FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

絡まってました~。。

昨日は定休日だったのですが、1日天気が悪かったです。。
まあ、普段仕事の時に雨が降るよりましですね。
(雨が降ると作業スペースが少なくなるので・・)


DSC00503_R.jpg
ゴルフ4ですが、エアコンを回すと異音が出るとの事でばらしてます。
写真はブロアーファンといって、エアコンの風を出すモーターなのですが、このファンの羽の中にフラップに付いているスポンジが沢山絡まってました。。
DSC00506_R.jpg

DSC00507_R.jpg
一応、車体側も手が入る範囲でボロボロになったスポンジは取りました。
・・・エバポレーターにも沢山スポンジが張り付いてました~。。

ちなみに、たかがスポンジですが、絡まる量によっては羽のバランスが狂って、思いっきりブレます。
(実際、このゴルフもかなりブレてました)
1番下の画像の羽に小さなピンが2箇所付いていますが、ホイールバランスと一緒でバランスを取ってあります。

若干、軸自体にもガタがあり、少し回転も重い気がしますが、とりあえずこれで様子をみていただければと思います。

さあ、今日も朝から塗りのオンパレードです。
頑張ってガンを振ります☆


作業効率UP!

朝からどんより曇ってますね~。明日も雨みたいですし、いよいよ入梅しますかね~。


DSC00508_R.jpg
新しいクリアーを入れてみました。
デュポンのクリアーです。
refaithでのイージーグラフィックスはご存知の方も多いと思いますが、

1、フィルムを転写
     ↓
2、クリアーコート
     ↓
3、完全乾燥後、再度オーバーコートクリアー
     ↓
4、完全乾燥後、ゴミ取り磨き
     ↓
5、完成

となっています。
ここで重要になるのが1度目のクリアーから2度目のクリアー及び最終のクリアーの乾燥なのですが、
この時間が結構かかっています。
というのも、今使っているRMのクリアーはツヤ・硬度・膜厚等、かなり素晴らしいのですが、とにかく乾燥が悪いんです。
乾燥が完全に出来ていないという事は様々な問題を引き起こします。
例えば、1度目のクリアーが完全乾燥していないのに2度目をいくと、後々ツヤ引けしたり・・・。
一応、乾燥促進剤というのもあるのですが、入れるとツヤ引けするし・・・って感じです。
(マニュアルにもツヤ引けするって書いてあります。。)

過去、1度目のクリアーはいいだろうと思って国産の2:1タイプ超速乾クリアーを使った事があるのですが、確かに乾燥は驚くほど早かったです。ただ、やはりそこは国産クリアーで、とにかく膜厚が薄いんです。これはかなりいただけませんでした。おまけにRMのクリアーより高いし。。

イージーの場合、鉄板と違って強制的に高温にも出来ませんし、どうしても時間をかけるしかありませんでした。

とそこで、今回、デュポンの速乾クリアーを紹介してもらい、入れてみました。
外資ですので以前の国産のような膜厚が薄いとかの問題も無いようですし、期待大です。
ちょっと値段が高いですが、これで少しでも乾燥の時間が短縮出来るといいな~って思います。


今、困っている事があるのですが、代車が足りません。。
昨日もお客さんから車が調子悪いので・・と連絡をもらったのですが、ず~と代車が出ています。
今現在すでに代車待ちのお客様が数名いらっしゃいます。
増車も考えるのですが、今現在約3台の代車があり、増やしたところで工場も作業が詰まっているので、入庫だけになってしまって、無駄にお客様を待たせる事になるし・・・って感じです。。
また、忙しい時と暇な時の差も結構あったりするので、こうやって忙しいと書いたと思ったら、代車が全部戻って来たけどずっと出て行かない時もあったりします。。

どちらにしても、入庫待ちのお客様には大変ご迷惑をおかけしておりますが、少しでも早く出来る様に頑張っていきますので、何卒ご了承下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

電話回線復旧しました。

ご迷惑をおかけしておりました電話回線ですが、NTTに来てもらい、今復旧しました。
原因は壁の中のモジュラー?が絶縁不良を起こしてたみたいです。
ご迷惑をおかけしました。

ご迷惑をお掛けしております。

昨日、ご入庫いただいたお客さまより、
『電話がずっと話し中なですけど・・』とご指摘をいただきました。
すぐ、電話をかけてみると、とりあえずかかったので、受話器が上がっていたのかな~ってくらいにしか考えてませんでした。
ただ、今朝会社に来る途中ちょっと気になったので会社に電話してみると・・・

一回呼び出し音が鳴って、直ぐ切れます・・・。
もしくはずっと話し中状態です。。
とりあえず、もう別回線のFAXへ回線を繋ぎ換えても・・・ダメです。
どうも回線の故障のようです。。

とりあえずNTTの故障問い合わせへ電話し、本日日曜日(7日)の午前中に来社もらうようにしました。

恐らく昨日からの故障かと思いますが、電話をかけられましたお客さまにはご迷惑おかけしております。
(ご指摘いただきましたMさま有難う御座いました)


また普及次第、ご報告いたします。

多いです。。

DSC00501_R.jpg
エルグランドのエアロですが、ようやくパテまできました。。
というもの、とにかく合わなかったり、足りなかったりするので、そこをFRPで新たに作ったり・・等々かなり手間が掛かってます。。

しかし、これだけ大量にエアロを塗る事ってそうそう無いですが、とにかく多いしでかいです。。

・・・何かとこのエルグランドは愚痴っぽいコメントばかりになってますね。。

DSC00494_R.jpg
車検ついでにリコールの対策でディーラーに入庫しました。
通常、リコール対策されるとリアウインドウとかに500円玉くらいのステッカーが貼られるんですけど、今回は貼ってなかったので『忘れたんかな~』って思ったのですが、ありました。
フロントドアの内側なんですけど、小さいステッカーに変わってます。
ちなみに、リコール対策を受けていないクルマは車検を受けた際に新しい車検証と同時に ”注意” って書いたプリントが渡されるようになっています。

