FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

手直しが・・・。

予報通り強烈に寒くなっております
あと数日は寒いようですね~。。
年末の忙しい時期ですし、体調管理に気をつけたいと思います


DSC00949_R.jpg
R129 SLにナビやETC、セキュリティー等々付けてます
ただ、この129ですが、過去に色々とバラされているようで・・・
画像のハーネスがエアコンダクトに挟まっていたり、各パーツがビスで留められてなくぐらぐらだったり、ピンが折れてたり・・・で手直しの方に手間が掛かってます
とりあえず、お客さんが『いついつまでに・・』って感じでは無く、納期は余裕ですのでゆっくり作業していきます

DSC00954_R.jpg
ETCもメガネケースの中へ入れました

DSC00953_R.jpg
その他、ゼロクラウンはパテからやり直しですが、結局剥離していくと、サンルーフの後ろは左右に渡ってパテが部分部分で入ってました
他の部分も旧塗膜の上から塗ってありましたので、全て剥離して下からやり直しです。

しかし、もう少し暖かくなってくれないと・・・って感じです



これはヒドイ・・・。

明日くらいからかなり寒くなるみたいですね~
Refaithは街中と違って、少し標高が高いところにあるので本当に寒いんです。。
多少寒いのはいいですが、氷点下とかは本当に勘弁してほしいですね~


DSC00937_R.jpg
ゼロクラウンの天井です。
クリアーが剥離してきてます
オーナーさんによると、日増しに酷くなってきているとの事。また、全体的にツヤ引けもヒドイです。。

DSC00940_R.jpg
また、何故かサンルーフの横の細い部分でぼかしてあります。
どうしてこんなところでぼかしたのか???って感じです。色が黒なので当然ぼかし際も出やすいですし、残り塗っても大した面積ではありません。
この辺りからみても、きちんと修理されていない気がします。。

そして剥離していくと・・・

DSC00943_R.jpg
やっぱりです。過去に修理してあるようです。
もちろん、修理自体は問題ありませんが、要は修理方法です。
画像を見ていただければ分かると思いますが、旧塗膜にしっかりパテがかかってます。パテは基本、旧塗膜に被せてはいけません。後にちぢれたりする原因となります。
また、被せるにしても、際の部分だけならまだしも、この場合、パテ全面、旧塗膜の上に塗られてました
これはちょっとヒドイです。。
僕自身、決して上手くないですし、余り他の所の仕事のケチを言うのは気分的にイヤですが、これはちょっと・・・って感じです

DSC00945_R.jpg
もちろん、全てのパテを剥がして、他の部分も一度全てリセットする為に、純正塗膜近辺まで剥がしていきます。
(まだどこかに罠が仕掛けられてるかもしれませんので~)


これもまたヒドイ話です。。
DSC00935_R.jpg
分かりますか~
あるクルマなんですけど、昨日、セキュリティーの載せ換えの依頼を受けて、作業していました。
そして、ばらすと・・・画像の通りです。

泥汚れがついています。。

そうです。冠水車です

ちなみに、この奥はしっかりとシマウマ模様(水が引いていく時に線がつきます)になってました。

オーナーさんに伝えるべきかどうか悩みましたが、買われて間もないのと、奥の方の配線のカプラーも泥がまだ残ったりしており、これは後々かならず色々不具合が出ますので、意を決して伝えました。

しかし、本当にヒドイ話です。。


その他、
DSC00946_R.jpg
イージーや

DSC00947_R.jpg
新車のヴェルファイヤーへの焼付けポリマー、車検等々12月らしく色んな事してます


さあ、寒いけど頑張っていきます






開けてビックリ

今年は暖冬って言われてましたが、かなり外れてる気がします・・。
昨日も本当に寒くて、帰る時、クルマに乗ると外気温4.5度しかありませんでした~


DSC00910_R.jpg
E36の側面修理です。
ポールにぶつけられたみたいで、FRドアのモールからサイドステップ・リアフェンダーにかけて凹み・傷があります。
画像はサイドステップ部分で、サイドシル部分が押されて曲がってます

とりあえず、早速修理にかかり、サイドステップを外すと・・・

DSC00922_R.jpg
見事に潰れてます


実はこういった事はよくあります。特にバンパーとかのウレタン素材は一度凹んでもある程度戻ってしまいますので、パッと見では『大した事ないな~』なんて思いがちですが、外してみると・・って感じです。

一般のお客様からの画像見積もりをしようとかと考えた事もあるのですが、こういった事もあり、控えてます。

画像で見積もりしてて、実際の車両を見た後に大幅に上がるのは・・・理由があるとは言え、あまり気分がよくないですよね
実際、この36もサイドステップを外す前の見積もりからかなり金額がかかってしまいます。
・・車両保険対応ですので問題ありませんが・・。

特に今のクルマはキャビンだけしっかりしてて、その他の部分は多少つぶれやすくなっているので想像以上に損傷が広範囲に渡っている場合も多いので注意が必要です


ピアノブラック

12月に入りましたね~
今年ももう1ヶ月ありませんね
ホント時間が経つのが早いです


毎日、内外装含めて色んな塗装をしているのですが、久々に『カッコイイな~』って思ったので
アップします

DSC00919_R.jpg

DSC00918_R.jpg

DSC00916_R.jpg


ただの(・・といっては失礼ですが・・・)ピアノブラックの塗装ですが、センターにシルバーのレクサスのカッティングを貼っています

イージーグラフィックスをやっている為か、たまにパネルの塗装もご依頼いただいているのですが、ピアノブラックで・・・とご希望される方も多かったりします。

通常は塗装のみが多いのですが、今回オーナーさんのご希望でシルバーのカッティングを貼りました

画像では雰囲気が分かりにくいと思いますが、これが、何ともカッコイイんです
(ホント、この雰囲気が画像で伝わらないのが悔しいくらいです)

ちなみに、このピアノブラックの塗装ですが、意外としっかり手間が掛かってます。

1、サフェーサーにて下地
2、ベースの黒を塗装
3、クリアーを塗装
4、完全乾燥
5、平滑に中研ぎ
6、再度ベースの黒を1コート薄く塗装
7、カッティングを貼り付け
8、最終クリアーを塗装

・・・となります。
本来であれば、1回目の黒の後、テープフリーな状態(テープを貼ってもOKな状態)でカッティングを貼ってクリアーでも良いのですが、色をかなり乾燥させても万が一ステッカーを貼るのを失敗して貼り直すと大体下の色もガサガサになってしまい、最悪サフェーサーからのやり直しになったりします
なので、一度クリアーで下を作ってしまいます。
それにイージーグラフィックスもそうですが、こういったパーツの場合、仕上がりのクオリティーを高める為に、オーバーコートでクリアーを入れるのですが、どうしてもクリアーの黄味などの色味が出てしまいます。
(イージーグラフィックスは問題ありませんが、こういったソリッド系の色だとちょっと嫌です)
なので、一度ステッカーを貼る前にほぼ仕上げてしまいます。
そして、軽く1コート黒を入れる事により1度目のクリアーの黄味をリセットする訳です。
それに、薄くなので、万が一ステッカーを貼るのを失敗しても下がガサガサになりませんし、最悪の場合でも下にクリアーが入ってますのでそこまで戻るのも簡単です
また、下のベースも本当に薄く1コートなのでクリアーの吸い込み、ベースの肌荒れもほぼありませんから、高品質に仕上がります

ただ・・・やっぱり手間がかなり掛かります


12月に入り、板金塗装やイージー、車検、ポリマーと沢山ご予約いただいております
有難う御座います
年内に・・・というお客様はお早目のご予約お待ちしております