FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

ブレーキの鳴き

DSC00716_R.jpg
Vクラスのお客様からブレーキが鳴くので見て欲しいとご依頼を受けました。

とりあえず、入庫いただき、音の確認をする為、お客様に運転してもらい外で音を確認します
お客様の話によると、渋滞とかでストップ&ゴーの時や車庫入れの時に鳴っている気がするとの事で、その状況を再現しながら確認します。

しかし・・・

鳴りません。。

こういった事は良くある事で、普段は悪いのに、修理に持って来たら再現出来ない・・・といった事はホントに良くあります。

その後、何回か試していると、かなり甲高い 『キー』 って音が出ました。
どうも前後とも出ているようです

ブレーキの鳴きの場合、色んな原因があるのですが、まずはパッドの角が出ている場合で、これは角が出来ている為にローターとの間で共振して音が鳴ります。また、同様にパッドとキャリパーの当たり面で共振して鳴る場合もあります。その他、ローターとの問題や、キャリパー本体の問題と原因は多様にあります。

とりあえず、その場で出来る作業として基本のパッドの角取りとグリス塗布をしました
DSC00717_R.jpg
ちなみに、新品のブレーキパッドを買った場合、初めから角が取ってある事も多いです。

とりあえず今回はこれで様子を見ていただく事になりましたが消えてくれるといいですね~


珍しいですね。

DSC00715_R.jpg

4WDのハイエースです。
異音がするという事で入庫いただきました。
早速、調べてみると、ドライブシャフトのスプラインとフランジが滑って空廻りしています

チューニングとかしてかなりハイパワーになった車でも通常、スプラインが滑るとかではなくてドライブシャフト自体がちぎれたりする事がほとんどだと思います。

お客様のお話では以前も同様の症状になって修理したそうです。しかも同じ右側という事でした

しかし、珍しいですね~

ある意味良かったかも

先日から始めた大きな作業ですが、作業量が膨大なので、Iさんと僕、分業で作業を進めてます。
Iさんが、機関や電装系で僕は内装・板金塗装関係でやっているのですが、例えば、リフトに上げての作業となると僕が中に乗ったままリフト上で作業します。
しかし、昨日くらいに気温が高くて且つ車内でリフトで上がると・・・暑くて10分持ちません
もう少し涼しくなってくれると助かります

しかし、通常の修理と違って、全ての作業が一筋縄でいきませんが、あれこれ考えながら形にしていくのは考え方によっては楽しかったりします

DSC00711_R.jpg
先日ブレーキスイッチを修理したW210E55が戻ってきました。
内容は、エンストするという事ですが、理由は分かってました
悪いのはクランクポジションセンサーなのですが、前からこのエラーは拾っていました。
ただ、特段ひどい症状が無く、ごくまれにエンジンがかかりにくいといった感じでした。
一応、入庫する度にエラーはチェックしてて、その時に必ず拾ってるので、時期を見て交換しようとしてました。
オーナーさんからすると、特に困る症状が無いので・・・って感じだったのですが、昨日、信号待ちでエンストしてしまったようでそのまま入庫です

その後、オイル交換で別のお客様が来られたので車を動かそうとすると・・・ダメです。全くかかりません
結局、その後、一切かからなくなってしまいました

これが片側一車線の信号待ちとかだと思うとゾッとしますよね

ある意味良かったかもです

サンプルが小さい調色。。

またここ数日暑い日が続いていますね~
こういう時に限って暑い作業が多かったりします。。


DSC00698_R.jpg
リップスポイラーの塗装で調色をしています。
県外からのご依頼なのでサンプルパーツで調色していますが、どうしても比較対象が小さいのでイメージがつかみにくいです
しかも、2コートソリッドの白系です
ちなみに、このサンプルパーツ自体も補修塗装されているようです。
本来であればリップスポイラーですので、やっぱり実車のバンパーで比較したいところです


いきなりですが、塗りあがってます
DSC00699_R.jpg

DSC00700_R.jpg

DSC00702_R.jpg

DSC00701_R.jpg
完全に裏となる部分もしっかり塗ってます。
(ちょっとセッティングをミスりました~。。めちゃくちゃ塗りにくかったです

もちろん、いつも通り、合わせ面のパテ処理から、サフェーサーまで下地もしっかり行なっております



ちょっとblogでは書けないのですが、昨日からかなり大掛かりな作業を開始しました。
色々な意味で新たな試みでもあり、何とか形にしたいな~って思ってます・・・てか絶対形にしないとですけどね
例えて言うなら、全く無かった物があるようになるというか・・・完成後はすごく達成感があると思います。それを目指して頑張っていきたいです


ビックリします。。

9月に入りましたね~。
今年はホント、夏が無かったというか短かったというか、気がついたら秋って感じですね

W210の修理です。
いきなり、 ABS・BAS・ESPのエラーが出るという事です。
この症状を聞いただけで、恐らくブレーキスイッチかな~って想像するくらい定番故障です。
とりあえず、入庫いただき、エラーチェックしましたが、やはりでした~
DSC00689_R.jpg

部品はこのような部品で、ブレーキペダルの根元に付いています。
DSC00685_R.jpg
これ、ホント良く壊れます。。
ただ、3,000円と安い部品なので積極的に交換しましょう
しかし、僕も過去乗っていたW210では2台ともこのエラーを経験しましたが、いきなりメーターに表示が出てビックリします


続いて、こちらはSLK320ですが、失火のような症状が出るとの事です。
DSC00686_R_20090904091807.jpg

ただ、何故かオートマのオイルを交換したらしく、それから3速固定になってしまっているようです。
失火の修理も大事ですが、オートマの方が心配ですし、試運転も怖くて出来ません。。
取り急ぎエラーチェックをしてみるとかなりエラーを拾ってます。また、ATFの量を調べてみると・・・全く入ってません
ゲージの一番下限にも付きません。。
ちなみに、補充したら2リットル近く入りました。
その後、試運転をしましたが、とりあえずオートマの方は問題無いようです。

そして、失火の原因を探っていきますが、エアマスの数値がちょっとおかしいようで、とりあえず、予備としてストックしてあるエアマスと交換して様子をみてみます

しかし、専用ゲージも無いのにどうやってATFの交換をしたんでしょうか~