こちらはプリウスですが、タイヤに空気が入ってないな~と思って測ってみたら、1.3キロくらいしか入ってませんでした(指定は2.3キロ)
これでは燃費が悪いのはもちろんですが、ブレーキの効きも悪く、高速走行ではタイヤが熱を持ちすぎて大変危険です
という事で、最低でも月1回はチェックしましょう~

オリジナルのカラー

予報通り寒いですね~今朝、工場の中は3度くらいでした。。
ただ、この寒さも今日明日がピークみたいですので頑張って乗り切ります

Refaithの定番業務であるイージーグラフィックスですが、こういったオリジナルのカラーも出来ます

DSC01282_R.jpg

DSC01279_R.jpg

DSC01281_R.jpg
ホンダのバスクレッドパールという色に黒のカーボン柄を転写しています。
画像では暗くてのぺ~っとしていますが、現物はパールが入っているので光に当たると輝いていて大変綺麗です

DSC01280_R.jpg
こちらも同時にご依頼いただいていた分ですが、日産のKH2というガンメタを少し黒くした色にシルバーのカーボン柄を転写しています。
こちらもなかなかいい雰囲気の色味に仕上がりました

こんな感じで自分だけのオリジナルカラーもいいですね


DSC01278_R.jpg
こちらはキャデラックのドゥビルです。

DSC01277_R.jpg
お決まりですがウォーターポンプからクーラントが結構漏れてます
しかし、V型の横置きエンジンは日ごろ余り見る機会がないので新鮮味があります

入りませんでした~。。

DSC01275_R.jpg
ランクル80にナビを付けています
普通の2DINナビなのですが、これがなかなかに苦労しました普通に配線等は問題ないのですが、最後本体の設置の際に、ナビ奥のスペースが余りにも無く、ナビが入ってくれません。。
こういった事はちょくちょくあるのですが、これは本当に苦労します・・・配線を1本1本ずらして横に逃がしたり・・・といった作業が地道に続きます。。
決して入らないからといって無理に入れてもダメです。後々のトラブルの原因になります。
結局、この配線を逃がす作業にかなり時間を取られてしまいました~

DSC01273_R.jpg
また、取り付けの際に元々付いていたCDナビの取り外しも行なったのですが、これが開けてみてビックリというか、画像のようにすごい状態で取り付けられてました
フピーカーの配線も途中で分岐してあったりと、本当にヒドイ取り付け方でした
いくら見えなくなる部分とはいえ、もう少しきちんと取り付けて欲しいものですね。

DSC01271_R.jpg
その他、W210の社外キセノンユニットから純正への組み替えや

DSC01274_R.jpg
普通の板金作業や
福岡市内へのクルマの引取り等々で昨日は1日があっという間に過ぎました~

よく漏れます。。

DSC01268_R.jpg
W210のオイルレベルセンサーです。
画像は拭き取った後ですが、このセンサーからオイル漏れをしています
このセンサーですが、交換はオイルパンを外してでないと出来ませんおまけに金額もそこそこした記憶があります。。
ちなみに、漏れは徐々に酷くなってきます

しかし、こういったセンサーですが、ちょっと古いベンツも含めてホントよく漏れます

尚、これはオイル交換の時に撮った画像ですが、こんな感じでオイル交換の時は、リフトに乗せるのが大変な車両を除いて、リフト上で下廻りのチェックなんかもしていますのでオイル交換も是非お待ちしております


DSC01270_R.jpg
昨日、材料屋さんが面白い物を持ってきたので買いました
所謂、保護メガネなのですが、3Mの物で画像のようにLEDが付いています
夜やクルマの下に潜った時に両手がフリーになるので便利そうです


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。