しかし、生産終了から14年経っているクルマにのっている僕にとってはリコールなんて全く無縁の世界です(爆)
余談ですが、登録から13年経過したので自動車税が今回から10%アップの96,800円となっています・・・(悲)







とりあえず付くようにはなったけど・・。

昨日の定休日は久しぶりにゆっくり休みました^^
思えば会社に全く顔を出さない日っていうのもかなり久しぶりな気がします。
残念な事に雨でしたが、500に乗って買い物行ったり何だかんだ、有意義な休みでした☆


DSC00495_R.jpg
ちょっと前にblogで書いた全く合わないエアロのエルグランドです。
結局、うちで修正入れるとかなりの費用&時間が掛かるという事もありオーナーさんの知り合いの業者さんで修正される事となりました。・・・通常、このような方法ではお受けしておりませんし、通常の修正であれば問題なくうちで行なっております。
今回はとにかく全く寸法が足らない状態でボディーに乗せる事すら出来ませんでした。。

とりあえず、写真のような感じで何箇所も延長されています。
出来上がりを見ると何てないですが、裏にはアルミで補強も入っていてかなり大変だったと思います。

しかし、とりあえずボディーに乗るようになったとは言え、これからがまた大変です。
チリがまったく合っていないので、そこをFRPで作ったりしています。

DSC00493_R.jpg
こちらはリアのバックパネルに付くスポイラー?ですが、こんな感じで取り付けの方法とか全く考えてません。
裏から鉄板ビス&ガラスボンドで留めようとも思いましたが、袋になっているので難しいようです。
という事で捨ててあるレギュレターを加工してブラケットを作ったりしています。

DSC00497_R.jpg
とりえあえずこんな感じです。

しかし、こんなに合わないエアロは見た事がありません。。
正直、パネルのヘロリも酷いので、いくら綺麗に塗っても・・・ってとこですが、出来る限りの事はするつもりです。

音取りは難しいですね~。。

ここ数日悪かった体調もすっかり良くなりました☆
通常は何てないんですが、体調悪い時はやたらシンナーの匂いが堪えたりします。。
ていうか、それだけ身体に悪いんでしょうけど・・・。やっぱり防毒マスクはしないとダメですね。。

DSC00490_R.jpg
クラウンマジェスタで車検入庫時に、リアからの異音取りを依頼いただきました。
症状としてはリア左のピラーから高音の 『カタカタ』 がします。
感覚的には小さなユニットのような物がピラー内部で揺れているとか、何かが転がっているような音です。
まずは1人で試乗しながら確認しますが、当然運転席からは一番遠い位置で、なかなか分かりません。
そこで2人で試乗しながら確認していきます。
音は間違いなくピラーからしており、工場に戻りピラー周辺をバラします。
そして数度試乗に出かけますが・・・

・・・分かりません。。

音取りをした事がある方なら分かると思いますが、音って共鳴するので本当に分かりづらいんです。。

結果、リアシート、リアトレーまで全て外し、またリアのエアコンダクトもずらして細かく調べていきますが・・・特に異常ありません。。

それから更に調べていき、結果、ショックのセンターのナットの緩みでした。。
確かにショックも疑ったのですが、明らかにピラーからの異音で、且つ、ショックの取り付けの緩みにしては音が軽すぎたので見過ごしてました。。

しかし、ショックの真ん中のナットが緩むとは・・・一応ナイロンナットになってますし、恐らく締め忘れでしょうか?

音源が分かって良かったのですが、リア周りを意味無くばらした疲れがどっと出ます。。
(この緩みの為に2人で2時間近くもずっと色々やってました。。)

しかし、ホント音取りって大変ですね~。

こんな事も出来ます。

6月に入りましたね~。ついこの間GWだと言っていたのに・・・って感じです。


DSC00465_R.jpg
ポルシェのセンターコンソールです。レザーが剥がれてしまってます。。
そこで思いつくのが張替えですが、ちょっと複雑になっていて、プラスチック部分が2分割するようになっていて、レザーを剥がして分割後、再度レザーを巻いて・・・って感じで、大変そうです(金額も張りそうです)
という事で、補修という方法を取りました。

DSC00488_R.jpg

DSC00489_R.jpg
こんな感じで綺麗に補修されています。また、きちんとレザーのしわも再現されています。
こちらの作業は外注となりますので、お見積もり等若干お時間を頂きますが、シートの補修やトリムのビス穴補修等も出来るようですので、お気軽にお問い合わせください。

今回、初めてポルシェのセンターコンソールを脱着したのですが、エアコンのスイッチにアルミの配管が来ていました。かなり細い配管で、むやみに動かせず、また、他の配線も知恵の輪状態で、外しました。こういった所は新車の組み立てでも完全手作業で一つ一つ行なっているんでしょうね。


DSC00486_R.jpg
同じくポルシェですが、カロマットも入れて頂きました。
タイプは一番人気のシザルというタイプです。
DSC00487_R.jpg
このカロマットですが、受注生産となっており、発注後10日~程度で届きます。
カロマットに似せた(コピー)物も沢山ありますが、品質が全く違いますし、パッと見た目から違います。(やっぱり本物は良いです)国産・輸入車含めほぼ全車種がラインナップされていますが、採寸による特注も出来ますので、是非お問い合わせ下さい。尚、ご来店いただければ、サンプルも実際に触っていただけますのでご来店もお待ちしております☆