FC2ブログ
プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

惚れ惚れします!

最近、暑いな~って思ったら、寒くなったりで寒暖の差が激しいです。。
こういった時は風邪を引きやすいので注意したいですね。


DSC00341_R.jpg
ポルシェ930ターボにナビを付けています。
機種はサンヨーのゴリラなのですが、今のゴリラはかなりハイスペックで、当然フルセグ付きです。
しかし、取り付けはゴリラなので簡単かな~って思っていたんですけど、Aピラーが全てレザーで覆われてます。。
普通のクルマはカバーなのですが、レザーがしっかり接着で巻いてあります。。
地デジのフィルムアンテナやVICSのアンテナにはアースがあり、Aピラーの金属部分に接地させる必要があるのですがそのレザーをどうにかしないと付けれません。。
今回、時間が無かったのと、後日別件で入庫いただく予定がありましたので、後日ゆっくりと時間をかけて対策しようと思います。

ちなみに、この930ターボですが、89年式なんです。いわゆる930の最終なのですが、最終モデルはかなり出来が良いらしくて、今でも別格に人気があります。
しかし、このターボのリアフェンダーの膨らみは見ているだけで惚れ惚れします♪

こうやって交換します

久々に雨が降ってます。。
そのせいか、少し肌寒いですね~。。

W210のエアコンクライメートの電球を交換しています。

DSC00330_R.jpg
下側の左右に丸い取手がついた棒が刺さっていますが、これを刺す事によりロックが外れてクライメートを引き抜く事が出来ます。
引く抜けばあとは写真のように電球を交換するだけです。
ただ、この電球、400円もします。。
そういえば、ついこの間も別のクルマで交換しました。これからはLEDになっていくので交換も無いんでしょうね!


DSC00333_R.jpg
こちらはW140のアキュムレーターです。これはレベライザーといって荷物や乗員の増減によって変わる車高を一定に保つ機構が付いている車両に付いていて、油圧のショックの先に付いています。
中にはガスが入っており、油圧のショックを吸収したりする役割を持っています。
消耗品で、これが悪くなると突き上げが大きくなったり、ショックからオイル漏れを起こしたりします。。

DSC00332_R.jpg
レベライザーのコントロールバルブも交換しました。
ちなみに、このレベライザーが付いている車両はこのバルブの調整で車高をある程度調整出来ます。
この後、しっかりエア抜き&レベライザーオイルの補充を行いました。

DSC00328_R.jpg
今回、マフラーも交換しました。
しかし、毎度ながらマフラーってホントめちゃくちゃ重たいです~。。

DSC00334_R.jpg
オートクチュールのマフラーなのですが、標準ですとちょっと後ろに出っ張りぎみです。。
という事で支障が出ない範囲でカットしたりして調整します。

DSC00335_R.jpg
輸入車のマフラーですが、カット&差込交換が主流で、差込の角度なんかで出口の角度や左右のバランスが大幅に変わりますので微調整が必要です。またリフト上では良くても降ろすとずれる場合もあり、調整を繰り返し行なう必要があります。場合によっては何十回も必要で、毎回、この辺りの調整がホント大変です。。
でも、最終的にバシッと決まると気持ちいいんですよね~♪

今回、部品もマフラーも全てお客様の持込です。もちろん、取り寄せも可能ですが、持込にも対応していますので、『買ったけど、取付が・・』って方も遠慮なくお問い合わせ下さい☆



ハコスカシリーズ3

かなり暖かくなってきましたね。
というか、すでに昼間はちょっと暑く感じたりします。。


ハコスカですが、オーナーさんが左のリアフェンダー新品をヤフオクで買ってきました^^
DSC00339_R.jpg

DSC00340_R.jpg

少し前に16万くらいでオークションに出ていて 『高っ~!!』って言っていたのですが、その後、色んな部品の金額を調べていくうちにそうでもない事に気が付きました。。
というのも、やはり新品があるだけでも大変貴重で、且つ、もしメーカーに在庫があっても度重なる値上げで新品定価がかなり高額なんです。
(4月からもかなり上がったみたいです。。)
ちなみにフロントフェンダーも新品定価で1枚10万弱します。。

今回、オーナーさんはとにかくオリジナルに仕上げたい意向で、パネル類は出来るなら全て新品にしたいそうです。。
ハコスカは部品代がかなり高いので大変ですが、その分貴重ですので何とか頑張って最高の1台を仕上げて欲しいですね☆

尚、この新品フェンダーですが、使うのはかなり先で、とりあえず保管しますが、保管中に錆びてもいけませんし、新品の黒いプライマーの下もどうなっているか怖いので、剥がして間髪いれずに

ウォッシュプライマー
    ↓
ウェットオンウェットでサフェーサー

を裏表にしっかり入れて保管しておきます。(この辺りはまたblogに書きます)

