FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

昨日はずっと塗ってました。。

10月に入りましたね
もう今年も残すところ3ヶ月です
少し気が早いですが、年末に向けて今月も頑張っていきます

昨日は1日ずっと塗りをしてました~

DSC00777_R.jpg
まずはこのバカでかいバンパーです。
朝から1部サフを研いで塗りました
かなり大きくて、クリアーは主剤だけで600gも使いました

その後、イージーの調色・下色等々が続き、夜にイージーのオーバーコートクリアーや転写後の捨てクリアー等塗りました

DSC00781_R.jpg

DSC00779_R.jpg
下の画像ですが、マスキングの部分は純正残しとなりますのでマスキングしてあります。
状況によりますが、可能な場合はフィルムを転写後、マスキングを貼り直ししています。
というのも、イージーは水に漬ける為、どうしてもマスキングの接着が弱くなります。
当然、そのままクリアーをいくと、クリアーが飛んでしまいます。。
なので、可能な場合に限りですが、貼り直しをします。
ただ、今回は貼り直しが可能でしたが、形状等で実際には貼り直しが出来ない場合も多いです。
(転写面はクリアーを入れるまで一切触れる事が出来ないので無理な場合が多いです・・)
この辺りがイージーでのマスキング処理の難しいところです。なので、正直、イージーでの塗り分けはオススメしていません。

ちなみに、画像を見ていただければ分かると思いますが、右側にはこうやってマスキングの折り返しを付けておきます。
というのも、出来ればクリアーを塗ってから早い内にマスキングは剥がしたいです。
完全硬化してしまうと、マスキングの上でクリアーが固まってしまい、見切りが綺麗にいきません。。
なので、クリアーが固まらない内にマスキングを剥がすのですが、端まで綺麗に貼ると、剥がしにくいので初めからこうやってミミを作っておきます。

DSC00783_R.jpg
そして塗り終わった後、剥がします。
ちなみに、下にももう一枚マスキングが貼ってありますが、マスキングを剥がした際に、そのテープ上に付いたクリアーが塗らない部分に付いてしまう事があります。なので、念には念を押してって感じです


・・・と簡単に書いてますが、正直、こういった塗り分けの見切り処理は苦手だったりします
今回は塗り分け部分に溝があったので、そこでうまく処理してますが、平面上で塗り分けをするとどうしても見切りが綺麗にいかない場合が多かったりします。
ガンの方向や塗り方等々色んな原因があると思うのですが・・・
まあ、少しずつ勉強していかないとですね


最近、板金塗装の方が少し立て混んできております。
ご入庫をお待ちいただいているお客様には大変ご迷惑をお掛けしております。
少しでも早くご入庫いただけるように進めておりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。