プロフィール

Auto studio Refaith

Author:Auto studio Refaith
Auto studio Refaithのblogへようこそ!
Auto studio Refaithは福岡県古賀市にあるボディーショップで、輸入車をメインに、通常のボディーショップの枠にとらわれない仕事をしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のRefaith。

今日は、そんなに暑くも無く、大変過ごしやすい天気でした。

DSCF0105.jpg


珍しく、ポルシェが揃いました^^
両方とも911のポルシェですが、手前は通常、964と言われているモデルで、奥はナローと言われるモデルです。
年式的に20年くらい違うのですが、こうやってみると、基本的な形は余り変わりませんね。
ちなみに、両方ともドアの閉まり一つとっても、かなりカッチリしています。
この辺りがポルシェのすごいところだな~って思います。
恐らく、比較的新しい手前の964もあと30年経っても、ドアはカッチリ閉まるんでしょうね^^

その他、マーク2の板金塗装やゴルフの板金塗装、イージーグラフィックス等々・・車種問わず相変わらず何だかんだやってます^^




スポンサーサイト

W210定番故障。。

朝晩と昼の寒暖の差が激しいですね。。
しかし、今ぐらいの昼間はちょっと暑いくらいでかなり過ごしやすいです。


珍しく、W210の故障が重なりました。

1台めはエアコンのガス漏れとリアウインドウのレギュレター不良です。

DSCF0085.jpg


エアコンのガス漏れですが、W210(後期)に関しては、過去数台直してますが、全て高圧ホースからのガス漏れです。
具体的には高圧側は
1、コンプレッサー → コンデンサー
2、コンデンサー → レシーバータンク
3、レシーバータンク → エキパン
までの3本があるのですが、やはりカシメ部分からの漏れが多いです。
今回はコンデンサーからレシーバータンクまでのホースから漏れていました。。
ちなみに上記3本全て替えると部品代で6万円~くらいなのですが、レシーバータンクから
エキパンまでのホースは右ハンドルの場合、ワイパーユニットからコンピューターまで全て外す必要が
あるので結構大変だったりします。。
一応、全て対策部品になっているようです。

DSCF0086.jpg


こちらはリアのレギュレーターの不良ですが、これも多いトラブルです。
滑車のプラスチック部分からワイヤーが外れるのですが、結局、最終の02年まで対策部品は出なかったようです。。
当然、外れると、窓が落ちますので、遠方に出かけられた際にはリアウインドウは開けない方がいいかもしれませんね。。
しかし、外車って何でレギュレターがリベット留めなんですかね。。

2台目のW210はAT不良で入庫しました。
症状は2速に固定されてしまうとの事で、同時にエンジンチェックランプも点くとの事。
早速、テスターにて診断してみると・・
AT内のスピードセンサー異常と出ました。

DSCF0088.jpg
DSCF0089.jpg


722.6というタイプの5速オートマ全般での故障なのですが、オートマの内部に電子基盤が入っていて、そこにあるセンサーの故障です。
交換はバルブボディーも外してから交換となる場所で、ATF交換も伴い、部品代と合わせると少々費用が掛かってしまいます。。
ちなみに交換は近所のATをかなり専門的にされている工場(AT専用のベンチテスターまである)
でお願いしたのですが、そこの社長のお話だと、この電子基盤を交換するとAT内部のセンサーは全て交換となるそうで、ある意味、合理的な造りらしいです。
交換後はもちろんですがATの変速も大変スムーズでいい感じです^^


今日のrefaith。

毎度の事ですが、かなり久々の更新となります。。

しばらく更新しない間に季節は進んで、すっかり初夏の陽気になっています。。
と同時に、調子に乗ってエアコンを掛けて寝てしまい、この間治ったばかりの風邪をまた引いて
しまいました。。


200805081626001.jpg


964の右フェンダーを板金しています。
今回、損傷箇所はドアとフェンダーアーチの間で、範囲にしておよそ10cmくらいだったのですが、
いつものようにサフェーサーのキワの問題が嫌いなので、フェンダー前面にサフェーサーを打ちました。


200805081626000.jpg


こちらは新品のカーボンパーツのクリアー塗装後ゴミ取りをしている所です。
このカーボンのクリアー塗装ですが、何故か最近良くご依頼頂きます。
ご存知の方も多いと思いますが、カーボンパーツでクリアー処理がしていない物は、紫外線に大変弱くて、酷い時は1ヶ月くらいで真っ白になってしまいます。
当然、そうなってからは修復不可能です。なので、クリアー塗装をして対候性を上げるのですが、これが製品によっては巣穴が酷かったりでなかなかに大変で、通常、2~3回は塗る事が多いです。
ちなみにここで言う2~3回ですが、1回の塗装を2~3コートとし、それを完全乾燥後、再度研いでまた2~3コートで2回という意味になります。
今回は合計3回塗りました。
元々R-Mのクリアーは大変対候性も高いのでかなりオススメです。

さあ、もう一仕事して、今日は早退します。。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。