DSC00337_R.jpg

まだまだ先は長いです^^






カーボンの染め

昨日、昼間、福岡市内の方へ用事があって動いたのですが、クルマに入ってくる日差しが少し痛く感じました。これから一気に暑くなってくるんでしょうね。


久々にカーボンのキャンディー染めを依頼いただきました^^

DSC00292_R.jpg

DSC00295_R.jpg

写真では少し分かりにくいと思いますが、左の施工パーツの方が黒のカラークリアーで染めてあります。
(実物はかなり色に深みがあって綺麗です)
カーボンの場合、柄が単調なので染めを入れてあげるとかなり効きます!
これは黒ですが、ブルーとかイエローとかで薄く染めてあげるのもカッコイイです♪


・・・とカーボンの記事を書きましたが、一つ問題が発生しています。。
最近、カーボンフィルムの仕様が変わってしまい、以前と比べて柄飛びが激しくなってしまいました。
カーボンの場合、ウッドと違って後からの補修が効かない為、多少の柄飛びは仕方ない面もあるのですが・・・といっても、うちの場合、やり直しをしたりしてかなりのレベルまで無いようにしています。
(他で過去何度か施工された方は柄飛びがほぼ無いのでビックリされたりします。)

しかし、今回はフィルムの溶けが早すぎて、ちょっとした転写のタイミングでアウトです。。。

という事で、色々試行錯誤しておりますので、カーボンをご希望の方は納期面で多少お時間を頂けると幸いです。

ハコスカシリーズ2

ようやく4月らしい気候になってきました^^


ハコスカですが、一応全てバラセる物はバラシ終わりました♪
ボディー以外に付いているものはステアリングの1部と足廻りの1部だけです。
そこでいよいよボディー本体へ着手していきます。

DSC00320_R.jpg

まずは室内からという事で、アンダーコートを剥がしていきます。
やった事がある人はお分かりだと思いますが、この作業、かなり地味です。。黙々と進めていくって感じです。。
もちろん、この作業も全てオーナーさん自らですが、当然普段は仕事があるので、来れても、休み日です。
なので、おそらく室内の下地を大体の目処が付くまで軽く仕上げるだけでも3~4ヶ月は楽に掛かるのではないでしょうか・・。

といってもオーナーさんは本当に楽しいようで、羨ましい限りです^^

定期診断

最近、朝出社してからblogを書いてる事が多いです。
いつもは夕方に書いていた事が多いのですが、朝の方がゆっくり出来ていい気がします^^

DSC00297_R.jpg

DSC00298_R.jpg

W210の左バンク2番目の触媒が悪くなってしまってます。
症状的には カラカラと音がしているのをオーナーさんが気が付いて、調べてみると、触媒が剥がれて中で踊ってました。。
この触媒、非常に高価で、このW210のV6で片バンク20万弱もします。ちなみに、同じW210のAMGE55だと片側で何と・・・50万弱もします・・・左右で100万近いです(汗)

昔の片バンク1個とかのタイプですとく○り抜○たり出来るのですが、OBD2以降(90年後半~)のクルマだと触媒の働きをコンピュターで読む為に触媒の入り口出口にO2センサーが付いており、く○り抜くと不具合が起きたりしますので交換となってしまいます。。
また、最近のクルマは出来るだけ触媒を早く働かせる為エキマニから直ぐの場所に付いており、その第1触媒が悪くなると、触媒の破片をエンジンが吸って、エンジンがパーになってしまう事もあるようです。。

触媒が悪くなる原因は色々あるのですが一番は失火等によって燃焼していない生ガスが触媒に流れて、異常に燃えてしまう事による破損が多いようです。
明らかに失火してしまえばエンジンの吹けもおかしくなるのですが、『なんかちょっと調子悪いな~』って位だと、なかなか分かりませんよね。

という事で、定期的な診断をオススメします。症状にもよりますが、失火等の不具合はだいたいエラーがコンピューターに残ってます。
車種・見る項目によりますが、テスターによる簡易診断も3,150~(要予約)でやってますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

まめに交換しましょう。

4月に入ったというのに微妙に寒いです。。
ホント早く暖かくなって欲しいですね~。

DSC00287_R.jpg

DSC00290_R.jpg

BMW E46のクーラント漏れの修理をしています。
フロントのアッパーホース部分と分かりにくい場所ですがヘッドの後ろ側からも漏れています。
輸入車はどうしてもゴムの品質が良くないのか良く漏れたりします。。
ただ、まめにクーラント交換している車は漏れが少ないです。これはエンジンオイルも一緒ですね。
という事で、油脂類はまめな交換をオススメします!
・・・結果的にこれが一番お金が掛からない方法だったりします。

DSC00286_R.jpg

DSC00285_R.jpg

ランサーEVO7のフロントバンパーのフィッティングをしています。
このバンパーの前もうちで取り付け&塗装してもらったのですが、車高が低く、大きくヒットして割れてしまったので再度新品に交換となってしまいました。。
・・・修理も可能だったのですが、かなり広範囲に細かく粉砕しており、コスト面等で新品交換をオススメしました。
前回もそうですが、今回のバンパーもかなりいい製品だと思います。
今はフィッティングも終わりサフェーサーまで入っていますが、通常サフェーサーを2度打ちする事が多いのが、今回は1回で問題無いようです。
(仕方なく2度打ちする事が多いという意味で、元々の状態が良ければ1回のサフェーサーでも仕上がりの品質的には全く問題ありません)

それでは完成まで今しばらくお待ち下さい^^